美肌の秘訣7選

美肌の秘訣にはどのようなものがあるのでしょうか。

女性であれば、誰もが美肌に憧れます。

美肌であるというだけで、周りの人から美人だと思われたり、清潔感があって好感を持たれたりと、良いことづくめです。

しかし、1日2日で美肌になれるというものではありません。

スキンケアや生活習慣など、あらゆる面から地道にアプローチして、初めて美肌が手に入るのです。

ここでは、どうすれば美肌になることができるのか、その秘訣を御紹介します。

これらの秘訣を毎日の生活の中に少しずつ取り入れ、美肌を手に入れてみましょう。

スポンサーリンク


美肌の秘訣

  • 保湿に重点を置いたスキンケアを心掛ける
  • 肌に良い食べ物を多く食べる
  • 日焼けをしない
  • 体内の循環を良くする
  • ストレスを溜め込まない
  • 運動して代謝を上げる
  • 肌を清潔に保つよう意識した生活を心掛ける

 

保湿に重点を置いたスキンケアを心掛ける

 
美肌に、「潤い」は不可欠です。

潤いがあれば、乾燥も、過剰な皮脂分泌も防ぐことができます。

又、潤いのある肌は、明るく健康的に見え、好感度も上がります。

なので、美肌になるためには、保湿に重点を置いたスキンケアを心掛けましょう。

保湿の際は、水分・脂分をバランス良く肌に与えてあげることが大切です。

どちらか一方に偏ってしまうと、肌内部でトラブルが起きてしまうのです。

まず洗顔後、化粧水をたっぷりと肌になじませ、その後すぐに、乳液の油分で蓋をし、水分が逃げないようにしましょう。

そして、必要であれば、クリームで保湿の仕上げをします。

これらの作業は、洗顔後、肌が乾燥しないうちに手早く行うのがポイントです。

スポンサーリンク


肌に良い食べ物を多く食べる

たんぱく質を含む食材
赤身の肉や魚、卵、牛乳などなど。

ビタミンAを含む食材

鶏レバー、うなぎ、にんじん、春菊、ほうれん草、かぼちゃ、にら、小松菜、チンゲン菜などなど。ビタミンAは体に取り貯めておける栄養素ですので、取れるときに取っておきましょう。

ビタミンCを含む食材

ブロッコリー、ピーマン、キウイ、いちご、ゴーヤ、パプリカなどなど。ビタミンCは、シミの予防にも効果的です。ただし、ビタミンCは、余分な分は体外に排泄されてしまうため、毎日取るように心がけましょう。

出典 美肌の秘訣はこれ!毎日の食べ物を見直すだけで美肌になれちゃう

美肌を手に入れるためには、スキンケアなどの「外側からのアプローチ」も大切ですが、食生活を意識するという「内側からのアプローチ」も同じくらい大切です。

肌に外側から働きかけることには限界があるため、肌に良い成分のものを食べることで、体内部から働きかけることも大切なのです。

特に、ビタミン類や食物繊維・ミネラルなどが多く含まれている食べ物を意識して食べるようにしましょう。

そのため、それらが多く含まれている野菜や果物は、毎日の食生活においては不可欠です。

逆に、油分や添加物の多い食品は、美肌の天敵です。

もしそれらを食べ得過ぎてしまった後は、意識して野菜や果物を多く食べましょう。
 

日焼けをしない

 
日焼けは肌にとって、百害あって一利ないものです。

毎日の外出の際は、きちんと日焼け止めを塗り、日傘やサングラスなども活用して、紫外線を避けるようにしましょう。

日焼けをすると、しみやそばかすになります。

更に、肌も乾燥しやすくなるため、肌荒れに繋がったり、できてしまったしみやそばかすが、もっと濃くなってしまったりもします。

毎日の生活で、常にUVカットを意識していたいものです。

もし日焼けしてしまったら、早めに冷やして保湿する、という方法でケアしてください。

スポンサーリンク


体内の循環を良くする

 
肌の外側からの保湿も大切ですが、水を多く飲んで体の中から保湿することも、美肌のためには大切なことです。

しかし、それだけでは美肌には繋がりません。

過剰な水分が体内に蓄積される一方だと、むくみに繋がってしまうからです。

大切なのは、体内の循環です。

水を多く飲み、それを汗や尿で外に排出し、体内の循環を良くしておくことが大切です。

汗や尿は、余分な水分と一緒に、体内の毒素や老廃物も排出してくれます。

そのため、肌にとって良くないものも一緒に捨ててくれるのです。

体内のリズムを正常なものに保っておくことは、美肌には欠かせません。
 

ストレスを溜め込まない

 
ストレスを溜め込むと、すぐに肌の状態に影響してきます。

ストレスは自律神経に悪影響を及ぼしてしまうため、これが進むと、体内の循環が悪くなります。

これが肌のターンオーバーを乱す原因になり、肌荒れへと繋がってしまうのです。

そのため、美肌になるためには、ストレスを溜め込まないことが大切です。

仮にストレスが溜まったとしても、解消するための方法をいくつか作っておくと良いでしょう。

ストレスが解消され、気分がすっきりすると、肌の状態も徐々に良くなっていきます。

又、寝不足も、「体にストレスをかけている」という意味では、肌に悪い影響を及ぼします。

スポンサーリンク


運動して代謝を上げる

運動をして汗をかき、新陳代謝を上げると肌の調子がすごくよくなりました。面倒くさがりなタイプなので、エステやパックはあまりしません。運動をすることが良いみたいです。

スキンケアではなく、運動して汗をかくことであの美肌を維持されているようです。
ジムには週3、4回通っているそうで、キックボクシングで汗を流しているそうですよ。

出典 女性よりも女性らしい!佐藤かよの透き通る美肌の秘訣とは?

肌を清潔に保つよう意識した生活を心掛ける

 
肌を不潔にしていると、美肌からはどんどん遠ざかります。

まずは肌を清潔にすることが、美肌の基本です。

特に、クレンジングに関しては、どんなに疲れていても必ず行いましょう。

肌に汚れが残り過ぎていると、それが蓄積し、くすみや肌荒れなどに繋がります。

洗顔のやり過ぎも良くありませんが、朝・夕の洗顔だけは必ず行うようにしたいものです。
 

美肌の秘訣を続けよう

 
いかがでしょうか。

美肌になるための付け焼刃の方法というものは、残念ながら存在しません。

肌の外側から、そして体の内側から毎日地道にアプローチして、初めて結果が出るのです。

最初はなかなか効果が表れず、焦るかもしれませんが、続けていれば、肌の内部では確実に変化が起きます。

その小さな変化の積み重ねが、美肌へと繋がっていくのです。

長い目で見ながら、じっくりと取り組んでいくことが大切です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク