愛される女になる条件や特徴

 
愛される女性になりたい人はとても多いです。

しかしその思いとは裏腹に、愛されるどころか、むしろ嫌がられるような言動ばかりしている人が数多くいるのが残念な現実です。

あなたの周りにも
「あー、愛されたいー」
なんて言っている人はいませんか?

その人は何かあなたや他の人が羨むような魅力を持っているでしょうか?

ハッキリ「持っている!」とはいえないですよね。

みんな同じなのです。

だからこそ「愛される女の条件」を満たす人が、
もっと多くの人に愛されて、その他大勢の人との格差が広がっていくわけです。

そこで本日は愛される女の条件をご紹介しますので、
あなたができそうなものは試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


愛される女性

 

何といっても、聞き上手

 

やはり愛される女性に共通するのは、

人の話を聞くのが上手いということです。

「プライベートのことを、あの子に話を聞いてもらうとなんだかすっきりする」

「仕事の話をしたときに、うんうんと相づちをうつタイミングがうまくつい、話し込んでしまう」

などなど、聞き上手なあの子にまた相談したい!話したい!という人が多いですよね。

相づちを打つだけでは、人形と一緒ですが、

ちょっとした合間に、さくっと自分の意見を言ったりしても嫌みにならない技とも言えます。

それが人の話をとことん聞ける女性というわけです。

また人の話を聞く時の、目線も大切。

じぃっと獲物を見るように、相手を見過ぎるもの、

相手を全然見ないのもNG。

どうしたらいいの!となりますが、

効果的なのは目線を伏せ目がちにすることです。

つまり、恥ずかしそうにするわけです。

女の伏せ目がちにした目線は、

男性にとっては一種のチラリズムに当たります。

スポンサーリンク


口角がキュッと上向き

 
自分の意識を常に明るい方に持っていけている女は常にポジティブです。

それが愛され女の、口角に現れます。

口角が下向きになっている人は、
中年のおじさんのように常に口角が下がっている癖がついていて、
機嫌が良い悪いに限らず、人相が悪く見えるのです。

もし自分が、誰かに相談に行くとしたら、
不機嫌そうな表情の人のところに行くでしょうか?

それとも少し余裕のありそうな、
キュッと口角の上がった表情の人のところに行きますか?

答えは簡単ですね。

誰だって、後者を選ぶはずです。

だからこそ、「そんなのは重要な事じゃない」とおろそかにするよりも、
口角をあげるレッスンをお家でこっそりしておきましょう。

顔の筋肉が上に上がって、
たるみ防止にもなりますよ。
 

自分から男性に頼み事ができる

 
いつも受け身で、聞き上手というばかりではありません。

愛される女性は、率先して男性を頼ることができます。

いつも男性を頼ってばかりいるの人はあまりよくありません。

しかし時々忘れた頃にふいにやってきて
仕事の手伝いを頼んだり、頭を下げてお願いできるということがキーポイントです。

男性は女性に頼られることが、
ひとつの勲章のように思う傾向があります。

愛される女性は、自然な流れで、
男性にお願いごとをして頼ることができるのです。

スポンサーリンク


素敵な笑顔

 

愛される女性の条件として、

笑顔が素敵な人が多いと話す人がほとんどです。

容姿の問題ではなく笑顔が素敵だと感じる時は、

自分自身も癒やされている場合が多いもの。

「もっとその人の笑顔がみたい」

「いつも笑顔でいてほしい」

と、思うようになります。

それはイコール愛されるということですね。

 

何事にも前向き

 

ネガティブな思考でいたり、暗い話ばかりされると

こっちまで気持ちが落ち込んできてしまうことがありますよね。

けれど愛されている人は例えネガティブな要素のある出来事が身に起こったとしても、

周りにはポジティブでいたり、少し思考を変えてネガティブをポジティブに変えてしまうことの出来る人が多い傾向があります。

それは決して「強がり」ではなくあくまでも「ポジティブ」なのでより素敵に思えるところなのでしょう。

そういう人がたまに見せる「弱さ」を感じると心配になったり、

相手を気遣いたくなる気持ちにさせるのもその人が愛されているからだといえますね。

スポンサーリンク


自分を抑えることができる

 

例えば先程の聞き上手を例にあげてみましょう。

女性のほとんどは自分の話を聞いてもらいたいものです。

けれど、聞き手側にいることで自分の話を聞いてもらえた満足感と相手への信頼感が高まり、相手への好意も高まることを頭で理解しています。

ひとしきり相手の話を聞いたら自分の話を少しだけでもすると、

更に信頼関係も築くことができることもわかっています。

このように相手が優しいからと甘えたりせず、または自分がただ話したいからと自分本位にならず、抑えることができるのも愛される女性の条件でしょう。

 

とにかく気さく

 

愛される女の人はたいてい話しかけやすく、相談しやすいです。

これは男性にとってかなり重要なポイントです。

近付きがたいオーラを出していては、

こちらから話しかけることができません。

仮に話しかけたとしても、何を考えているか分からない女性に、

自分の思っていることや感情を100%伝えようとは思わないでしょう。

相談できる、できないという点も大事です。

先の話と共通しますが気軽に話しかけることができ、

気軽に相談できてこそ、自分の悩みも打ち明けることができるもの。

悩みを打ち明けることができれば、

信頼関係が深まっている証拠だとも言えます。

スポンサーリンク


計算高くない

 

計算高い女性は男性にとって魅力がありません。

もしかしたら自分は利用されているかも知れない・・・、

そのうち裏切られるかも知れない・・・、

なんて、そのような不安を感じるような女性を守ってあげたいとは思いませんし、長く一緒にいようとも思わないでしょう。

 

可愛い、艶っぽい(色っぽい)

 

女性らしい女性でないと男性から愛されません。

ちなみに可愛いといっても顔における美的な話ではなく、

ちょっとした笑顔が素敵だったり、

女性らしく可愛い服やスカートを着たりと、

顔以外の可愛らしさのことのほうが大切だったりします。

艶っぽいのも同じですね。

ちょっとした仕草に女性らしさを感じることができれば、

男性は胸をときめかせます。

ちなみに男性と女性の行動の大きな違いは、

男性は荒々しく動きも速いのに対して女性はゆっくりしています。

たとえばご飯を食べる時に荒々しく食べる女性は絶対にNGでしょう。

歌舞伎の女形あるいは京都の舞妓さんの様にとは言いませんが、

艶っぽい女性というのは1つ1つの動作がゆっくりしていて、

その動きに女性の愛らしさというものが表れるのだと言われています。

スポンサーリンク


古風な女性

 
「今の日本人女性は強い、男よりも強い」

という話がよく伝えられていたりします。

しかし男性は「肝っ玉母ちゃん」のような女性を欲しているわけではありません。

どちらかというと三歩さがって歩くような古風な女性が好きです。

自分からどんどん前に出てくるような女性というのは、
もちろん良い部分もたくさんあります。

一方で男性からすると目障りであったりするので、
結果的に愛されにくいことになってしまうかも。

言い換えると女性が時折見せる「弱さ」的な部分に
男性は魅了されるわけであって、
強いだけの女性を愛したいと思うことは滅多にありません。
 

愛される女の特徴

 

危なっかしい女性は愛される

 
見ていて危なっかしい女性は人から愛される特徴があります。

すぐに道に躓いてしまったり、失敗してしまったり、何か困っていたり、おろおしていたり、おっちょこちょいな女性は見ていて放っておけなく助けたくなってしまいます。

最初はその気がなくても、放っておけなくて助けたりしてしまい、いつの間にか気になる存在になっています。

そして、そういう危なっかしい女性はみんなの気をひいてしまい、その結果愛されるのです。

見ていて飽きないのでいつもみんなの注目の的になり、愛される存在になる傾向にあります。

スポンサーリンク


容姿がいい女性は愛される

 
容姿がいい女性なやはり愛される傾向にあります。

きれいな顔立ち、程よい肉付きでスタイルの良い女性は、特に男性から愛されやすく、チヤホヤされます。

そのため、異性から常にモテるので、男性に困ることはありません。

しかし、容姿目当てで寄ってくる異性が多いので、容姿目当てで寄ってくる男性にはあまり興味がないことが多いす。

それでも、容姿が優れているので、いろんな男性から愛されます。

同性からも、憧れの的になりやすく、同性からも愛される傾向にあります。

容姿がいいと得をするとよく言うのはこのことです。
 

性格がいい女性は愛される

 
やはり性格がいい女性は愛されます。

人が困っていたらそっと手を差し伸べることができたり、人の悪口を言わないことだったり、挨拶がちゃんとできる女性は、愛されます。

元気な挨拶をされれば誰でもうれしいし、悪口を言わないということだけでも悪いイメージがないし、困ったときに助けられた方にとっては、それはもう神様のようにうつります。

また、そんな人を助ける姿をみていた周りの人からもこの娘いいなと思われ、周りの人に愛されます。

性格がいいと周りの人から愛されやすいので、周りから愛されたいのなら、性格を見直すことからはじめるといいです。

スポンサーリンク


愛される女のラインやメール

 

返信がなくとも焦らない、責めない

 
交際中の彼氏や片思いの男性に送るメールやLINE、どうなさっていますか?

好きな相手とは1日に何度でも連絡を取りたいと思う物ですが、あまりにも自分の気持ちを押し付けてばかりだと男性にとっては負担になり行き過ぎると嫌われる原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

では男性から愛される女になるためにはメールやLINEの内容・頻度をどうすればいいのでしょう?

LINEは相手が読むと既読したかどうかわかりますが、既読になっても返事がこないことを責めるようなことはしてはいけません。

仕事中はもちろんのこと仕事終わりの夜や休日だからといって彼がすぐ返信できる状態とは限らないのです。

急ぎの用ではないのなら返信がなくとも焦らない、相手を責めない、そして返信しなければと彼にプレッシャーを与えるような内容は控えた方がいいでしょう。
 

会えない時ほど彼を気遣う

 
相手の仕事が忙しくてなかなか会えない日が続くこともあるでしょう。

こんな時ほど相手を責めずに彼を気遣う一文をメールやLINEに入れることが大切です。

仕事が忙しいのなら彼の体調を気遣うのはもちろんのこと、「仕事が落ち着いたらゆっくり会おう」と今は会えなくても大丈夫だと相手に伝えて下さい。

自分のせいで会えない日が続いていると言うのに自分を責めるどころか心配し気遣ってくれる彼女がいれば男性もその分だけ仕事にやる気が出てきます。

どうしても我慢できない時は会えない寂しさや恋しさを伝えるのもいいでしょう。

ですがあまりにもその頻度が高いと仕事でどうしようもない状況の彼にとって大きな負担になってしまいます。

スポンサーリンク


絵文字やスタンプで感情を表現

 
お互い顔を見合わせて話す時は口調や顔の表情で言葉のニュアンスを補完するものですが、メールやLINEだとそれが見えないので時に冷たい印象を相手に与えたり違った意味で相手が捉えてしまったりすることもあるでしょう。

それを防ぐためにも絵文字や顔文字、LINEのスタンプなどを上手に使って気持ちをうまく表現しましょう。

また適度に絵文字を使うほうが黒一色の内容よりも女性らしさが出るため男性からは好かれることが多いです。

だからと言って絵文字だらけにしたりLINEのスタンプを何度も連続で送り続けたりしていては相手もウザいと感じるので辞めておきましょう。

何事もバランスが重要なのです。
 

愛される女と愛されない女の違い

 

感情の起伏の激しさの違い

 
愛される女と愛されない女の違いは、性格の激しさなどが挙げられます。

愛される女はだいたいいつも機嫌が良くニコニコ、周りを癒してくれる存在なので、誰といても楽しくわいわいできるのです。

ですが愛されない女は感情の起伏が激しくすぐに不機嫌になって文句を言ったり、相手を非難したりを皆の前でも平気でします。

一緒にいる人たちの雰囲気を悪くし、サーッと人が引いてしまう事でしょう。

そういう人はどこにいても墓穴を掘ってしまいどこの場面でも愛されないのです。

愛される人は人が寄ってくる一方、愛されない女は人が寄り付かなくなり誘いも来なくなるのです。

スポンサーリンク


楽観的で明るい女と重たい女との違い

 
やはり愛される女は機嫌がいつもよく笑顔で楽しい人。

恋愛においても楽観的で、彼氏の事をすごく好きでもジトジトせずに楽しむ事ができます。

生活も充実しているので彼氏だけに固執せずに他に夢中になれる事や頑張れる場面があるので彼氏だけの生活にはならずに輝いているのです。

ですが重たい女は彼氏ができるとそれ以外は排除。

そして自分の思いをジトジト伝えてきます。

あまりにも恋に酔って相手に本心ばかりぶつけると相手は負担に思い、怖くなって逃げてしまいます。

別れたらどんな目に遭うだろう、それなら早いうちに手を打っておこうなどと早急にさっさと別れて音信不通となることも。

重たい女は愛されにくいのです。
 

空気が読める女と読めない女の違い

 
愛される女は空気が読めます。

大勢でいる場面で場を読んで接したり、気遣いをしたりできるのです。

この人の態度ちょっと...という人がいてもフォローしたり優しい気遣いができるのです。

ですが空気の読めない女は毒舌で相手の事をズケズケ否定したり、高飛車な態度をしたり明らかにつまらなそうにしたり。

そんな高慢で高飛車で偉そうな女は愛されません。

こういう人に限って彼氏ができず、それは自分に合ういい人がいないからだと自分を省みません。

愛される女と愛されない女の末路は目に見えるようです。

愛される女は幸せな恋愛を経て幸せな家庭を築き、愛されない女はいつまでも結婚できないのはいい男がいないからだと嘆き、いつまでも独身でいることでしょう。

スポンサーリンク


愛される女になる方法

 

何事にも、感謝する女性

 
始めは、ドキドキするような好きの感情から付き合いがスタートしたとしても、長い年月が経つと、お互い感謝することを忘れてしまいがちになります。

「いや、彼の方から私に感謝すべき」と感じたなら、あなたは愛される女になっていない可能性があります。

愛される女とは、男性からずっとそばにいて欲しいと思われ、手放したくない存在の女性です。

長い年月、一緒にいても、愛情が薄まらず、ずっと深い愛情で包まれているなら、女性にとってこんな幸せなことはありません。

そんな女性は、好きな彼にいつも、感謝の気持ちを持っている人です。

「いつも、私をサポートしてくれてありがとう」そんな言葉を素直に話す女性です。
 

彼の味方になってくれる女性

 
男性は、いつも外では1人で戦うような気持ちで行動しています。

仲間がいるといっても、仕事は戦場で、常に緊張の連続です。

甘えられるような環境ではありません。

そんな息も苦しくなるような日々の癒しとなるのが、好きな女性の存在です。

そんな女性が、「あなた、いつも頑張っているわね」と話したり、「私もあなたのやり方が正しいと思うわ」とちょっとしたことでも、味方になって話したりすることで安らぎを得られるのです。

時に、ひどく疲れて仕事のグチや悩みを話した時でも、「私は、こう思う!あなたは間違っている!」と言うのではなく、「そうね。あなたが正しいわ」と理解を示し、「こんなやり方もあったかも」と提案して話すことで、反対意見でも味方になっていると感じます。

そんな女性が愛されるのです。

スポンサーリンク


細かい詮索をしない大らかな女性

 
「なぜ、帰りが遅かったの?」や「なぜ、休日の都合がつかないの?」などとしつこく詮索するような女性では、男性側は、自分は信頼されていないと感じてしまいます。

たとえ、それが仕事で、浮気ではなかったとしても、毎回、「この予定は、どうなっているの」など細かく聞いてくるようなら、息も詰まってしまうでしょう。

時には、リラックスして1人の時間を味わいたいと感じるのが男性です。

他の女性との浮気を全く考えていなくても、しつこい詮索を受けたなら、返って、浮気したいと思ってしまうものです。

「ゆっくり飲みに行くのも仕事の内よね」と話しをしてくれれば、悪かったなという気持ちにもなるものです。

そんな気持ちの大らかな女性が良いのです。
 

愛される女性は多くの人を愛している

 
愛されている女性は、誰かを愛しています。

それはパートナーを愛するという意味だけではなく、
家族や友人、誰に対しても優しく、別け隔てなく接することが出来るということ。

誰に対してもフレンドリーということは、
誰に対しても愛をわけていると同じことです。

その愛の表れが話を聞くことだったり、笑顔だったりするわけです。

なかなかそういう人を嫌いになる人は少ないではないでしょうか。

結果として、多くの人に愛を与えているからこそ、
愛されるのは自然のことといえますね。

愛される女性になりたい人は、
まず愛することから始めてみてはいかがでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク