夫婦円満の秘訣5つ

いくら愛し合って結婚しても、長く夫婦生活を続けていくうちには喧嘩もするでしょうし、夫婦関係に危機感を覚えることもあるでしょう。

いつも、いつまでも夫婦円満でいるためには、そうした危機を事前回避したり、生じた問題を上手に解決するといった工夫や努力が必要になるのです。

では、夫婦円満でいるためにはどうすればいいのでしょか。

そこで今回は夫婦円満の秘訣についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


夫婦円満の秘訣

 

生じた不満やトラブル、問題はその都度しっかり話し合って解決していく

 
夫婦円満の秘訣としてまず、あげられるのが「夫婦間の問題のすみやかな解決、お互いの不満解消」です。

これは逆のケースを想像すると理解しやすいでしょう。

夫婦関係に危機を生じさせ、最悪の事態に至らしめるもっとも多い間違いは、「事なかれ主義による、問題先送り」です。

うわべの良好な関係を維持したいと考える人が、実際に少なくありません。

そのために、心の中に何らかの不満を感じていたり、夫婦間にトラブルが起こっているにも関わらず、「ことを荒立てたくない」と考えて、それを表面化させないケースがよくあります。

そして、これこそ、のちに最悪の事態を招いてしまう間違った対処法なのです。

夫婦間に生じた不満や問題は、たとえどんなに小さな規模のものでも、その都度、二人でしっかり話し合って解決していきましょう。

「事なかれ主義」から脱却し、何かあったらその問題に正面から向き合うことが、夫婦円満でいるための必須条件なのです。
 

折に触れ「老後」をイメージし、お互いをベストパートナーと認識する

 
現在は熟年離婚が増えています。

それに比例して、中高年の婚活、再婚も増えています。

つまり、中高年になって離婚した人が、「一人の老後はさみしすぎる」とか「人生の最後を孤独で終わらせたくない」と考えるケースが多いということになるでしょう。

「もし、自分が老年になって一人ぼっちの人生を歩むことになったら」と想像してみれば、若い人でも中高年のそうした心情は理解できるにちがいありません。

そして、その想像を、夫婦がそれぞれ折に触れてするよう心がければ、「今、隣にいるパートナーと生涯を共にするのが一番」と感じるはずです。

縁あって夫婦になった今の伴侶こそ、最高のパートナーと認識しましょう。

そうすれば、大きな障害や問題も協力して乗り越えていけるはずです。

スポンサーリンク


共通の趣味や楽しみを持つ

 
夫婦円満でいるためには、休日を二人だけで過ごして楽しめる環境を作ることが、大変有効です。

「いっしょにいるだけで楽しい」というのは、多くの場合、新婚のある時期に限定されるでしょう。

いわゆる「倦怠期」を迎えると、そうした気持ちにはとてもなれなくなります。

そんなとき、共通の趣味や楽しみがあると、マンネリ関係になりながらも、いっしょの休日を無理なく過ごせるのです。

特別な趣味でなくても、「二人とも食べることが好きで、食べ物の好みがよく似ている」というような共通点でもかまいません。

もっと漠然とした、「休日は家でまったり過ごすのが好き」というような共通点でもいいのです。

とにかく、二人の間にオフタイムをいっしょに自然に過ごせる共通要素があることが、夫婦円満の秘訣になるのです。

もし「そんなものは見当たらない」という場合は、今から何か共通の趣味を作るといいでしょう。

「ペットを飼う」というようなところから始めてみるのもおすすめです。
 

二人の記念日を大切にする

 
これは、特に男性のほうが強く意識すべきことですが、夫婦にとっての記念日を大切にすることも、夫婦円満につながります。

「結婚記念日」については、ほとんどのカップルがお祝いしたりするでしょう。

それ以外の、たとえば「出会った記念日」「交際開始記念日」「初めていっしょにお泊りした記念日」「プロポーズ記念日」「初めて喧嘩した記念日」などなど、二人だけの、二人にしか意味のない記念日をできるだけたくさん作って、それをお祝いするようにするのです。

何かにつけて「今日は○○記念日」ということを意識すれば、たとえ喧嘩することがあっても、その日のイベントをきっかけにして仲直りすることがむずかしくなくなるでしょう。

二人のきずなを強めるためにも、また、悪化した関係の修復のためにも、そうした記念日は大変有効に作用するのです。

スポンサーリンク


「ありがとう」「ごめんなさい」の言葉を、いつまでも忘れない

 
夫婦円満のために日常生活で持ち続けるべきなのが、「親しき仲にも礼儀あり」という意識です。

これも特に男性は、結婚前には意識していても、結婚を機にまったく意識しなくなるケースが少なくありません。

そうした意識を保つためには、「ありがとう」「ごめんなさい」という言葉を日常的に使うことが大切です。

逆に言うと、この二つの言葉を日常習慣にすれば、それで夫婦円満を実現できるということになります。

お互い自然にこの二つの言葉をかけあうことによって、関係は必ず良好に保てるでしょう。

これは、いわば「夫婦円満のための魔法の言葉」なのです。
 

夫婦円満のコツは小さなことに気を配る

 
いかがでしょうか。

どんなに相性の良い夫婦でも、長く円満な関係を続け、生涯のパートナーとなるためには、それ相応の努力が必要です。

ここであげた5つの秘訣はどれも、だれでもかんたんに実行できるものばかりでしょう。

今から実践し、ぜひ理想の夫婦関係を構築してください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク