アラフォーの婚活が厳しい理由9つ

アラフォーの婚活は厳しい・・・。

あなたはそう考えていないでしょうか。

この感覚は人によって大きく異なります。

アラフォーでも恋愛を楽しんで充実させている人は数えきれないほどいますし、その逆もたくさんいます。

こうした発言をする人はたいていネガティブシンキングでしょう。

では、どうして厳しいと感じてしまうのか。

そこで今回は、アラフォーの婚活が厳しい理由についてご紹介していきますので、ぜひあなたに当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


アラフォーの婚活が厳しい理由

 

ひとりが一番

 
出会いや別れを一通り経験して、楽しい恋愛も苦い経験も色んな事を知ってしまうアラフォー世代。

結婚という現実が身近なものであったはずなのに、いつしか徐々に徐々へと遠い存在へと変わってしまうのが現状です。

職場の仲間同志との話や友人との会話の中でも出て来る恋愛から結婚への発展、しかし40代が近付くと益々踏み切れなくなってしまいます。

情報や知識が増えるとどうしても動きが鈍くなるもので、結婚という一大イベントとなるとその動きが時としてブレーキにも。

結婚してからのどうしたいという明確な夢がある人は滅法優位ですが、ただ漠然と結婚したいという気持ちだけではなかなかチャンスは訪れません。

日々の生活に変化や刺激を増やしたりしないといけないことを解っていても出来ないのが現状、仕事が忙しいという理由でどうしてもひとりが一番となりがちです。

仕事して収入を得てひとりで休日を満喫しやすい今の時代だからこそ、アラフォー世代の婚活は男女共に全体的に鈍ってしまっています。
 

男性にプレッシャーを与えてしまう

 
40歳を過ぎたアラフォーと付き合うと言うのは、男性にとっては「結婚」という文字が頭に浮かび腰が引けてしまうものです。

また女性自身も、40代という年齢から焦りが感じられ知らず知らずの内に、男性にプレッシャーを与える結果となってしまいます。

男性には結婚にリミットはありませんが、女性にはあります。

その事で焦りが生じて、空回りしてしまうのです。

それが男性に伝わる事で、なかなか付き合うまで持って行く事すら難しい状況になります。
 

子供を産むのが難しい

 
アラフォーの婚活が厳しい最大の理由が「子供を産むのが難しい」ことです。

高齢出産が珍しくなくなっているとは言ってもアラフォーにもなれば妊娠の確率は下がってしまいますし、安全なお産も難しくなります。

結婚して子供が欲しいと考える男性にとってみれば、どんなに魅力的な女性であっても妊娠・出産が困難であることは大きなマイナスになってしまいます。

美貌や経済力があっても生物学的な年齢だけはどうしようもありません。

アラフォー女性の多くは年齢による出産の問題といういかんともしがたい現実に直面し、厳しい婚活を強いられてしまいます。

スポンサーリンク


理想が高すぎる

 
現在アラフォー世代の女性たちは、若い頃をバブル絶頂期で過ごしてきた世代です。

バブル崩壊から20年が経過しているのに独身アラフォー女性の多くはバブル時代の感覚を引きずっているため、不況の只中であることも忘れ男性に高い理想を求めてしまいがちです。

高年齢、高収入、高身長と三高がもてはやされたのはとっくの昔の話なのですが、アラフォー女性はいまだに男性求める条件として三高を挙げてしまいます。

条件を妥協することを良しとせずに高い理想を追い求めすぎてしまうため身の丈に合った婚活ができず、いつまでも相手が見つからない悪循環に陥ってしまっているのがアラフォー女性の現状です。
 

凝り固まった考え

 
40歳を過ぎてしまうと、どうしても考えが凝り固まってしまいます。

若い頃の様に柔軟で軽いノリという事が出来なくなっています。

それが婚活をしても、上手くいかない理由と言えるのが現状です。

40歳を過ぎたからこそ、慎重になるのは当然の事です。

しかしその凝り固まった考えでは、男性は近づく事も出来ないはずです。

40歳まで自分の考えで凝り固まった物を、崩していく事は大変難しい話です。

柔軟な対応が出来ないでいる事が、婚活または結婚に結びつかない大きな原因でもある事は間違いないのです。
 

親の問題がのしかかる

 
若いうちは自分の中にある恋愛感情だけを信じて結婚することも可能ですが、アラフォーともなると自分たち以外の問題も考えなければいけません。

アラフォー女性が婚活で考えなければいけない問題の中で一番厄介なのが親の問題です。

自分の親の面倒をどうするのか、あるいはパートナーの親の面倒を誰が見るのかというのはアラフォーの婚活に大きくかかわってきます。

アラフォー世代の親ならそろそろ定年を迎える時期ですから、老後の面倒から避けて通るわけにはいきません。

仮に婚活で理想の相手に巡り合ったとしても、結婚したとたんに親の面倒を押し付けられる可能性を考えると素直に結婚するわけにもいきません。

結婚は当人同士の思いが結ばれるのが本来の姿なのですが、アラフォー世代になると両家の親の問題というのが重くのしかかってしまうのです。

スポンサーリンク


このままひとりで生きようという意志

 
自らのプライドも大きくなる年頃、新たな出会いからの恋愛や結婚への道のりは険しくなる一方です。

自立した考えが頑なになり易く、ひとりで居る時間が長くなればなるほど協調性の欠けたアラフォー世代は増えています。

結婚に求める意識や希望が男女共に定まらないと難しい問題が多く、一旦このままひとりで生きようと考えてしまうと独身が一番と心の底で感じてしまいがちです。

趣味が一致したり性格や求め合うものなどピーンと来る物が生じない限り、ひとりで居る時間ますます充実して感じることも多くあります。

デートの前にまずはお話から、お話の前にまずは出会いからと、解っていても職場と自宅の往復がメインとなった日々の生活からなかなか抜け出せません。

何かを切っ掛けにまずは行動に出ないといけないと感じていても、年齢的にも行動力が失われつつある頃なので動きにキレがなくなってしまうのが現状です。

子供という大きな壁

 
今では高齢出産をされる方も珍しくはありませんが、やはり40歳を過ぎるとその事がネックになってしまう事も事実です。

40歳を過ぎても子供を産める可能性はいくらでもあります。

女性も感じている様に、男性も子供を産むなら若い方が良いと勝手に思われてしまいます。

やはりそういう事を考えると、40歳という年齢は婚活するには難しくなります。

悲しい現実ですが、子供を欲しいと考える男性にとってはそこが大きな問題になってしまいます。
 

何らかの理由

 
40歳代まで一人でいると、ただ縁やチャンスが無かっただけなのに、勝手に「何か問題や理由」があると思われてしまいます。

それはとても悲しく悔しい事ですが、現実は周りからそうとらえられがちです。

確かに、それまで婚活しなかった理由がある場合もあります。

40歳を過ぎただけで、ありとあらゆる噂を陰でされてしまうのも事実です。

男性も例外ではなく、こちらに理由が無くてもそう思われるからこそ、婚活しても上手くいかないのです。
 

アラフォーの婚活が厳しいならあらゆるサービスを使おう

 
いかがでしょうか。

このような現実に目を向けてしまうと「アラフォーの婚活は厳しい」の一言に尽きます。

これで婚活を諦めてしまう人もいるでしょう。

しかし、本気で結婚したいと考えているのであれば厳しい理由なんかに惑わされずにあなた自身の意思を貫き通すことが重要です。

そして、アラフォーは自分の力だけで何とかしようとせずに、あらゆる婚活サービスを利用することが必須となります。

結婚相談所でもいいですし、婚活パーティーや婚活サイトを駆使してもいいでしょう。

こんなに便利なものがあるなら使わないと損をするのはあなたですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク