彼氏を不安にさせる方法9つ

恋愛テクニックの一つに、「彼氏を不安にさせる」という方法があります。

特に関係が長く続いて、「最近ちょっとマンネリだな」とか、「近ごろ彼氏、前みたいに愛情表現をしてくれなくなった」「私が彼女でいるのが当たり前みたいな顔をしているのがイヤ」と感じたとき、彼氏に不安感を抱かせるのは、大変効果的なやり方です。

そこで今回は彼氏を不安にさせる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏を不安にさせる方法

 

彼氏を不安にさせる行動として他の男性と仲良くする

 
付き合っている彼氏以外に仲の良い男性がいると彼氏は不安に思うはずです。

それが例え男友達であっても二人きりで遊んでいるのを知ったり、彼女と親密にしている様子を見聞きすれば恋人を取られはしないかとハラハラしてしまう男性が多いのではないでしょうか。

友達とは言っても異性である以上、恋愛に発展する可能性が無いとは言えません。

かと言って自分の嫉妬心を露わにしてもう会って欲しくない等と言ってしまえば彼女との良好な関係が壊れてしまうかも知れないのです。

男性は本心をなかなか言い出す事が出来ず、煮え切らない思いをするでしょう。

彼氏を不安にさせる方法の一つとして親密な男性がいる事をさりげなくアピールすれば効果は絶大です。
 

会う回数を減らす

 
一週間のうち恋人同士で会う回数が大体決まっている人は多いはずです。この定期的に会っていた急に回数が少なくなれば彼氏は不安に思うでしょう。

彼女の方から遊びの誘いを全くしなかったり、会おうと言われても断り続けていれば男性は疑問を持ち、今までは定期的に会っていたのに何が原因でこうなってしまったのかと悩みに悩むに違いありません。

さらに、デートを断る時の理由を部屋の模様替等、彼氏に誘われた日ではなくても出来るような事にすると彼氏は自分の優先順位はそんなに低いのかと更に不安に思うはずです。

彼氏を不安にさせたいと言う女性は今まで定期的に会っていた回数を急激に減らしたり、断る理由を些細な事にすると良いでしょう。

スポンサーリンク


甘えない

 
ボディタッチ等、彼女の方から積極的にしていたスキンシップを急にしなくなった場合、男性は不安に思うはずです。

デートの時も一定の距離を保ち、自分から決して好きアピールをしないと良いでしょう。

今まで彼氏に上手に甘えていた女性程、効果は絶大のはずです。

最近スキンシップが減って彼女が甘えなくなってきたけれど自分は何かしてしまったのかと男性は不安に思うのではないでしょうか。

彼氏を不安にさせたい女性は自分から甘えたりスキンシップをするのをやめるようにしましょう。
 

男友達のことを話す

 
彼氏を不安にさせるには、自分の異性の友達について、あんなことを言ってくれた、あんなことが出来る、こんなことをしてくれた、等と笑顔で彼氏に話すことです。

彼氏にこうしてほしいとかを求める訳ではなく、友達の事を褒めてすごいよね、と彼氏にも同意を求めることです。

また、1回だけ言うのではなく、何日かにわけてその友達について話す事です。

そうすると、きっと彼は対抗心を燃やすとともに、彼女はその友達に気があるのかもしれない、彼女が彼女の友達にとられてしまうのではないかと不安になるはずです。
 

メールやLINE(ライン)で友人とやりとりをする

 
また、ある特定の一人の異性の友達とメールやLINEを頻繁にし合う事です。彼氏と一緒にいるときでもその友達とメールやLINEをし続けます。

もしメールやLINEの内容を読んでくすっと笑う事があったりしたとしたら素直に彼氏の前でも笑う事です。

メールやLINEを打ってる最中や読んでいる最中は、彼氏との会話をしないほうがより有効です。

彼氏はその間かまってもらえないので、誰となんの会話をしているのか不安になるはずです。またメールが着たらすぐに読むのも効果的です。

内容は普通の友達と同じようなメールで良いですが、いつもより絵文字などをふんだんに使います。

彼氏がもしちらっとみたりしたときにそれが見えたら、自分にメールをするよりも優しい、楽しそうだと思うはずです。

スポンサーリンク


遊ぶ約束を断ると彼氏は不安になる

 
そして、この日空いてる?と聞かれても初めは断る事も彼氏を不安にさせるには効果的な方法です。

その日はちょっと友達とでかけることになってて…などど断る理由もしっかりと言い、また2回目の誘いも同じように断ります。

最終的にこの日なら空いているんだけど、どうかな?と聞いてみます。

もうこの日しか遊べる日がないような素振りをみせます。日にちを指定するほど予定がつまっているのか、と彼氏は思うはずです。

彼氏は誰となんの約束をそんなにしているのか気になるはずです。遊べる日が減っていくと彼氏は不安になるはずです。
 

結婚を口にする

 
「結婚」を口にする方法も有効です。

といっても、彼氏に逆プロポーズするのではありません。そうではなく、「人生観」の一つとしての結婚について、彼氏に話をしてみるのです。

「今すぐ、というわけではないけど、そろそろ私も結婚を考えはじめてもいいかな、って思ってるの。婚活っていうわけじゃないけど、少し真剣に、結婚を視野に入れて人生を考えてみようと思ってるのよ」

こんなふうに話してみましょう。

それを聞いた彼氏は「だから、自分とは別れる、って意味?」と感じて不安になるにちがいありません。

もし、そう聞かれたら「別にそういう意味じゃないけどね」と、あいまいにするといいでしょう。

彼氏はひとりでいろいろ考えるはず。「彼氏に考えさせること」が目的なのです。

スポンサーリンク


一か月以上会わないようにする

 
毎週一度は会っている、という場合は、数週間会わないようにするという方法も有効です。

「毎週会うのがあたりまえ」と彼氏は考えていますから、数週間という時間はかなり長くかじられるにちがいありません。そして、不安になるのです。

彼氏から誘われても、「ごめん、その日は友達と女子会するから」とか「家族の予定が入ってる」と言って逃げましょう。

もし彼氏が鈍感なタイプの男性だったら、会わない時間を長くしましょう。

一ヶ月以上そういうことが続けば、鈍感な彼氏も不安を抱かざるをえないでしょう。
 

彼氏を不安にさせるは言葉は「友達と旅行へいく」という一言

 
前項の「会えない理由」として、もっとも効果的なのは「友達との旅行」です。

「今週末、友達と2泊3日の旅行に行くことになったから」と告げてみましょう。「来月」ではなく「今週末」というところがポイント。

つまり「突然の告知」という印象を彼氏に持たせるのです。

そして、その後、旅行の話はしないようにしましょう。

彼氏が「旅行、どうだった?」と聞いてきても、「楽しかったよ」としか答えないようにするのです。彼氏は「もしかして、女友達ではなく、ほかの男との旅行だったんじゃないか」と勘ぐり、不安になること請け合いです。

もちろん、実際に旅行をする必要はありません。彼氏を不安にさせるための方便にすぎないのですから。
 

彼氏を不安にさせるのはほどほどにする

 
いかがでしょうか。

彼氏を不安にさせる方法はいくらでもありますし、普段そのようなことを表面にださない彼氏でも必ず不安になるものばかりです。

しかし、やりすぎは禁物です。

やりすぎることで、彼氏があなた以外の女性と仲良くなってしまうきっかけにもなりますし、喧嘩や別れてしまう原因にもなります。

彼氏が冷たい、そっけない、相手にしてくれないといった場合に効果があるものなので、普段仲が良いカップルはわざわざ関係にヒビを入れる必要はありませんよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク