寝る前ダイエットの方法3つ

寝る前にできるダイエットにはどういったものがあるのでしょうか。

ダイエットで大切なことは「健康的に痩せること」です。

無理をした食事制限や自然の理に適わない方法をいくら続けていても長続きしないばかりか、逆に健康を害してしまうことにもなりかねません。

人の健康を考える時に睡眠は最重要事項の一つであり、それはダイエットにおいても同じです。

睡眠時の人の体の特性をうまく利用すれば、効果的にダイエットができるばかりか、美容法としても有効なのです。

そこで今回は、寝る前ダイエットについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


寝る前ダイエットの方法

  • ストレッチ
  • 白湯を飲む
  • ヨーグルトを食べる

 

ストレッチ

ストレッチの痩せ効果を得るためには、体を冷やさないことが重要です。
つまり体温が上がっているときは、筋肉がほぐれやすく、血流もよくなりやすいと言えるでしょう。
その点を踏まえると、ベストなタイミングは「寝る前の5分」です。

痩せ効果ももちろんですが、ストレッチで血流をよくすることで質のよい睡眠を得ることも出来ます。
良質な眠りと痩せやすい体づくりには欠かせない要素。5分の寝る前ストレッチはいいこと尽くしかもしれません。
人体の活動に大きく関わるのが「自律神経」です。

出典 寝る前ダイエット!1回5分のストレッチで楽々代謝アップしよう

自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなり、無意識下で活動して生命を維持する神経機能です。

交感神経は活動を、副交感神経は休息を促す神経であり、就寝時には副交感神経が優位に働いていないと質の良い眠りにつくことができません。

よく眠れない人が「気が高ぶって眠れない」と口にするのは交感神経が優位になった状態で眠りに入ることができにくい状態なのです。

この自律神経のスイッチを切り替えるのに有効なのがストレッチです。

筋肉が凝り固まり緊張していると自律神経も緊張し王冠神経が優位な状態なります。

ゆっくり凝りをほぐしてリラックスすることで自律神経を切り替えることが出来ます。

そしてダイエットの基本は代謝の向上であり、多くの代謝酵素を管理しているのが成長ホルモンです。

夜の10時~深夜2時にそのほとんどが分泌され、この時間帯に質の良い眠りに入っていなければいけません。

寝る前のストレッチは深い質の良い眠りに入る為に有効な手段です。

現代人のほとんどは姿勢が悪く、背中部分に凝りと緊張があります。

背中部分の筋肉を伸ばすストレッチでリフレッシュして血液の循環がよくなります。

四つん這いの体制から犬の伏せのような動きで背中を伸ばすストレッチは凝り固まった背中の筋肉をほぐすのに最適なストレッチです。

また立った状態で片手を天井に向けて伸びをするストレッチも背面部分全体の柔軟に効果があります。

全身の凝りと緊張をほぐし、深い睡眠を十分に取って成長ホルモンの分泌が活発になると新陳代謝が向上し、脂肪を蓄えにくい体質に変わります。

注意点としては呼吸が激しくなるような運動はしてはいけません。

あまり激しい運動をすると前述の交感神経が働き、脳は「活動状態」と認識してしまうために睡眠状態に入りにくくなってしまいます。

スポンサーリンク


白湯を飲む

白湯ダイエットとは、白湯を飲むダイエットを言います。
お水をヤカンに入れて、ガスにかけて沸騰させます。沸騰させたら、熱い熱い熱湯になるから、それを冷まします。湯冷ましとも言います。
その、冷ました白湯を飲みます。
白湯ダイエットとは、芸能人やモデルがやっていて、世間的にも広まった、ダイエットです。簡単に手軽に出来るから、運動が苦手な人や、食事制限が苦手な方に向いています。

出典 白湯ダイエットの効果と簡単なやり方!【寝る前に飲む量は?】

就寝時には体内の食物が腸にある状態が理想です。

これを腸内細菌が分解して栄養素を吸収し、朝に排出するというサイクルが自然な消化の循環なのです。

ですから寝る前の6時間前に最後の食事をし、睡眠時には胃の中を空にしておく必要があります。

白湯は食物の消化とデトックスを助ける働きがあります。

体温を上昇させて代謝をする肝臓の働きを補助するのです。

寝る前の白湯ダイエットは自然の理にかなった健康的なダイエット方法で、減量だけでなく体調も整います。芸能人やモデルの間でも実践している人は多いと言います。

肝機能の働きが活発化すると、肝臓で作られる多くの酵素と代謝ホルモンが増殖し、脂肪を効率よく分解して脂肪を燃焼してくれます。

デトックス効果が高く、肌荒れなど美容効果も高い方法です。

起床時に白湯を飲むのもデトックスの促進にはさらに効果的です。

スポンサーリンク


ヨーグルトを食べる

 
ヨーグルトの乳酸菌が腸の環境を整えてダイエットに効果があることは有名ですが、実は朝に食べるよりも夜寝る前に食べるほうが効果的なのです。

乳酸菌は生き物ですので、人間の胃酸に触れる死滅してしまいます。

せっかく健康に良い成分なのに、これでは台無しです。

しかし人間は胃は寝る前になると活動を弱めて胃酸の分泌量も格段に落ちるのです。

寝る前に食事をしてしまうと胃がもたれてしまうのはこのためです。

この時にヨーグルトを食べると乳酸菌は胃酸で死滅せずに腸まで届き、善玉菌の働きをします。便秘は肝臓に大きな負担をかけて代謝機能を低下させる原因ですなので、腸内環境を整えることはダイエットの基本になるのです。

またヨーグルトには脳の神経伝達物質セロトニンの材料であるトリプトファンが多く含まれています。

セロトニンは興奮物質のドーパミンやノルアドレナリンを抑制してコントロールする役割を果たします。セロトニンが十分に脳内にあると、就寝時に時にリラックスした状態になり深く質の良い睡眠をとることができます。

逆にセロトニン十分に働かずに興奮状態になるのが不眠症の大きな原因なのです。

無糖で、フルーツなどが入っていないプレーンタイプを選ぶことが大切です。
 

寝る前ダイエットをしよう

 
いかがでしょうか。

無理なく健康的に痩せるためには体質の改善が必要です。

生命活動の大切な要素である睡眠時だからこそ、適切なダイエット方法を取り入れることが効果的なのです。

ダイエットの重大要素である代謝酵素やホルモンは目に見えない為に実感を持ちにくいものですが、生活リズムを整えることで正常なバランスを保ってくれるのです。

起床時に太陽の光を数分浴びて自律神経のバランスを整える方法も併用するとさらに効果は高くなります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク