彼氏が嫉妬深いときの対処法9つ

彼氏が嫉妬深いときにはどう対処すればいいのでしょうか。

軽い嫉妬ぐらいであれば、お互いの関係を継続させるためには必要なものですが、ひどい嫉妬になると何らかの手をうたなければいけません。

そこで今回は彼氏が嫉妬深いときの対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏が嫉妬深いときの対処法

 

マイペースで嫉妬深い彼氏とつきあう

 
1つ目は、彼氏のペースにはあわせず、あくまでもマイペースのつきあいを続けるという方法です。

嫉妬深い男性は、つきあっている女性を束縛したいという欲求が大変強く、自分以外の男性との接触を極端に嫌うケースも少なくありません。

彼氏のそんな欲求や願望に合わせてつきあっていたら、精神的に疲れてしまいますし、楽しくもないでしょう。

ですから、「嫉妬深いのは彼氏の性格。だから、彼氏はかってに嫉妬していればいい」と突き放して、自分は自分のペースを崩さずにつきあうのです。

彼氏が浮気を疑ってぐじぐじ言ってきたら「そんなに信じられないのなら、別れようか?そのほうがあなたは楽になれるかもよ」と返しましょう。

彼氏の頭には「別れ」という選択肢はないはずですから、効果は小さくありません。
 

「それだけ自分は愛されている」と認識して、彼氏の嫉妬をむしろ喜ぶ

 
強い嫉妬心は彼氏の愛情の深さの証だと考えてみてはどうでしょうか。

「自分だけの彼女でいてほしい」と思うからこそ、嫉妬するわけです。ですから、彼氏に嫉妬されたら「それだけ自分は深く愛されている」という認識を持つのです。

今は「彼氏の嫉妬がちょっとうざい」と感じるかもしれませんが、もし今の彼氏と別れたあと、淡白な男性とつきあったとしたらどうでしょう。

おそらく、「元彼の嫉妬がなつかしい。あんなふうに深く愛されてみたい」と思い出すにちがいありません。

このように考えれば、「嫉妬されるぐらい愛されて嬉しい」と考えることも可能でしょう。彼氏の嫉妬をがまんするのではなく、むしろ積極的にそれを受け入れるという対処法です。

スポンサーリンク


こちらからも彼に嫉妬してみせる

 
「毒をもって毒を制す」という方法もあります。それは「こちらからも嫉妬し返す」という方法です。

あまりの嫉妬深さに手を焼いているなら、こちらも彼氏に負けないぐらい嫉妬して見せてはいかがでしょうか。

彼氏が「うざい」と感じるぐらい、嫉妬の演技をするのです。つまり、彼氏に「嫉妬されるわずらわしさ」と体験させ、自分自身の嫉妬を自覚させ、自発的に改善させるという方法です。
 

大人しく嫉妬深い彼に従う

 
この場合は、周りの男友達をほとんど失うこととなりますが、彼との関係は平穏を保つことができるでしょう。

嫉妬深い彼氏は、恐らく異性と連絡を取ることさえ制限してきます。そこで、彼以外の男性との交流を断ち切れるのであれば大人しく彼に従うのも一つの解決策という事です。

確かに、異性の友達が少なくあまり交流もなければ苦にはなりませんが、社会人ともなればどうしても仕事上の交流や連絡は避けられません。

嫉妬は時に人を豹変させることもあります。

大人しく従うのも一つの方法ではありますが、どこかできちんと線引きをしなければなりません。

友人としての交流は断ち切るけれど、会社関係の人とは仕事上交流を持つという事をはっきりさせ、彼に納得してもらう必要があります。あやふやなままにしておけば、それが原因で喧嘩になることもあります。

また、どこかで歯止めを打たなければ、嫉妬深い彼氏はエスカレートしていくパターンも少なくありません。女友達や、家族、ペットにまで嫉妬が及ぶ前にきちんと話し合いをしましょう。

スポンサーリンク


異性との交流は隠れてする

 
これは、別に後ろめたいことはなにもなかったとしても、この嫉妬深い彼氏と付き合うためにはこの方法をとることも一つの手です。

異性の友達が自分を理解してくれる良き友達の場合だってあるでしょう。その場合は、彼には悪いですが平穏な付き合いを続けるために、異性との交流を秘密にするのです。

この方法の場合は周りの協力が必要です。

ただ嫉妬深い彼氏を持つと大体の友人たちは理解し、同情してくれる人も少なくありません。上手く利用しましょう。しかし、彼氏にバレてしまった時が怖いのであまりおすすめはできません。
 

根本的原因を突き止める

 
嫉妬深い彼氏には、嫉妬深くなったなんらかの原因や理由が必ずあります。

過去の経験やトラウマ、家庭環境など人によって様々です。また、心が成熟しておらず子供心に女性を独占したいと思ってしまう男性も少なくありません。

その根本的部分を突き止め、解決し彼に一皮むけてもらって大人になってもらうという解決法です。

これは、あなたが彼以上に成熟した心をもち、余裕がなければできません。また、解決するまでには困難と多大な時間がかかってしまう場合もあります。

しかし、1番良い方法ともいえるでしょう。
 

彼氏が嫉妬深いならときちんと話し合う

 
彼氏の嫉妬深さがあなたにとって負担になっているということをきちんと伝え、彼と話し合います。

このとき、一方的に「重たい」「疲れる」などと責めるのではなく、嫉妬してしまうほど自分を愛してくれる彼の気持ちを理解しているとアピールします。

「不安にさせてごめんね。」と謝ります。その上で彼が具体的に何をされたら不安・不快になるのかを聞き出します。自分に非があるところは認めて謝り、今後気を付けると約束します。

どうしても譲れなかったり、彼の考えすぎだと思ったところは正直に伝え、お互いが納得するまでとことん話し合います。

スポンサーリンク


「信じてもらえなくて悲しい」「信じてくれてるから嬉しい」と言う

 
彼が嫉妬のあまり男友達や仕事仲間との関係まで疑ってきたら、怒るのではなく「心配させてごめんね。でもあんまり疑われると信用されていない気がして悲しい。」などと、彼が「悪かったかな」と思うような言い回しを使います。

また、嫉妬深い彼が異性との交遊関係を認めてくれた時には少し大げさなくらい喜びます。

友達の話(作り話で構いません)を持ち出して、比較するのも良いでしょう。

「○○ちゃんの彼、嫉妬深いから会社の飲み会にも参加させてくれないんだって」
「○○クン(彼)はそういう人間関係とかちゃんと理解してくれてるから感謝しなきゃダメだなって改めて思ったよ」

などと言えば、彼も理解ある彼氏でいなくちゃと気を付けるようになるでしょう。
 

自分も嫉妬深くなる

 
彼が嫉妬深く、束縛が激しいと困ることも多いでしょう。携帯のチェックや門限、アドレス帳に登録されている男性の連絡先を消させるなんてこともあるかもしれません。

先述の方法を試しても彼の態度が変わらなかったら、荒業を使うしかありません。

自分がされて嫌だなと思ったことは彼にそっくりそのままお返ししてしまいます。

門限を決めたら自分だけでなく彼にも守ってもらうようにする、携帯をチェックするならお互いにチェックし合う、という風に彼にも窮屈な思いを味わってもらいます。

もしかしたら彼は窮屈な思いをさせているなんて気づいていなかったかもしれないからです。同じように嫌な思いをすることで自分がやりすぎていたんだと反省してもらいます。
 

彼氏が嫉妬深いなら別れたいことを伝えよう

 
いかがでしょうか。

多少の嫉妬は嬉しいと感じるものですが、それがエスカレートしていって、かなり嫉妬深くなるとうんざりしてしまうものですよね。

それが続くともう別れたいという感情に支配されていってしまうことでしょう。その時がある種のタイミングかもしれません。

きっぱりと別れたいという気持ちを伝えてみるのも1つの対処法です。そうすることで彼氏の嫉妬深さも改善されるのであれば、それはそれでいいかもしれませんし、もうすでにあなたの気持ちが離れているのであれば、そのまま別れてもいいでしょう。

嫉妬深い彼氏と結婚でもすることになったら、とても大変ですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク