彼氏がやきもちをやかない理由9つ

女性としてはヤキモチを妬いて男のアドレスを消せだの、他の男と話すなだの要求されるのも嫌だけど、全くヤキモチを妬かれないのも複雑ですよね。

ヤキモチを少しは妬かれたい、私のことを愛してないの!?と言いたくなる気持ちもわかりますが、それには理由があります。

そこで今回は彼氏がやきもちをやかない理由をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏がヤキモチを焼かない理由

 

やきもちをやかないのは経験豊富な自信家だから

 
つきあっている彼氏にやきもちばかり焼かれるのは、女性にとってちょっとうっとうしいものです。

しかし、反対に何があってもまったくやきもちを焼かれないというのも、女性を不安にさせるものです。

「もしかして、冷めてるから?」と、彼氏の気持ちをつい疑ってしまうこともあるでしょう。ここでは、気持ちは冷めていないのにやきもちを焼かない理由について、お話しします。

まず、考えられるのは、彼氏が恋愛経験豊富で、男性としての自分に自信があるというケース。

「だから何があっても彼女は自分のところに帰ってくる」と考えているわけです。

もしかすると、彼女は一時的に他の男性に興味を持つことがあるかもしれない。けれど最終的には自分を選ぶはず、という自信が、彼氏の気持ちに余裕を与えるのです。

こういうタイプの男性は恋の駆け引きも上手で、女性の心をよくわかっています。

ですから、女性にとってつきあいやすい男性と言えるでしょう。ただし、「自分がほかの女性に乗り換えること」は平気でできますから、その点は要注意です。
 

人生の中で恋愛の占める割合は小さい、という価値観を持っているから

 
いわゆる恋愛体質でなく、恋愛をそれほど重要視していないから、やきもちを焼かないというタイプもいます。

つきあっている彼女のことはもちろん愛している。けれど、それが自分の人生で一番重要なことだとは考えない。恋愛は人生の一部に過ぎず、占める割合は大きくない、と考えるケースです。

つまり、恋愛そのものに執着していないから、やきもちを焼くという心理が生まれようがない、ということができるでしょう。

女性にとっては、ちょっとさみしいタイプの男性かもしれません。

スポンサーリンク


実はやきもちを焼いているが、それを表に出すのは男らしくないと考えているから

 
「男らしさ」を強く意識する男性にありがちなのが、内心やきもちを焼いているにも関わらず、それを自制して表に出さないというタイプです。

「女にやきもちを焼くなんて、男らしくない」と考えて、何とか感情をコントロールしているわけです。

こうしたタイプの男性は、一見やきもちを焼いていないように感じられても、細かく観察すると、どこかに「嫉妬の影」がちらつくことがあります。それに気づくことができれば、女性は安心するでしょう。
 

彼女を信頼しているから

 
恋愛に対して真面目で一途な女性を彼女に持つ男性はあまりやきもちを焼かないかもしれません。

それは彼女の事を100%信頼しているからです。

移り気で自由奔放な女性なら彼氏も気が気ではないでしょうが、彼女が自分一筋と分かっている場合、彼がやきもちを焼く必要はないのです。

全くやきもちを焼かれないのも女性にとっては本当に愛されているのか不安になり、少し寂しいような気もしますがそれは彼に信頼されている証です。

彼女は彼氏の事を一途に想い、彼氏もそんな彼女を信頼している、とても良い恋愛をしていると言えるでしょう。

やきもちを焼かれなくて寂しいと悲観せずに彼氏との関係が上手く行っている証拠とプラスに考えて下さい。
 

恋愛に関して淡泊だから

 
彼氏が恋愛に対して必死にならない淡泊な性格の場合、あまりやきもちを焼かれないでしょう。

彼女が他の男の人と遊んだり合コンに行ったりしても全く気にならないと言う男性は稀にいます。

付き合っても束縛されたくないと言う自由奔放な女性にはうってつけの彼と言って良いかも知れませんが、普通の恋愛がしたい女性にとっては男性が淡泊すぎるのも問題です。

自分が何をしてもやきもちを焼かない男性と一緒にいると本当に愛されているのか分からなくなり、付き合っているのが苦痛になってくるでしょう。

又、自分の行動に関して何も言われないので、自分も彼氏の行動に口を挟み辛くなります。

こうなると自分の気持ちを押し殺して付き合う事になりませから付き合う時はそれを覚悟しなくてはなりません。

スポンサーリンク


束縛されるのが嫌いな男性

 
束縛されるのが嫌いと言う男性は彼女に対しても束縛したり、やきもちを焼いたりする事はあまりありません。

こう言うタイプの男性と付き合って行けるのは同じく束縛されるのが苦痛で自由奔放に楽しく付き合いたいと言う女性です。

自分もやきもちを焼かない代わりに相手にもやきもちを焼かれたくない。お互いにそう思っている異性同士が付き合うと上手く行くでしょう。

しかしやきもちを焼かなすぎる男性は普通の女性には少し物足りなく感じてしまうかもしれないので、自分に合うタイプの人に出会って付き合うのが一番良いですね。
 

もともとヤキモチをやかない性格だから

 
彼はあまり束縛するのが得意ではないのかもしれません。

自分は自分、彼女は彼女といった考えを持っているのかもしれません。

これは性格なのでヤキモチ妬きなさいよ!と言って出来ることではありません。これを言ってしまうと彼はじゃあ他の男にすればいいじゃないかとなってしまいます。

この場合、少し物足りないなと感じてもそれが彼の良いところです。

自由にしてくれてありがとう、と思っておきましょう。
 

彼女に冷めているから

 
これは彼女の存在が当たり前になっていることや、長年付き合って積もりに積もった彼女の嫌なところなど様々な要因で彼女に冷めてしまったためにヤキモチすら妬かなくなってしまったということです。

付き合いが長い程、相手の存在のありがたさは感じにくくなるものです。

こういった要因であれば時間とともに愛情が深まる可能性があります。しかし、彼女の嫌なところなどを見て冷めてしまった場合は彼の気持ちが戻ることはないでしょう。

その場合は諦めましょう。

スポンサーリンク


浮気の心配がないと考えているから

 

これは彼女に対して浮気の心配が無いと信用しているためにヤキモチを妬かないということです。

この場合は、信頼されているので素晴らしいものです。

しかし、そこで信頼されているからと浮気に走ってはいけません。

彼の気持ちを裏切ることは、別れにも繋がります。

大切な存在をこのようなことで失うことは阿呆らしいです。

きちんと彼に誠実に向き合って、信頼関係を構築して行きましょう。

 

彼氏がやきもちをやかないのは良いこと

 

いかがでしょうか。

このような理由を上げてみると、彼の性格や彼女の性格、時間の経過による価値観の変化であることがお分かり頂けます。

彼が彼女に対してヤキモチを妬かないことで悩む必要はありません。

なので彼にあまり、ヤキモチを妬いてと訴えるのはやめましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク