40代の妊娠する人の特徴9つ

妊娠したい・・・。

でも年齢的にはもう厳しいかな・・・。

そんなことを考えている人は数えきれないほどいるのが現実です。

しかし、そう考えている人の中でも40代で妊娠する人もたくさんいるのも事実です。

ではなぜ彼女たちは妊娠できたのか。

そこで今回は40代で妊娠する人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


40代の妊娠する人の特徴

 

若い頃にやりたいことをやってきた

 

夢や志があって、中高生の頃、もしくは小学生の頃などの幼少期にさかのぼることもある子供時代に、自分自身による将来の夢がかなり決定づけられていて、自分自身がこうありたいという気持ちが強く、それを現実に出来たひとは、結婚も後回しになりがちで、自分の人生を充実させて生きてきたという例が多いです。

そんなタイプの人は、子供を作る予定もない中、友人や姉妹などの子持ちの様子を見たり、と、周りの影響によってだんだん考え方も変わってくることも多く、晩婚ながらも妊娠願望も出てくるようです。

そうすると、高齢出産と分かっていながらも、子供が欲しくなって、妊娠するということが多いですね。

 

とにかく地味なタイプで男性経験が少ない

 

親の意見重視なのか、自分の意志なのか、とにかく固い道を歩んで、恋愛も怖くてしたことが無いまま、人生に派手だったという時期もなく年齢を重ねる人も、中にはいるようですね。

そういったタイプは、結婚や妊娠に幸も不幸も感じるきっかけがなく、恋愛、結婚、出産等への関心も低く、現実的に感情移入しにくいようです。

そうなると、やはり自然と、妊娠の時期も遅くなり、周りの目線も気にせずに過ごして行くことが多いため、結果として妊娠をしないまま40代になるということもあります。

しかしながら、妊娠に対して、若干の気持ちの変化か、親や夫の意向が…、という中、最後の妊娠する機会を逃さないように周囲に言われるような機会に遭遇することにもなりやすく、「それだったら」とか、「では」という感じで、妊娠するということも多そうです。

スポンサーリンク


妊娠願望はあるけれど、病気で授からなかった

 

ちょっと、聞くと辛いという人も多いと思いますが、実際に、体の不調により、赤ちゃんが欲しいものの授からなかったというタイプも意外と多いです。

不妊治療のもと、ようやく授かったという話も少なくありません。

そういった人は、やはり出産時期もやむを得ず遅くなり、40歳代での妊娠ということも多いようです。

子宮筋腫などの闘病経験がある人もいれば、何度か妊娠しても、切迫流産などという悲しい結果で、という話しも耳にします。

40代で妊娠した方は、ようやく授かってから、「実は過去にそういった経験があった」と、人に言えるようになる傾向もあります。

ちょっとデリケートな話になるので、周りの気遣いも必要ですね。

 

見た目が若く健康的

 

40代で妊娠する人に共通するのが見た目が若々しいということです。

見た目が若いということは肌の質が良く成長ホルモンが多く分泌している証拠なので、まずは自分の体を健康にしませんか。

そのためには栄養のある食事と質の良い睡眠を取ることが基本です。

お米やパンなどの炭水化物、お肉や大豆などのタンパク質、野菜から採れるビタミンや食物繊維をバランスよく摂取しましょう。

睡眠も22時までに寝ることで質が良くなるので心がけましょう。

適度な運動も必要ですね。

日頃運動不足の人は部屋のお掃除などをすれば運動もできて部屋も綺麗になって一石二鳥です。

そうやって体が健康になれば体内の本来の機能も活性化するので妊娠の確率が高まります。

スポンサーリンク


パートナーと仲が良い

 

妊娠するためには必要なこと、それは性行為です。

性行為は自分一人では出来ません。

パートナーあってのものですから、仲の良い関係を作りませんか。

仲が良くなれば自然と性行為の回数も増えてそれだけ妊娠の確率も上がるでしょうし、性行為自体の質も良くなることでしょう。

子供というのはパートナーとの愛の結晶と言われるぐらいですから、愛しあうことがまず必要なことかもしれませんね。

日頃あまり関係が良くない、会話がない、愛が足りないと感じている方は見なおしてみませんか。

実践することはなかなか難しいことですが、関係を良くするには相手への思いやりや謙虚に接することを心がけてみましょう。

 

葉酸を摂取している

 

葉酸は妊娠のために欠かせない栄養素です。

妊娠するには受精卵が子宮内膜に着床することが必要ですが、葉酸にはその質を強化してくれる働きがあります。

血を作るためのビタミンである葉酸は骨盤内の環境を良くするために欠かせない栄養素なのです。

さらに、葉酸には神経管閉鎖障害のリスクを低減させる効果があると発表されています。

神経管閉鎖障害は胎児の脳や神経管に起こる先天異常です。

このようなことから厚生労働省も、サプリメントなどを活用しながら1日あたり400μg以上の葉酸の摂取を推奨しています。

スポンサーリンク


高齢でも頑張ろうと努力をする特徴がある

 

40代で妊娠する人の特徴は、やっぱり子供は欲しいから最後の望みをかけて妊娠する特徴があります。

高齢出産ですが、それでも自分を信じて頑張って出産しようと考えているのです。

この高齢でも出産しようと考える女性は心身共に元気な人が多いのも特徴的です。

精神的に若いからこそ、まだ子供を産めるのではないかと考えているところもあります。

まだまだ若い人には負けず、自分の可能性を信じて頑張ってみようと思う性格の女性が多いんです。

小さな子供を育てることができる若い感覚もありますから、時代の流行にのって子供を育てることもできるのもこういった40代で妊娠をする人の特徴なのです。

 

ファッションセンスがおしゃれ

 

40代で妊娠する人の特徴は、おしゃれなファッションセンスを持っているという特徴がありますね。

そのファッションセンスは今どきの若い女性が着る服を着ていることもあり、なかなかセンスがいいんです。

40代だからと地味な服ばかりを着ることもなく、おしゃれな服を着こなすだけの感覚もありますね。

流行にも敏感ですから、色つかいや形などもしっかりと取り入れて素敵に着こなすわけです。

キッチンツールやテーブルなどもおしゃれな生活も考えていることもあり、ますます楽しい生活をしようと考えるのがこの40代で妊娠する人の特徴です。

スポンサーリンク


ポジティブ思考を持っている

 

40代の妊娠する人の特徴は前向きです。

あまり悩みを抱えては暗くなることがなく、前を向いて進もうと頑張る特徴があるのです。

前向きだからこそいつも明るく、ポジティブ思考を持っています。

表情も豊かで明るく、くよくよとしていないんです。

男に頼らず、自分の力を信じて頑張ろうとする努力をしています。

だから40代になっても資格を取ってまた再就職を考えていたり、スキルをアップして少し難しい仕事ができる会社に再就職したいと願っている人もいますね。

子供を育てながらも仕事をして頑張りたい、子供の将来も考えて、少しでもお金を稼いでおきたいと思う特徴もあります。

 

40代の妊娠する人の特徴のまとめ



  • 若い頃にやりたいことをやってきた
  • とにかく地味なタイプで男性経験が少ない
  • 妊娠願望はあるけれど、病気で授からなかった
  • 見た目が若く健康的
  • パートナーと仲が良い
  • 葉酸を摂取している
  • 高齢でも頑張ろうと努力をする特徴がある
  • ファッションセンスがおしゃれ
  • ポジティブ思考を持っている

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク