40代からのスキンケア方法9つ

40代になると老化が目に見えてわかるようになってくる人が多くなります。

きちんとスキンケアをしているのにどうして?

そう感じる人も少なくないでしょう。

しかし、あなたが気付いていないところで、きちんとスキンケアができない可能性があります。

そこで今回は40代からのスキンケア方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


40代からのスキンケア方法

 

信頼できる無添加系にしてみる

 

化粧水や乳液に関して、ドラッグストアなどで売っている大手の無添加系のものも、低価格でいいのですが、原料の部分で不安な面があります。

オーガニック系のお店でも扱っている、ネスノなど、低価格の商品もあり、そちらのほうがおすすめかもしれません。

比較的リーズナブルな子供用のものでも、大人も安心して使えると言ったメリットがあるようです。

40代になり、体でも、肌でも、余分に与え過ぎないということに目覚め、実行しはじめる方も多いと思います。

オーガニック系のお店の店員さんに直接聞くと、お店の信頼もありますから比較的親切に教えてくれます。

シンプルな生き方を目指す方にはそういったスキンケアもおすすめです。

 

リラックスを兼ねたエステに行く

 

直接肌には関係なさそうですが、リラクゼーションは、心身ともに、若返る要素となることも多いと思います。

そういった意味で、リラクゼーションを兼ねつつも、直接肌にアピールしてもらえるフェイスマッサージはいいかもしれません。

人の手によるから、「手当て」といった言葉があるように、自分ではない誰かに手をかけてもらうことは、癒しの作業になります。

40代の女性なら、日ごろ頑張っている自分へのご褒美の、ぜいたくな時間として有意義に過ごせそうです。

また、フェイスのみならず、顔の皮膚とつながっている頭皮という意味でも、ヘッドマッサージも、心身ともにも効くと言われていておすすめです。

スポンサーリンク


時間に捉われるよりも、十分な質の睡眠をとる

 

よく、アンチエイジングという意味では、夜の10時から深夜2時までが、睡眠時間としては、ゴールデンタイムと言われていますが、さらに最近の説によりますと、それがそうでもないようです。

どういったことかと言えば、それは、深い眠りと浅い眠りのバランスが取れていることの方が重要だという説です。

今まで、時間帯に捉われていた方も多いかもしれませんが、起きたときに、すっきりした感じがするような質の良い睡眠がとれれば、時間帯は関係なく、健康につながるということです。

要は、ノンレム睡眠、レム睡眠どちらも重要であり、時間帯よりも、睡眠の種類のバランスと言う点の方が大切なようです。

それが健康につながるということは、アンチエイジングにつながるということでもあり、もちろん肌への影響も、あるわけで、睡眠は重要なカギと言えそうです。

 

本当に脂性肌?まずは肌質を再チェックすべし!

 

「昔から脂性肌なので、オイリーな基礎化粧品はベタベタして合わないんです…。」

ってタイプの40代のあなた。

本当に今も脂性肌でしょうか?

肌質ってずっと同じじゃなくて、年齢と共にどんどん変化していくものなんですよ。

確かに20代くらいまでは、脂の分泌が過剰な脂性肌の人も多くいます。

でも、30代からはどんどん減ってきて、40代女性で脂が過剰に分泌される体質の人は滅多にいません。

もし少しでもオイルやクリームが含まれている基礎化粧品でベタベタするなら、それはアイテムの使い方を間違っているかもしれません。

もしくはスキンケアが不十分なため肌が水分不足の砂漠状態になり、代わりに脂が過剰分泌されているだけかもしれません。

とりあえず、まずは化粧品売り場に出向いて、自分の肌質チェックをもう一度してみてください。

肌質を勘違いして間違ったお手入れを続けていると、これからどんどん差が出てきちゃいますよ。

スポンサーリンク


高級クリームも意味なし!ついやりがちな、間違ったスキンケア方法とは?

 

40代になって肌が衰えてきたかも…。

高級なスキンケア商品、気になりますよね?

もちろん高級で高品質なのですから、肌に合っていればこの上なく戦力になってくれるでしょう。

しかし、使い方が一番大切です。

高級でもったいないからといって、チビチビ使っていませんか?

高品質に満足して、パパッと塗り付けて終わっていませんか?

高級アイテムで間違ったスキンケアをするくらいなら、お手頃価格の基礎化粧品を丁寧に使っている方がお肌には効果的なんです。

スキンケアは、適量を十分に使用して、お肌に時間と手間をかけてあげることが大事です。

手のひらを使って、優しく丁寧にお肌をいたわってあげてくださいね。

 

シミ隠すよりも肌隠せ!何より大事なUV対策!

 

年々大きくなって気になるお肌のシミ。

必死にコンシーラーで隠すと、厚化粧になってフケて見えちゃいますよ。

気になるなら皮膚科でサクッとシミ取りを。

そして新たにシミを作らないよう予防することが大事です。

それには一にも二にも、紫外線対策ですね。

お肌の大敵紫外線は、憎きシミの原因になるだけでなく、老化や乾燥、シワをも悪化させてしまうんです。

外出時だけでなく、家や車の中でも、窓ガラス越しの紫外線には要注意です。

日焼け止めクリームだけで完全に防御するのは難しいですから、長袖、帽子、サングラスは必須ですね。

紫外線からのダメージを極力避けて、40代になってもこれからも、若々しい女性でいたいですよね。

スポンサーリンク


保湿対策をしっかりと

 

若いころは化粧水のあと乳液や美容液を少しつけただけでも肌は潤いました。

スキンケアをがんばらなくても、自然にうるおいのある肌を保つことができたでしょう。

しかし年齢を重ねるにつれて肌がどうしても乾燥しやすくなると感じる人が多くなるようです。

しかしむやみに化粧水を多くつけるのが良いということではありません。

たくさん化粧水をつけても肌は乾燥します。

乳液や美容液で保湿をしたあとは、保湿クリームなどを付け足すとよいでしょう。
さらに、美容オイルなども使うのもおすすめです。

今までのケアにプラス一つ付け足すことを考えます。

 

紫外線対策は早めのうちから

 

若いころ紫外線なんて気にしなかった人は今しみとして肌の表面に現れ始めているかもしれません。

本当は20代のうちから紫外線対策をしたいものですが、40代になってから気になり始めたのならすぐにでも対策をするべきでしょう。

紫外線は、肌の老化を促進させてしまいます。肌に必要なコラーゲンも失っていくことになるのです。

紫外線対策で一番いいのは日焼け止めです。

日常生活で使うなら、通常の日焼け止めで十分でしょう。

日中多く外に出る場合はSPFの数値が高い日焼け止め効果の高いものを選びましょう。

さらに帽子や手袋でカバーすることも忘れずに。

スポンサーリンク


やっぱり気になる顔のしわ対策

 

年齢とともに肌に必要なコラーゲンなどが減ってしわもできやすくなってしまいます。
少しでもシワが増えるのを遅らせたいものです。

目じりのシワ、口元のシワ、眉間のシワ、もともと小さかったシワが大きく目立つようになってくるのも40代のころです。

そこでもともとのシワはなるべく深くしないようにしましょう。

眉間にばかりシワを寄せるのがクセになっている人は注意しましょう。

いつもおこりっぽい表情、口がヘの字で口角が下がっている、こんな表情も危険です。

その表情にそってしわができてしまいますよ。

いつも笑って笑いじわができるほうが魅力的です。

 

40代からのスキンケア方法のまとめ



  • 信頼できる無添加系にしてみる
  • リラックスを兼ねたエステに行く
  • 時間に捉われるよりも、十分な質の睡眠をとる
  • 本当に脂性肌?まずは肌質を再チェックすべし!
  • 高級クリームも意味なし!ついやりがちな、間違ったスキンケア方法とは?
  • シミ隠すよりも肌隠せ!何より大事なUV対策!
  • 保湿対策をしっかりと
  • 紫外線対策は早めのうちから
  • やっぱり気になる顔のしわ対策

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク