顔がでかい女性の悩みと改善方法6つ

女性なら、だれでも小顔に憧れてしまいますよね。

でも、実は私は顔がでかい・・・という女性も多いのではないでしょうか。

そんな顔がでかいと思う女性の悩みとは、結構いろいろあるものです。

そこで今回は顔がでかい女性の悩みについてご紹介していきますので、あなたに当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


顔がでかい女性の悩み

  • 顔がでかい原因は歪み
  • スタイルが決まらない
  • 帽子を買いにくい
  • 一緒にいて圧迫感がある
  • 写真を撮る時にはいつもヒヤヒヤしてしまう
  • ヘアアクセサリーを買うのに躊躇してしまう

 

顔がでかい原因は歪み

奥歯をギューーッと噛む癖がついてしまったのですが、実はこの習慣っていうのは小顔計画にとってとても残念ね結果になる

出典 顔が大きい原因

ただ歯並びが悪かったり、スキッ歯だったりするとそれが原因で顔が大きくなってしまうことがあるようです。

そのメカニズムとしは、顔のゆがみです。 やはり人間は左右対称バランスよくが望ましいのですが、どうしても日常生活の中で片側に偏りがちです。 やっぱり重たいものは利き腕で持ちますし、頬杖つくにも決まった片側になりがちです。

こうして顔の骨格がゆがんでくると本来持っているもっとも小顔な状態から逸脱してくるわけであります。

出典 顔が大きい原因

スポンサーリンク


スタイルが決まらない

 
顔がでかい女性の悩みは本当にいろいろあるのですが、その中でもファッションのスタイルが決まらないというのが一番大きな悩みだといえるでしょう。

せっかくハイセンスな洋服を身にまとっても、顔がでかいのが原因でなんとなくバランスが悪くなってしまいます。

ファッションには問題ないのに、顔がでかいだけで上半身が強調されて、どうしてもステキに見えなくなってしまうのです。

そのため、今度は顔がでかいことを感じさせないようにファッションを工夫しなくてはならず、オシャレをしようと思ってもいつも頭を悩ませてしまうのです。

せっかく洋服を買いに行っても「顔が大きいから、どうせ似合わないのでは・・・」と、ブルーな気持ちになってしまうでしょう。

小顔になれば、それだけでバランスが良くなりスタイルもよく見えます。

そのため、女性誌などでは定期的に「小顔特集」などが組まれているのです。

顔がでかいばかりにファッションが決まらない・・・顔の大きな女性は、いつもそのことが気になってしまうのです。
 

帽子を買いにくい

 
顔がでかい女性というのは頭も大きいので、どうしても帽子が買いにくくなります。

あ、これいいな!と思っても、実際かぶってみると頭に入らなったり、きつかったりしてあきらめなくてはならないということがあるのです。

また、どういう帽子を選ぼうかと思った時にも、どうしても選択肢が狭まります。

せっかく可愛い帽子を見つけても、それが膨張色だったりすると、これ以上顔が大きくみえるのはちょっと・・・と買うのを控えたりするでしょう。

インパクトがあるがらや模様がついていると、ますます顔や頭部を大きくみせてしまうので、買うのは難しいかもしれません。

そんな気持ちで帽子を選ぶのはつまらないですよね。

帽子ひとつ買うにも、顔がでかい女性は悩んでしまうのです。

スポンサーリンク


一緒にいて圧迫感がある

 
顔の大きな女性というのは、どうしても上半身が大きいので、一緒にいても圧迫感があります。

たとえばレストランで食事をしていても、一人だけ何だか存在感があるのです。

話が盛り上がって、手を大きく動かしたりするなど大きなジェスチャーをしてしまうと、その存在感がさらにアップされます。

それが気になって、ついつい話に加わるのも消極的になってしまうのです。

周りの人は、なんとなく大きいなとは感じていても、実はそれほど気にしていません。

ただ事実として大きいことを認識していますが、ただそれだけで、しばらくすると慣れてしまって気にも留めていないのです。

しかし、顔がでかい当の本人は、周りにどう思われているのかが気になって、どうしても積極的になれなかったりします。

それだけでなく、レストランのスタッフにも「一人だけ顔が大きい」と思われているのではないかと、内心ヒヤヒヤしているのです。

せっかくの楽しいお付き合いが、心を曇らす場合もあるので、顔がでかい人は、せっかくのお出掛けが楽しくないのです。
 

写真を撮る時にはいつもヒヤヒヤしてしまう

 
顔がでかい人の悩みはつきないですが、写真を撮る時にも悩んでしまいます。

撮った写真を見て、顔が大きいということがはっきり分かってしまったらと思うと、ひやひやして写真どころではなくなってしまうのです。

写真を撮る時には、できるだけ顔が小さくなるように写ることができないかと、いつも頭を悩ませてしまいます。

複数で写真を撮る時には、できるだけ後ろのほうに下がって目立たないようにしたいと思い、つい後ろの方にいってしまうのです。

確かに写真は撮り方によっては、実物よりも写りが悪くなることがあります。

場合によっては、確かに顔が大きく写ってしまうということもあるでしょう。

それが怖くて、写真を撮ると聞くと、ちょっとうんざりしてしまうのです。

スポンサーリンク


ヘアアクセサリーを買うのに躊躇してしまう

 
顔がでかい人は、ヘアアクセサリーを買う時にも思わず躊躇してしまいます。

バレッタやリボン、ヘアバンドなど、いろいろすてきなヘアアクセサリーはありますが、そういうものをつけるとさらに顔が大きく見えてしまうのではないかと思ってしまうのです。

実際に、物によっては確かに顔を大きく見せるものもあるでしょう。

かわいくみせるためにそういうものを選んでいても、逆効果になったらどうしよう・・・と不安になってしまうのです。

また、そういうアクセサリーのショップに入った時も、つい店員が気になってしまいます。

「この人顔が大きいのにヘアアクセつける気なの?」と、思われているのではないか、疑心暗鬼になってしまうのです。

実際には、ショップの店員はもちろん、周囲にいる人達も全然気にしてはいません。

しかし、顔がでかいことを気にしている本人が、そう思い込んでしまうのです。

そんなことを考えてショップに入るので、思わず買うのも躊躇してしまうのです。
 

顔がでかい改善方法

 
いかがでしょうか。

以上、顔がでかい女性の悩みについてお伝えいたしました。

周りが気にしている以上に、本人がそのことについて気になってしまうのです。

つまりそれだけ「顔がでかい」ということは、本人の負担になっているということでもあるのです。

それを改善するには、努力をするしかありません。

顔のゆがみをなおす、むくみをとる、脂肪をとるなど、やるべきことはいくらでもあるでしょう。

そうして少しずつ行動するからこそ、結果も出てくるものですし、気持ちも前向きになります。

顔がでかいことを考える時間がなくなったときこそ、本当の意味で、改善したといえるので、ぜひ頑張ってみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク