我が強い女の特徴9つ

我が強い女性というのはどのような特徴を持っているのでしょうか。

何となく嫌いだ・・・、話していてしんどい・・・、うざい・・・と感じさせてしまうのが、この我が強い女性。

では具体的にはどのような言動してしまう女性なのか。

そこで今回は我が強い女性の特徴をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


我が強い女性の特徴

 

なにがなんでも謝らない

 
男女を問わず、我が強い人とはつきあいづらいものです。ここでは、女性に限定して「我が強い人」の特徴をお話しします。

我が強い女性に一番多く共通しているのが、「なにがなんでも謝らない」ということ。我が強い人というのは、常に自分をアピールし、自分を守ろうという意識を強く持っています。

ですから、自分に原因があることで相手に迷惑をかけたときでも、相手に対して「ごめんなさい」と感じるよりも強く、「自分を傷つけたくない」という意識を持ちます。

そこで、いいわけや弁解、場合によって責任転嫁して、「自分は悪くない」という結論にもっていこうとするのです。

タチが悪い女性の場合は、「あなただって前、こんなことしたでしょう」などと、古い話を持ち出したり、「みんなこのくらいのことはする」「大したことじゃない」と、自分への甘えを相手にも押し付けようとします。
 

自分の扱いをとても気にする

 
我が強い女性は、人が自分をどう扱うかを、常に気にしています。

上位に置かれること、自分が目立つこと、人から大切に扱われることが大好きですから、たとえば、グループで食事をしたり、なにかのイベントを行う場合、「私の席順は?」とか、「もちろん私が最初のスピーチするんでしょうね」ということを考えるのです。

席順が悪かったり、当然頼まれると思っていたスピーチの依頼がないと不機嫌になってしまうのが、我の強い女性なのです。

逆に言えば、「扱いさえよければごきげん」になるわけですから、単純な性格ということもできるでしょう。

スポンサーリンク


感情の起伏が激しい

 
我が強い女性は無意識のうちに自我を表に出してしまうという特徴もあります。

感情をコントロールすることが下手で、結果、感情の起伏が激しいということになってしまうのです。

わがままで喜怒哀楽をストレートに表現するわけで、ですから、幼児性が強いと言っていいでしょう。感情が激してくると大声でわめきちらしたり、泣き喚いたりするのが、我の強い女性の特徴なのです。

ただし「喜」や「楽」についても同じようにストレートに表現しますから、場を盛り上げたり、明るくするといった、プラス面の働きをすることもあります。扱いようによっては、「いると楽しい人」ということになるでしょう。
 

会話の頭に「でも」がつくことが多い

 
我が強い女性に限って、初めて知った情報や、知っていた情報、両方に対して人から聞き入れた時に「でも」と批判からの言葉で返事をし出します。

こうらしいよ?の返事が、「でも、○○はこうだから、こう見たいだよ」と、相手が知らない情報を一生懸命頭の中で探り出し、言葉にしていることが多いです。

また、別の使い方としても、自分の間違いに対して、認める前に、「でも」からの言い訳をしたりします。

「でも、私の考えとしてこうしました。」と言うように、ただ返事をするのではなく、必ず理由をつけてくることが多いです。
 

すぐにその場を仕切りたがる

 
飲み会など、複数での行動をする時によく出て来ます。

移動する時はそのまで前に出てこないのですが、飲み会が始まり、会話が盛り上がってくるに連れて前へ前へでてきて、終いには彼女が中心になって話が進んでいることが多いです。

どんな状況においても、いつの間にか中心人物になれるというのが我が強い人の強みでもあります。

特に声が大きくなるので、周りが聞かざるを得なくなるためです。

そして内容は必ず彼女のプライベートや考えが含まれ、結局自分の話へと引き摺り込まれる形になります。会話上手とも言えるかもしれません。

スポンサーリンク


自分のプライベートの相談はしない

 
事後報告が多いです。

人にあまり弱いところを知られたくないことが多いので、あまり悩んでいる最中には人に相談はしないのですが、解決してから自分が行った行動を人に話すことが多いです。

そのために、悩んでいる最中にはかなりの能力を使い、解決策を練ります。

周りに話す時に情けないような話にならないように、ここで努力をしているのです。

ただ、そこまでいったら、人に話さないかと思ったらまた間違いで、必ずといっていいほど、事後報告はしてきます。

こうだったんだけど最終的に私はこうした。という自慢に近い形で話してくることがあります。

我が強いなりに他の意見は求めていないために、人にはなかなか相談はしないようです。
 

すぐに自分の話に持っていく

 
我が強い女性は、おしゃべり好きで社交的な方が多いものです。

楽しく会話が弾んでいるうちはいいのですが、あなたの会社の話をしていたはずなのに、気付けば「会社といえば、そういえばね」と彼女の話になっていることもしばしば。自分の話を優先させようとする=我が強い証拠です。

けれど、彼女たちは会話が巧みで、すぐにそうとはわからない場合も多いものです。

向こうばかり気持ちよさそうに喋って、こちらはなんだか疲れている。そんなことが最近よくあるな、と思ったらちょっと冷静に彼女のことを見つめ直したほうがいいかもしれません。
 

自分のお気に入りに対して執着する

 
意外と知られていませんが、我が強い女性は執着心も強いです。

その対象が、人でも、仕事でも、自分のお気に入りがあると、他人にそれを奪われたらご機嫌ななめになります。

こちらにしてはなかなかその原因に気が付かず、なにか悪いことをしてしまったのだろうかと思わされることもあります。

はっきり言って、彼女の思い込みの部分も多いのですが。知らずに手を出したら、後から大変な目に遭った、という人もいることでしょう。

彼女のお気に入りがわかっている場合は、距離を取るのがベストです。

スポンサーリンク


自己主張している自覚がない

 
これが一番困った特徴かもしれませんが、彼女たちは我が強いという自覚がありません。

誰もが程度の差はあれ、自分が周りに迷惑をかけていないか省みるものですが、我の強い人ほどそれがないのです。

それどころか、自分は他人に譲ってばかりと思っているので、余計始末に負えません。

「私って、自分の意見を主張するのが下手なのよね」など、実情と違うことを言い出す人が出たら、要注意です。

困るのは、知り合って間がないときだと、こちらはそれを信じてしまうこと。

「あれ、おかしいな」と違和感を覚えたら、自分の直感を信じて、少し冷静に相手を観察する余裕を持ちたいものです。
 

我が強い女を嫌いだと感じる人は多い

 
いかがでしょうか。

あなたやあなたの周りに当てはまるような特徴はあったでしょうか。

いくつか当てはまるようなものがあった人は要注意です。当たり前の話ですが、相手のことを優先しない我が強い女性を嫌いだと感じる人は決して少なくありません。

もちろん男性もそのような女性と恋愛したい、結婚したいと感じることはほとんどないでしょう。

異性に関しては相性の問題もあるかもしれませんが、基本的にはあまり相手にされない傾向があるので、できるだけ早く自分を客観視して、改善できる部分は改善しましょう。

きっと周りの反応が大きく変わってくるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク