美人の定義7つ

あなたの身近な人で「この人は美人だなぁ」と感じるような人はいるでしょうか。

もしいるとしたら、いったいその人のどのような部分をみて、美人と思うのでしょうか。

人目を引きつけて離さない人を、一般的に「美人」というひと言で表します。

具体的にどんな雰囲気・外見を持った人を美人と呼ぶのか、気になる人も少なくありません。

そこで今回は美人の定義についてご紹介していきますので、ぜひ参考にして、あなたもぜひ美人になりましょう。

スポンサーリンク


美人の定義とは

 

『美人』とひとことで言っても、見る相手の主観によるものですよね。ある人は美人と言ってもある人は違うのかもしれません。

一般的には、顔やスタイルが整っている人を指すことが多いので、そういうある程度の基準はありますよね。

出典 美人と可愛いの違いって?美人の条件と周りに与える影響

 

美人ときいて、パッと思いつくのが、やはり顔が整っている、スタイルがいいなどの外見的要素だといえます。

当然と言えば、当然ですが、最近では雰囲気美人などの言葉があふれかえっているので、改めて確認しておきましょう。

では具体的にはどのような人が、またはどのポイントが良ければ、あの人は美人だと思われるのかを1つずつ見ていきましょう。

 

顔のパーツが整っていて、均等に配置されている人

 

まず「美人」と聞いて思い浮かぶことと言ったら、顔の美しさです。

誰が見ても「美人だ」と感じる顔というのは、パーツパーツが1つずつ、整った形であることが条件です。

目・鼻・口など、どれを取り上げても、パーフェクトに美しい形であり、バランスの良い大きさであることが挙げられます。

しかし、顔のパーツを単品で見ていくだけでは不十分です。

パーツそれぞれが、バランス良く配置されているということも、美人には大切な要素です。

生活習慣などによって顔全体が歪んでしまうと、パーツ配置のバランスが悪くなると、その黄金比率が崩れてしまいます。

言い換えれば、美人とは、「歪みのない顔を持った人」であるとも言えるでしょう。

スポンサーリンク


髪がキレイな人

 

髪は女性の命です。

いくら顔やスタイルが良くても、髪にツヤがなかったり、きちんと手入れがされていなかったりすると、イメージが総崩れになってしまうこともあります。

すごく顔立ちが綺麗なのに、髪をみたらボサボサで、美人度が一気に下がった・・・とい経験をした人はたくさんいることでしょう。

豊かな髪をきちんと艶やかにキープしている人は、美人のカテゴリーにしっかり入ります。

髪のキレイな人は、後姿だけでも、人をどきっとさせてしまうような美しさを持っているのです。

 

肌がキレイな人

 

顔の美しさは、顔のパーツ1つ1つや、パーツ配置も大切ですが、それだけではありません。

美しい肌を持った人も、美人と言われるにふさわしいと言えます。

肌がキレイと言うだけで、顔の難点をほとんど隠してしまう効果があることは、昔からよく言われています。

又、肌がきれいだと、清潔感のある印象に繋がり、「誰が見ても美人」という好印象に繋がります。

そのくらい、肌の美しさは、女性の外見のイメージを左右するものなのです。

スポンサーリンク


女性らしい体つきである人

 

美人は、顔だけではなく、スタイルも大切です。

太り過ぎていないということももちろん大事ですが、痩せすぎていないということも、同じくらい大事な要素です。

重要なのは、「女性らしい体つきであること」です。

くびれ部分はしっかりくびれ、肉付きの良い部分にはしっかりボリュームがあるというメリハリボディであることが、美人のスタイルです。

女性らしい体つきとは、「全体的に、緩やかなカーブがある」ということがポイントになります。

そのカーブが「女性独特の優しさや母性愛」を感じさせ、男性にはない美しさを印象付けているのです。

 

何となく、雰囲気に華がある人

 

特にスタイルが良いわけでもなく、顔の印象も普通、なのにどこか「この人は美人だ」と思わせてしまう人がいます。

いわゆる「雰囲気美人」と呼ばれる人たちです。

この人たちは皆、「そこにその人がいるだけで、何となく周りが華やいだ空気になる」という特徴を持っています。

華やかなオーラをまとっている、と言っても良いでしょう。

自分に絶対的な自信を持ち、精神的に余裕がある人だけが、この華やかさをまとうことができます。

強さ・優しさ・明るさを兼ね備え、更には、自分に対する厳しさを常に持っている女性が放つ、独特の美人オーラであると言えるでしょう。

スポンサーリンク


女性らしく、はんなりした雰囲気を持つ人

 

いくら美人でスタイルが良く、華やかさがあったとしても、品のない雰囲気である人は美人とは呼べません。

美人とは、女性らしく優美な雰囲気を持つということも、大事な条件です。

例えば、立ち居振る舞いが美しい・話し方や物の食べ方に品を感じる・物の扱いがとても丁寧・礼儀正しいなど、様々な女性らしさを身に付けてこそ「美人」と言えるのです。

これらは残念ながら、一朝一夕で身に付くものではありません。

人の行動は、無意識的に習慣化されているからです。

従って、「女性らしくたおやかな雰囲気を持つ美人」という人達は、女性らしさが日常的に習慣化されているのです。

日々女性らしく意識した生活を送ることで、美人の行動が身に付いていったのです。

 

姿勢が良い人

 

美人にとって、歩き方や立ち居振る舞いは命です。

中でも、姿勢は大切な要素です。

猫背のままでは、どんな人でも美しさが半分以下に下がります。

猫背というのは、それだけでネガティブ・不健康な印象を醸し出すからです。

逆に、姿勢の良い人は、立っているだけでポジティブな存在感を醸し出し、人目を惹きつけて離しません。

その輝く存在感が、美しさに繋がっていくのです。

「美人は姿勢から」なのです。

美人の定義はいろいろある

 

いかがでしょうか。

この他にも、歯並びがいい、歯が白くて綺麗なども美人の定義として含まれる場合があります。

このように美人であるという印象を醸し出すための条件はたくさんあります。

「ありすぎてどうしていいかわからない・・・」なんて人もいるかもしれませんが、大切なのは、顔のパーツよりも、髪や肌だということをしっかりと覚えておきましょう。

印象がまるっきり変わってきます。

しかし、これらは、すぐに結果が出るものではないため、身に付けるためには努力が必要になります。

従って、美人であると言われている人は、あらゆる面で自分を磨き上げている努力家であるとも言えますので、あなたもその努力をしてみるのもいいかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク