40代からの痩せる方法9つ

40代になるとどうしても体型が気になるものですよね。

ダイエットを頑張ろうと思っても実際にそれが行動になり、続くことは残念ながらほとんどありません。

あなたも何度か挫折しているのでしょうか?

そこで今回は40代からの痩せる方法についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


40代からの痩せる方法

 

踏み台昇降で余計な脂肪を燃焼

 

20代のうちは食べ過ぎても代謝が良いので脂肪が付いても燃焼されやすいです。

しかし40代に入ると若い頃と比べると代謝が落ちているので、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

そこでジョギングやウォーキングを始める方が良く見られますが、天候に左右されるのが難点です。

そんな時でも踏み台昇降であれば自宅でいつでも運動できると言うメリットがあります。

踏み台昇降は小学校の体力測定でも良く行われていますが、ジョギングやウォーキングより効率の良い有酸素運動ができると言われています。

短時間でも良い有酸素運動となりますので忙しくて時間の無い時でも大丈夫です。

自宅の階段やベッドなど一つの段差があれば行えます。

ダイエット共に足腰を鍛えることも期待できるのが良いところです。

 

食物繊維を積極的に摂取

 

お仕事などで何かと忙しい40代は食物繊維が不足しがちです。

食物繊維が不足すると太りやすいと言われています。

そんな時でも食物繊維を積極的に摂取すると余計な脂質を吸着して体外へと排出してくれるのが良いところです。

食物繊維には水溶性と不溶性があり両方バランスよく摂取するとお腹の調子も良くなりやすいです。

しかし野菜や果物から十分な量の食物繊維を摂取しようとすると大量に食べないといけないです。

食物繊維サプリメントであれば効率よく摂取することが可能です。

普段のお食事と合わせて1日あたり男性で19g以上、女性で17g以上の食物繊維を摂取したいところです。

スポンサーリンク


ダイエット外来で痩せる

 

運動や食事制限では痩せなかったと言う40代の方でもダイエット外来であれば効率よく痩せることが期待できます。

ダイエット外来とは医師の指示の元で行うダイエットのことです。

エステの痩身メニューを受けるほうが一般的ではありますが、医療機関のダイエット外来では医学的根拠があると言うのが大きいです。

さらにきちんと検査したうえで治療が始められますので安心感があります。

ダイエット外来は医療機関が行っており、食欲抑制剤など薬を用いた治療を行うことも可能です。

その他にも医師や管理栄養士による食事療法や、有酸素運動や無酸素運動を取り入れた運動療法などが受けられます。

何度も通うことが必要ですが本気で痩せたいと言う時に魅力が大きいです。

 

30代から40代への移行を受け止めましょう。

 

10代から20代、20代から30代の世代の移行は当たり前のように頭でも身体でも受け止められるのに、なぜか30代から40代への変わり目は、そのまま30代の延長にように受け止めて、なんとなく40代の大切な時間を過ごしてしまっている方が多いです。

「もう若くはない」現実にそういう年齢になった時だからこそ、現実を受け止めて、30代までとは違った生活習慣を自分の日常の中に取り入れていきましょう。

自分が嫌いですか、自分が好きですか。

どうしたら大好きな自分とこれからの何十年かを過ごしていけるでしょうか。

スポンサーリンク


日々の積み重ねが大切です。

 

鏡を見て、シミやしわに加え肌のたるみを感じ、年齢を感じる方も多いはずです。

そこに、それまでと変わらず化粧品を塗っても、きれいにはなりません。

ショッピングに行って試着したら、隠し切れない贅肉が露わになり愕然とし、またそれらを隠す、当たり障りのない洋服を買っても気休めにしかなりません。

自分をしっかり見つめみましょう。

自分が変えたいところ、変わるかもしれないと思うことを見つけることが大切です。

40代、忙しくストレスも多い日常に、自分を見つめる時間を作りましょう。

時間がなかったら、朝、自分のために早起きしてみませんか。

今までテレビを見ていた時間、30分でも雑誌や本を読む時間を作りませんか。

少しの時間でも心がけで身体も心も変わります。

 

健康な身体を作りましょう。

 

年齢を重ねると、肌トラブルだけでなく、例えば老眼であったり、嫌でも体臭の問題など身体の外側と内側の両方から変化が現れるものです。

朝早起きしてできた自分の時間に、健康のための軽いウォーキングで有酸素運動をすることもできますし、外に出かけたくない時には、鏡で自分をチェックする時間を作っただけでも違ってきます。

また、健康のため一杯のフレッシュジュースを作るひと手間があるだけでも、自分の美への意識が違ってきます。

40代、日々積み重ねることが大きな分かれ道になってきます。

まずは心も身体もデトックスできる自分の時間を作り、自分を見つめてみましょう。

スポンサーリンク


若い頃とは違う40代の新陳代謝

 

若い頃は何もしなくても新陳代謝が良いからカロリーを消費していきます。

しかし歳と重ねて行くうちに新陳代謝は下がって行きます。

40代ともなるともう若い頃とは全く違うのです。

ちょっと動くだけでも疲れてしまい、食べた物のカロリーは消費されずに体内に残ってしまいます。

内臓や腸なども機能が衰えて来ますから体調が優れずに血行不良になりやすくもなります。

そうなりますと酸素や栄養が体に行き届かずに益々新陳代謝が悪くなってしまうのです。

40代で痩せるのに大切な事は、いかに新陳代謝を活性化するかなのです。

健康的に痩せる体を維持するにはもう日ごろの運動や食事を見直す必要があるのです。

 

40代過ぎたら努力無しでは痩せられない

 

痩せるのには当然カロリーを消費する事が一番です。

しかし新陳代謝が衰えてきているので何もしないでいてはカロリーを消費しません。

ですから運動を毎日して筋力が衰えるのを防ぎ、新陳代謝を活発にする必要があります。

だからと言って激しい運動をしては体を壊したり、疲労が溜まってしまいます。

大切なのは毎日持続出来る運動をする事です。

毎日無理無く出来る運動で一般的なのはウォーキングと柔軟運動です。

特にウォーキングはいつでもお手軽に出来る運動なのでお勧めです。

買い物をする時に余計に歩くだけでも立派なウォーキングになるのです。

柔軟体操はお風呂上りの体が温まっている時にするのが良いでしょう。

体が温まり血行が良くなっているのでさらに血行促進に繋がります。

スポンサーリンク


暴飲暴食はもうダメ食生活も見直して体質改善

 

痩せるように体質改善をしないと中々カロリーを消費して痩せる事が難しい年頃です。

もう暴飲暴食などもっての外なのです。

カロリーの高い食事をしていては、せっかく運動しても意味がありません。

野菜や大豆製品を中心とした食事を心がけて健康に気を遣うようにしないと痩せる事は出来ません。

野菜で食物繊維を採り、腸内環境を整えれば消化や便通が良くなります。

腸の働きは体にとって重要な事ですから体質改善には必須です。

また、ちょっとした間食であっても食事以外の物を食べるのはお勧めしません。

間食は血糖値が上昇するので健康にも悪影響を及ぼします。

体の健康を維持する事こそ痩せるのに大切な事なのです。

 

40代からの痩せる方法のまとめ



  • 踏み台昇降で余計な脂肪を燃焼
  • 食物繊維を積極的に摂取
  • ダイエット外来で痩せる
  • 30代から40代への移行を受け止めましょう
  • 日々の積み重ねが大切です
  • 健康な身体を作りましょう
  • 若い頃とは違う40代の新陳代謝
  • 40代過ぎたら努力無しでは痩せられない
  • 暴飲暴食はもうダメ食生活も見直して体質改善

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク