デートの誘い方で失敗しない6つのコツ

 
デートの誘い方がわからない・・・。

あなたはそう悩んでいませんか?

デートの誘い方というのは軽視されがちですが、
下手な方法で誘うと必ず失敗します。

だからこそ失敗したくありませんよね。

そこで今回は断られにくいデートの誘い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】
デートの誘い方
LINE(ライン)でのデートの誘い方
男性からのデートの誘い方
女性からのデートの誘い方
2回目のデートの誘い方

スポンサーリンク


デートの誘い方

 

下準備段階でデートするイメージを植え付ける

 

まずは、団体(男女2対2)で遊ぶなどして、新密度を上げて距離感を縮めましょう。

お互いの趣味や共通の話題などに徹して、とにかく「この人、自分と合うかも」と思ってもらうことを意識するのです。

映画の話やテーマパークといった遊園地の話、

公園や図書館などなど、

共通で盛り上がる話を見つけられたら、

「○○行きたいね、○○見に行きたいね」という会話に繋げます。

そうすると、彼(彼女)はそこに、一緒に行くイメージを持ち始めます。

その時点では、「行きたいね」という会話に留め、その場では誘いません。

焦ってはいけません。

そして次回、また団体で遊んだり飲みに行きます。

もう一度、その行きたい場所などの話を振ります。

そのときの反応が良ければ、断れる可能性は限りなく低くなります。

注意点としては団体で遊んでいるからといって、

全員での会話時間ばかり作らないことです。

男女一対一で話をする機会なども、

連れの友人に協力を仰いでおきましょう。

スポンサーリンク


本やCDの貸し借りをする

 

本やCDを貸すことで、お礼をする機会が生まれます。

お礼としてランチをご馳走したり、飲みを奢ったりするのはごく自然な行為と言えます。

お礼として、借りた側が今度は別の本を貸しても良いでしょう。

ある所有物をお互い共有していく行為は距離感も縮まりますし、

共通の会話もどんどん増えます。

こうした貸し借りを通じて、デートに誘うのは極めて容易になります。

 

デートの候補日・時間を適度に限定させる

 

例えば、「来週の水曜か金曜の夜空いている?」といったように

適度に絞り込むことがコツです。

何故かと言うと、人間は「いつ空いている?」と聞くと、

実際にデートに行く、具体的イメージがつかめません。

また、「来週の水曜の夜空いている?」と聞くと、

逆に限定感がありすぎて、空いていても空いていなくても、

プレッシャーを感じてしまいます。

人によっては、「その日はちょっと予定が入っている」と言うようにウソをつき断ってくる可能性もあります。

ポイントはあくまで、適度な限定感を与えて選びやすいように

候補日時を提示させてあげるのです。

スポンサーリンク


直接デートに誘う

 
デートの誘い方といえば手軽な順に、

【メール(もしくはラインなど)→電話→会って話す】

となりますが、当然ながら断りやすさもこの順番になります。

直接誘うには勇気がいりますが、どうしてもデートしたい女性がいる場合は、直接誘うことで断られる可能性を低くすることが可能です。

また、この方法であれば相手の感触もメールなどより断然分かりやすいです。

相手の顔が見えないと、相手の表情や感情をどうしても想像で補うことになります。

そういった想像は多くの場合、相手の感情よりネガティブ・ポジティブのどちらかによりがちです。

相手の女性が即決でよいといってくれれば、好意を持ってくれる可能性は高く、また嫌われていないのは確実でしょう。

もし迷ったりする場合でも、後でOKといってくれたりする可能性もあります。

逆に、すぐさまNOと言われれば確実にNG対象なのできっぱりとあきらめましょう。

このように、早めに結果が分かるメリットもあります。
 

YES or NO ではなく、or でデートに誘う

 
よく聞くこのテクニックですがデートの誘い方でも有効です。

例えば、「○日デートしない?」といった聞き方を直球でした場合、
いきなりNOの選択肢を与えていることになるため断られやすいです。

これが、単純に「○日か○日デートしない?」に変わってもあまり変化はありません。

しかし、
「映画館と水族館どっち好き?」
「平日と土日どっちあいてる?」
「デートするなら、車と電車どっちがいい?」

など事前にある程度の情報をorで集めた状態で、
かつデートの誘いも、

「○○と○○どっちかいかない?」

とNOの選択肢がない状態で誘うとデートが出来る確率は上がります。

スポンサーリンク


絶対にあせらない

 
これが一番重要です。

人を好きになってしまうと、その人の事しか考えられず食事や仕事、色々な事が手につかなくなります。

その状態でメールのやり取りなどをしていると、相手からの返信はすぐ返し、メールをまた待つといった「待ちの状態」が長くなります。

ただでさえ、もっと会いたい・話したいと思っている状態でこの待ちの状態になると、非常に時間の流れが遅く感じるようになります。

1日メールの返信がないだけで、何かあったのか?嫌われたのか?と疑心暗鬼になって、追加でメールを送ってしまいます。

こうなってしまうともうほぼアウトです。

どんな理由にせよ相手はメールが返信できない事情があるのです。

気長に待ちましょう。

待っていても来れば、まだチャンスはあります。

なければほとんどデートまで持って行ける可能性はありません。

焦ってメールを追加で送ってしまうことで状況がよくなることはほとんどありません。
 

LINE(ライン)でのデートの誘い方

 

タイミングを考えて自然の流れで男性を誘う

 
lineで男性をデートに誘う上手い方法は、タイミングを見計らい、可愛く誘いましょう。

素敵だなと思う男性にはついつい焦ってしまい、タイミングを考えずに「今度、私がお勧めのレストランに行きませんか?」と送ってしまいがちです。

でも、男性の忙しい時間にそういったメールを送るのは、相手に強引な女性という印象を与えてしまいます。

相手からのlineを待ち、男性が良い雰囲気になってから「今度、お食事に行きませんか?」と誘ってみましょう。

lineなら、会話をするかのようにやり取りができますから、自然な流れで誘いましょう。

「今日は暑かったですね。なんだかカキ氷が食べたくなっちゃいました。今度、カキ氷が美味しいお店に行きませんか?」と誘ってみるのです。

カキ氷のスタンプなどを付けると、男性がもっと「行ってみたいな」と思います。

スポンサーリンク


動物の顔のスタンプを上手く使う

 
好きな女性をlineを使って上手く誘いたいのなら、動物の顔のスタンプを上手く使ってみましょう。

上手く動物のスタンプを使うことで、楽しい男性だなという印象を持ってもらうことができます。

真面目すぎず、どこか性格も良さそうな印象も与えることができ、女性の気持ちを掴めます。

女性がリラックスしている時間帯は食後や寝る前ですから、その時間帯を狙って「なんだか君のことが気になって」とlineします。

その文の後にはスヌーピーやリラックマの可愛い顔のスタンプを付けると、グッと女性との距離が縮まります。

心を開いてくれるので、そこで「この前、散歩をしていたらおしゃれなカフェを見つけたんだ。君と行ってみたいなと思って」と少し控えめな感じで誘ってみましょう。

ドーナッツやピザなどの女性が好きそうな食べ物のスタンプを付けてみましょう。

食べたいという気持ちにさせて、デートに上手く誘えます。
 

アニメキャラのスタンプを付けて女性を楽しく誘う

 
色々なスタンプを付けられるのがlineならではの楽しみでもあります。

女性をデートに誘いたいのなら、女性が好きなアニメキャラのスタンプを選んでみるのも良い方法です。

とにかく、楽しいデートができるよという気持ちを伝えるのがlineで女性を誘うポイントです。

「うんちゃ!元気!今日は暑かったね」とワクワクするような挨拶をしてみましょう。

これで女性の気持ちを掴んだら、アラレちゃんやピカチュウなどのスタンプを付けてみます。

「この前さ、カラオケ行ったんだ。そしたら90点を出してね。今度、○○さんに僕の歌声聞いて欲しいな」と送ります。

なんだか聞いてみたいという気持ちになり、デートしたいと思うのです。

「○○さんの歌声って素敵なんだろうなあ」とうっとりとするジェームスのスタンプを付けて送れば、女性を上手くデートに誘えます。

スポンサーリンク


男性の良い部分を褒めてコニーやキティちゃんのスタンプを付けて誘う

 
良いなと思う男性を女性がlineで誘うなら、コニーやキティちゃんのスタンプを付けて文を送るといいでしょう。

キティちゃんはとてもほんわかとしているから、癒されるキャラです。

男性は女性にそういった部分を求めているところがあるので、デートに誘う時には何度か使うと気持ちを上手く掴めるのです。

lineで誘う時には相手の良い部分を思い出し、まずは褒めましょう。

「○○さんって腕が太くて、男らしさを感じるから素敵。腕を組んで歩いてみたいです」とデートがしたいなという気持ちをさりげなく伝えます。

「私、腕が太い男性って好きで、その太い腕にお姫様抱っこしてもらうのが夢なんです」と送れば、もう男性の心がウズウズしてしまうのです。

コニーがブラウンに抱っこしてもらっているスタンプを付けてみれば、ますます気持ちが伝わります。

そして、「今度の週末、会いたいです」とストレートに気持ちを伝えましょう。

最後に可愛いキティちゃんのあどけない顔スタンプを付ければ、グッと男性の気持ちを掴めて、上手く誘えます。
 

男性からのデートの誘い方

 

女性の趣味や興味にあう場所でのデート

 
デートを誘いたいと思っている女性の趣味や興味のあることを事前に知っておきましょう。

もし、女性がクラシック音楽が好きだったとしたら、音響の良い施設の整った場所で行われるクラシックコンサートへ誘ってみましょう。

例え自分が興味のないジャンルの音楽だったとしても、必ず相手の女性を喜ばせることが出来ると分かっている場所へのデートに誘うことで、グッと成功率がアップするからです。

他にも、ミュージカルや歌舞伎鑑賞などが好きな場合も同様です。

自分には未知な世界だった趣味を共有することで、自分の知識や器も広がりますし、意外にもハマってしまうこともあるでしょう。

そうなれば彼女との会話も膨らんで、さらに次のデートの提案もできるようになるのです。

まずは相手の女性に合わせたデートの場所へ誘うということが大切です。

スポンサーリンク


お互いの共通点を見つけてデートに誘う

 
彼女の出身地や共通の友達がいる場合など、話のネタが膨らんで打ち解けやすい時間が得られるでしょう。

それ以外に、同じような趣味や好きな音楽、ファッションなど、共通の話題となるものを見つけましょう。

そうすれば、それに関連した場所へ行こうとデートに誘えるのです。

相手の女性に興味を持ってもらうためにも、共通点を見つけるということはとても効果的です。

デートに誘う時に、女性に不必要な警戒心を持たれずに誘いを受けてもらうためには、まず安心感が必要なのです。

共通の交友関係があれば、何かあった時にすぐに相談できるという安心感があります。

また、共通の趣味があったり、共通の趣味や嗜好を持ち合わせている相手だと思えば、もしデートをしたとしても楽しい時間が過ごせそうだというワクワク感を持たせることができますので、成功率がアップするのです。
 

自分の好きな分野で楽しませる場所へ誘う

 
もし、アウトドアが趣味だとしたら、バーベキューや釣り、野外フェス、スノーボードなど、アクティブに楽しめる場所へデートに誘ってみましょう。

自分の得意分野でかっこいい姿を見せられますし、また女性を上手にエスコートして楽しませることが出来るからです。

インドア派な女性であれば、負担のかからないような軽めのアウトドアデートに誘いましょう。

特におすすめなのがドライブです。

季節に合わせて景観の良いスポットへのデートに誘ってみましょう。

景色の良い場所へ行くことは、女性は誰しも好きなため誘いに乗りやすいでしょう。

自分の好きな分野が相手の女性が初めての体験だとしても、逆にハマってくれることも大いにあるのです。

そうすれば、お互いの仲がグッと深まりますし、得意分野でのかっこいい姿を見て好意を持ってくれるかもしれません。

スポンサーリンク


おしゃれで美味しいお店を調べてデートに誘う

 
女性は美味しいものが大好きです。

それだけでなく、お店の内装や外観など、見た目のおしゃれさにも興味が大いにあるものなのです。

そのため、事前におしゃれで美味しいお店をピックアップしておきましょう。

お店に行くまでの間に一緒に歩く街並みも重要視することもポイントです。

おしゃれな街にあるお店であれば、お店に行くまでの間に目を楽しませることが出来て気分も盛り上がるからです。

おしゃれなお店で美味しいと評判のお店であれば、是非行きたいと思うでしょう。

女性ウケしそうなお店へ誘うことで、グッと成功率がアップします。

誘いたい女性の食べ物の好き嫌いも事前に抑えておくことを忘れないで下さい。

相手の好みのテイストに合ったお店をピックアップしておけば、この人はセンスがあるなと思わせることが出来て、デートの誘いに乗ってくれるでしょう。
 

女性からのデートの誘い方

 

飲み会を装い、他のメンツが集まらない言い訳をして二人きりで会う

 
女性からデートに誘うのは少々勇気のいるもの。

もし相手に気があれば多少の奥手な彼でない限りすでにデートには誘われていることでしょう。

なので、相手の心が脈ありかそうでないかあやふやな時に誘う事になるので余計に勇気を使うのです。

あまり気張ると変に気持ちに気づかれてしまうので、平静を装って自然に誘いたいものです。

流れでいうと、今度飲もうよと前振りをラインやメール、会った時にしておきます。

そして後日、そうそう、飲む日いつにする?とあたかも約束したように見せかけます。

グループでの飲み会と勘違いされがちなので、そこはさりげなく確認するとよいでしょう。

誰か誘う?と相手に言われるまでこちらは黙っておきましょう。

誰か誘いたいのかな、と多少がっかりしても、めげずにいきましょう。

日取りを決めたなら、友達誰もつかまらなかった、二人じゃいや?と聞いてみます。

相手もまあいいかと思ってOKすることでしょう。

飲み会は気軽に誘えて、偶然を装って二人きりで会うチャンスを作れるのです。

スポンサーリンク


ラインやメールで、デートしよっかと積極的に誘う

 
単刀直入に当たって砕けろ、ストレートに言っても良いし、ラインやメールでも良いと思います。

相手の反応や表情が見えないので自信がなければラインでいいと思います。

「デートしよっか」

その言葉にだいたいの男性は、好意を持たれているのかと思う事でしょう。

そこまで勇気を出したなら結果待ちです。

白黒はっきりつけたい方におすすめです。

何回か会って、メールやラインも順調であるのならば、まわりくどい事はせずにデートはどうかと誘ってみましょう。

デートにこぎ着けるためには事前のアプローチも必要ですが、肉食女子はすぐに相手に好意を寄せてはこうやって積極的に誘うのでわかりやすく、成就も早いのです。

例えダメだとしても、切り替えて次へいきましょう。

恋の初期段階なら傷も浅いので、まだ気持ちが浅いうちに積極的にデートに誘う事をお勧めします。
 

おいしいお店や彼の好きな事をリサーチして誘う

 
彼の好きな物、好きな食べ物などをリサーチしておきましょう。

自分のあまり興味がないことでも、例えば野球好きな彼には、私も興味あって、一緒に見たいです!などと積極的に誘うのです。

ビールが好きな彼だったら、行きたいビールバーの店があって、今度行かない?

と興味のある事に便乗してデートに誘います。

あなたが一番の目的だけれど、ビールも目的なのよということで多少軽いノリで誘える事でしょう。

ここで大事なのはノリです。

あまり堅苦しく誘うと相手が身構えてしまうので、趣味や食事のことが目的である前提で誘うと気軽に応じてくれます。

彼との話の流れで興味のあること好きな事をしっかり聞き逃さないようにし、来たと思ったらすかさずノリノリで便乗するのです。

アンテナを張って会話をしてデートに誘うチャンスを狙いましょう。

スポンサーリンク


偶然を装って会ったついでにご飯行こうと誘う

 
彼が近隣に住んでいたり、近くの会社に勤めていたり、その場合は行動範囲を把握しましょう。

待ち伏せはストーカーのようで少々気が引けますが、偶然が一回あってもおかしくないもの。

友達にばったり会うように、彼のいる所に出くわすのです。

できれば夜、会社帰りなんかが良いでしょう。

お腹すいちゃった、ご飯食べていかない?

などとサラッと自然に誘う事ができるのです。

断られたらそれまでですが、会えた事に感謝して次のチャンスに備えましょう。

ごめん今度、と言われたら、オッケー来週あたり暇だからまた声かけるね!といってなにげに約束したように持っていきましょう。

なにもかも偶然、ということで気軽に気負わずに誘えるのです。

相手も偶然だと思っているので自然に感じるでしょう。

あまり頻回だと怪しまれるので、ほどほどに待ち伏せしましょう。
 

2回目のデートの誘い方

 

初めてのデートで訪れた場所は選ばない

 
2回目のデートというのは、初めてのデートのときにはなかった難しさがあります。

全てが新鮮に感じられた初めてのデートのときとは違い、お互いにある程度の人柄を把握しているからです。

しかし、それでもまだデートの誘いは2回目なのですから、新鮮さは失わないようにしなければなりません。

そこで重要になるのが、デートをする場所です。

2回目のデートの誘いがあったとき、たとえば初めてのデートと同じ場所に誘われたらどうでしょうか?

よほど二人の趣味に合った場所ならそれも仕方がないかもしれませんが、普通であれば「また同じ場所なの?」と思ってしまうことがほとんどです。

せっかくのデートの誘いを失敗に終わらせないためにも、基本的には「初めてのデートで訪れた場所は選ばない」ということが大切だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク


何よりも誘うタイミングが重要

 
意中の人を2回目のデートに誘いたいと考えたとき、かなり重要になるのが「誘うタイミング」です。

まず、最もOKがもらえる可能性が高いのは、「初めてのデートの最中」になります。

ただし、デート中であればいつでもよいというわけではありませんし、どんな誘い方をしてもよいというわけでもありません。

2回目のデートに誘うのは、必ず会話が盛り上がった直後にするようにしてください。

会話が盛り上がって気分がよくなっていると、相手も勢いでOKをくれることが多くなるからです。

そして誘うときは、遠回しな言い方はせずハッキリ伝えるようにしましょう。

一方、初めてのデート中に誘えなかったときは、少し慎重になる必要があります。

あまりにも短期間のうちに2回目のデートに誘うと、ガツガツしていると思われかねませんので、ある程度の時間を置いてから誘うよう心がけてください。
 

相手の好みに合わせたプランを練っておく

 
2回目のデートに誘おうと考えているということは、初めてのデートにはそこそこの手応えがあったはずです。

しかし、その手応えを勘違いしてはいけません。

多くの人は、誰かを初めてのデートに誘う場合、自分が熟知している場所を選ぶものです。

その方が相手を上手にエスコートすることができますし、何よりも大きな安心感の中でデートを行うことができるからです。

つまり、「自分のホームコートだった」ことが、手応えにつながっているに過ぎません。

しかし、2回目のデートの誘いを成功させたいのであれば、「相手の好みに合わせたプランを練っておく」ことが必要になります。

初めてのデートの中で相手の好みなどを十分に把握しておき、その情報を元にしたプランを、誘うとき詳細に相手に伝えるのです。

すると相手は「自分のことを第一に考えてくれている」と、あなたに誠実さを感じ、OKを出してくれる可能性も高まるでしょう。

スポンサーリンク


変にかしこまらず大胆に誘う

 
初めてのデートのときと、2回目のデートに誘う前では、いったい何が大きく違うのでしょうか?

それは、「お互いのことをどれだけ知っているか」という部分です。

初めてのデートのときはお互いにぎこちなさがある方が普通ですし、会話をするときでも言葉を選びながらというのが通常のパターンです。

しかし、そういった空気を2回目のデートの誘いに持ち込むのはあまりいただけません。

もし2回目のデートの誘いにそんな空気を持ち込めば、あなたが「堅苦しい人」だと誤解されてしまう可能性があるからです。

意中の人をデートに誘うときはどうしても緊張してしまうものですが、すでに初めてのデートは実現しているわけですから、あまり肩に力を入れすぎないようにしましょう。

「変にかしこまらず大胆に誘う」ことが、2回目のデートの誘いを成功へと導いてくれるのです。
 

デートの誘い方のコツをつかむ

 
いかがでしょうか。

不慣れだとどう切り出していいかわからなくなり、
ベラベラと余計なことまで話してしまいがちです。

しかしそれも成功するための経験です。

成功するためには多くの失敗の山を気づく必要があります。

そして一度成功したらもう怖くありません。

相手が変わっても平気です。

その成功体験をするために今回ご紹介したテクニックを活用してみましょう。

きっと次につながる結果が待っているはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク