年上女性にアプローチする方法9つ

年上女性にアプローチする方法のコツを知りたいと考えている年下男性は決して少なくありません。

男性から見ると年上の女性というのは敷居が高いと感じている人もいるでしょうし、相手にされないという不安を抱えている人もいます。

そこで今回は年上女性にアプローチする方法をご紹介しますので、ぜひ参考にして、あなたができそうなものはトライしてみましょう。

スポンサーリンク


年上女性にアプローチ

 

相手が中高生だったときの流行を調べて、それを会話などに生かす

 
年上女性と交際したいという場合、同世代や年下女性に対するのとはちがうアプローチ法を取らなければなりません。

おすすめしたいのは、相手が中高生だった時代の流行を調べること。

インターネットで検索すれば、情報はいくらでも手に入ります。流行のファッションやはやっていたテレビ番組、人気のアイドルや社会的な出来事、さらには政治関係のトピックスまで、できるだけたくさん情報を入手しておきましょう。

それを、彼女との会話の中で生かすのです。だれしも、自分が10代の時の流行は強く記憶に残っているもの。

人間形成に深く関わったできごとですから「なつかしい! よくそんな古いこと知ってるわね」と言いながら、話に乗ってくるにちがいありません。

また、いっしょにカラオケに行く機会があれば、その時代のヒット曲を歌いましょう。彼女は感激して、耳と心を傾けてくれるはずです。
 

パソコンやスマホの上級者テク、最新情報をレクチャーする

 
多くの女性は機械オンチ、特に年上女性は「機械は苦手」とか「新しい機械にはついていけない」と思う傾向が強くあります。

そこで、パソコンを使いこなすための上級者テクや、最新スマホ情報をレクチャーするというアプローチの仕方もおすすめです。

女性が喜びそうな情報をリサーチしたり、パソコン操作のわかりやすい教え方を考えたりして、彼女にレクチャーしてあげましょう。

「頼りになる年下男性」として、彼女のほうから「ねえ、教えて」と声をかけてもらえるようになるかもしれません。

スポンサーリンク


年上女性にアプローチするときはファッションセンスをさりげなくほめる

 
女性にとって、年下の男性からファッションセンスをほめられることほど、うれしいものはありません。

というのも、心のどこかで「もう若いころみたいなファッションはできない。流行に遅れているかもしれない」というコンプレックスを抱えている人が多く、年下男性の目にかなうファッションをしていると知ることで、自信を取り戻すことができるからです。

ですから、折に触れて、さりげなくファッションセンスをほめてあげましょう。ただし、「若々しく見えますよ」は絶対NGの禁句。「若々しい」というのは、若くない人に対する形容だからです。

そうではなく、「大人の女性、って感じで、あこがれちゃいます」というように、無理のないほめ方を心がけてください。
 

無理をし過ぎない範囲で、「男としての頼りがい」を見せる

 
どんなに年を重ねた女性でも、女性から見た恋愛対象になる男性というのは「頼りがいのある男性」です。普段は強そうな女性でも、男性に対して甘えたいというのが本音なのです。

なので、気になる女性より年下であったとしても、「男としての頼りがい」を見せることは、非常に有効なアプローチ方法です。

とは言っても、あまり無理をし過ぎては、かえって相手に気を遣わせてしまいます。自分にできる範囲で、相手の女性にしてあげられることを考えてみましょう。

例えば、高い所の物をさりげなく取ってあげる・重そうな荷物を持っていたら「持ちましょうか?」と一声かけてあげる、といった些細なことで構いません。

逆に、そのくらいのアプローチから始めた方が、「若いのに、さりげない気遣いができる人」と思ってもらえて、好感度UPに繋がります。

スポンサーリンク


然るべき時は自分の意見をきちんと述べて見せる

 
かわいらしく甘えてくる年下男性が好き、という女性もいますが、女性にきちんと信頼されなければ、いくら「カワイイ年下イケメン」であっても、良い関係は長続きしません。

そのため、かわいらしいだけではない面も知ってもらう必要があります。それには、「然るべき時には自分の意見をきちんと述べ、周りに流されない男である」ということを見てもらいましょう。

いくらカッコ良くても、周りに流されるだけの男性には、残念ながら「男の魅力」を感じてもらえません。それが、経験を重ねた年上女性であれば尚更と言えるでしょう。

「言う時はハッキリ言う」という姿勢が、女性をどきっとさせるのです。
 

年上女性にアプローチするときは自分の感情を素直に出しながら接する

 
嬉しい時や楽しい時は無邪気に笑い、つらい時は遠慮なく落ち込む。

そのような素直で無邪気な感情表現に対して、年上女性はどこか母性本能をくすぐられてしまいます。年下男性の少年っぽさに弱い、という年上女性はとても多いのです。

なので、気になる年上女性と接する時は、恥ずかしがらずに自分の感情を素直に出してみましょう。

素直さ・無邪気さもさることながら、年上女性から見ると、「自分に心を開いてくれた」ということが微笑ましく見えてしまうのです。
 

年上女性にアプローチするときは「尊敬します!」という言葉は避ける

 
この一言、一見彼女を褒めているように見えますが、実は彼女との距離を広げてしまうNGワードなんです。

というのも、「尊敬する」という言葉そのものが、山のふもとから頂上までを遠くに見上げる行為を想像させるものだからです。

言い換えれば、「尊敬する」と言った時点で、自分から、相手との距離を「先輩と後輩」「上司と部下」と言った具合に遠いものに設定してしまうのです。

あなたが彼女と離れたい、遠くから眺めていたいならそれもアリでしょう。でも、そうじゃないですよね?

だったら、彼女を「すごい」と思っても、この一言は心の中で発するにとどめておきましょう。

スポンサーリンク


「何でもできるんですね」という言葉はプレッシャーを与える

 
これもまた、褒めているように見えて、実は相手の心にプレッシャーを感じさせています。というのも、「何でもできる人」というのはこの世に存在しないからです。

「何でもできる」ように見えるのは、完璧主義の彼女が「欠点を見せまい」として頑張りすぎているからにほかなりません。

「何でもできるんですね」という評価を彼女に与えてしまうのは、プライドの高い彼女により「がんばれ」と言っていることとほとんど同じなんです。

「『何でもできる』って思われちゃった。ますます気を抜けない…」と、言われた彼女はきっと個室トイレでため息をついているはずです。
 

「頼りになります」という言葉はほめ言葉ではない

 
これも、彼女を褒めているようで、実は単にプレッシャーを与えています。というのも、彼女がこれまでキャリアを順調に積んでこられたのは、常に「頼りになる存在」だったからです。

言い換えれば、「頼りにならない存在」と思われるのが怖くて、彼女は必要以上にがんばってきた可能性があるのです。

「頼りになります」「頼りにしています」。

一見これは、相手を重要な存在と持ち上げているかのように見えます。

しかし、これまで頑張り続けていた彼女は、実はもう頼りにされることをやめたい、と思っているかもしれません。そんな彼女にとって、この言葉は、より心労を与えるだけの一言にしかなりません。

相手が男性なら気にする必要のない「褒め言葉」。

年上の彼女が相手の場合、「年上」である以前に「がんばり続けてきたオンナ」であることを忘れないようにしてください。
 

年上女性へのアプローチは積極的にメールやLINE(ライン)を送ろう

 
いかがでしょうか。

もちろんすべての人に当てはまるわけではありませんが、年上女性というのは積極的なアプローチを望んでいるものです。

特に年下の男性に対しては自分からいけない・・・なんて考えている女性もいるでしょう。

なので、その心理を理解して、年下のあなたから年上の女性にアプローチをしましょう。その際のコツとしてはメールやLINEで積極的にアプローチすることです。

もちろん直接的にでもいいのですが、メールやLINEだと少しずつ距離を縮めることができます。年上の女性は年齢を気にする傾向があるので、一気に仲良くなるよりも、少しずつの方がすんなり恋愛モードに入れるのです。

ぜひこれを意識してアプローチしていきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク