気になる人にアプローチするときのLINEの仕方9つ

気になる人にLINEでアプローチしたいけれど、どういった内容や話題で送ればいいのかわからない、と悩んでいないでしょうか。

また、どうやってLINEを送ればいいのか悩んでいるという人も決して少なくないでしょう。

では気になる人ができた時に、LINEを使う事で、上手にアプローチする事ができますが、その方法とはどのようなものでしょうか。

LINEはメールアドレスを打ち込むこと無くIDで検索できたり、電話番号を知っていれば自動で友達に追加できたり、連絡をするには必要不可欠なツールです。

そんなLINEで、気になる異性とやりとりをする機会もあるでしょう。

そこで今回は気になる人にアプローチするときのLINEの仕方をご紹介しますので、ぜひあなたが実践できそうなものは積極的にトライしてみてください。

急速にお互いの仲が深まるようになるはずですよ。

スポンサーリンク


気になる人にアプローチするときのLINE(ライン)

 

明るい感じのLINEを送る

 

気になる人へLINEを送る場合は、誰でもできるだけ感じがよく明るい感じのLINEを送るようにするでしょう。

せっかく送ったLINEが読んでも、愚痴などが書かれているようでは、受け取った相手も気が重くなってしまうでしょう。

読んでいて楽しい・わくわくするような感じのlLINEを送る事で、相手もそういうLINEが来て嬉しいと思うはずです。

まずはLINEを受け取った時に、明るい良い気分になるような内容を送るようにするのが大切です。

そういうLINEを送る事で、相手はあなたからのLINEが来るのが楽しみになるでしょう。

 

さりげなく休みの予定を聞く

 

LINEをしながら、さりげない会話を装って、週末や夏休みの予定がどうなっているのか、聞いてみるのも良いでしょう。

たまたま相手が何の予定もないようで、更に自分に対してある程度好意を持っているようなら、LINEで面白そうなイベントや映画などを伝え、ヒマなら行ってみる?みたいな軽い感じで、アプローチする事ができます。

もし相手が一緒に出掛けるという事に対してOKを出したなら、それは形の上ではれっきとしたデートです。

また会いたいと思わせるような、素敵な時間を過ごせるきっかけになるのです。

LINEでさりげなく休みを聞いて、実質的なデートに誘うというのは、LINEを使ったアプローチとしては有効な手段と言えるでしょう。

スポンサーリンク


スタンプを効果的に使う

 
LINEの楽しい点は、スタンプが豊富で、その時の会話によって色々なスタンプを選んで盛り上がる事が出来る点です。

気になる人へアプローチする場合、このLINE特有のスタンプを上手に使って、相手の心やツボにマッチするようなスタンプを送ってみましょう。

スタンプなどを利用して楽しいやり取りが続けば、相手もあなたの事を好ましく思ってくれるでしょう。

LINEのスタンプを上手に活用して、楽しいコミュニケーションをとるようにするのです。

LINEならではのスタンプは、上手に使う事で、印象を良くするツールとなるのです。
 

軽い相談事を持ちかける

 
好きな人にLINEでいきなり、率直な行為を伝えることは難易度が高いので、まずは軽い相談事を持ちかけ、「自分と相手だけの共通の話題」を作ると良いでしょう。

とは言っても、あまりにも重い相談事は相手のプレッシャーになってしまうので逆効果です。

相手が詳しく知っていそうな事柄を把握し、そのことについて質問してみるのです。

人間は不思議なもので、自分の興味のある事柄についてを他人から質問されると、途端に嬉しくなってしまうものです。

なので、きっと相手も喜んで回答してくれるのではないでしょうか。

そのやり取りで、楽しい雰囲気を作り上げると、一気に距離が縮まります。
 

友達同士のLINEグループから始めてみて、共通の話題を作りながら2人のやり取りに発展させる

 
最初は1対1で相手とLINEするのが恥ずかしいと感じる人も多いかと思います。

そんな時は、複数のメンバーでのやり取りから始めましょう。

LINEグループを友達同士で作り、その中でやり取りしていくと、お互い、メンバー全員に対して親近感が湧きます。

そしてそのやり取りの中から、頑張って相手との共通の話題を見つけましょう。そこから2人でやり取りできるようになるのです。

気になる人との距離を近づけるための第一歩は、まずは「親近感」からです。

スポンサーリンク


笑いを誘ってしまうスタンプを使う

 
LINEのスタンプ機能は、文章に重さを持たせずに相手にメッセージを伝えられる便利な機能です。

これを有効活用しない手はありません。

かわいい絵柄で、しかも、見た瞬間、思わず相手が笑ってしまうようなスタンプを送ってみましょう。これで一気に雰囲気が和みます。

文章ばかりだと、相手から負担に思われてしまうことの多いLINEですが、スタンプで遊び心を発揮して親しくなってしまいましょう。

但し、用もないのにスタンプばかりを何個も送ると、相手も面倒に感じてしまうので逆効果になってしまいます。
 

時折、ハートの絵文字を使う

 
ハートの絵文字の効果は絶大です。

多用している方の場合は、軽く流されてしまいますが時折ちょこんとハートの絵文字があると、相手はどきっとします。

普段、絵文字を使わない方がする程に効果は高いです。

普段使わないからこそ特別感があり、もしかして…と思わせるものです。

絵文字などを普段から使わない方がやるといいでしょう。
 

グダグダと長文を送らない

 
LINEに限らず、メールでも長文が来ると読むのが面倒になってしまいますよね。

長文の割に、話している内容がどうでもいいものだったりすると返事をするのも面倒になってしまいます。

しかし、だからと言って一言だけだったりしても、これも返事しなくていいかなと思わせてしまいます。

それならどのくらいの長さがいいのか、というと長文にも短文にもならない長さです。

だいたい、4?6行くらいでしょうか。

この程度であれば、パッと見て返事がしやすいはずです。

また、その4?6行に中に話題は2つ程がいいでしょう。

このくらいの量が1番、既読スルーされにくいベストな量と言えます。

スポンサーリンク


相手のことを褒める

 
これは、相手の全てを褒めるということではありません。

相手の性格やいいところを褒めてください。

○○ちゃんって可愛いよね、○○さんはかっこいいですね、とかではありません。

いきなり容姿にことを言われたら、相手から自分が狙われていることが丸わかりになってしまいます。

下心が見えるとあまりいい気持ちにはなりません。

例えば、気がきくとか、話していて落ち着くとかそういう褒め方をしてください。

こうした褒め言葉は、相手の中身を褒めるものです。

自分の中身を褒められるとやはり嬉しいですよね。

自分の容姿を褒められることより、中身を褒められるほうが下心は見えません。

下心満載では、アプローチする前に相手が逃げてしまいますよ。
 

気になる人へのLINE(ライン)の話題はポジティブにする

 
いかがでしょうか。

今回は、気になる人にアプローチするときのLINEの仕方について、お伝えしました。LINEは今やコミュニケーションの手段として欠かせないものとなっています。

つい手軽にコミュニケーションがとれるため、愚痴を言ったりしやすくもなってしまいますが、なるべくならポジティブな話題をするように心がけましょう。

そのほうがより親密な雰囲気になることができます。

LINEを上手に使って、気になる人へのアプローチをぜひ成功させてくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク