理想の告白シチュエーション7つ

あなたには理想の告白シチュエーションはありますか?

告白は相手に自分の気持ちを伝える大切なイベントです。
告白する方もどこで告白すればOKを貰いやすくなるか、色々と考えるものです。

どんな場所でどのタイミングで告白するのが好感を持たれるか。
また、どんな告白が理想の告白なのかを、理想の告白シチュエーションを読んで学んでいきましょう。

スポンサーリンク


理想の告白シチュエーション3つ

 

夜景を見ながら告白

夜景は王道ですね。

自分たちはほんのり表情が見える程度、ふたりの視線の先は輝く美しさ。

これだけでロマンチックな気分。

面と向かっては告白し辛い人もお互いが景色を見ている場面では勇気が出ます。夜景をバックに愛の言葉はやっぱり嬉しい!
出典 男性必見!女性がキュンとする告白のシチュエーション10選

 

夜景での告白が理想の告白シチュエーションです。

告白する場面で夜景は多いのではないでしょうか。

綺麗な夜景を見る事で相手の気持ちもロマンチックになり良い雰囲気になった所で告白すると喜んでOKしてくれるでしょう。

夜景で告白する時に気を付けたい事は周りにあまり人がいない時にしましょう。

夜景の見えるスポットですと多くの恋人が周りにいる可能性があります。

いくら夜景が綺麗でも人でごった返している所で告白されてもシラケてしまいます。

夜景の見える場所が混んでいたら帰り道人で人がまばらになった所や、車の中などで告白するのがいいでしょう。

夜景をバックで告白するのが一番理想ではありますが、教科書通りに告白するのではなく、臨機応変にムードを大切にする事も忘れない様にしましょう。

スポンサーリンク


ドライブの帰り道で告白

休日にどこかに遠出して楽しい時間を過ごした帰り道、最後の締めは告白でというパターンは王道でありながらやはり人気が高いと同時に成功率も高いです。

断る理由が見つからない程ロマンチックですしね。
車の中は狭い密室に二人きりという事もあり愛が深まりやすい場所でもあります。
出典 実際の告白に役立つ♪理想的な告白のシチュエーション7選

 

ドライブの帰り道告白される事が理想の告白シチュエーションです。

2人でドライブに行ける信頼関係が出来ているのなら、後はどのタイミングで告白するかだけです。
この場合ドライブに限らずどのタイミングで告白してもOKは貰えるでしょう。

だからと言って手を抜くわけにもいかないので湾岸沿いを走っている時や高速を走っている時などなるべく景色が綺麗に見える場所を選んで告白するのもいいでしょう。

渋滞にハマってる時に告白して成功したなんて人もいます。
彼女の家に着いて別れ際に言うのも効果的です。

 

オシャレなレストランやバーで告白

告白は女性にとって特別なイベント。
普段は行けない高級レストランなど、特別なシチュエーションを「自分のためにこんなにしてくれた」という満足感が得られ幸せな気持ちは最高潮になりそう。
出典 好きな人に告白されたい場所ベスト5「こんなシチュエーションが理想」

 

ちょっとお高いレストランで告白が理想の告白シチュエーションです。

普段あまり行かない高級店で食事をする事で非日常を演出します。
美味しい食事に舌鼓を打つだけでも幸福感が得られますが、そこに追い打ちを掛けるように告白をする事で相手はさらに喜んでくれるでしょう。

こちらの告白は恋人になりましょうの告白もいいですが、プロポーズをする時にも使う事が出来ます。

スポンサーリンク


女性が憧れる理想の告白シチュエーション

 

綺麗なイルミネーションを見ている時

 
冬はもちろん、イルミネーションが綺麗な場所で告白されたら、とてもロマンチックで思い出に残ります。

周囲がキラキラしていてドラマチックで、まるで自分が映画の主人公になったような気分になれるでしょう。

ですが、人混みがすごくて手をつないでいないと離ればなれになってしまいそうに混んでいる場所は避けましょう。

空いていて、ゆっくりとイルミネーションの中を歩いていけるような場所が理想的です。

やはり告白されるなら、周囲には誰もいないほうがいいでしょう。

誰かに聞かれていたり、見られていたり、すぐそばに人がいると相手に集中できませんし、照れてしまいます。

二人だけの世界になれるような場所でなければいけません。

有名なイルミネーションは当然人が集まって混むので、告白場所には向かないでしょう。

街中にはいろんなイルミネーションスポットが存在します。

有名ではなくても綺麗なイルミネーションスポットを探してみるといいですね。
 

観覧車がてっぺんに上った瞬間

 
王道ですが、観覧車は告白するにはぴったりの場所です。

密室ですし、デート感が盛り上がるアトラクションです。

おすすめは、観覧車がてっぺんに上った瞬間に、「好きなので付き合ってくれませんか」と告白することです。

観覧車が徐々に上にあがっていくと、自然と二人のテンションもあがってきますし、ラブラブ感もアップしていきます。

そして、てっぺんに観覧車が来た瞬間に告白されたら、きっと女性は最高に感動するはずです。

なかなか勇気がでなさそうだと自覚している男性なら、観覧車があがりはじめたらすぐに告白の心の準備をしたほうがいいでしょう。

そして、てっぺんではなくとも、良いタイミングが来たら告白してみましょう。

なるべくてっぺん近くがいいのは、景色が良くて、よりロマンチックなシチュエーションになるからです。

スポンサーリンク


家でくつろいでいる時にさりげなく

 
まだ付き合っていない時でも、友達もまじえてお互いの家に遊びに行くこともあるでしょう。

派手でロマンチック過ぎる告白が苦手な女性もいます。

自然に告白されたい女性の場合、さりげない告白が理想的です。

家は一番くつろげる場所です。

お店や街中では人目もあり、常に緊張しています。

自宅でも友達や相手の家でも、家という場所はほっとさせてくれます。

友人にも協力してもらい、二人きりに一瞬なれる瞬間を作ってもらいましょう。

二人だけを残して他の人は買い出しに行くというのがいいでしょう。

その瞬間を逃さず、リラックスしきっている時に、「実は前からずっと好きだったんだ。付き合って欲しい」と告白しましょう。

すごく自然で、しかも素直にお互いの気持ちを伝えあえるので理想的なシチュエーションです。

派手な演出が嫌いな女性にはこういう告白が嬉しいです。
 

自宅まで送り届けてくれた時

 
デートをして、最後に自宅まで彼が送り届けてくれることがあるでしょう。

別れがたい瞬間ですが、まだ付き合っていないのに、なかなか女性から「お茶でも飲んでいく?」などとは誘いにくいです。

それでは軽い女に思われるかもしれませんし、誰にでもそういう風にしているのでは、と思われそうで怖いです。

また、付き合っていないのに関係を結んでしまうのも怖いです。

遊びだけで終わってしまうのでは…というのが女性は一番不安でしょう。

ですから、自宅まで送り届けてくれた時、サヨナラと言うかわりに、「好きです。付き合ってくれませんか」とストレートにはっきりと告白してくれると、とても嬉しいです。

紳士的にきちんと家まで送り届けてくれ、しかも、別れがたい気持ちの時の告白はお互いの気持ちが高まっているので、とてもロマンチックです。

スポンサーリンク


女性からの告白のシチュエーション

 

自宅に呼んで大胆作戦

 
気になる相手が、女性に囲まれているようなタイプだった場合、早く手を打たないと、他の女性のものになってしまう可能性があるというものです。

若いうちは、特に自分が好きになったのなら、後悔しないためにも、アタックしておいたほうがいいのです。

そう考えると、先を急いで、大胆な告白と言うのも、青春らしくて良いものではないでしょうか。

若いうちだからできる、無防備な感覚というのは、その時代に味わっておくことも、人生を無駄にしないことに繋がるのではないでしょうか。

相手が、そんなふうに、女性がいつも周りにいるのなら、思い切って、覚悟して、自宅に呼び込むという大作戦もありかもしれません。

自分自身も、フラれたり遊ばれたりするリスクや覚悟が必要ですが、自分が伝えておきたい、挑戦しておきたいという気持ちを尊重し、自宅に誘って、あわよくば相手の気持ちの赴くまま…と言うのも、ひとつの告白の形ですよね。
 

片思いの気持ちをさりげなく出し続ける

 
彼女がいるようないないような、はっきりとしていないけれど、自分が好きになった相手には、好きな人がいるような噂話ばかり聞く…そんな片思いの時代が長く続くことがある恋愛もあります。

そこまで一途に相手を好きでいるということは、かなりせつないながらも、貴重な体験なのです。

そんな、長い片思いの気持ちを、徐々に出して行く告白もあります。

自分が好きで仕方がないあまり、その彼の活躍している姿をつい目で追ってしまうというようなことが続くと、周りにもバレバレになってきます。

からかわれたりすることも出てくるでしょう。

そして、ある日、二人きりの廊下ですれ違う時があったとします。

彼は、自分の気持ちに気づいているでしょうから、告白されるのを待っているかもしれません。

しかし、彼はクールに下を向いて通り過ぎてしまいます。

そして、その時に、伝えておけばいいものを、またはっきり伝えられずにいたりします。

そんなことが二回あったあと、今度こそはと、意を決して「好き」と伝えます。

しかし、声が小さすぎて聞こえたかどうかはわかりません。

すでに、彼には片思いの気持ちは伝わっているはずなのですが。

そんな、シチュエーションのせつない告白というものも、あります。

スポンサーリンク


皆と一緒に居るとき耳元でささやく

 
割と普段から明るい印象を持たれ、みんなの前でもそういったキャラクターで通っていることを自覚している女性がいます。

ある程度の恋愛経験も重ね、男性に対しての自信もあります。

そんな女性がまた、次の恋愛を探しているというでもなく、好きだなと思える人ができたときに、大胆な告白をするということもあります。

仲間になってから数カ月たち、ただの好きではなく、大好きと言う気持ちで、気になって仕方がないという相手ができたとき、いつものみんなとの集まりで、騒がしい中、まっすぐな気持ちを伝えるという告白です。

皆の中での告白と言うシチュエーションも、騒がしいパーティーのような場所では、自分からその気になれそうで、気分も盛り上がれるのです。

意中の彼が通りかかったところを、ここぞとばかりに呼び止めて、騒音の中、耳元で、「好き」とささやきます。

彼もその気があるのなら、ハッピーな二人の気持ちが一つになる告白の時です。
 

お互いに悪くないと見極めたら自然な流れで

 
お互いに、仲間のうちの一人と思いつつ、いつも一緒になることが増え、ただの異性の友達ではないなと感じることがあります。

そんな関係で、付き合うことになるパターンはそう珍しくもなく、盛り上がるきっかけもないけれど、本当に自然な形でカップルになるということがあります。

そんな二人の場合、どちらから告白したかと言えば、言葉では記憶が無いということもあるでしょう。

徐々に距離を縮めていき、二人が付き合っている意識が無いうちに、周りから、付き合っていると認定されるということで、言葉では特に告白せずに終わるということもあります。

お互いに悪くない相手と思っていた、異性の友人から始まるパターンです。

シチュエーションとして、女性側からの告白といえば、言葉ではなく、一緒に居るふたりの時間の中で、なにげなく手をつないだり、肩に顔を寄りかからせたりする、ボディーランゲージという形の告白かもしれませんね。

そして、あえて告白の言葉と決めるのなら、どちらかの部屋での「わたしたち、つきあっているよね?」と言う言葉かもしれませんね。
 

告白のシチュエーションはあくまでも演出

 
理想の告白シチュエーションいかがでしたか?

告白のシチュエーションは演出の一つです。
告白に至るまでにお互いがどれだけ信頼関係を築いてきたかが重要です。

信頼関係が築けていればどんな場所でもOKは貰えます。
逆に信頼関係が築けていなければどんなにシチュエーションに拘ってもOKは貰えません。

告白シチュエーションはあくまでも演出である事を念頭に置いて、普段の付き合いを大切にする事が一番大切な事なのです。

もしあなたが今好きな人がいて「告白しても断られるかも」と、考えるのであればそれはまだお互いに信頼関係が築けていない可能性があるので告白は見送るべきです。

自分の中で告白に対して少しでも疑念があるのなら告白してもフラれる可能性があるのでまずは信頼関係構築を重視しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク