大人のキスの仕方6つ

 
好きな人とキスする事は沢山ありますが、そのキスをする瞬間やキスのタイプも色々あります。

お互いふざけあってチュッとキスをするのもいいですが、大人らしく素敵にキスをするのも良いでしょう。

では、その大人のキスというのはどういうキスなのでしょうか。

そこで今回は大人のキスの仕方をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


大人のキス

 

ムードを大切にする

 

いつでもどこでもキスをするのはスキンシップとしてはいいことですが、それではあまりにもムードがありません。

大人のキスにはムードが大切です。少し時間をかけてムードを作り、ゆっくり唇を重ねていきます。

ワイルドにいくのではなく、あくまでも紳士的にキスをするのが大人です。

キスまでには軽いボディタッチや手をつなぐなどして、密着刊ンを演出し、見つめあいます。

この見つめあう時間が大人のキスには非常に大切で、この時間をいかに照れずに時間をかけられるかで、大人のキスか、そうじゃないか、決まってきます。

 

性欲のはけぐちにならない

 

がっついて、キスでもしようものなら大人とは正反対になってしまいます。

そういう思いがあったとしても悟られないようにするのが大人です。

大人のキスは優しく丁寧に、唇を一瞬交わすのを何度か繰り返すのが、有効です。

シチュエーションとしてはなるべく屋外でキスをするのがいいでしょう。

屋外で二人きりになる瞬間を待っているというのもムードがあり、それだけでも大人のキスを演出できます。

スポンサーリンク


唇のケアを大切にする

 

大人のキスで大切なのはムードです。

もし唇がかさついていたり、必要以上にべたべたしたりしていては、まったくもってムードを演出できません。

毎日のケアを欠かさないことが大人のキスへの第一歩になるのです。

特に保湿ケアは大切です。

唇はほかの部位以上に、うるおいを失いやすい部位ですので、時間をかけて保湿していくことが必要です。

もちろん口臭対策等をおこなっておくのも有効です。

意外にガムなどもキスの直前には有効なので、外でごはんをたべた後にキスをしようと思ったら、キスのちょっと前まで、さりげなくお互いにガムをかんだりするのも良いでしょう。

もちろんキスの前にはティッシュかなにかに丁寧に捨て、彼女にも捨てさせましょう。

そこからまた少しの間手を出さずにいて、ムードを作ります。

こうして作った完璧なムードから、大人のキスは生まれます。

 

大人のキスはスマートなキス

 

大人のキスと聞いて、どういうキスを想像しますか?

二人でいちゃいちゃしながらするキスを、大人のキスとは思わないと思います。

大人のキスにかかせないのは、やはりスマートなキスといえるでしょう。

スマートさに欠けるキスは、大人のキスとは言いがたいものがあります。

ちょっとした目があった瞬間に、スマートにするキスは、大人のキスとしてとても素敵です。

スマートにキスをするという事、これが大人のキスに欠かせない事だといえるでしょう。

スポンサーリンク


大人のキスはべたべたしないキス

 
大人のキスの特徴として、べたべたしたキスではないという事があります。

キスしようとする相手ですから、当然相手の事を好きなのですが、その時にべたべたしてその流れでキスするというのは、大人のキスとしては暑苦しいといえるでしょう。

たまにはべたべたするのもいいですが、お互いにふざけあったりしながらキスするようなそういうキスは、大人のキスとはいえません。

大人のキスはそういう感じではなく、さりげなくチュッと軽い感じでするのが大人のキスといえるでしょう。
 

大人のキスはTPOをわきまえているキス

 
大人のキスとしてはTPOをわきまえているという事が大切です。

例えば、人前だという事も気にしないでするようなキスは、大人のキスとはいえません。

いくら好き同士でキスをするのでも、二人で周囲の様子をを考えないでむやみやたらにキスをするようでは、まわりの人には見苦しい感じがしてしまいます。

大人のキスをするなら、二人っきりの時やシチュエーションを考えて、素敵なキスをするべきでしょう。人がいない、ロマンティックな夜景が見えるような時に、さりげなくキスするのが大人のキスといえるでしょう。
 

オトナのキスをするために経験を積む

 
いかがでしょうか。

誰もが大人のキスに憧れるものですが、イメージするのと実際にやるのとでは大きく異なることはあなたもご存知のはずでしょう。

やはり最初は失敗することもあります。その失敗が原因で関係が疎遠になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、その経験はいつまでもあなたの中に残り続けるので、次の機会に同じ失敗をしないようすれば、きっと理想的な大人のキスをすることができるはずです。

今回は、大人のキスとはどういうキスかという事をお伝えしましたが、見苦しくなくスマートにキスするのが、大人のキスというものでしょう。

たくさん経験して、あなたなりの大人のキスができるように頑張ってくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク