彼氏が優しすぎる理由やイライラする時の対処法

あなたの好きな人のタイプはどんなタイプですか?

身長の高い人?お金持ち?顔が好み?色々出てきますが、
よく聞くのが「優しい人」これ聞きますよね。
優しさにも色々ありますが、その優しさは本当に優しさですか?

彼氏が優しすぎる理由を読んで、彼氏が優しすぎな人なのか
また、男性は自分が優しすぎな人ではないのか確認してみてください。

優しさは大切ですが優しすぎるのはお互いの為にならないのです。

スポンサーリンク


彼氏が優しすぎる理由4つ

 

 

優しすぎる彼氏とは

 
彼女の言う事に対してなんでもいいよ、と嫌な顔せずに受け入れてくれる
彼氏は優し過ぎる彼氏の特徴です。

彼氏自身彼女の好きなようにしてくれる事が自分の最善と考えるのでしょうが、
彼女からするとそれでは物足りないのです。

何でも言う事を聞いてくれる人は彼氏では無く、
ただの都合のいい男になってしまう可能性もあります。

彼女もそんな優しすぎる彼氏だと初めの内はいいのですが
時間が経つにつれて、彼の優しさが重荷になる場合もあるので注意しましょう。

 

優しすぎる彼氏の行動

 
では、どんな行動がやさしすぎるのでしょうか。

デートの場所を決める時に
どこに行きたいか彼氏に尋ねると「君の好きな所でいいよ」と自分の意見を初めから言いません。
彼女としては一緒にどこに行こうか決めたいのに君の好きな所と丸投げされてしまいます。

デート場所が遊園地だったとしましょう。
そこでも優しすぎる彼氏は「君の好きなものに乗ろう」
ランチをする時も「君の食べたいものを食べよう」と全て彼女に合わせます。

付き合い始めであれば、私に合わせてくれてなんて優しい彼氏なんだろうと感じますが、
付き合い続けている限りそれが毎回毎回続きます。
彼氏としては喜んでいる彼女の姿を見れればいいので、彼女の好きにさせてあげようと考えています。

彼女もそんな彼氏の言い分は分かるけれど毎回自分がデートコースやデートの内容を決めなければならない
デートしても自分が主導で動かなければいけない事がストレスになってきます。

スポンサーリンク


優しすぎる彼氏は実は不安

 

彼女が毎回主導権を握る事にストレスを溜めて彼女が彼氏に不満を言っても
優し過ぎる彼氏は、反論もせずにすぐに謝ります。

「そんなに苦しめてたなんて知らなかったごめんなさい」そこで間違えに気が付けばいいのですが、
その場だけ謝っただけでしばらくすると同じ事の繰り返しになってしまう事があります。

これは、彼氏は彼女に嫌な思いをさせてしまった事は本当に悪いと思っているのですが、
どうやったら彼女が喜ぶか、楽しんでくれるかを知らないのです。

例え、彼氏主導のデートで彼女が本当に楽しんでくれるか不安なのです。
彼女が喜んだり、楽しんでいる姿を見ても本心では楽しんでいないのでは無いかと考え込んでしまう。

ですから、初めから彼女のやりたい事、行きたい所に合わせる事で失敗がありません。

彼氏が「彼女が喜んでいる姿が見られれば満足」と言うのは
彼女が喜んでるのを自分の事の様に喜んでいる反面、
デートに失敗しなくて良かったと、安堵している彼氏も表しているのです。

喧嘩に関しても彼女に嫌われたくない、別れたくない気持ちから自分の意見を言いません。
彼氏の意見を言うと話がこじれ嫌われるかもしれないと不安になり言えないのです。

 

優しすぎる彼氏を優しい彼氏にする

 

そんな恋愛に対してちょっと臆病な優しすぎる彼氏を優しい彼氏にするにはどうするか。

彼氏本人の性格から来る部分なので難しいのですが、
彼氏に、簡単に嫌いにならない事を伝えてあげると良いのではないでしょうか。

優しすぎる彼氏の原因として「嫌われたくない、嫌な思いをさせたくない」この考えがあるので
この考えを改めてもらう必要があります。

そこで、彼女から彼氏を簡単には嫌いにならない事を伝えてあげましょう。
そうする事で彼氏は安心します。

この方法言葉で伝えるよりも態度で示してあげる方が効果的でしょう。
言葉で伝えても彼女に気を遣わせてしまったと考えてしまう心配性な人もいるからです。

スポンサーリンク


優しすぎる彼氏にイライラする理由

 

本心が良く分からない

 

優しすぎる彼氏にイライラする理由は、彼氏の本音がわからないという理由があります。

人は誰でも嫌なことがあれば怒りますし、悲しいことがあれば暗い表情にもなります。

いつも優しい人や、普通の人であれば怒るようなことも怒らないような人であれば何を考えているのかわからず、顔では笑っていても心の中では怒っているのかもしれないと考えてしまうこともあるでしょう。

また、怒っていることがすぐに顔に出るような人であれば良いですが、優しすぎるのはただ単に怒っていることを表現するのが苦手な人かもしれないと考えることもできます。

そういった本心が見えない・本音がわからないということで優しすぎるのにもイライラしてしまうことがあるでしょう。

優しいのは良いことですが、優しい以外の感情があまり見られないことで、彼氏のことが良く分からなくなってしまうこともあるものです。

ですからそれがイライラにつながってしまうということもあるでしょう。

 

自分ばかりが悪いように感じてしまう

 

優しすぎる彼氏にイライラする理由は、彼氏が優しすぎることで自分が性格の悪い人間に思えてしまうことがあるということです。

特に悪いことはしていなくても、彼氏が普通にできることを自分は文句を言いながらしかできなかったり、自分ばかりが愚痴ばかり言っていたりすると、自分ばかりが悪者であるかのように感じてしまって嫌な気分になってしまうこともあるでしょう。

彼氏が優しいということはとても良いことですし、自分にとっても良いことなのですが、優しい彼氏と自分を比較してしまってイライラすることもあるものです。

彼氏と一緒にいることで自分も彼氏に釣り合うような優しい人間になりたいと思う人がほとんどですから、彼氏のようになかなかなれない自分とのギャップに苦しんでしまうこともあるでしょう。

こうした葛藤がイライラしてしまう理由にもなります。

スポンサーリンク


男らしさを感じることができない

 

優しすぎる彼氏にイライラする理由として、彼氏に男らしさを感じることができないということもあります。

優しい彼というのも魅力的ですが、女性であればたまには彼氏にリードして欲しかったり、男らしく強い一面も見てみたいと思うものです。

また、優しい彼氏というのはお店を選ぶ時やご飯を食べる時も自分優先ではなく彼女優先にしてくれることも多いので、それが優しくて良いと感じることもできるものですが、たまには彼氏についていきたいと思うのも女心です。

いつも自分中心ではなく、リードしてくれる部分が見てみたいということでイライラしてしまうこともあるでしょう。

自分からそういった希望を彼氏に伝えるのではなく、彼氏のほうから気づいてほしいのに気づいてもらえない、ということもイライラの理由になります。

 

付き合いがマンネリ化してしまう

 

優しすぎる彼氏にイライラする理由には、付き合いがマンネリ化してしまうから、ということもあります。

優しい彼氏であれば揉め事や喧嘩もありませんから平和ですが、それゆえにマンネリ化してしまって、いつの間にかただの居心地の良い友達のような感じになってしまうこともあるでしょう。

そういった浮き沈みの少ない関係は恋人としてのドキドキ感も失ってしまうことにもなりますから、マンネリ化をどうにかしたくてイライラしてしまうこともあるでしょう。

また、優しすぎる彼氏は自分から何かをするよりも、彼女の行動を邪魔しないように彼女についていく、というパターンが多いので、彼氏からのサプライズなどもあまり期待できないことでイライラしてしまうこともあるものです。

優しすぎるということは良いことですが、安定してしまってつまらない、ということもあるでしょう。

スポンサーリンク


優しすぎる彼氏に不安を感じる理由

 

誰にでも優しいと思ってしまうから

 

優しすぎる彼氏を持つことは、自分にとって嬉しい面でもあります。

しかしそれが誰に対してもだと感じるようになってくると、嬉しい面から不安な面へと変わってしまいます。

仮に自分が彼氏の優しい面を好きになったのなら、尚更「他の女性も好きになってしまうかも」という不安を持つようになってしまうのです。

出会ってまだ浅い関係であったり、付き合って間もない関係であれば、その優しさは自分だけに向けられているものだと思い込んでいることでしょう。

しかし、友人を交えて遊んだり食事をした際に、優しい面が他の人にも向けられていることを知った瞬間、「私だけにじゃないんだ」という不安がよぎってしまうのです。

優しすぎる彼氏に対して、自分だけでいて欲しいとか、自分だけに特別であってほしいという思いがあるからこそ、誰にでもという点が引っかかってしまうのです。

 

わがままになってしまうから

 

何でも許してくれる、受け入れてくれる優しい彼氏を持つと、次第にわがままになってしまう傾向にあります。

初めは彼氏のことを少し困らせてやろうくらいの気持ちでいたのに、それを優しすぎる彼氏は受け入れてしまい応えてくれる。

こうなってくると、自分のわがままはどんどんエスカレートし始め、歯止めがきかなくなってしまうこともあるでしょう。

こうした行動が自分の中で増えてくると、「嫌われてしまうのではないか」「いつか嫌気をさすのではないか」という気持ちになり不安になります。

そこで気付いて自分でコントロールすることが出来れば問題ないものの、つい優しい彼氏に甘えが出てしまい、わがままを言ってしまうことになるのでしょう。

優しすぎる彼氏だとしても、「好かれたい」という気持ちでいるならば、わがままの度合いを自分の中で確認してから発言するように気を付けましょう。

スポンサーリンク


いつか離れていってしまうのではと不安

 

優しすぎる彼氏だからこそ、悩みを打ち明けたり相談にのってもらうとう女性も少なくないでしょう。

自分をそのまま受け止めてくれる彼氏の存在が自分の中で大きくなり、依存に近い状態になってくると、彼氏が離れてしまうことが怖くて不安になってしまいます。

例えば他の女性と話をしている所を見ただけでも、「あの人のことが好きになって別れ話をしてくるかも」という不安を持つ。

しかし自分には優しい今の彼氏が必要で、いなくなられたら困る為、どんな手を使ってでも一緒にいてもらおうとする。

彼氏の存在が絶大なものになってくると、いつか離れてしまうのではないかという不安を持つようになり、徐々に彼氏への束縛も激しくなってしまいます。

その束縛によって離れることも想像してしまう為、不安はつきない状態になるでしょう。

 

喧嘩や言い合いにならないから

 

カップルであっても、それぞれ価値観が異なる部分を多く持っています。

仲良く関係を保つことも大事ですが、時にぶつかることで関係を深めるという方法も必要で、お互いを理解し認め合う為にも喧嘩や言い合いは必要になるものです。

ただ、相手が優しすぎる彼氏の場合だと、自分が「ぶつかりたい」と思っても応じてくれないケースがほとんど。

より関係を深めたいと思っても、彼氏がいつも妥協してしまう為、いつまでたってもお互いのことを深く知ることが出来ないのです。

そのため「このままだと本音が分からない」「彼氏が何を考えているか分からない」といった不安を持つようになり、絆を深めることが出来ません。

喧嘩や言い合いは普通は避けたいと思う出来事ですが、あまりにもなさすぎると、理解しあえないという結末に至ってしまい、不安を感じるようになるのです。

スポンサーリンク


優しすぎる彼氏に申し訳ないと感じるときの対処法

 

自分も負けないぐらい彼氏に優しくする

 

彼氏が優しすぎて申し訳ないと感じた時に、まずすべきなのは、「彼氏から優しくされている」という受け身の状態を変えることです。

「優しくされている」という認識があるために、申し訳ないと感じてしまうのですから、そう感じたら、逆に、自分から彼氏に優しくしてあげるようにしましょう。

どのように接すれば彼氏が喜ぶのか、自分が彼氏にしてあげられることは何かを常に考え、できるだけ彼氏に優しくしてあげるのです。

彼氏に負けないぐらい自分から優しくしてあげることができて、それを彼氏が喜んでくれることが実感できれば、もう、彼氏の優しさに対して「申し訳ない」というような気持ちになることはないでしょう。

申し訳ないという気持ちの裏には「自分は彼氏の優しさに応えられていない」といううしろめたい心理が隠されています。

「自分もじゅうぶんに彼氏に優しくしている」という自覚を持てれば、そのうしろめたさはなくなります。

 

「優しくしてくれたこと日記」をつける

 

とはいえ、「優しくしたいとは思うけど、どんな風にすればいいのか、具体的なやり方がわからない」という人も少なくないでしょう。

確かに「優しさ」というのは、大変抽象的な概念ですから、そうありたいと思っても、具体的なふるまい方、接し方はなかなかわからないものです。

けれど、考えてみると、「優しさ」の具体例がすぐそばにあります。

彼氏に対して「優しすぎて申し訳ない」という気持ちになっているということは、彼氏の優しさを具体的に認識しているということでしょう。

つまり、「具体的な優しさ」を彼氏が見せてくれているのです。

それをお手本にしない手はありません。

ぜひ、彼氏にしてもらった優しいことを、書き留めておくようにしましょう。

「優しくしてくれたこと日記」のような形に記録して、それを「優しい言動のお手本」にするのです。

そうすれば、彼氏に優しさのお返しをすることができますから、申し訳なく思うことはなくなります。

スポンサーリンク


彼氏の気持ちを考えてみる

 

「申し訳ない」というのは、あくまでもあなたの心理にすぎません。

彼氏はどんな心理を持っているのか、どんな気持ちで優しくしてくれているのか、一度考えてみる必要があるでしょう。

彼氏は、ほんとうはしたくないけれど、あなたのためを思って、無理に優しくしているのでしょうか。

そうではなはずです。

自分を犠牲にして、あなたに優しくすることはあるでしょうが、それも、自分でそうしたいからそうしているに違いありません。

彼氏にしてみれば、そうすることで満足感を得、幸せな気持ちになれるから、あなたに優しくしているのです。

つまり、彼氏があなたに優しくするのは、あなたのためであると同時に、自分のためでもあると考えていいでしょう。

彼氏は自分のためにあなたに優しくしているのですから、あなたが「申し訳ない」と感じる必要はありません。

それはある意味、あなたの独りよがりな感情にすぎないのです。

 

「優しくしてもらって申し訳ない。辛い」と彼氏に伝える

 

彼氏に直接、自分の気持ちを伝えるという対処法もあります。

「彼氏の優しさが辛い」と感じたら、正直に彼にそのことを話しましょう。

ポイントは、最初からいきなり「辛い」というのではなく、「ありがとう。うれしい」という言葉を、まず伝えること。

優しくしてくれたことへの感謝をまず伝え、そのあとで、「でも、なんだか優しくされすぎて、申し訳ない気持ちになってしまう」という話をしましょう。

そのようにあなたを悩ませることは、優しい彼氏にとって本意ではないはずです。

彼氏はあなたを喜ばせようと思って優しくしているのに、それがかえってあなたを苦しませていると知ったら、彼氏は「これはいけない」と思うに違いありません。

「彼女を苦しませるような優しすぎる言動は避けよう」という意識が彼氏に芽生えれば、「適度な優しさ」に変わるかもしれません。

 

彼氏が優しすぎるは理由は嫌われるのが怖いから

 

彼氏が優しすぎる理由いかがでしたか?

優しい事は良い事ですが「すぎる」が付いてしまうと、彼女から飽きられてしまいます。
ですから、優しすぎる彼氏は時には「厳しさ」も必要なのではないでしょうか。

彼女に合わせる事だけが優しさではありません。
キチンとダメなものはダメとしっかり言う事、自分の意見を言う事も「優しさ」なのではないでしょうか。

好きな人に嫌われたくないと考えて行動しているとその空気が相手にも伝わり
お互いに気を遣わせてしまう関係になる可能性もありますので注意しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク