男性が女性を抱きしめたいと思う6つの瞬間や心理とは?

あなたはふと「この人を抱きしめたい!」と強く感じた瞬間はあるでしょうか。

恋愛をしたことがある人であれば、おそらく殆どの人が「ある」と答えることでしょう。

しかし、その瞬間はそのときのシチュエーションや相手との関係によって大きく異なります。

そこで今回は男性が女性を抱きしめたいと思う瞬間や心理についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


男性が女性を抱きしめたいと思う瞬間や心理

 

抱きしめたくなる香りがした時

 

男性が女性を抱きしめたいと思う瞬間や心理は、思わず抱きしめたくなるような香りが、女性の身体からした時です。

自分の魅力をあげるために香水を使う人というのは女性でも男性でも多いものですが、あまりにもきつい香水や、好き嫌いのある香水だと、好かれるどころか臭いと思われてしまうこともあります。

ですから香水はあえて使わないという人もいますが、香水も香水の匂いなのか身体の匂いなのかわからないような微妙な香りのものを選べば、香りがそのままその人の魅力となって抱きしめたくなることというのもあるものです。

なので、こうした自然な香りの香水を使っている女性というのは、男性の心を刺激することができるでしょう。

香りの感じとしては、鼻をもろに刺激するような香りではなく、石鹸の香りのように柔らかい感じのする香りです。

外国製のものは、体臭のきつい外国人向けに作られていることも多いので、日本製の柔らかい香りを漂わせている女性が、男性からしたら抱きしめたくなることもあるでしょう。

香水をつけるにしても、柔らかい感じの香りをつけている女性が好まれます。

 

思っていることを感じ取ってくれる女性

 

男性が女性を抱きしめたいと思う瞬間として、自分が思っていることや悩んでいることを、自分から口にしなくても分かってくれたり理解してくれているとわかった時というのがあります。

男性は女性に見栄を張ったり、すごいと思われたいと思っていることが多い生き物でもあるので、少し困っていることや悩んでいることも女性にはあまり言わないということがあります。

ですが、言わなくても察して欲しいと願っていることもあるので、それとなく女性が気づいてあげて配慮してあげたり、心配してあげるととても嬉しく思って抱きしめたくもなるものです。

あまりにお節介をやく女性というのは嫌われますが、それとなくわからないように手伝ってあげたり、遠回しに助けてあげるようなことをすると、そういった配慮を知った瞬間に抱きしめたいとも思うものです。

いつも一緒にいる女性でも可愛いと思ったり、愛おしく感じることというのがあるでしょう。

ですから抱きしめたいと思われるような女性になるには、前にばかり出ず、陰で支えるようにすることが大事でしょう。

主張しすぎないことも必要です。

スポンサーリンク


嬉しいことがあった時

 

男性が女性を抱きしめたいと思う瞬間や心理として、単純に嬉しいことがあった時、楽しいことがあった時、テンションが上がっている時というのがあります。

女性は抱きしめられると、男性が自分に特別な行為を寄せていると思ってしまうことがありますが、男性の場合は特別な感情がない場合でも、その場の気分で抱きしめたくなるということがあるものです。

特にお酒を飲んでいて気が大きくなっている時、宝くじなどが当たってテンションが上がっている時は女性を抱きしめたくもなります。

男性が女性を抱きしめたいと思う時というのは基本的に気持ちに余裕がある時なので、仕事に追われていない時、イライラしていない時、疲れていない時などが当てはまります。

気持ちに余裕がない時は女性側がどんなにおしゃれをしても無関心で、抱きしめたいと思うようなこともないことがほとんどなので、男性が女性を抱きしめたいと思う瞬間や心理というのは、恋する余裕がある時だと言っても良いです。

また、恋人がいない期間が長く、久しぶりに女性に親切にされり話された時なども当てはまるでしょう。

 

女性が落ち込んでいるとき

 

もうどうしていいのかわからず、言葉も上手く出てこない…

たとえば失恋した直後など、女性なら一度はそんな激しい落ち込みを経験したことがあるのではないでしょうか。

男性が女性を抱きしめたいと思う瞬間とは、まさにそんなときです。

男性は女性とは違って元々は理屈っぽいものですから、言葉で解決できそうなケースなら、あえて抱きしめようとはしません。

ですが、あまりにも解決が難しく、言葉だけでは相手の女性を励ましきれないと感じたときは、何も言わずに抱きしめてくれるものなのです。

自分がそばにいるから、そんなに落ち込まなくても大丈夫。

そういったメッセージを伝える最終手段として、男性は女性を抱きしめるという行動に出ます。

ただし逆にいえば、言葉を交わせば解決できると感じたときは、女性がたとえどれだけ落ち込んでいたとしても、簡単に抱きしめたいとは思わないものです。

もしもあなたが意中の男性に抱きしめてほしいのなら、とことん自分の中で悩みぬいた上で、それでも解決できず落ち込んでいるときに相談を持ちかけてみましょう。

そうすればきっと、何も言わずに優しく抱きしめてくれるはずです。

スポンサーリンク


好きな気持ちがシンプルに伝わってきたとき

 

男性を虜にするための最もシンプルな言葉を知っていますか?

それは、「好き」というたった一言です。

よく恋愛には駆け引きが必要だと言う人たちもいますが、それは真実ではありません。

どうしてかというと、男性はそこまで簡単に駆け引きの罠に落ちてしまうほどバカではないからです。

つまり、男性が女性を抱きしめたいとまで思う瞬間とは、好きな気持ちがシンプルに伝わってきたときになります。

女性からかけられる言葉が、決して複雑なものである必要はありません。

もっと言えば、たとえ具体的な言葉がなかったとしても、好きな気持ちがストレートに伝わってくる状況なら、男性は女性を抱きしめるものなのです。

駆け引きを使った計算されたような雰囲気では、男性をそういった行動に走らせることはできません。

あくまで大切なポイントは、シンプルであることです。

抱きしめてほしいと感じる男性に対して、もしあなたがさまざまな策を練っているなら、今すぐにそれをやめてみてください。

そしてもっとシンプルに、自分の素直な想いを相手に伝える努力をしてみましょう。

そうすれば男性はあなたのことを愛おしく感じ、そっと抱きしめてくれるはずです。

スポンサーリンク


真っ直ぐに見つめられたとき

 

好きな男性の目なんて、恥ずかしくてとても真っ直ぐには見ていられない…

もちろんそれは仕方がないことなのですが、女性の多くはついそう思ってしまいがちですよね。

ですが、男性が女性を抱きしめたいと思う瞬間とは、実は真っ直ぐに見つめられたときだということを知っているでしょうか?

つまり”視線”というものは、それだけの力を持っているわけです。

男性は基本的に、女性の力になりたいと考えているものです。

ですが、目の前にいる女性が自分の力を必要としているのかどうかは、それほど簡単にはわからないですよね?

ですからそういった部分を判断するために、男性は女性の視線に注目しているのです。

目を真っ直ぐに見つめてくる女性はあまりいません。

つまり、あえて真っ直ぐに見つめてくる女性というのは、それだけ自分のことを必要としてくれていると、男性は感じるわけです。

すると、元々持っている女性の力になりたいという思いが目を覚まし、それが抱きしめるという行動によって表されます。

ですから、もし抱きしめてほしい男性がいるなら、まずは相手の目を真っ直ぐに見つめてみることです。

勇気を出してそうしてみれば、あなたの夢も叶うかもしれません。

 

抱きしめたいと思う瞬間は突然訪れる

 

いかがでしょうか。

男性が女性を抱きしめたいと感じる瞬間は、いつも突然です。

ふと寂しそうな表情を見た時、助けを求められた時、自分の好みの香りがしたときなどその状況は人によって様々でしょう。

なので、男性も女性もあまり深く考えずにお互いのことを思いやっていれば自ずとその瞬間は来るものなので、常に準備は怠らず、自分らしく毎日を過ごすことに専念したほうが気持ちも晴れやかに生活できるようになります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク