胸が小さい原因7つ

胸が小さいことで悩んでいませんか。

胸が小さいには、様々な原因があります。

遺伝子だという思う人が多いですが、実はそれ以上におおきな原因が関係しているのです。正しい知識を知ることで、胸は成長をします。

参考にしてバストの悩みがある人がいれば教えてあげてください。

スポンサーリンク


胸が小さい原因

  • うつ伏せで寝る癖がある
  • 成長期の間違ったダイエット方法
  • 喫煙が原因
  • 猫背で姿勢が悪い
  • 冷え性
  • 睡眠不足が原因
  • 体質や遺伝子が原因

うつ伏せで寝る癖がある

うつ伏せで寝る癖のある人は、仰向けで寝るようにしましょう。

寝ている間に、自分自身で胸にかなりの負担をかけていて、成長の妨げになります。

外から力をかけるのは胸には良くありません。

また、寝ている間にブラジャーをつける人もいますが、おススメ出来ません。

睡眠中は胸を圧迫させないことが重要です。

睡眠中の癖は、なかなか治すことが難しく、自分がどんな体勢で寝ているのか把握できません。

そんな時は、誰かにお願いして、自分がどんな体勢で寝ているのか確認してもらいましょう。

成長期の間違ったダイエット方法

成長期と言われる小学校高学年から高校生の間までに、女性なら一度は痩せて綺麗になりたいと思う気持ちが芽生えます。

そんな時に、間違ったダイエット方法で痩せると、胸の成長に必要な女性ホルモンの分泌を妨げて胸が小さくなる原因になります。

例えば、食事制限をしたダイエットは良くありません。

リンゴばかり食べたり、朝食だけ摂って、昼晩は食べなかったり偏った食事は、胸だけでなく体にも良くありません。

女性ホルモンに必要な大豆イソフラボンは豆や納豆、豆腐に沢山含まれています。

一日に必要な栄養を摂取しないと成長の妨げとなり、胸が成長しなくなるばかりか、他の体の部分にも悪影響が出る恐れがあります。

一日必要な栄養をバランス良く摂取することが大切です。

朝昼晩と三食きっちり摂ることを心掛けましょう。

スポンサーリンク


喫煙が原因

タバコは、体に悪影響を及ぼすことは知られていると思いますが、胸の成長にも大きく影響することはご存知ですか。

タバコの中に含まれている“ニコチン”は女性ホルモンの成長を妨げます。

それどころか、“ニコチン”は血管を収縮させて血液の流れを悪化させます。

バストにまで必要な栄養を届ける事が出来ず、成長を滞らせるのです。

胸以外にも、タバコはあらゆる体の部分に悪影響を与えます。

コストばかりかかるので、胸が成長しないくらいなら、止めることをおススメします。

猫背で姿勢が悪い

胸が小さいは姿勢が悪く、猫背の人が多いです。
姿勢が悪いと胸が下を向いてしまい垂れる原因にもなります。

姿勢が悪い血行が悪くなり、バストにしっかり栄養が行かなくなります。
姿勢を改善することができれば、バストにしっかり栄養が送られバストアップに繋がります。
しかも、姿勢を改善することで、短期間で胸を大きく見せることができますよ!

出典 胸が小さい人の共通点!あなたの原因はどれに当たる?

 

冷え性

女性ホルモンは血液の流れに乗って全身を巡ります。そのため、冷えによる血行不良は血液の循環を低下させ、ホルモンの停滞を招きます。特に脳から指令を受けて女性ホルモンを作り出す卵巣を冷やしてしまうことは、バストに影響を及ぼすだけではなく身体全体への悪影響となってしまうのです。

冷たい物の飲食を控え目にして適度な運動や入浴をするなど、身体を冷やす原因を出来る限り減らし、身体を温める生活を送りましょう。

出典 バストアップしたい!遺伝以外の胸(バスト)が小さい原因

スポンサーリンク


睡眠不足が原因

事実、睡眠とバストサイズには大きな関係があります。

睡眠時の成長ホルモンの分泌はバストアップでも重要視されており、睡眠不足により成長ホルモンの分泌がなされないとバストの成長を妨げてしまいます。

出典 胸が小さい原因はコレかも!バストアップしたいなら絶対にしてはいけないこと5つ

成長期時にしっかりとした睡眠が必要なのは言うまでもないことですが、ラクトゲン受容体はいつできるかわからないので、成長期が過ぎたと思っていても、成長ホルモンを促すためになるべく夜の22時頃には寝るようにしておきましょう。

出典 胸が小さい原因はコレかも!バストアップしたいなら絶対にしてはいけないこと5つ

睡眠している間に女性ホルモンが生成されます。

夜遅くまで起きていると、女性ホルモンの分泌を妨げ、胸の成長を止めてしまいます。

特に成長期である思春期と言われる、10代から20代までの間に、不規則な生活をしていると胸は成長しづらくなります。

ついつい夏休みや長期休みに入ると、つい夜更かししがちです。

睡眠のゴールデンタイムと言われている“22時~2時”の間は女性モルモンが活発に分泌されるので、出来るだけ早めに睡眠をとりましょう。

早く寝る癖をつけて、質の良い睡眠を心掛けましょう。

体質や遺伝子が原因

痩せやすい、太りやすいのように、体質や遺伝子が原因だと考えている方は多いようですが、意外と上記で記した原因よりは可能性としては低いです。

ただ、大なり小なり胸の大きさと遺伝子や体質は関係しています。

母親の胸が大きい家計の人は、大きい可能性があります。

家族なので、同じような食生活を送っていると自然と体質が似てきますので、母親の胸が大きい人は、同じように規則正しい食生活を送ると胸の成長に結果として表われるので見習うと良いですよ。

胸が小さい原因を見つけよう

 
いかがでしたか。

バストが小さい原因は成長期のできるだけ早めの段階で、成長を妨げない健康で規則正しい生活を送ることがキーポイントです。

胸の小さいことで悩んでいる人がいれば教えてあげてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク