美肌になるスキンケア方法5選

美肌になるスキンケアの方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

肌が美しい女性は3割増しに美人に見えるというくらい、美肌の影響は高いとも言えます。

例え綺麗な顔立ちでも肌の状態が悪いとその人に対する印象はあまりよくなく、逆に顔立ちはそこまで整っていなくても肌が美しければ好印象になります。

美しい肌を保つためには毎日のスキンケアが大切ですが、どのようなスキンケアをすれば美肌に近づけるのでしょうか。

そこで今回は、美肌になるスキンケア方法をご紹介します。

肌を美しくしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


美肌になるスキンケア方法

  • 新陳代謝を高める
  • 水洗顔
  • 十分な保湿
  • ストレスを溜めない
  • 質の良い睡眠を心がける

 

新陳代謝を高める

 
メイクを落として洗顔をして洗った後には化粧水や美容液などで保湿するという一連の流れがありますが、どの商品を使用したらよいのかわからないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

高価なものから安価なものまでたくさんありますが、高い商品=効果があるというわけではないので注意してください。

そもそも人間には自然治癒力が備わっていますから、身体の中の環境が整えばおのずと肌の質も良くなるのです。

あまりにも上質な成分が配合されたものを使ってしまうと、自分の身体が自然治癒力を失ってきてしまう可能性もあるので注意しておいたほうがよいでしょう。

その商品を永遠に使い続けることが出来るのであれば、外部から成分を吸収して表面的には美肌を保つことが出来るかもしれません。

でもがもしその商品がなくなってしまったときに美肌を維持できるかと言ったらそれは不可能かもしれません。

まずは身体の中からデトックスすることが美肌への近道になります。

新陳代謝を高めるためにも生活習慣を見直す必要が生じてきます。

具体的に新陳代謝を高めるために何をすればよいかといいますと、筋肉を適度に動かすこと、そしてバランスの取れた食生活を心がけること、ストレスをためないこと、十分な睡眠をとること、最低限これらのことを気を付ければ新陳代謝が高まっていきます。

新陳代謝を高めることによって肌再生能力を活性化させ、美肌により近づくことが出来るのです。

皮膚には、古くなった表面の皮膚がはがれ落ちていくと同時に、肌の奥では「新しい細胞」が生みだす機能があります。こうして古い細胞は、新しい細胞にどんどんリニューアルされつづけるのです。この皮膚の働きを「新陳代謝」といいます。新陳代謝があるおかげで、肌にトラブルが起きても、また美しく生まれ変わることができます。

出典 化粧やスキンケアに頼らない!美肌になるための7つのステップ

スポンサーリンク


水洗顔

 
洗顔のし過ぎは必要以上の脂が落とされてしまい、肌には良くないと言われています。

いわゆる乾燥肌質になってしまうので、肌には適度な油脂が必要なのです。

日中はメイクをしている女性がほとんどでしょう。

帰宅してバスタイムなどでしっかりメイクを落として、そして洗顔することは最低限必要になります。

ですが、朝起きたときなどはメイクによる汚れなどがほとんどないので実は石鹸での洗顔は必要ないのです。

水洗顔で十分程度な汚れは落ちますし、冷たい水で洗顔することによって肌を引き締めることが出来ます。

夜の洗顔の際にもお湯でクレンジング&洗顔をして汚れを落とした後は水洗顔で肌を引き締める習慣をつけておいたほうが良いかもしれません。

年々毛穴は広がってしまいますが、水洗顔をすることによって毛穴の広がりを防ぐことが出来ますし、肌を若々しく保つために手軽に試せる洗顔方法でもあります。

朝は洗顔料を使いません。
素洗いだけで十分です。やさしく円を書くように洗います。
タオルも押さえるだけ、絶対にこすりません。
こすることで角質が落ち過ぎてしまいます。

出典 すぐに出来て驚くほど美しくなる!美肌の為に必要なスキンケア全手順

十分な保湿

 
化粧水や乳液、パック、美容液・・・たくさん種類がありすぎて手入れが面倒になってきませんか。

まめな方ならば毎日続けることが出来ますが、この過程が面倒だと感じるひとはたまに手入れをさぼってしまったり、一日くらいお手入れしなくても変わらないからいいや、と手入れをサボるひともいるはずです。

しかし、美肌を作るためには日々の努力の積み重ねが必要なので、面倒だからと言ってスキンケアをさぼることはおすすめできません。

ズボラな方でも毎日のお手入れをサボらず出来るよう考えられた商品が、今話題のゲルクリームなどです。

化粧水、乳液、美容液、パックなどすべての役割を担ってくれるものが各メーカーから発売されています。

スキンケアが面倒な人はそういった商品を上手に使いましょう。

保湿は美肌にとって重要ですし、とくに乾燥する季節などは十分な保湿を行わないとシワになってしまったり肌が剥けてしまったりしますので、手軽に保湿を行うためにもオールインワン使用のゲルクリームなどを利用することをおすすめします。

スポンサーリンク


ストレスを溜めない

 
実はストレスが溜まると、身体のメカニズムも崩れ自律神経のバランスも乱れて肌に影響があると言われています。

ストレスが溜まると女性ホルモンのバランスも乱れてしまいますから、肌に影響するだけではなく、全身の代謝が悪くなったり髪の毛に栄養が行き届かなくなり薄毛になってしまったりさまざまな影響を及ぼします。

美容にとってストレスは大敵です。

極力ストレスを溜めない生活を心がけることが美肌を維持する上でも非常に重要になります。

どうしてもストレスが溜まってしまった場合には、何かしら自分なりのストレス発散法を用意しておくことも大切です。
 

質の良い睡眠を心がける

「睡眠不足がブスを作る」とまで言われるほど、美肌の大敵とされる睡眠不足。人間の体内では眠っている間に“成長ホルモン”が分泌されていますが、睡眠不足によって分泌量が減ってしまうと、様々な不調を引き起こすのです。

出典 美肌づくりを邪魔する「睡眠不足」

様々な研究から、この成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されることが知られています。つまり、寝ている間にお肌のターンオーバーが起こり、私たちのお肌は日々新しく生まれ変わっているのです。

出典 美肌を生み出す秘密とは? 睡眠とお肌の関係 ~第1話 熟睡するとお肌が生まれ変わる?~

肌のターンオーバーが活発になるゴールデンタイムは入眠から3~4時間という説が一般的になっていますが、可能なら日付が分かる前に眠りについたほうがベターなことに変わりはありません。ただ、どちらかといえば入眠直後の時間帯に熟睡することのほうが成長ホルモンの分泌量に影響するようです。

出典 最適な睡眠時間~肌のゴールデンタイム

美肌のスキンケアは、毎日の積み重ねが美しく若々しい肌を作ります

 
いかがでしたでしょうか。

美肌を作るためのスキンケアは人によって合うものや合わないものが存在しますから、自分にとってベストな方法を試しながら見つけましょう。

外部だけではなく内部のスキンケアも美肌にとっては大切ですので、内面から美しくなれるよう時には努力も必要です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク