30歳独身が結婚するために必要な6つのこと

30歳独身の方で、恋愛や結婚をしたいと思う人はいますか?

30歳は1つの分岐点です。

20代の頃は遊びに趣味に時間を多く使ってきた事でしょう。

しかし、30代も同じことをし続けるか、家庭を持つ事を考えるかを迫られます。

家庭を持つにしても20代の頃の様に「好きな人がいればいいな~」程度の考えでは見つかりません。

自ら積極的に動き好きな人を見つけたらアプローチしていかないと見向きもされません。

30歳独身結婚のススメを読んで30代の結婚について考えてみましょう。

スポンサーリンク


30歳独身結婚のススメ

 

タイムリミットが迫っている事を自覚する

 

女性で子供が欲しいと思っている人は35歳以降高齢出産と言われています。

30代女性であれば耳が痛いほど聞かされているでしょう。

自分が子供は作らないと決めた場合、男性を選ぶ条件として子供を望まない男性が条件として挙がってきます。

すると、子供を欲しい男性との出会いは自然と消えてしまいますね。

これだけでも出会える可能性は少なくなります。

子供を作らないと決めたのなら年齢関係なくいつでも結婚出来ると思っていたら大間違いです。

そのままズルズルと何も行動せずに40代、50代と過ごす事で男性からのアプローチは減っていきます。

自分からのアプローチも若い子と同じようなアプローチでは見向きもされないので年齢に合ったアプローチをしないとどんどん男性から女性として見られなくなってしまいます。

するとどうでしょう今度は年齢を重ねるごとに結婚すらしないと思い始めます。

もしも今少しでも結婚に興味があるのなら今すぐ動きましょう。

子供を作りたいと思う人は子供を作らないと決めた人よりも危機感を持ちましょう。

男性もうかうかしていられません。

男性の生殖機能も年齢を重ねる事で衰えて行きます。

男性の精子も35歳から劣化が始まると言われているので、男性も子供が欲しいと考えるのであれば一刻も早く動く事が大切です。

男性も年齢を重ねて味が出ると言われますが、それは日々生活習慣による所が大きいでしょう。

30歳で体もガッシリしていて頼りがいのある若々しい身体つきであれば女性からもモテて引く手数多でしょう。

しかし、20代の頃と同じ生活をしていて身体が太り体型が崩れてしまってはまず体型を取り戻すのに時間が掛ります。

そうなっては恋愛をする前の準備段階でどんどん時間は費やされていくので、30代で結婚に移行する時間が短くなってしまいます。

自分の体形や外見を今一度見直して必要な行動はすぐさま実行に移すべきです。

男女ともに言えますが、30歳は20代の頃よりも肌の質が変わってきます。

スキンケアなども20代の頃よりも入念に行い若々しい肌を維持したりと小まめな手入れを欠かさず行いましょう。

30歳は時間がありません。

タイムリミットが迫っている事を自覚しましょう。

スポンサーリンク


恋愛結婚よりも見合い結婚を視野に入れる

 

気になる人も、好きな人もいないのであれば、30歳はお見合いをしてみてはどうでしょうか。

男性の30歳であれば新入社員の頃とは違い収入もそこそこ上がって、会社のポジションとしてもそれなりの地位にいる事でしょう。

すると、お見合いであれば比較的条件に見合う女性が見つかりやすいでしょう。

女性は家庭の安定を求めますから、収入面で安定のある所をアピールできればそれだけでもポイントは高いです。

20代で仕事に打ち込んで会社に評価された人ほどこの恩恵は受けられるでしょう。

女性の場合、お見合いは男性を選ぶ側にまわるので年齢的な事を考えても男性より比較的有利に動くでしょう。

ただ、女性の場合は男性の条件を高望みしない事です。

あまりにも現実離れし、自分と釣り合わない条件ではどんなにお見合いをしても成功はしません。

自分の身の丈に合った条件を持つようにしましょう。

恋愛相手を探しつつお見合いも併用する事で出会いのチャンスを増やす事を自分からしていく事が重要です。

スポンサーリンク


外見を若く保つようにする

 

働き盛りの真っ只中、まだまだ若いと思っていても30歳にもなると20代の頃よりもいろいろと衰えが出てきてしまうものです。

もちろん結婚するためには中身も大切ではありますが、人は見た目からの印象が大きく影響することから、30歳で結婚をしようと思ったら外見も若々しくしていたほうが有利になります。

老けて見える人や清潔感のない人より、若くて爽やかな人の方に好印象を持つのは男性も女性も同じです。

見た瞬間に「この人はない」と思われないように、今まで以上に外見には気を使うようにしてください。

手入れを怠っていると恋愛対象としてのスタートラインにすら立つことができません。

代謝が衰えてきて太りやすくなったり肌も荒れやすくなる年頃ですから、年齢相応のスキンケアや肉体ケアに励みましょう。

落ち着いた品の良いファッションに身を包むことも大切です。

 

失敗してもめげずに出会いを求める

 

30歳になると婚活の成功率がぐんと下がってきてしまうのが現実ではあります。

しかし、「もう結婚は無理かもしれない」と諦めてしまったら、その後運命のパートナーに出会えるものも出会えなくなってしまいます。

たとえば合コンに行ったり婚活パーティーに参加をしたり、お見合いをして失敗をしてしまってもめげないでとにかく何度もチャレンジすることが大切です。

そこで上手くいかなかったとしても、それは自身に人間的な魅力がないのではなく、あくまでも結婚相手として、恋愛対象にならなかったというだけのことなのです。

シビアになりますが、結婚をするために相手を品定めしているのはこちらも同じなのですから、自分のことをそういう対象として見てくれる相手が現れるまでコンスタントに探し続けていくことが重要になります。

スポンサーリンク


ストライクゾーンを広くするように心がける

 

結婚相手として求める条件を狭めてしまうとそれだけ困難になってしまうため、なるべくこれまで考えていたストライクゾーンを広げていく努力をしてください。

たとえば年齢ですが年下がいい、3歳上までなどと決めてしまわないこと、年収はいくら以上でなければ結婚できない、などと最初からシャットアウトしてしまうのはもったいありません。

30歳になるとそれなりに自身にも経済力がありますし、年齢だけでは人間としての魅力は測れないことも理解できるはずです。

魅力的な職業に付いている人が人間的にも魅力的なのか、年収は低くても素敵な異性がいることもさまざまな人と出会った経験からわかるでしょう。

肩書きなどに惑わされずに相手の内面をきちんと見ること、条件付けをせずに結婚をして本当に幸せになれる相手かどうか見極める目を持つようにしてください。

 

婚活に疲れたら焦らず休む

 

30歳まで独身だとどうしても焦ってくる結婚ですが、時間と労力を割いても上手くいかないときには上手くいかないものです。

疲れてしまったときにはきちんとお休みをするようにしてください。

働きながらの相手探しになることがほとんどでしょうが、どうしても心身ともに負担がかかってきてしまいます。

疲れているときに結婚相手を探そうと思っても、判断力が鈍ってしまっていたり冷静に相手のことを見極めることができません。

そんな時に無理やり婚活を続けても「もう嫌だ!」と投げ出したくなってしまうものです。

疲れを実感したら、趣味を楽しんだりエステに通ったりなど、楽しいことを思いっきり楽しんでリフレッシュすることが大切になります。

ストレスから解放されれば笑顔も輝き心に余裕が出てきますし、そんな時にこそいい相手に巡り会いやすいものです。

 

30歳独身結婚は分岐点

いかがでしたか?

30歳は人生における1つの分岐点です。

この分岐点である事を自覚して今後、自分の人生設計を見直してみてはどうでしょうか。

今回は結婚をフォーカスしましたが、結婚だけが人生の幸せとは限りません。

自分にとっての幸せとは何かを腰を据えて考えてみるいい機会なのでは無いでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク