ディスられる時の6つの対処法とは?

あなたはよく人からディスられるタイプの人でしょうか。

もしそうであれば、あなたはそんな自分に嫌気が差しているかもしれませんね。

最近では、恋愛で男性が女性に興味を惹こうとしてわざとディスるなんてケースも見られますが、大半は普通の意味でディスられるものです。

では、そんなときは一体どうすれば良いのか。

そこで今回はディスられる時の対処法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


ディスられる時の対処法

 

スルーして気にしないようにする

 

誰かからディスられてしまった時、その対処法として「スルーする」というものがあります。

何かを言ってくる人物に対して、あえて無反応を通して、気にしないようにすることで、相手がエスカレートするのを防ぐことができるでしょう。

ディスられていい気分がする人は、誰一人いないはずです。

どういう内容であれ、不愉快な気持ちになります。

しかし、その気持ちを正直に顔や態度に表してしまうと、相手はますます攻撃的になることがあります。

ディスる人間は、暇だったり相手の反応を面白がっているのです。

だからこちらが向きになってしまうと、止めるどころか、今以上にディスってくるでしょう。

また、ディスられて、本当に腹立たしいのは分かります。

しかし、相手に対して向きになりすぎてしまうと、周りから見て「大人の対応をしていない」と、思われかねません。

あれこれ言ってくる相手に非があるはずですが、こちらの人間性も「キャパシティーが狭い」という風に思われてしまうでしょう。

しんどいかもしれませんが、そういう時には、あえて相手の言うことを「スルー」してしまうのです。

そうすれば、相手はディスる甲斐がなくなり、ターゲットを別の人間に変えるでしょう。

スポンサーリンク


ディスるのをやめてほしいとはっきり伝える

 

ディスられた時にぜひトライしたい対処法に「ディスるのをやめてほしい」とはっきり伝えるという方法があります。

余りにしつこかったり、悪質だったりするなら、相手の顔を見て、きっぱりと止めるように伝えるのです。

ディスってくる相手は、もしかしたらこちらがそこまで不愉快な思いをしているとは、気が付いていないかもしれません。

だから調子に乗って、色々なことを言ってくるのです。

感情的になるのではなく、毅然とした態度で、そういう行為は迷惑だと言いましょう。

相手は、最初は笑ってすまそうとするかもしれません。

しかしあなたの気迫に呑まれて、これ以上絡んだり、ひどいことを言ってくるのを、控えるようになるはずです。

こちらがどれくらい迷惑をしているのか、止めてほしいと思っているのか、それを相手にしっかりと伝えるのがポイントです。

ディスってくる相手に、実はこちらがいかに傷ついているかを理解してもらいましょう。

そうすれば、度を過ぎてディスることはなくなるはずです。

一見大したことなく思えても、ディスられる方は、毎日精神的に落ち込んでしまいます。

その気持ちを口にすることが、ディスられる時の一番の対処法となるのです。

スポンサーリンク


ディスってくる人物と接しないようにする

 

ディスられた時の対処法は様々ですが、その一つにその人物と接しないというものがあります。

相手とうまく距離をとって、接しないようにしましょう。

そうすれば、相手が発する言葉に、いちいち傷ついたり落ち込んだりすることはなくなります。

例えば、仕事の同僚がディスってくるようでしたら、チームを組んだり、共同で作業をしないように気を付けるのです。

物理的に距離をとることで、だんだんと、相手との接点がなくなります。

普段顔を合わせる機会が少なくなれば、向こうもこちらに対して興味がなくなります。

そうすれば、段々と相手の頭の中から、こちらのことが消えていくはずです。

自分一人で接点を持たないようにするのは、意外と難しかったりすることもあります。

そういう時には、信頼できる上司や同僚に相談して、配置換えしてもらったりすることで、相手の視界から自分を消すことができるでしょう。

ディスってくる人の目の前をうろうろしていると、いつまでもディスられるということが続くでしょう。

それを避けるためには、できるだけ相手の目に触れないようにするのです、

しばらくすると、きっと相手からディスられるのがストップすることでしょう。

スポンサーリンク


思い切り相手をディスってみる

 

自分以外の人間の価値を下げるような「ディスる」行為が大好きだという人にとって、思い切り自分の事をディスられる行為というのはかなり腹が立つ事です。

そう言ってしまうと意外に思われるかも知れませんが、一方的に他人の事をディスって来る人というのは実はディスる相手の事を好きであることもあるのです。

嫌いな相手だからディスる訳ではありません。

自分でも意識していないでしょうが、無意識でもディスる相手のことに対して関心を持っていなければディスる行為というのは単に面倒くさいだけなので時間の無駄なのです。

そんな、時間の無駄になるような事をあえてしているのですから、多少はディスる相手の事を好きでなければやってられません。

本当に、ディスる相手の事を嫌いで、その存在価値を下げたい、と思っている人であればディスる行為なんて選ばずに、単に無視をして存在すら意識しないようにするだけです。

ですから、そんな相手に対してあなたが思い切りディスり返すという事はとても腹の立つことであると同時に、相手にとっては嬉しい事でもあるのです。

なぜなら、自分の行いに対して反応を返してくれているのですから、手ごたえを感じ、満足感を得るからです。

思い切り相手をディスる事で自分自身の気持ちもスッキリしますし、相手にとっても多少の満足感を得る結果となりますので、少し腑に落ちない気もしますが何もしないでスルーするよりはよっぽど精神的に健全だという事です。

スポンサーリンク


なんてかわいそうな人なんだと受け入れる

 

例えば小さな子供であれば、自分の好きな相手に対してわざとちょっかいをかけたりすることがありますが、それはなぜかというと自分に対して興味を持って欲しいからなのですね。

他の誰も自分に興味を持ってもらえない、関心を持ってもらいないと感じているからこそ、自分からちょっかいを出すことで相手の興味を引こうとしているわけです。

それと同じ事を、まれに「ディスる」という行為でやってしまう大人がいます。

そういった人に対しては「ああ、この人は誰にも相手にされなくて寂しい思いをしているんだな、なんてかわいそうなんだろう」と同情してあげましょう。

この時、中途半端な同情ではなくて、ディスった相手が恐縮するくらい大げさに同情してあげるのがポイントです。

周りに人がいたならば、周りの人にも聞こえるように、なんてかわいそうな人なんだということをアピールするのです。

表情もしっかりと作って、時には涙を流しながら同情してあげましょう。

「他人をディスる事でしか自分の存在価値を見出すことが出来ない、相手にしてもらえないだなんてもしかしたらこの世で一番かわいそうな人かもしれない」なんて言いながら号泣するのも良いですね。

ひょっとすると相手は「バカにするな」といって怒るかもしれませんが、そう言われたら「バカにするだなんてとんでもない、ただあなたのことがかわいそう過ぎて」と言って更にワンワン泣きわめいてあげましょう。

スポンサーリンク


逆に感謝する気持ちを持つ

 

よく言われることですが、自分の長所と短所というのは紙一重だということをご存知でしょうか。

もしもあなたがディスられてしまったら、その時はディスってきた相手に対してどうもありがとうと感謝をすることで自分の事を高めることが出来ますよ。

例えば「お前は何の役にも立たない」なんてディスられてしまった場合、普通に考えればなんて失礼な、ひどい事を言うのだと腹が立ったり悲しくなったりしてしまいますよね。

けれどもそのタイミングで、あなたは逆の発想をするべきなんです。

「何の役にも立たない」という事はこの先いくらでも他の人の役に立つチャンスがまだまだあるという事だ、と前向きに受け止めるのです。

また、他人の悪いところを沢山挙げて陰口を叩いてストレス発散する人がいますが、ディすると言う行為は陰口を叩かれることと比べたらよっぽどマシだと思うことも出来ます。

なぜなら、表面上仲良くしている相手であっても、あなたの事を嫌っていて、影であなたの悪口を言っているかもしれないからです。

それに比べたらディスって来る相手というのは、ある意味正々堂々とオープンにあなたのここが嫌だ、嫌いだ、と言ってくれているわけですから、あなたはその事を1つずつ改善していくことで短所であったり苦手なところをなくしていく事が出来るのです。

面と向かって自分の短所を挙げてくれる人というのはあまりいませんので、ディスって来る相手に対しては「私が成長する手助けをしてくれてどうもありがとう」と感謝してあげましょう。

そして最後に「もしよかったら、あなたの成長の為に私もディスってあげましょうか」と一言聞いてみるのも良いですね。

 

ディスられる人にはならないようにしよう

 

いかがでしょうか。

ディスる人の心理は様々ですが、基本的にディスりやすい人をターゲットにする傾向があります。

つまりディスられる人の特徴があるというわけです。

そんな人はたいてい気が弱かったり、見た目がおどおどしていたり、自信がなかったりするケースが一般的です。

あなたがそんなタイプであれば、すぐに改善しましょう。

何も中身をガラリと変える必要はありません。

今までほんの少しだけ、自信ありげに見せたり、堂々とすることを心がけるだけで相手は「他のやつをディスろうかな・・・」と尻込みします。

人間はその人の中身で判断せずに、まずは外見や態度で判断します。

それをうまく利用して、ディスる人をよせつけないようにするのがコツです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク