鈍感な男性へのアプローチ方法6つ

鈍感な男性へのアプローチはどうすればいいのだろう・・・とあれこれ悩んでいる女性がたくさんいます。

もしかしたらあなたも悩みを抱えている女性の一人かもしれませんね。

基本的に恋愛アプローチというのは、男性からするものだというイメージがあります。

しかし、鈍感な男性が相手な場合は、やはり女性からいかなければならないケースがほとんどです。

そこで今回は鈍感な男性への恋愛アプローチ方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


鈍感な男性へのアプローチ

 

自分を覚えてもらうように毎日笑顔で挨拶をしてみる

 
鈍感な人というのは人の話を聞いていないときが多いです。

また、ごくごく平凡に接していると名前さえ覚えてくれません。

日常的なルーチンワークの中に組み込まれてしまっていて覚える必要はないと判断されているのではないかと思います。

ただ、そんな人に振り向いてもらうためには毎日何かをして彼の注意をこちらに向けさせないといけません。

一番手っ取りはやいのは毎朝挨拶を明るくすることです。

たかが挨拶、されど挨拶です。

明るい声で毎日挨拶することで、彼の日常の一部にまずはなるのです。

それが過ぎて少し自分でも慣れてきたかなと思えたら、挨拶の次にそっと簡単な話題を盛り込むのもいいかもしれません。

例えば、挨拶をしたあとに「今日の天気は夕方から雨らしいですよ」と一言添えるのです。それを継続していくと必ず顔は覚えてもらえるでしょう。

「あーいつも挨拶と一緒にその日の天気予報を伝えてくれる人だ」みたいに。
 

メールやLINE(ライン)では普段は控えめに時には大げさにアピール

 
鈍感な男性と連絡を取り合える間であれば、やはりこまめにメールはするといいかと思います。

なにせ、相手は鈍感なわけですから、少し個人的にも大げさと思えるような言い回しを多少使ったほうが印象に残っていいかもしれません。

他愛もないことをメールで出してみても、同様に鈍感な人にメールを送っている人と差別化できないのです。

鈍感な男性が仮に熱中している趣味があるとしたら、その内容をメールするのも1つの手でしょう。

自分が行っている趣味などに対して話題を振られて悪い気はしませんし、むしろ話にのってくるかもしれません。

あなたが彼の趣味がよくわからないということであれば正直に聞いて会話につなげるのです。

○○君が今ハマッているのは、こういうことかなと自分の意見を言ってみると更に会話が続けられ好印象です。

スポンサーリンク


鈍感な男性へのアプローチとして意図的に悲しんだりしてみる

 
毎日の挨拶やメール・LINEでのやりとりなどをしていくうちに、相手にその気が芽生え始めれば、しめたものです。

普通にメールなどのやりとりをしているときに、ふと感情の起伏を表すような文章を送るのも効果的かもしれません。

例えば、メールで趣味の話をしていたときに、突然、「なんだか涙が出てきてる」というような話の流れにあわない突拍子もないことを言うと、さすがに鈍感な男性でもあなたのことをほっておけなくなるかもしれません。

ここでもし心配してくれるようなら、鈍感な男性の中であなたの存在が大きくなっている証拠です。
 

ダイレクトに「好きです」と告白するのも鈍感な男性へのアプローチ

 
好きな男性がいて、何度もそれとなくアピールしているのに、まったく気づいてもらえないということがよくあります。

男性は往々にして鈍感なものですし、相手が特に鈍感な男性の場合は、いくらアプローチしても、一向に成果が得られないということも少なくないでしょう。

女性としては、しかし、ダイレクトな告白はしにくいものですから、何度か遠まわしに思いを伝えようとするのが一般的です。

しかし、相手が強度の鈍感男の場合は、それでは埒があきません。

残る手段は、ただ一つ。

直接「好きです」と告白するだけです。

勇気のいることですが、そうでもしないと思いは伝わりません。

だめでもともと、思い切って告白してしまいましょう。

鈍感男は多くの場合、女性経験が多くはありません。

ですから、こちらからの告白が成功する確率はかなり高いのです。

スポンサーリンク


鈍感な男性へのアプローチとして手書きのラブレターを渡す

 
「自分からダイレクトに告白するなんて、恥ずかしくてとてもできない」という女性も多いでしょう。

そういう方におすすめなのが、ラブレターです。

鈍感な男性は、メールやLINEで、婉曲に思いを伝えても、それに気づきません。

だからといって、メールなどで「好きです」と伝えるのも、ちょっと気が引けるでしょう。

そこで、古典的な「ラブレター」という手段を使うのです。

これがなぜ有効かといいますと、「手書きの手紙」というスタイル自体が、今では大変めずらしく、それだけでも鈍感な男性が「これは、何か特別な内容の連絡にちがいない」と気づくからです。

また、メールなどとちがって、自分の思いを細かく説明し、いかに鈍感な人でも理解できるような表現ができます。

つまり、自分の思いを伝えるのに、手紙ほどふさわしいツールはないといっていいでしょう。
 

第三者(友人など)を通じて、思いを伝えてもらうのも鈍感な男性へのアプローチの1つ

 
もう1つのおすすめは、友人などの第三者を通じて、思いを伝えてもらうという方法です。

「直接告白するのは恥ずかしいし、手書きの手紙を書くのもちょっと」という人には、この方法をお勧めします。

自分が直接伝える場合、恥ずかしさから腰が引けてしまい、あいまいな表現になってしまうおそれもあるでしょう。

その点、第三者からなら、思いの強さをしっかり相手に伝えてもらうことが可能です。

鈍感な相手にとっては、一番理解しやすい方法なのです。
 

鈍感な男性への恋愛アプローチはわかりやすさを心がける

 
いかがでしょうか。

基本的に男性というのは鈍感な人が多いものです。

というよりも、まさか自分のことを好きだと思ってくれているなんて、という気持ちがあるため、信じようとしないという言い方の方が正しいのかもしれません。

もしあなたが好きになった男性が、そういう鈍感タイプであれば、とにかうわかりやすい恋愛アプローチをするべきでしょう。

少しずつ距離を縮めていくのもいいかもしれませんが、たいてい女性の方が疲れてしまいます。

ストレートに告白するのもいいですが、そんな勇気がないという人は違った方法でアピールしましょう。

鈍感な男性にアプローチする場合は、メールやLINE(ライン)にハートをたくさん入れる、二人で会いたいなど、明らかに好意を持っていることを伝えるのが最も効果的です。

これが続けばいくら鈍感な男性でも気づくはずです。

しかし、それでも相手から何もしてこないという場合は、やはり女性から伝えるしかないかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク