頼りない彼氏の6つの特徴と上手な付き合い方

 
彼氏が頼りなくてこのまま付き合っていくのが不安だとあなたはかんじていないでしょうか。

そんなお悩みを抱えたあなたのために頼りない彼氏の特徴と解決方法を6つまとめました。

男性の方も是非参考にして頼りがいのある彼氏を目指しましょう。

スポンサーリンク


頼りない彼氏

 

頼りない彼氏には次のような特徴があります。

  • 自分の事は自分でしようとするが空回りする彼氏
  • 力がない彼氏
  • 突然のアクシデントに対応できない彼氏
  • 人を見て対応を変える彼氏
  • 運転が不慣れな彼氏
  • 自分の意見がない彼氏

それでは頼りない彼氏の特徴を見ていきましょう。

 

自分の事は自分でしようとするが空回りする彼氏

 

頼りない彼氏は、買い物中、欲しい服のサイズが見当たらない時、店員にサイズ確認をしたくてもしない、または聞くまで時間がかかるという傾向があります。

中には自力で店内を探し、「あるなら店頭に並んでいるはず」と自己解決しようとします。

そのようなときは一緒なって、確認することをしてあげましょう。

あなたが店員を呼ぶということではなく、店員のいる所を教えて連れていくなどをし、

店員に聞くときは彼氏自身にさせるようにすると、自分で聞いたという達成感を彼氏が持つ事が出来ます。

男性は恥ずかしがらずに解らないことは店員さんに聞きましょう。

彼女の前で質問せずに無駄にウロウロするよりスマートです。

スポンサーリンク


力がない彼氏

 
重いものを運ぶとき、ささっと持ち上げてくれる男性は魅力的です。

ですが重くて運べなかったり、「重いよ」と文句言ったりされると頼りなさを感じます。

少し重くても持ったり運べる重さなら笑顔でささっと行動しましょう。

それだけで女性は「頼れる」という信頼感を抱きます。

注意して欲しいのは筋肉質でマッチョである必要はありません。

例えば買い物で少し重い荷物があったときに何も言わず重い方を持ったり、彼女が重そうな荷物を持ってきたら率先して自分から「重そうだから持つよ」と言って持ってあげる事です。

 

突然のアクシデントに対応できない彼氏

 
頼りない彼氏は、お店でのあらゆるアクシデントの対応が苦手です。

注文したものと違っている場合、違っていると言わずに「これでもいい」と出されたものを食すことさえします。

また、彼女が困っていようと、店員を呼ぶまで時間がかかるので、すぐに対応してくれません。

他にも、欲しいものが現品限り、または展示品の家電があっても値切るなんてもってのほか、「安くなりますか」は言えません。

「こちらはポイントがつきません」と言われても素直に了承します。

そしてあとで「なんでつかなかったのだろう」と振り返るのです。

また、キャンペーンの勧誘を断れず、よく捕まります。そしてさんざん説明を聞かされて、「結構です」も言えないので、「これは入会するか?」と思わせるのですが、そこでやっと大丈夫ですと言います。

しっかり彼女のフォローをしてあげましょう。

その場合には、助け舟を出す役になりましょう。

彼が困っていることを察して、「○○したほうがいいと思う」と伝えたり、「そういうのはいらなかったんんじゃない?」と、口に出してあげることで気付かせてあげましょう。

彼氏は他の人もそう思っているのだという味方がつくことによって心強くなり、言い易くなるのです。

これが、彼氏自身の事であれば頼りないなぁ・・・で済みますが、彼女がトラブルに巻き込まれた時、例えば学校で友達といざこざがあったり、家で両親と揉めてしまったり。

そんな時に彼氏に頼りたいけど彼氏はどうしたらいいか分からず傍観者。

助けてほしいときに自分以上にオロオロしていたり、力になってくれないと頼りないだけでは済まない場合もあるので注意です。

男性は彼女がトラブルに巻き込まれていたらまずは声をかけてどんなトラブルを抱えているのかを聞き、そのトラブルが自分と彼女だけで解決できそうであれば2人で解決する。

無理であれば周りを頼るなどのトラブルに対する舵取りを率先して行うことで頼りがいのある彼氏になれるでしょう。

なにもトラブルの全てを彼氏だけで解決する事はないのです。

スポンサーリンク


人を見て対応を変える彼氏

 
頼りない彼氏は、女性店員、またはおとなしそうな店員にはそれなりに聞く事ができるのですが、「ちょっと聞いてみようか」と思っても、そこにいる店員さんが少しこわもて、または自分より強そうと判断すると、「やっぱいいか」と平和的解決を優先します。

その一方で、顔が見えない電話口になるとそれをいいことに、なんでもいいます。

しかし、実際店員が現れて話をするとなると、とたんに態度が控え目になる傾向があります。

こういう場合は誰でも平等に対応するように接することが大切です。

人を選ぶのならば、文句を言わないということを教える必要があります。

男性は人を見て態度、対応を変えず常に紳士的な対応をすれば彼女からも社交性のある素敵な彼氏に見られます。

 

運転が不慣れな彼氏

 
彼女とドライブに行ったとき駐車するときにアタフタしてたり、ナビがあるのにも関わらず道を間違えてしまったり。

車の運転が慣れている男の人は魅力的です。

不慣れなのにスピードを出したりうまいフリをするのはもっとダメです。

不慣れでも安全運転を心がけ、音楽で盛り上がるなど他の要素で補いましょう。

運転が不慣れでも彼女がいきなり不機嫌になられては運転手はさらに緊張してしまうものです。

彼が運転が不慣れな場合リラックスさせてあげる事を意識しましょう。

男性は彼女の前で格好つけようとして普段の運転とは違う運転をしようなんて考えは止めていつも通りの運転を心がける事。

目的地が分かっているようであれば事前にナビや地図で大まかなルートを把握しておくこといいでしょう。

ルート検索中に高速道路利用をする場合美味しい食事がとれるサービスエリアも押さえておくと彼女からの好感度もアップします。

スポンサーリンク


自分の意見がない彼氏

 
遅刻してしまっても怒らなかったり、喧嘩で言い合いになってもすぐ相手から謝ってきたり。

謝ることが悪いことではないですが、自分の気持ちをキチンと相手に伝えることが大切です。

ただ単にその場をしのぎたいからと謝るのはNGです。

「私がYESといえばYES、NOならNOなんだ」と言いなりになる彼氏に頼りなさを感じます。

言いなりになる=優しさではないです。

ダメなことをダメと怒ってあげれるぐらいの人のほうが自分をちゃんと見てくれる頼りがいのある男性だと女性は感じます。

なんでも彼女に合わせる彼氏であれば「~についてあなたはどう思う?」と先に選択権を与えましょう。

それでも、彼氏が彼女に選択を求めてきたら「あなたに従います」とこちらから選択権を放棄してしまうのも1つの方法です。

相手に決めさせる事これを繰り返し行うことで彼自身が考え判断する能力を養うことができます。

男性は自分の意見があるならばハッキリ伝える事です。

彼女と気が合って同じ選択をするのであれば「それでいいよ」だけではなく理由も添えて答えると彼女も考えてるんだなと感じてくれるでしょう。

 

頼りない彼氏にイライラするときの対処法

 

情けない心情を素直に打ち明ける

 

頼りない彼氏というのは、見ているだけで本当にイライラしてしまうものですよね。

そしてそのイライラをも通り越してしまうと、今度はそんな彼氏と付き合っている自分に対しての「情けなさ」までが心の中に生まれてきます。

そういった状況になったときは、自分の気持ちを素直に打ち明けるというのが一番です。

「あなたが頼りないせいで私まで情けない思いをしている」とハッキリ伝え、彼氏の奮起に賭けてみましょう。

イライラしたり情けない気持ちになったりするのは、あなたがそんな気持ちを無理やり抑え込んでいるせいです。

それを彼氏に対して発散することによって、確実に気が紛れるでしょう。

彼氏の方もそこまでハッキリと指摘されれば、何も考えないわけにはいきません。

二人の未来のためにも、一度腹を割って話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


彼氏としばらく連絡を取らないようにする

 

肝心な場面になると、いつも逃げ腰で全く頼りない彼氏…

そんな彼氏の姿を見て、イライラを募らせている女性は意外と多いものです。

では、イライラを少しでも軽減するためにはどうすればよいのでしょうか?

有効なのは、「彼氏としばらく連絡を取らないようにする」という方法でしょう。

彼氏はあなたにとって最愛の人なわけですから、常に注目していたいという気持ちもわからなくはありません。

しかし、注目している時間が長ければ長いほど、彼氏の頼りなさが目につく機会も増えてしまいますので、それではイライラの解消をする時間がありません。

ですから思い切って、彼氏と連絡を取る機会を減らし、あえて一緒にいる時間を短くするべきなのです。

もちろんずっと連絡を取るなという意味ではありません。

一度冷静になる時間を設けてイライラを追い出すという意味で、ぜひ実践してみてください。

 

別れをチラつかせてみる

 

頼りない彼氏に、どれだけそのことを言っても全く改善してくれない…

「もっとしっかりしてよ!」と迫ってもただ逃げ回るばかりで、一向に態度を変えない彼氏と接していると、心の底からイライラしてしまうものですよね。

では、なぜ彼氏は自分の頼りない部分を直そうとしないのかご存知でしょうか?

それは、「直さなくても、いつか許してくれるだろう」と、非常に甘く考えているからです。

そんな彼氏を頼りがいのある男に変身させるためには、あなたの覚悟を見せることが必要です。

「頼りない自分を変えるつもりがないのなら別れる」という姿勢を、彼氏に対してチラつかせてみるのがよいでしょう。

もしも本当に別れることになってしまったら…と心配になるかもしれませんが、そんな気持ちを意に介することはありません。

それでも頼りない自分を変えようとしない彼氏ならむしろ別れた方がよいと言えますし、臆さずに別れの態度を見せてみましょう。

スポンサーリンク


自分がたくましくなろうと前向きに考える

 

頼りない彼氏と一緒にいると、イライラした気持ちが積もっていくばかりですよね。

その気持ちはよくわかりますが、イライラすることで一番損をしているのは果たして誰なのでしょうか?

それは、あなたです。

ですから、そんな彼氏と別れる気が全くないのであれば、むしろあなたが変わった方がイライラしなくて済みますし、二人の関係をよりよいものにできるともいえるでしょう。

具体的には、彼氏が頼りない分「自分がたくましくなろうと前向きに考える」ことが重要になります。

彼氏とはいえ、元は赤の他人なわけです。

そして他人の人格を変えようとするのは、口で言うほど簡単なことではありません。

しかし、自分自身を変えるのであれば、少なくとも彼氏を生まれ変わらせるよりは簡単にできます。

あなたが彼氏の分までたくましくなってしまえば、もうイライラする必要もなくなるでしょう。

 

頼りない彼氏を改善する方法

 

こちらから思い切り甘えて、彼氏に「頼られる喜び」を経験させる

 

どんなに頼りない男性でも、彼女から頼られ甘えられれば、男としての自尊心をくすぐられ、男としての自覚を持つものです。

ですから、彼氏のことを「頼りない」と感じているなら、こちらから一方的に甘えてみましょう。

コツは、自分の弱い一面、ダメなところを彼氏の前にさらけ出し、彼氏に「弱い女」をアピールすること。

涙を見せるのも、大いに効果的でしょう。

つまり、弱い女として彼氏に甘えることで、彼氏に男としての自覚を促すのです。

この方法は、「女性から甘えられ、頼りにされる喜びを、彼氏に体験させること」が目的です。

男としての本能を持っている以上、ふだんはどんなに頼りにならない男性でも、女性、特に交際している彼女にそのように頼られれば、それを喜びと感じるものです。

少々時間はかかるでしょうが、この方法を繰り返すことによって、しだいに頼りになる男に変わっていくにちがいありません。

スポンサーリンク


改善してほしい点を、「ここをもう少しこうしてくれると、もっと好きになる」という言い方で指摘する

 

交際している彼氏が頼りないと、つい、その頼りない点をあからさまに指摘して、「しっかりしてよ」と文句を言いたくなるものでしょう。

しかし、頼りないタイプの男性は、彼女からそのように強く言われたり、責められたりすると、かえって気持ちが萎縮してしまい、改善どころか、ますます頼りにならなくなってしまいかねません。

そこでおすすめしたいのが、彼氏の頼りない点、改善してほしいところを、「ここをもう少しこうしてくれると、もっと好きになる」という言い方で指摘するというやり方です。

たとえば、ちょっとした困難に遭遇したり、少しでもハードな仕事を任されたりすると、すぐに弱音を吐くタイプの彼氏だったとしましょう。

その場合は、「そういう困難に耐えるガマン強い男になってくれると、今よりももっともっと好きになると思う」というような言い方をするのです。

 

小さなことでもとにかく褒めて「その気」にさせる

 

「褒める」というのも、頼りない彼氏を改善するために有効な方法です。

たとえば、飽きっぽい性格で、忍耐力が欠けていて、どんな仕事も長続きしないタイプの彼氏だとしましょう。

その場合、「どうして長続きしないの」と責めても、改善されないものです。

そうではなく、彼氏の仕事がこれまでよりも少しでも長く続いたなら、その「長続きしたこと」を褒めましょう。

「今回はずいぶん長く続いてるね。なんだかすごく頼もしくなったみたい」というように言うのです。

また、優柔不断で何を決めるにも時間のかかるタイプの彼氏が、ちょっとしたことでも即断できたら、「決断力があって、かっこいい」というように持ち上げるのです。

彼女から、こんな風に褒められて、嬉しく感じない男性はいません。

「その気」になって、「仕事をさらに長く続けよう」という意識が生まれたり、「もっと決断力をつけよう」という向上心を芽生えたりするわけです。

スポンサーリンク


「頼りがいのある男」の例を示す

 

多くの場合、頼りない彼氏は自分の頼りなさを、薄々、自覚しているものです。

しかし、「どこをどうすれば、頼りになる男になれるのかわからない」という理由で、自分で改善できないケースが少なくありません。

そこでおすすめしたいのが「これが頼りがいのある男だ」という例を、彼氏に示して見せるという方法。

共通の知人などに、頼りがいのあるタイプの男性がいるなら、その人を例に出しましょう。

そして、「あの人はこういうところが、頼もしいよね」というように話をするのです。

いっしょにテレビドラマや映画のDVDを観ているときに、そういう指摘をするのも効果的です。

登場人物の行動が頼りになると感じたら、やはり具体的にその行動や態度を指摘し、「ここが頼れるところ」という指摘をするのです。

これはつまり、彼氏に「お手本」を示して、自発的な改善を促す方法と言うことになるでしょう。

 

頼りない彼氏は臨機応変に気が利く男性になれない

 
頼りない彼氏の特徴いかがでしたか?参考にして頂ければ幸いです。

『頼れる男性=臨機応変に気の利く男性』ということです。

女性にはない、男らしさが頼れるということに繋がります。

見た目で頼れるかどうかの判断はつかないということです。

しっかり自分の意見を持ち、彼女が困っているときに助けになれるスーパーマン的存在が頼れる、素敵な彼氏になるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク