性格悪い男の特徴10選

 
性格の悪い男性があなたの周りにいないでしょうか?

性格の悪い男性とは、できればあまり関わり合いたくないものですし、近くにいるだけで嫌な気持ちになるものです。

では、性格の悪い男性とは、どういった特徴を持っているのでしょうか。

そこで今回は性格の悪い男の特徴をご紹介しますので、あなたの身近な男性に当てはまるものがあるかどうか確認しながらご覧ください。

特徴を知っておく事で、性格の悪い男性と深い付き合いになるといった事が防げることにつながるはずです。

スポンサーリンク


性格が悪い男の特徴

 

ネガティブな考え方の男性

 
性格の悪い男性というのは、大体にしてネガティブな考えを持っています。

普通の人なら気にも留めないような事でも、悪く悪く考える傾向があります。それだけでも一緒にいる人はあまり気分が良くありませんが、さらに、何かを話してもその内容を否定したり、物事を悪くいってきたりするのが性格の悪い男の特徴ではないでしょうか。

ネガティブな考えや発言の多い人は、心の中にコンプレクッスや他人に対する憎悪などが溜まっていて、それがネガティブな考えや発言となって出るのでしょう。

もしそばにネガティブな発言ばかり繰り返す人がいたら、性格が悪いと考えられますので、注意が必要です。
 

人の成功を嫉妬したり足を引っ張る男性

 
例えば職場においても、男性同士のライバル心というのはかなり強いものがありますが、性格の悪い男性は、正々堂々と仕事に打ち込む事ではなく、誰かが成功しそうな時にわざと邪魔をしたり妬んだりする傾向があります。

悔しければ自分も仕事に打ち込んで相手を追い越せばよいのですが、性格の悪い男性は、そういった努力を怠り、人の足を引っ張るような行動に出るのが特徴です。

その心理というのは、自分が実力がないという事を、自分自身が無意識にでもよく分かっているため、そのような行動にでるのでしょう。

そして考え方がネガティブなので、精いっぱい努力すれば追い越せるといったポジティブな考え方が出てこないのです。

人の成功をねたんだり足を引っ張ろうとする男性は、間違いなく性格が悪いと言えるでしょう。

スポンサーリンク


うわさ話をする男性

 
うわさ話をする男性は、性格が良いとは言えません。うわさ話と言っても芸能人の話題のような害にならないような話題ではなく、人の悪口や聞いていて楽しくないようなうわさ話をする人は、要注意です。

そういった悪口やうわさ話をするという事は、その男性の心は人に対する不満で満ち溢れているのです。

そんな男性の性格が良いわけがありませんよね。

うわさ話をしたり、人を貶めるような話をするような男性がいたら、そういった男性は性格が悪いと考えられますので、近づかない方がよいでしょう。
 

自分が1番正しいと思っている

 
これは言葉のとおり、人の意見なんてどうでもよく、常に自分が1番正しいと思っています。

最初から人の意見なんて聞かない人の方がまだマシで、人の意見聞いてくるくせに、結局自分の意見を押し付けてくる人はあなたの周りにいないでしょうか。

自己顕示欲が強い人とも言えますが、直接でもSNSでもメールでもLINE(ライン)でもその人の考えを押し付けられるほど、迷惑なものはありません。

人の気持ちを配慮できない特徴を持っているので、性格が悪いと思われるようになってしまうのでしょう。
 

人によって態度を変えたり、気分で動く

 
自分より下とか上とか、友達や同僚にランクをつけて、自分より強そうな人(例えば上司とか)にはすごくいい顔しながらも、裏で悪口を言う・・・なんて人は明らかに性格が悪いと言えるでしょう。

そして、自分より弱そうな人には怒鳴りちらしたり、ネチネチ説教したり、自分のストレスをぶつけるように当たり散らす人はもう目も当てられません。

また、気分で動くような男性、特にそのような人がリーダーや上司であれば、最悪だと感じる人もかなり多いはずでしょう。

ご機嫌なときに言っていたことと、不機嫌なときに言っていることが全然違う!なんて経験はないでしょうか。

上司の気分で、仕事内容まで変えられたら、相手はただ迷惑でしかないでしょう。

スポンサーリンク


なにかと人に決めさせるが、けちくさい

 

性格の悪い男は、自分の意見を遠回しに言っておいたうえで、最終的に人に決めさせる傾向があります。

そして、結果がいいと自分の意見は正しかっただろうと自信満々に周りに言いふらすのですが、

結果が悪いと、お前が決めたんだろと人の責任にしてきたりするので、とてもわかりやすいでしょう。

また、細々としているけちくさい人というのがたまにいます。

割り勘、割り勘と妙にこだわって一円単位で計算してきたり、お金だけでなく自分が楽な方にとか、

自分の得することしか考えていないタイプと言えるでしょう。

 

男友達があまりいない

 

男同士の友人関係というのは、お互いに見栄を張ることもなく助け合いの精神が、女性同士の友人関係よりも強い傾向にあります。

ですからその男友達が少ないというのは、人として何かしらの目立った欠点があると考えたくなるというものです。

もちろん友達の多い少ないだけでその人となりをはっきり判断できるものでもないのですが、少なくとも性格の良し悪しを図る一つの材料とはなるでしょう。

つまりは上手な人間関係を築けない、他人の気持ちを思いやることができないとは誰だって親しくしたいとは思いませんから、おのずと友達が少なくなってくるのです。

また他人に配慮することができない人は、結局のところ自分勝手でどのような状況でも自分中心に物事を考えてしまう人ということになりますから、友達の少ない男性は性格が悪いことが多いのです。

スポンサーリンク


否定の言葉が会話中に多い

 

でも、しかし、だって、などの否定語を多く使う男性は、決して性格が良いとは言えないでしょう。

このタイプは他人の意見に素直に耳を傾けることをしませんし、どのような状況においても言い訳をすることが多くなります。

例えば誰かと会話をする時に否定語から話をし始める男性がいますが、これはもうすでに否定語が口癖になっていて、自然とでも、だってといった言葉が口をついて出てしまうのです。

しかし否定語というのは、言われた相手にとっては気持ちの良いものではありません。

自分の意見をすべて頭から否定されているような気分になりますし、思いが伝わっていないような気持ちにさせられてしまうのですから。

このような男性は頑固で自分の信念を曲げようとしない性格であることが多く、性格の良し悪しを判断する際に否定語を多用する人は性格が良くないと判断する材料となるでしょう。

 

他人を批判ばかりしている

 

自分のことは棚に上げて、他人の批評や批判ばかりをする男性というのは世の中に意外とたくさんいるものです。

特に社会的地位の高い男性やある程度ステータスの高い男性の中には、周囲を見下して横柄な態度を取ると共に、他人を批判することでより自分の価値を上げようとする人がまれにいます。

普通に考えればそれだけ高い地位にいるなら黙っていても男性としては十分魅力なはずなのですが、自分に自信があるがゆえに他人のあらを探しては批判せずにはいられないのです。

ですがたとえその批判が的確なものであっても、他人のあら探しばかりしている男性をステキだとは思いませんよね。

また自分は何も努力をしていないのに人の批判ばかりする男性もいますが、どちらにしろこういったタイプの男性は器が小さく性格が悪いと断言しても良いでしょう。

スポンサーリンク


些細なことですぐに怒る

 

ちょっとしたことですぐに声を荒げて周囲を威圧する男性は、はっきり性格が悪いと言って良いでしょう。

周りを威圧することでしか自分を誇示できないのですから、ある意味可哀そうな人だと言えなくもないですが、怒りを向けられた方はたまったものではありません。

さらにこのタイプの男性は怒ることによってストレスを解消しようとすることだってありますから、人としては欠点だらけだということになります。

具体的に言うと例えば店員さんにやたらと偉そうな態度を取ったり、車を運転していてしょっちゅうクラクションを鳴らす男性がいますよね。

こういった男性は終始イライラしていて、本当に些細なことですぐに声を荒げて周囲を威圧します。

ですから性格の悪さを見抜く目安として、怒りの沸点が低い男性には要注意ということになります。

 

性格悪い男がモテる理由

 

自分がいないとダメになると思われてモテる

 

何でも他人任せで無責任な性格の悪い男性は、世の女性にとって敵なのですが、そういう男性と付き合ってしまうことで、自分がいないとこの人はダメになってしまうと思ってハマってしまう女性が意外と多いためモテるのです。

いわゆる「ヒモ」タイプの男性で、彼氏のためにはなんでもしてあげたいという母性本能がくすぐられてしまうためです。

そして、そういった女性の母性本能を上手にくすぐって、自分の思う通りにさせようというあざとさもあります。

さらに、男としてのプライドが無いため、経済的な面においても女性に頼り切るということもあるのです。

自分が支えてあげることで、彼氏の夢をかなえてあげたいと思う女性もいるでしょう。

このように、彼氏を全力で支えて尽くしてあげることが自分の生きがいとなってしまい、それ自体が自分の存在価値であると実感できる源でもあると勘違いしてしまう女性がいるためモテるのです。

スポンサーリンク


振り回されることにハマってしまう

 

性格の悪い男性は自己中心的な性格であるため、相手が誰であろうと自分のしたいように振舞うため、周りを振り回すことが多いでしょう。

とはいえ、その振り回す男性に魅力を感じてしまう女性がいるためモテるのです。

一般的にみたら単なるわがままなだけで自我が強いということを、芯があって男らしいと勘違いしてしまうためです。

特に、押しの強い男性が好みで、男性から強引に引っ張っていってもらいたいと思うようなタイプの女性はハマりやすいでしょう。

振り回すような言動に不満を持ちつつも、その強引さに魅力的に感じてしまっていますし、周りからやめた方がいいと反対されればされるほど燃え上がってしまうのです。

そして、そういった危うさが恋愛のスパイスとなって女性を魅了することとなり、性格が悪くてもモテるのです。

 

性格の悪さが刺激的に感じる

 

攻撃的で性格の悪い男性は、男性から必要以上に守られたいと望む女性からモテると言えるでしょう。

攻撃的な言動で人間性を疑ってしまうような男性であっても、それを男らしい強さだと感じてしまって、カッコイイとさえ思ってしまうのです。

また、攻撃的で悪ぶった横暴な態度であるため、女性に対して媚びたり、しつこく口説くような女々しいことはしません。

そのため、それがかえって魅力的に映ってしまい、この男性をなんとか魅了して落としたいという欲求に駆られる女性もいるでしょう。

また、一般的な優しい男性では刺激が足りないため、こういう性格の悪い男性でないとドキドキ感が味わえないという女性もいますのでモテるのです。

男性からチヤホヤされることが多いモテる女性にとっても、この性格の悪さが刺激となってハマることが多いでしょう。

スポンサーリンク


ちょっとした優しさでも喜びが倍増する

 

性格が悪い男性は、普通の男性よりもギャップを感じやすいという特徴があるためモテると言えるでしょう。

動物を可愛がっていたり、普通の男性がやってもなんとも思わないようなちょっとした優しさや、時折見せる子供っぽい笑顔などは、効果的なギャップとして映り、とても魅力的に感じてしまうのです。

普段は他人を振り回してばかりいるほど性格が悪いのに、たまに優しくされると嬉しさが倍増してしまって必要以上に惚れてしまうのです。

このようなギャップを見せることで、自分だけには心を許しているのだという安心感が得られるのです。

また、それだけではなく、他の女性には見せないだろうという優越感にも浸ることができるためモテます。

このギャップが大きければ大きいほど、女性は魅了されてしまうと言えるでしょう。

 

性格悪い男への対処法

 

徐々に距離を取っていく

 

性格の悪い男性が身近にいる場合、いきなり縁を切るのは難しいかもしれません。

本当であればそんな男性とははなから接触しないことが一番良いのですが、いきなり縁を切るのは無理な場合は徐々に接触する回数を減らしていくようにしましょう。

例えば合う回数を減らしていく、態度を冷たくするなどというようなことです。

向こうも性格が悪いのですから、それ相応のそっけない態度であしらうことにそれほど罪の意識は感じないでしょうし、こういった方法で少し相手から距離を取っていくことを考えましょう。

それにこちらがそっけない態度を取れば、相手も自分を避けているのだなと感づいてくれる可能性もあります。

そして相手が感づいてさえくれれば、こちらか距離を置かなくても相手の方から接触を避けてくれることだってあります。

スポンサーリンク


第三者に協力を得てみる

 

性格の悪い男性と一対一で対応しきれなくなったときには、その男性を知っている周りの人に助けを求めるのも一つの手です。

性格の悪い男性のことを知っている人であれば、きっと共感を得ることも出来るでしょうし、そうやって心強い味方を得ることで不安を軽減することもできます。

そしてひょっとしたら自分だけでなく、周りにもその男性によって悩んでいる人がいるかもしれないので、そうした人たちと協力し合って対処していくことを考えましょう。

また性格の悪い男性より、立場が上の人がいる場合にはその人に相談をしてみるのも良いでしょう。

とにかくまずはできるだけ自分の味方となってくれる仲間を探し、どのような対処をしていくかを考えていくことです。

性格の悪い男性も複数で対処されては、態度を改めざるを得ないかもしれません。

 

表面的な付き合いだけに限る

 

性格の悪い男性に本気で腹を立てていては、こちらも身が持ちません。

ですから適当に返事をし、口先だけで持ち上げておけばまず間違いはありません。

いくら性格の悪い人でも自分に対して好意を持ってくれている相手は無下にはできないものです。

だからこそこちらも本音を隠し、適当に上辺だけで上手に付き合うことに徹するのです。

とはいえ相手は性格が悪いのですから、その会話の中身はあまり気持ちの良いものではないかもしれません。

でもいちいち腹を立てていても損するだけなので、そこは割り切って相手の話は聞き流し、無難に対応していきましょう。

このとき気を付けなければいけないのは、こちらは否定的な言葉を使わないということです。

相手に肯定的、あるいは好意的な言葉を使って「すごいですね」「なるほど」などと相づちを打っておきましょう。

スポンサーリンク


はっきりと事実を突きつける

 

性格の悪い男性にはいくらその性格を正そうとしても、遠まわしの方法ではほとんど効き目がありません。

さらに性格の悪い男性の中には自分ではその事実に気が付いていない場合だってあるのですから、結局周りの誰かがはっきりとそのことを指摘しない限り直らないのです。

ですから性格の悪い男性本人にはっきりと欠点や悪い部分を指摘してみましょう。

相手によってはそれで怒らせてしまう場合もあるかもしれませんが、そんなことで怒ってしまうような男性はそれこそ手遅れです。

だからこそあなたはこういうところが性格悪いと指摘してあげて、その反応を見るのです。

そしてその性格に改善の余地があるかどうかを見極めます。

自分で性格の悪いことを自覚していない男性であれば、まだ改善の余地もあることですし、ずっとこちらが我慢するよりははっきりと事実を突きつけるのも一つの手です。

 

性格悪い男の特徴が見えたら避ける

 

いかがでしょうか。

性格が悪い男というのは比較的わかりやすいと言えるでしょう。

なぜなら性格の悪さというのは発言や態度などから自然と滲み出てきてしまうからです。

「あっ、この男性は性格が悪いな・・・」とピンッときたら近づかないことが賢明でしょう。

一緒にいると、あなたまでどんどん悪口をいうようになるなど、性格が悪くなっていってしまいますので、気をつけましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク