別居から復縁するには?別居から復縁する方法4つ

育ってきた環境や状況が違う男女が一つ屋根の下で生活をすると、様々な生活の違いやずれが生じ、別居に至ってしまうケースが存在します。

結婚生活を送っていた日々に一旦区切りを打ち、それぞれの生活を楽しもうと前向きに捉えた結果であるかもしれません。

では別居に至った場合、復縁して元の生活に戻ることが出来るのか、そのためにはどのような方法や対策が必要なのか、復縁を希望している人は一度考えてみるべきでしょう。

スポンサーリンク


別居から復縁するには?別居から復縁する方法

 

生活が落ち着いてきたら、相手の事を考える時間も必要

 

別居という選択をとったということは、一緒に暮らしていくことがこれ以上困難であると判断した結果であるでしょう。

またその理由には、自分の時間をもっと確保したいという思いや、自分が冷静になるためには必要な決断といったように、様々な理由が隠されています。

別居生活をしばらく送った後は、相手のことを考えられる気持ちの余裕が出始めます。

自分のことだけを考えて別居という形に至っても、時間が流れていくうちにゆとりができ、相手のことを考えることが出来るようになるものです。

また常に一緒にいないことによって、相手に対する優しさや思いやりの感情が生まれやすいとも言われています。

せっかく別居という形をとったのですから、相手のことを冷静に、そして客観的に見ながら意図的に考える必要があるでしょう。

将来的にその人と一緒にやっていくことが出来るのか、別居という形に至ったものの、別れるということにはならなかったのは何故なのか、自分自身見つめ直す時間として有意義に過ごす必要があるでしょう。

だらだらと別居生活を続けてしまうことによって、その生活が大変楽に感じることもあるため、あまり長い別居生活はおススメできません。

ある程度冷静になることが出来る時間を設け、また復縁するためには長い時間をかけないことが大切でしょう。

スポンサーリンク


まずはこまめな連絡から

 

別居生活をしていた二人が、急に元も生活に戻るというのは難しいものがあります。

お互いの生活のズレによって別居に至ったのですから、何も解決しないまま復縁することは極めて難しく、戻ったとしても再び同じ問題に直面してしまう可能性が高いのです。

また同じようなことにならないためにも、徐々にお互いに寄り添うという気持ちが必要になります。

初めは適度な連絡を取ることから始め、お互いの生活について知る必要があります。

どんなことをして生活しているのか、離れてみてどう感じているのか等、相手の気持ちを確認しながら、自分の近況報告もするのが良いでしょう。

そしてそのペースに慣れてきたら、今度はこまめに連絡を取るようにします。

お互いにこまめな連絡の取り合いが苦痛に感じなくなれば、少なくとも解決に向かっている状態であると言えるでしょう。

まずはお互いの存在自体を認め合うこと。

そして、尊重し合える関係性にもっていく必要があるのです。

自分の主張を通そうという気持ちを持っていたり、頑固で意見を曲げないといった状態では、元の生活に戻っても成長出来ません。

別居中に、お互いに成長していくことが必要なため、理解しよう、歩み寄ろうとする姿勢が復縁へと結びつけるのです。

 

関係性が安定してきたら、週末だけ会う

 

上記の流れで、お互いを尊重し合うことが出来るようになってきたら、徐々に会うことも増やしていきます。

お互いの家を行き来するだけの関係でも良いですし、週末だけはデートをするといったように何か決まり事を設けることも効果的です。

そのわずかな時間だけは、相手との時間を共有するという気持ちを持つことによって、自然と相手に合わせるような生活に慣れていきます。

週に1回から始め、お互いに負担にならない程度で距離を縮めていき、ゆっくりと時間をかけながら、相手を見ることが大切なのです。

別居して距離を置いた時点でお互いのことを客観的に見れるようになっているもの。

また、時間をかけていることによって、そこに「他人」という意識も出てくるため、気を遣える関係にもなります。

家族や夫婦だからといって、土足で心に踏み込むような生活をとっていては誰も長続きしません。

どんなに親しい間柄だとしても、少なからず気を遣うこと、相手の立場になって考えることが人として大切なことなのです。

こうした感情を持てるように成長出来たら、次第に会う機会や時間を増やしていき、相手のペースを知ることも重要なポイントなのです。

スポンサーリンク


復縁する前に、約束事を作る

 

このようなことを踏まえて復縁することが出来たとしても、今後また同じような問題が起こらないとも限りません。

そのためには、復縁前にお互いに譲れないことを約束事として決めておくことで、良好な関係を作ることが出来ます。

別居になってしまったということは、お互いの主張がかみ合わなかったというのが考えられます。

そして、そのような思いや考えに気付いていなかったとも言えるでしょう。

再び別居や別れにならないためにも、良好な状態の時にある程度の約束事を決めておくことがおススメです。

喧嘩になったら一日お互いに別で過ごす、こうした場面では自分の意見を聞いて欲しいといった形で、相手に理解してもらえる範囲で決めると良いでしょう。

別居という経験を良い方向に生かして、復縁した後には良い関係が保てるように、お互いに努力が必要でしょう。

人はそれぞれ価値観や生活が異なるもの。

それが当たり前なことであることを、頭に入れておく必要があるでしょう。

 

別居から復縁するには?別居から復縁する方法4つ

 
 
別居してしまったけど、最終的には復縁したいという二人に足りないものは、相手の意見に耳を傾けるという思いやりの心でしょう。

譲れない部分は誰にでもあります。

しかしそれを別居する前に冷静になって話し合う機会を設けたでしょうか。

別居という形に至ったのであれば、復縁するために一度話し合いを設け、お互いの心にゆとりを持つことが必要なのです。

休息時間を得たという解釈をし、その時間を有意義に活用することによって、上手に復縁することが出来るようになるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク