美人ママが嫌われる理由5つ

美人ママというのはどうしても嫌われがちな傾向があります。

人は相手が美人だからという理由だけで、イライラしたり、ムカついたりして、結果としてそれが行動に出てしまう人も少なくありません。

しかし、そんな行動を起こされたほうはたまったものではありませんよね。

もちろん美人ママが嫌われる理由には、単純にその人が美人だからというだけではありません。

そこで今回は美人ママが嫌われる理由についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


美人ママ

 

美人ママは心に余裕がありますから

 
生まれながらアドバンテージを、手に入れている美人ママさん。

美人ママが、いろいろな場面、いろいろな意味で得をすることは間違いがないです。

それは否めない事実です。

同じぐらいのレベルにいたら、やっぱり美人さんが最後には選ばれます。

美人ママは、子供の頃から可愛い顔をしているのです。

子供の頃から、可愛らしい顔をしている子供は、

小さい頃からなにかと得をしています。

大人たちは可愛い子供には素直に、可愛いですね~と声をかけます。

そして両親もそんなわが子を誇りに思います。

そんな状況を、外野でみている子供たちは、だんだん大きくなるにつれ、それに気がつき、「どうせ自分は。。。」と心がひねくれ、可愛い子に嫉妬をするようになってしまいます。

そんな状況、環境で大人に成長していくので、どうしても、美人は心にも余裕が育まれて、そうでないとひねくれた心が宿っていくのです。

だから、美人ママは心にも余裕があるのだといえます。

そしてその余裕が周りの人にとっては面白くないと感じる人もいるため、嫌われてしまうきっかけになってしまいます。

スポンサーリンク


美人ママの子供はやっぱり可愛いから

 
「美男美女」という言葉があります。

美女は、かっこいい美男と結婚することができる可能性が高まります。

そして産まれてくる子供はやっぱり、素晴らしい要素をもって産まれてくるのです。

美人ママにかっこいいだんな様、そして可愛い子供。

理想の家族です。

それにひきかえ、ついつい自分の旦那、子供と比べてしまいますよね。

そして、うらみ、ねたみ、ひがみ、嫉妬から、美人ママは犬猿され、嫌われていってしまいます。

たとえ美男でなくても、美人であればお金持ちと結婚する可能性も高まります。

お金持ちと結婚することができれば、美人ママはよりいっそう美人に磨きを掛けることができるのです。
 

すっぴんでも美しいから

 
子育てをしていると忙しく、自分のことをする時間がもてないときがあります。

それでも、子供の時間にあわせて、生活しなければならないとき、美人ママはスッピンでも美しいのです。

子供の送り迎えで、「今日は時間がなくって~」とノーメークで出かけたとき、その一言さえが、嫌味に聞こえてしまうのです。

ノーメークで外にでたら、「どちら様ですか?」というママは沢山います。

そして、ママが自分の事をすませてから子供の準備でばたばたし、もたもたしている子供を怒ったりしている状況をみると、なんとも醜い顔つきになっていますよね。

美人ママは、子供の事を優先できるのす。

美人ママからしたら、何気ない一言なのに、周りからしてみたら、「なんなの~いやみなのかしら」と反感をかってしまうことになります。

美人ママが、家着で外にでても、それはそれで様になっておしゃれにみえますよね。

スポンサーリンク


美人ママはすべてが可愛く見えるから

 
美人ママ、可愛い子供は、なにを身につけていてもさまになると思いませんか?

すべてがおしゃれに可愛く見えるのです。

同じ洋服、同じかばん、同じはずなのにどうしてこうおしゃれに見えないのか。

すべて何もかもを比べてしまい、何をしても美人ママといると自分が惨めにみえてしまう、負けて見える、と思ってしまうと、ついつい美人ママをさけてしまいます。

そして自分と同レベルか、もしくはそれ以下の容姿のお友達を、本能的に見つけ出し、仲良くし、美人ママの悪口を言うのです。

「類は友をよぶ」という意味がよくわかります。

美人は美人。外野は外野のグループが出来上がっていくのです。

美人グループはとても希少で、数がすくなく、それに比べ外野は群がっていますので、美人グループは嫌われてしまうのです。
 

環境が美人ママを嫌われ者にしてしまう

 
美人ママは、なにをやっても失敗しても、周りは多少のことなら多めに見てもらえます。

「同じことをやってもほめられる人、そうでない人。怒られる人、そうでない人」っていますよね。

その人の容姿、人柄、キャラクターによる理不尽なことはどこの世界でも付きものです。

男性は美人には甘いんです。しかたがありません。

それを見ている女性は、「美人は得よね~」と、妬んだり、ひがんだり、うらんだりします。

女性はそんな環境にとても敏感なのです。

そんな環境が美人を孤立させてしまうということもあります。
 

美人ママになりたい人は嫌われる覚悟を持とう

 
いかがでしょうか。

「顔は心の鏡」といわれるように、心に余裕があって、美しい心の持ち主であれば、自然と表情も朗らかになり、たとえ生まれ持った美人的要素がなくても、美しく見える人はいます。

美人はいろいろな環境で得をしていて、心に余裕があるからこそ、より美しく見えるのです。

普段から、人のことばかり気にして、うらんだり、ねたんだりしていると、顔もよりいっそう醜くなり、おぞましい容姿になることは間違いがありません。

そんな状況の中、美人ママは何もしていなくても、嫌われてしまうことがあるのは事実です。

そう思うと、美人ママも大変ですよね。

何もしていないのに、生まれ持った美貌というだけでうらみ妬みいじめの対象となってしまうのです。

生まれ持った美貌がなくても、せめて美しい心を持ち続けていたいですね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク