離婚の理由・原因【夫婦・熟年・妊娠中】

離婚には大きなエネルギーが必要になります。

そして、その過程はとても大変です。

そのことを理解している人はあまり多くないかもしれませんが、ある一定数はきちんと理解しています。

しかし、実際に離婚するとなるとやはり「こんなに大変なのか・・・」と感じることもしばしば。

では、なぜそんなに大変なのに離婚しようと決意するのでしょうか。

そこで今回は離婚の理由・原因についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


離婚の理由・原因

 

結婚の理想と現実が違っていたから

 

女性側に多いのですが、結婚を人生の最大の喜びだと思い、

結婚したら、幸せな日々が待っていると思っている人が少なくありません。

しかし、実際には、平凡な繰り返しの日常です。

洗濯、料理、日常品の買い物、夫の世話という現実が待っていた時に、

自分が思い描いていた夢のような生活とのギャップがありすぎて、

それに我慢が出来なくなった時に夢を与えてくれない夫に嫌気がさします。

「どうして、私を幸せにしてくれないのだろうか?」

という不満が妻のほうに溜まっていくのです。

結果、夫のほうも、妻から愛情が感じられなくなり、

離婚という結果を招きます。

 

ギャンブルや借金がらみから

 

旦那さんが、競馬、パチンコ、競艇、などのギャンブルにはまってしまい、

家計のためのお金がなくなったり、消費者金融から借金を作ってしまうというケースから離婚に至る事があります。

特に子供がいる家庭では母親が子供の生活を守るために、

金遣いの荒い旦那さんと別れてシングルマザーの道を選ぶことが多いです。

なぜなら、シングルマザーでいたほうが、借金を抱える旦那さんといるよりは、

金銭的に楽に生活することが可能だからです。

奥さんが、買い物依存症となって、旦那さんに内緒で消費者金融からお金を借りて、返せなくなり、

借金の事実がばれ、旦那さんから離婚を言い渡されることもあります。

スポンサーリンク


そもそも夫婦の価値観が違う

 

旦那さんと結婚する前は、デートの行き先も、何でも決めてくれて男らしいと思っていたのに、

結婚してからは、その長所であった部分が奥さんにとっては、旦那さんのワガママに思えてしまうことがあります。

その時になって、初めて、夫婦の価値観が違っていたということ気付きます。

または、お互いの家族の習慣などが違っていて、

一方が決して、一方の習慣を認めないということが起こった時にも夫婦の価値観の違いが生じます。

価値観の違いがあっても、相手を尊重する気持ちがあれば乗り越えることができますが、

相手の価値観をお互いに認めることが出来ない時に離婚という結論を出す夫婦がいます。

 

浮気が発覚したから

 

どんなに遊びだった、本気ではない、1回だけだった・・・

と言っても、そこを許することができない人は数多くいるでしょう。

遊びがしたいなら、沢山の遊びがあり女性(男性)と遊ばなくても趣味を持てば良いことですので、

理由にはならないと主張する人もいます。

浮気は分かった時点で離婚の理由のトップに来るのではないでしょうか。

立派な慰謝料請求の出来ることでもあるので、

泥沼化してしまうこともしばしば。

スポンサーリンク


会話がない、会話をすると喧嘩ばかりだから

 
同じ部屋に居るのに、会話もなく、お互いの好きなことをしているのは、

一緒に居ても意味がないと感じる人がいます。

また、お互い居づらく空気が重くなるので、

一人でいた方が楽と思うようになるでしょう。

逆に話をすると喧嘩ばかりしてしまう夫婦は、

お互いを思いやる会話ができなくなっているので、一緒に居る事で、ストレスがさらに溜まっていくでしょう。

同じ屋根の下に住んでいるなら、思いやりや、気配りが出来ないとうまくはいかないものです。

 

子供の教育の意見が合わないから

 

子供が出来ると会話も子供のことが中心に変わってくるので、

子供の教育などで意見が合わないのは子供自体の成長にも影響がでます。

後々後悔するのは嫌なので早目に離婚した方が子供のためににも良いと考えるようになるパターンもあります。

結婚当初は二人だけのことで済みますが、

子供が出来ると生活状況も変わり自分たちも変わっていかないといけないのに、

いつまでも昔のままでは合わなくなっていくからです。

スポンサーリンク


仕事をコロコロ変えるから

 

定職に付けない人、仕事をしても子供のように嫌なことが少しでもあるとすぐに辞めてしまう人だと、

次第に離婚を考えだすことがあります。

一緒にいても生活が出来なく、家事と仕事を自分がやるのは無理になって、

一人の生活の方が楽になると離婚した方が良くなるからでしょう。

大人なのだからある程度は嫌なことは我慢できないと、

いつまで経っても定職に就くのは難しいのは誰もが理解できることです。

しかしそれがいつまでも改善されないと、

このような先が見えない人とやっていく自信がなくなり離婚に発展します。

オトナになりきれてない人は結婚生活は難しいです。

 

生活費を入れてくれない、もしくは入れても少な過ぎるから

 

もしも、妻が専業主婦の場合、生活費は夫に頼らざるを得ません。

なので、生活費を全く入れてくれない夫であれば、生活ができない、もしくは生活が苦しくなるのは当然のことです。

また、入れてくれたとしても、

到底生活してはいけないような額しか入れない男性もいます。

その場合、もし催促しようものなら、

妻のやりくりの仕方が悪いと言われる事もあります。

子供がいれば、働きに出ることは難しく、

貯金を切り崩しながらの生活になる場合もあるのです。

また、共働きであっても、お互いに協力し合うのが夫婦です。

妻が働いているからと言って、夫が自分の稼ぎはそのまま自分のためだけに使うようであっては、

妻としては耐えられません。

生活費をきちんと入れてくれない夫とは、

妻が働いているかどうかに関わらず、婚姻生活を続けていく事は困難です。

スポンサーリンク


育児を協力してくれないから

 

今は、イクメンなんて言葉もあるくらい、

子育てに協力的な男性は大勢います。

ですがそんな中でも、育児は妻の役目だと思っている男性もいるのが事実です。

平日は仕事で忙しく、子供の相手が出来なくても仕方がありませんが、

休日でもゲームにふけったり、パチンコに出かけたりなど、

わが子とコミュニケーションを取ろうとしないようでは父親失格かもしれません。

子供が赤ちゃんの時でも、授乳以外は全て、夫婦で分担する事はできるのです。

何より、子供は夫婦二人で育てる物だと言う自覚がいつまで経っても芽生えないようでは、

妻は離婚を考えるでしょう。

 

モラルハラスメント

 

モラルハラスメントという言葉を聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。

ドメスティックバイオレンスのように身体的な暴力ではなくても、

度重なる言葉の暴力で傷ついている女性がいます。

夫婦であれば、毎日顔を合わせるので、

その度にキツい言葉を浴びせられていれば、DV以上にダメージを受ける可能性もあります。

また、モラハラの場合、男性側は妻が傷ついているとも知らずに、

キツい言葉を発している可能性もあります。

怒鳴るだけがモラハラではありません。

笑いながらでも、

[料理がまずい」

「気持ち悪い」

[デブ」

など、毎日言われていれば、精神的に耐えられなくなり、婚姻生活は破綻してしまう理由に十分なりえるでしょう。

スポンサーリンク


性格の不一致

 

離婚の原因でよく耳にするのが「価値観の違い」でしょう。

価値観にはたとえば金銭感覚なども含まれますが、恋愛期間中はそれが大きな問題にならなかったわけです。

「許容範囲内の価値観の違い」という暗黙の了解がお互いにあって、結婚する。

ところが、結婚してみると、そうした価値観の違いが許せなくなって、衝突の原因となる。衝突が度重なって離婚に至る、ということになってしまうのです。

ですから、価値観というよりも人生観の違いと考えたほうがいいでしょう。

「人生にとって大切なものとそうでないもの」「人生で優先すべきこととそうでないこと」の考え方が夫婦でまったく違っていれば、共に人生を歩むことは不可能です。人生観の相違や性格の不一致、これがもっとも多い離婚理由です。

 

浮気、不倫

 

浮気や不倫、これもありがちな離婚理由でしょう。

ただし、この理由に関しては、かなり個人差があります。

「浮気は絶対に許さない。1度でも浮気したら即離婚」と思う人もいれば、「1度や2度の浮気では離婚するつもりはない」と考える人もいます。

中には浮気に大変寛容で、「外でいくら遊んでも、最終的に自分のところに帰ってきてくれればそれでOK」という女性もいます。

ただ、やはりそうした人はやはり少数派でしょう。浮気や不倫をしてパートナーを傷つけ、それが離婚原因になることは大変多いのが現実です。

スポンサーリンク


DV、モラルハラスメント

 

家庭内暴力が離婚の原因になることも少なくありません。

特に男性は恋愛期間中と結婚してからで、相手の女性に対する接し方が大きく変る、ということがめずらしくありません。

「それが男の習性」と言いたくなるほど、多くの男性が変ってしまいます。

中でも問題なのがDV。

割合で言えば男性のDVが圧倒的に多いですが、最近では女性のDVが理由で離婚するというケースも増えてきました。

また、身体的暴力を奮わなくても、モラルハラスメントが離婚理由になる夫婦も急増しています。

モラルハラスメントも、多くは男性の側の問題です。

最近になってモラルハラスメントをする男性が増えたというよりも、それをがまんせず離婚を選択する女性が増えたと考えたほうがいいでしょう。

 

不妊

 

結婚をすると、子どもが欲しくなる人が大多数だといえるでしょう。

そのままスムーズに子宝に恵まれる人たちもいれば、子どもを授かれない状況に苦しむ人達もいます。

結婚当初に思い描いていた理想の生活が音をたてて崩れてしまうと、その後の夫婦生活を継続させる気力が湧き上がってこないのでしょう。

結果的に、パートナーと次第に疎遠になり、離婚に至ってしまうというわけです。

スポンサーリンク


姑と同居、もしくはマザコン

 

結婚したのに相手の親と同居しなければいけない状況になる人もたくさんいます。

お互いに気を使ってばかりで、気持ちが休まることはほとんどありません。

さらには相手の親とうまく関係が構築できなければますます辛いと感じるようになるでしょう。

そのことをパートナーに相談しても「お前が我慢しろ」「親が大切なんだ」という冷たい反応だけだと、今後の将来に不安を感じるようになります。

すると相手に対する気持ちも冷めてきて「このままでいいのだろうか・・・」とあれこれ考えるようになるでしょう。

何か大きなトラブルや問題が発生すると、これ以上我慢できないとばかりに家を飛び出したり、離婚を決意したりするものです。

 

お金・経済

 

お金や経済力が離婚になるケースも数多くあります。その主なことがギャンブルではないでしょうか。

多少のパチンコとか競馬なんてのは気晴らしになっていいでしょう。ですが、生活を逼迫させるほどお金を使うようになると大変です。

博打をやる人の傾向は一般的に、負けると博打で返そうと考えます。

一万円負けたらそこで終わりにすればいいのに、そこで終わらないのが、こういう人の性です。

一万円をとり返すのにニ万円使い、ニ万円取り返すのに五万円使い・・・こうやってお金を使い果たし、終いには、借金までするようになります。

こうなると生活は立ちいかなくなります。

また、経済力の欠如、つまりリストラにあったりするとそれも離婚の原因になります。

スポンサーリンク


相手が内緒で多額の借金をしていることがわかったとき

 

「パートナーが自分に内緒で多額の借金をしていることが判明したとき」です。

浮気などの隠し事も離婚の理由になりますが、一度の浮気は許されることが多いもの。

しかし借金となると、そうはいきません。

「隠し事をした」ということ以上に、多額の借金は生活そのものに大きなマイナスの影響を及ぼしてしまうからです。

「一度でもレッドカード」になるのはそのためです。

実際に生活を脅かされることに加え、「そんな金銭感覚の人とはパートナーシップを取りつづけられない」と考える、だから「即離婚」ということになりやすいのです。

 

存在自体が嫌になる

 

こんなケースが実際にありました。家庭内別居の末、離婚に至った夫婦の奥さんの話です。

寝室はもちろん別、食事も別、会話は一切なし。

共働きだったので、彼女はできるだけいっしょに家にいる時間を少なくするよう努力しました。

けれど、同じ屋根の下で寝起きしている以上、どうしても顔を合わせることはあるわけです。

その奥さんはそれも最小限にし、たとえば、廊下で夫とすれちがうときは、なんと息を止めていたそうです。

つまり、パートナーのにおいを嗅ぐのがいやだったわけです。

ここまでくると、離婚以外の選択肢はないでしょう。

つまり、「相手が嫌い」とか「ここが許せない」というレベルではなく、相手の存在自体が嫌に感じる。

これが離婚を決意する瞬間です。

スポンサーリンク


「地雷」を踏まれる

 

暴言がもとで離婚に至るケースも少なくありません。

しかし、このケースでも「ただの暴言」では離婚の決意はしないでしょう。

夫婦であれば、かなりひどいことも、時としてお互い口にするものです。

それを我慢しあって、夫婦関係をつづけているわけです。

しかし、「どうしても許せない」という領域に踏み込まれる、いわゆる「地雷」を踏まれると、その瞬間、離婚を決意するケースが少なくありません。

多くは「人格否定」「自分の両親に対する、限度を越えた侮辱」が、その「地雷」になるようです。

 

パートナーの経済的理由がきっかけ

 

最近は共働きの家庭も増え、中にはお互いの給料の所得を伝えず、かかる費用を分担しているといった家もあります。

そういった時、どうしても夫婦のどちらかに経済的に負担がかかる事があり、家庭生活の破たんにつながる事があります。

例えば、夫婦のどちらかが極端に収入が低いのにかかる生活費は折半だったり、また夫婦の一人が働く割合が多いのに、もう一人のフォローが少なく不公平感を感じた場合です。

家庭生活を維持するためには、どうしても経済面の安定が不可欠ですから、そこに不安を感じるようですと、離婚をしようかなと考えるきっかけになるというわけです。

そしてお互いに話し合っても改善されないような場合、離婚を決意する瞬間が訪れるのでしょう。

経済面での安定やそれらについての意思の疎通は夫婦間の最も重要なポイントとなるので、そこをおろそかにしないようにしましょう。

スポンサーリンク


パートナーの精神的協力が得られない場合

 

家庭生活を維持するもう一つ重要なポイントは、精神面でどの位お互いを支えあっているかという事です。

例えば、家庭における色々な悩み、育児や親せき関係について、夫婦のどちらかが悩んでいるような場合、それについてきちんと話を聞いてフォローできない時に離婚を決意する瞬間は訪れます。

ありがちですが、妻が嫁姑問題で悩んでいる時に、それについて「うまくやってくれよ」程度で話を終わられてしまう。

また、子供の教育に対して夫婦で話し合いたくても無関心だったりすると、共に家庭や人生を歩むパートナーとして信頼できないと感じ「これでは結婚している意味がない」と離婚を決意する瞬間が訪れます。

話を聞いて解決策が出ない場合もある事でしょう。

しかし話を聞く=あなたをリスペクトしているという意思表示が、夫婦関係を維持し良くするために必要なのです。

相手の悩みを自己判断で大した事ない、私にはどうする事もないなどと何も対応しないでいると、相手はひそかに離婚を決意しているでしょう。

 

不倫をはじめとした裏切り行為がある場合

 

色々な離婚理由の中で上位を占めているのは、相手の不貞行為=不倫でしょう。

夫婦のどちらかが不倫を行った場合、もう片方が受けるダメージというのは決して軽くはありません。

ます精神的に裏切られたと感じ、相手に対して信頼できなくなりますし、それ以外にも生理的嫌悪感を感じ、夫婦生活を維持するのが難しくなります。

不倫を行った側が「あれは遊びだった」といっても、裏切られた側は納得できず、その瞬間に離婚を決意するといった事は大いにあり得ます。

また、不倫をした側も、現在のパートナーとは終わりにして新たにパートナーを得たいと考えるかもしれません。

不倫という行為を通して、双方に離婚を決意する瞬間は非常に訪れやすくなるのです。

スポンサーリンク


熟年離婚の原因

 

セカンドライフ・プランの決定的な相違

 

セカンドライフ・プランの決定的な相違が熟年離婚の理由に鳴るというケースです。

ありがちなのが、夫は田舎暮らしを望み、妻はそれを強く拒むというケース。

都会に暮らしていた人がリタイア後に田舎へ生活の場を移したいという希望を持っている人がここ最近ものすごく増えています。

しかも、ほとんど場合、それを望むのは男性である場合が多いものです。

これは男性特有の「夢」を見てしまうことが原因ではないでしょうか。しかし現実に、中高年になってからの田舎暮らしは容易なものではありません。

女性はリアリストですから、リアルな生活を考え、「とんでもない」と拒否することでしょう。

また、女性は地域社会とのつながりが強く、現在の住まいの近隣に友人や知人がたくさんいます。

その人間関係をすべて断ち切って田舎へ移ることを拒否するのは、当然のことと言っていいでしょう。

望む生活の場がまったく違うのでは、離婚するしかありません。

 

妻が早い段階から、「退職金が出たら離婚する」と決めている

 

続いて熟年離婚の理由に多いのが、妻による「計画離婚」です。

かなり早い段階で、「この人と一生添い遂げるのは嫌だ、できれば離婚したい」と感じている妻がたくさんいるのが事実です。

夫が現役の間は生活を優先してじっと我慢しているのですが、「夫が定年退職して退職金が出た段階で別れよう」と考えているのです。

つまり、その退職金と財産を折半して別れ、あらたな人生のスタートを切ろうという、計画を立てているのです。

夫のほうは妻の計画を夢にも知りませんから、大変驚くでしょうし、ひとりになって茫然自失、というケースがほとんどです。

スポンサーリンク


定年退職になった夫が、妻の「精神的なお荷物」になる

 

夫の定年退職を機に、夫婦の関係が変化することは、めずらしくありません。

良い方向へ変化する例もありますが、それは少数派だと言えるでしょう。

多くの場合、毎日ほとんど家に居てごろごろしている夫を、妻は不満に思うものですよね。

毎日少しずつストレスがたまっていき、ついに妻が「もうがまんできない!」とキレて、離婚に至るケースが少なくないのです。

鈍感な夫は妻の不満やストレスに気づきませんので、妻からの離婚の申し出を「寝耳に水」と受け取ることがほとんどです。

今さら、自らの行いを後悔しても時すでに遅しという状態なんで、あらゆる説得は無意味に終わる可能性が高いことを覚えておきましょう。

そんな状態を望まないのであれば、夫は日頃から自らの行動に注意を払うべきでしょう。

 

スキンシップがなくなったから

 

スキンシップとは、例えば手を繋ぐような小さな事から夜の営みなどの大きな事まで全ての事を言います。

スキンシップをとることは男女にとってとても大切な事だというのは言うまでもありません。

会話ももちろん重要でしょう。

ですがやはり、肌と肌の触れ合いがあるからこそ愛は継続するものだといってもおかしくはありません。

言葉だけのやり取りなら誰とでも出来ますが、でも肌に触れるのは特定の人だけです。

特に女性は、なんとも思ってない男性から触れられるのは嫌悪感でしかないでしょう。

だからスキンシップ出来る相手というのは限られるのですが、女性は恥ずかしがり屋が多いです。

例え夫婦のように気心知れた仲でも、自分からスキンシップをとりにいくことができない女性はたくさんいるということ。

ですから、旦那さんが頑張ってスキンシップをとっていきましょう。

旦那さんが頑張らなければスキンシップは日々の生活からどんどんなくなっていきます。そして女性は「愛されてない」と感じ始めます。

そう感じ始めた女性は、少しでも優しくしてくれた男性になびきやすいです。それが離婚の原因に繋がるのです。

女性は愛されない生活よりも、愛されている生活がいいですよね。やはり女性は愛するより愛されたい生き物なのです。

スポンサーリンク


不倫が原因の熟年離婚

 

不倫は熟年の場合、ほぼ一発で終わる事がほとんどでしょう。

子供がまだ小さい時は、子供のためにも離婚はよくないと考え、なんだかんだ言いながら乗り越えたりするものです。

ですが熟年の場合、子供は大きくなって親の手から離れていきます。そうなると離婚を止める理由がなくなるのです。

子供のために我慢できた事も、子供がいなくなれば我慢出来なくなるものですので、一気に熟年離婚の話が進むことだってありえます。

 

女性の社会復帰が原因

 

結婚生活を長く続けると、お互いの嫌な所ばかりが目立つようになってきます。特に女性はそうでしょう。

しかしずっと主婦の女性の場合、夫の事がどんなに嫌でも一緒にいなければ生活できません。

それが、子育てもひと段落し働き始めると、奥さんは自分が働いた分収入を得られるようになります。

そうなると自分でも稼ぐ事が出来るんだ、夫がいなくてもやっていけるんだというように思うようになり、離婚に踏み込めるようになるのです。

今まで蓄積されていたうっぷんを晴らすがごとく、社会復帰して1人でやっていける経済力を身につけ始めたとしたら離婚の兆候があるかもしれません。

スポンサーリンク


妊娠中に離婚を考える理由

 

夫の妻に対する心無い一言

「俺はまだ子どもなんて欲しくなかった」

「そんなこと言う人がいるの!? と驚くかもしれませんが、実際の離婚相談では、

この言葉がきっかけとなっていることがよくあります。

出典 弁護士が警鐘!妊娠中に「離婚の危機」を招く夫の暴言5つ

 

どんなに嫌な事があっても、産まれてくる子供は何も悪くありません。

旦那さんが、例え冗談でもこの言葉は絶対に言ってはいけません。

他にも、妻を責めるような言葉や、傷つける言葉は止めましょう。

妊娠中の女性は体調も精神的にも不安定になりやすいです。

妊娠前の感覚で言った何気ない一言が妻を傷つけ離婚になってしまうケースもあるので

旦那さんは妻を労り、気遣う事を忘れないようにしましょう。

口は災いの元と言いますが、まさに離婚に直結する一言もあるので注意が必要です。

 

風俗サービスの利用

最近になって旦那が私の出産予定日などにデリヘルを呼んでいる事が分かりました。

いつ産まれるか分からない予定日にそんな事するなんてひどいです。

昔から何度も、風俗は嫌だと言ってきたのにショックです。

出典 妊娠中に旦那がデリヘルを呼んでいました。離婚しようと思います。

 

妊娠中の夫婦の離婚原因でこの性の問題は多いのではないでしょうか。

男性からすれば、風俗は浮気では無いからいいのでは?と考えるでしょう。

しかし、女性からすると、風俗も立派な浮気になってしまいます。

風俗同様に浮気も離婚原因になります。

妊娠していてもしていなくても浮気は離婚理由になりますが、

妊娠中の浮気は母体に余計な精神的ストレスを与えてしまい流産の可能性もあるので

絶対に止めましょう。

男性も、性的欲求を解消する為に風俗を利用するのでしょうが、

風俗利用では無く自己処理をする事で

余計なわだかまりを作らない努力をするべきではないでしょうか。

妻が何を思い何を感じているかを、

日頃から見ていれば風俗に行く行為は行わないでしょう。

妊娠、出産、育児は女性一人ではできません。

男性も一緒に協力する事、これはお互いの気持ちが同じ方向を向いて初めて実現するのです。

女性も妊娠中我慢している事がたくさんあります。

ですから男性も一緒に我慢する位の気持ちでもいいかもしれません。

スポンサーリンク


話を真剣に聞いてくれない

「今妊娠中で経過を説明してるのに

“最終的にちゃんと産んでくれればいいよ“って話終わらせた」

出産のことはわからなくても、一応聞く耳くらいは持ちましょう。

あからさまにめんどくさい態度を取られると悲しくなるものです。
出典 無神経すぎる!妊娠中に夫に言われた傷つく言葉7つ【後編】

 

初産の場合は全て初めてで女性も不安が大きい物です。

そんな時に、不安や悩みを相談しても話を聞かなかったり、適当な返事をされては

この人が今後親としてやっていけるのだろうか?と余計に悩んでしまいます。

先ほども書きましたが、妊娠中の女性は不安定です。

どんな些細な事でも真剣に聞きましょう。

そして、自分がついてるから大丈夫だと励まし、安心させてあげる事が大切です。

 

離婚したいけどできないケースも有る

 

相手が離婚に応じてくれない

 

結婚も離婚も一人でできる事ではありません。

いくら自分がしたいと望んでも、相手が同意してくれなければ難しい事は多々あります。

もしも相手が婚姻関係を続けて行きたいと望んでいる場合、裁判になるケースもあるのです。

その場合は、相手が浮気をしていたり、生活費を入れてくれていなかったりと、結婚生活を続けて行く事が困難だと証明しなければいけません。

時間もかかりますし、その労力や裁判にかかるお金などを考えて、離婚を言い出せない人もいるのです。

また、酷いケースでは、相手からDVを受けていて、離婚を切り出すとさらに酷い事をされるのではないかと怯えて言い出せない場合もあるのです。

スポンサーリンク


経済的な不安

 

小さい子供がいる、両親や義両親の介護をしている、または持病がある等、なかなか外で働けない人がいます。

そんな人は相手の収入に頼って生活をしているので、なかなか離婚を切り出せません。

特に子供がいて親権が欲しいと望んでいる場合、離婚後経済的に自立できるか、子供を養っていけるのかが最大の焦点になります。

そのため経済的な理由で子供とは離れる事になるくらいなら、我慢して離婚をしないでおこうと考える人も少なくないでしょう。

もし子供がいなかったとしても、長年専業主婦を続けていると、ブランクが長過ぎて、就職先を見つけるのは困難です。

また、女性であれば夫と離婚したくても、お金の面を考えるとなかなか離婚に踏み切れない人は多いのではないでしょうか。

今現在の生活水準を保つためにかかるお金を、自分だけで稼ぐのはとても難しいことです。

自分だけならまだしも、子供も養っていかなければいけない場合、その教育費や養育費も必要となるのでなおさら大変です。

たとえ離婚の際に、毎月子供の養育費を夫から支払ってもらうという条件でサインしたとしても、実際にそれがずっと守られる保証はなく不安です。

女性が男性のサラリーマンに近い金額の給料をもらうことは困難なことも多いでしょう。

先述にあるように、特別な資格を持っていたり、手に職がある人ならまだしも、今まで専業主婦だった人やパート働きだった人にとっては特に難しいのが現状です。

生活レベルが落ちてしまったり、今より貧しい生活になってしまうということを考えると、お金の問題が要因で離婚を諦めて我慢するという道を選ぶことも多いのではないでしょうか。

もし離婚後に一人で生活して行く事が困難な状況であれば離婚は難しいでしょう。

 

周りの目が気になる

 

いくら離婚する人が増えたと言っても、それでも離婚は褒められる事ではありません。

やはり周りの目は気になってしまいます。

特に、親や親戚、友人の反対を押し切って結婚をした場合、離婚をしたとは言い出しづらいでしょう。

また、そういった場合でなくても、離婚をすると何か自分に欠陥がある様に思われるのではないかと不安に思う人もいます。

たとえどんなに配偶者から酷い仕打ちを受けていたとしても、周りの人は家庭の内情までは分かりません。

なので好き勝手に言われてしまう事もあるでしょう。

そういったことを気にしていると、離婚はしづらくなってしまいます。

スポンサーリンク


子供のため

 

自分が夫に愛想がつきて離婚したくなったとしても、子供のことを思うと心に葛藤が生じるものです。

夫は自分とは血縁関係もなく、離婚してしまえばただの他人になれますが、子供にとっては父親なのです。

離婚して父親と離れ離れの生活になってしまうことが子供に悪影響を与えてしまわないか、子供が寂しい思いをするのではないかということを母親なら考えてしまうもの。

子供につらい思いをさせてしまうのなら、自分自身が我慢しなければいけないのではと思い、離婚ができずにいるのではないでしょうか。

特に子供が父親のことを好いている場合は、離婚するということに罪悪感を感じてしまいなかなかできないようです。

 

世間体のため

 

離婚したくても、近所や親戚の人の目が気になってしまうこともあります。

苗字が変わることになれば、子供の学校でもばれてしまいますし、夫の姿がなくなれば近所で噂されてしまう恐れもあります。

日本ではだんだん離婚が増えているとはいえ、それでも少数派ではあるので特に悩むところではないでしょうか。

離婚は決して悪いことではないのにもかかわらず、会社や近所の人から変な目で見られたら嫌だという世間体を気にする気持ちから離婚できない人もいます。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク