結婚に失敗する人の特徴と理由4つ

結婚に失敗する人が後を絶ちません。

20代以降、周囲がどんどんと結婚をして行き、結婚式に呼ばれる機会も増えてきます。

ところが、この間結婚式に呼んでくれたと思ったのにもう離婚?なんて、スピード離婚をするカップルも中にはいますよね。

この人と生涯を共にする、と決めて結婚をしたというのにすぐに別れるとは、余程結婚生活が失敗だったのだと伺えます。

結婚とはあかの他人と共同生活を始め、人生を共にするのですから、時として衝突をしてしまうのは当たり前。

しかし程度が大きいと最悪の場合離婚に至ります。

そこで今回は結婚に失敗する人の特徴をご紹介しますので、できるだけ離婚との事態にはならないように対策しましょう。

スポンサーリンク


結婚に失敗する人

 

後先を考えない、若い内に結婚をする

 
10代、20歳前後の若い年齢に後先を考えずに結婚をしてしまったカップルの離婚率は多いです。

若いために希望に満ち溢れており、世間の厳しさや生活をして行く困難さを知らないために、好きだと思った恋人と、仕事、お金、子供、将来、については考えずに結婚をしてしまい、果てには生活が難しくなったり、生活で行き違いがあったり、とトラブルに見舞われがちです。

どうにかなるだろう、と後先を考えずに結婚をしたものの、どうにもならなかった、と不幸になってしまう夫婦も。

若い時期は特にお金に頓着しません。

愛があればお金なんて、といった考えで自分も相手も収入が少ないままに結婚をし、お金に困ってしまいがち。

結婚相手の外見を特別重視するのも若い年齢に多い傾向です。

恰好良いから、綺麗だから、と外見だけで結婚をしてしまっても、中々結婚生活は上手くいきません。
 

お金、生活、異性関係にルーズ

 
結婚とは恋愛ではなく、生活、人生なのです。

お金の管理が全く出来ない、掃除や料理は全くしない、散らかしたら散らかしたまま、といったルーズな人物が結婚をしたら、相手に愛想をつかされてしまいます。

生活がルーズな人物は、異性関係やお金にもルーズな傾向があります。

浮気を悪い事と思わずに、既婚者ながらも沢山の異性と関係を持ってしまう人物、いますよね。

異性交遊が大好きな人は要注意、一生浮気をし続けてしまうかもしれません。

家事を行なわない専業主婦がパートもせずに旦那が稼いだお金で毎日外食、浪費を行っていたら、殆どの旦那さんは妻に対して嫌悪を抱いてしまいますよね。

例え、大黒柱として大金を稼いでいる男性であっても、家にお金を入れずにギャンブルなどで浪費をしておれば妻としては将来が心配になってしまいます。

スポンサーリンク


わがままで妥協ができない

 
我を通したい意志が強い人物が他人と共同生活を行なうと、どうなるでしょうか。

もっと収入を増やして、私は働きたくない、家事はしたくないから毎日外食がいい、と夫に要求する妻。

髪の毛一本も残さず掃除をしろ、おかずは5品作れ、妊娠しても働け、と妻に要求する旦那。

どちらも嫌ですよね。

程度にもよりますが、結婚相手は振り回された挙句に疲れ果ててしまいます。

結婚前には両目を大きく開いて見よ。 結婚してからは片目を閉じよ、との言葉がある通り、結婚前には両目を開いて相手の短所も見て、結婚をしてからは妥協をするべく片目をつむってあげましょう。

相手に何かを強く要求はせずとも、ただ一人の時間が欲しい、と閉じ篭ってしまう人も要注意。

頑なに一人の時間を求めた挙句、夫婦として共同生活をしている意味が無くなってしまいます。

結婚とは生活の協力、お互いが支えあってこそ幸せになれる、との意識をお互いに持ちたいものです。
 

結婚に焦っている

 
未婚の女性の場合は30歳前後になると結婚に焦ってしまい、適当に相手を見繕って結婚をし、相手をよく知らないままに結婚をしたために、結婚後に暴力的な男性だったと判明したり、恋愛感情が無いままに結婚をしたためにとても冷えた夫婦生活となったり、と失敗をしてしまう事があります。

相手の収入に惹かれて結婚をしたものの、結婚直後に相手から、実は借金があるから返済を手伝って、と告げられたり、なんてパターンも少なくないのです。

男性の場合も結婚に焦っている人は要注意。

男性は結婚に年齢は関係無い、と思うのは大間違いであり35歳を超えても未婚のままですと、どんどんと女性が引いて行くのを実感するはずです。

年を取れば取る程に結婚のチャンスは遠のいて行き、結婚ができれば誰でも良い、と闇雲にになり、お金で女性を釣る男性も増えてきます。

おじさんになったために女性からは敬遠されてしまい、こうなったらお金で女性と結婚をするしかない、と行動に出た結果、お金目当ての浪費家の妻と結婚をしたり、海外の女性と結婚をし女性の一族全員分を養えるだけの大金を送金せざるを得なくなったり、とあまり良い結果には恵まれません。

年を重ねてからも結婚をする事は十分に可能ですが、焦ってしまうと誰でもいいから、と相手を見据えなくなってしまいます。

しっかりと相手を知ってから結婚をすれば、失敗はしませんよ。
 

結婚に失敗したと感じたらすぐ離婚しよう

 
いかがでしょうか。

結婚をするのは簡単です。

相手との将来に希望をもって結婚を決めるのですから、とてもポジティブな気持ちにもなれますし、周囲にも祝ってもらえます。

ところが、思っていたような結婚生活ではなかった場合、結婚生活を解消したいと思ってもお金、子供、両親、世間体、仕事、など沢山の事柄に支障が出てしまいますし、マイナスな気持ちになってしまい精神的エネルギーも必要になります。

離婚をしたくてもできず、相手に不満を抱えたまま一生を共にしてしまうかもしれません。

結婚をする前はしっかりと相手を見極め、自分もある程度は妥協の心を持ちましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク