第一印象が悪い理由と改善方法10選

良好な人間関係を築く上で第一印象はとても大切です。
人間は最初の印象をその後も持ち続けますので、第一印象をいかに良く見せるかが重要なのです。

逆に言えば、第一印象さえよければ多少難が事があってもカバーできます。

しかし、第一印象を良くしようと思っていても、どうしても悪くなってしまう人もいるのです。
第一印象が悪い理由を読んで、第一印象が悪い人はどんな理由があるのか見てみましょう。

スポンサーリンク


第一印象が悪い理由

 

笑顔が無い

 
第一印象が悪い理由は笑顔が無いからです。
初対面の人とはどうしても緊張してしまいがちですが、そんな時こそ笑顔が大切です。

笑顔を見せる事で相手の警戒心を解き、気持ちを開いてくれやすくなります。
笑顔を見せられた方は親しみやすさを感じてくれ、好印象を持ってくれるでしょう。

笑顔を作るのが苦手な人は鏡の前で笑顔の練習をし自分の一番いい笑顔が何時でも出せるようにしておくとその後の人間関係は変わるでしょう。

笑顔は使う場面が実に多いので、練習しておくことをおススメします。

 

清潔感が無い

 
第一印象が悪い理由は清潔感が無い事です。
清潔感が無い人の第一印象は笑顔が無い人よりも最悪と言って良いでしょう。

清潔感の無い人の場合、一緒の空間にいる事すら拒絶反応を示す事がありますから、常に清潔でいる事を心がけましょう。

 

姿勢が悪い

 
第一印象が悪い理由は姿勢が悪いからです。
猫背で姿勢が悪いと第一印象は悪いでしょう。

背筋を伸ばす事で自分に自信が無くとも自信がある様に見えます。
すると、相手からは明るく、自信のある人に見え好印象を持って貰えます。

スポンサーリンク


声が小さい

 

第一印象が悪い理由は声が小さいからです。

初対面の人に自己紹介をする時にボソボソと自分にしか聞こえない様な声では相手からの印象は悪いでしょう。

大声を出す必要はありませんが、相手にも聞こえる位の声を出す事が大切です。

話す事が苦手な人でも、声の大きさは話の内容に関係ありませんからここは自信を持って相手に聞こえる声を出す事です。

 

挨拶が出来ない

 

第一印象が悪い理由は挨拶が出来ないからです。

初対面の人と会う時は「初めまして」この挨拶からその人とのコミュニケーションが開始します。

何も言わずに黙って挨拶もしない人は無礼な人だと思われ印象は悪くなるでしょう。

相手から声を掛けられるのを待つのでは無くこちらから率先して声を掛けていく事で好印象を持って貰えます。

 

人の話を聞かない

 

第一印象が悪い理由は人の話を聞かないからです。

自分の話しばかりで、人の話に耳を傾けない人は第一印象が悪いでしょう。

相手の話を聞く事は相手を理解しようとする意思表示です。

相手の話を聞かない人はその人を理解しようとする気持ちが無いと思われてしまいます。

相手が話している時は適度に相槌を打ちながら話を聞きましょう。

スポンサーリンク


馴れ馴れしい

 
第一印象の悪い理由は馴れ馴れしいからです。
黙り過ぎてても印象が悪いですが、馴れ馴れしいのも印象が悪くなってしまいますから注意しましょう。

馴れ馴れしい人は、初めから他人に対して壁を作らず接してくるので、相手も壁を作らない人であれば、すぐに打ち解ける事が出来るでしょう。

しかし、全ての人が壁を作らない人だけとは限りません。
ですから、ある程度の節度を持った接し方をするのが第一印象を良くするコツなのです。

 

人の目を見て話さない

 
第一印象の悪い理由は人の目を見て話さないからです。
人と話す時に下を向きながら話していては自分の話で相手がどんな表情で聞いているか読み取れませんし、相手も何で顔を見て話さないんだろうと不安になってしまいます。

目を見て話すのが苦手な人はその人の目では無く相手の顔の一部分を見ながら話せば失礼には当たりませんからそこから始めてみましょう。

 

第一印象が悪い人の改善方法

 

明るい表情と正しい姿勢を心がける

 
第一印象の良くない人にありがちなのが、「表情と姿勢に問題がある」ということです。

人間の印象を決める最大のポイントは「顔」と考えていいでしょう。

つまり、顔の印象が良ければ、その人に対する印象も良くなります。

ですから、「自分は第一印象が悪い」という自覚があり、それを改善したいと思ったら、まずは、人に好感を持ってもらえるような表情を作る必要があるのです。

誰にでも好印象を与える表情、それは「笑顔」ということになるでしょう。

とはいえ、あまりにわざとらしい過度な笑顔はかえって逆効果。

「自然に見える微笑」を意識するといいでしょう。

こころもち口角を上げ、やさしく穏やかな目つきをするのがポイントです。

次に大切なのが、姿勢です。

顔の表情には気を配る人でも、姿勢についてはついおざなりにしてしまい、それが第一印象を悪くしてしまっているケースが少なくありません。

猫背の姿勢だと、相手に陰気な印象を与えてしまいますし、逆に反身になると、傲慢な印象を与えることになってしまいます。

特に、イスに座った時が要注意。

立っている時には背筋を伸ばした正しい姿勢を心がけていても、着席すると、イスの背もたれににもたれただらしない姿勢になってしまうことがよくあるのです。

明るい表情と正しい姿勢は、常にそれを意識し、心がけることによって、自然に身に着くものです。

初対面の相手だけでなく、誰に対しても明るい表情と正しい姿勢で接するようにしてください。

スポンサーリンク


相手が聞きやすい声量や話し方を意識する

 
話し方に問題があるため、第一印象が悪くなってしまうケースもよくあります。

初対面の人に良い印象を持ってもらうためには、話し方についても気を配る必要があるのです。

たとえば、初対面の人があまりに小さな声だったり、早口すぎて言っていることが聞き取りにくかったら、その人に好印象を持つことはできないでしょう。

逆に、大声でうるさく感じられるような話し方をする人も、敬遠されてしまいます。

第一印象を良くするためには、ですから、相手が聞き取りやすい声量と話す速度を意識しなければなりません。

ただし、声の大きさや話すスピードの良し悪しは、自分ではなかなか判断ができないでしょう。

そこでおすすめしたいのが、親しい人や家族に自分の話し方をチェックしてもらい、改善点を指摘してもらうという方法。

あるいは、ボイスレコーダーに録音して、自分でチェックするという方法もあります。

声の質そのものを変えることはできませんが、声の大きさやスピードを変えることは、それを意識し、人と会話する際にそれを実践することによって、いくらでも改善することが可能なのです。

相手にとって聞きやすい話し方をすることができれば、確実に第一印象は良くなります。
 

身だしなみと体臭に気を配る

 
身だしなみがよくないために、第一印象が悪くなってしまうというケースも少なくありません。

少しでも人が不快に感じるようなことがないよう、身だしなみには常に細心の注意を払うようにしましょう。

具体的に言うと、人と会う時には髪や服装の乱れをチェックし、袖口や靴が汚れていないかを気にかけ、目やにや爪の汚れがないかを確かめるのです。

そうした見た目の身だしなみと同じくらい大切なのが、「匂い」です。

不快な体臭ほど、人に悪い印象を与える要素はないでしょう。

体質的に体臭のあるケースはある程度やむをえませんが、可能な限りケアして、少しでも体臭を軽減する努力をするようにしましょう。

また、口臭も要注意。

日ごろのオーラルケアが大切なことは言うまでもありませんし、たとえば、匂いの強い食べ物を口にした時などは、食べた後で必ずケアするようにしましょう。

ほかの身だしなみがきちんとしていても、口臭のために印章が悪くなってしまうことがよくあります。

また、きつい香水の匂いも、第一印象を悪くする要因になります。

香水などの香りは、人それぞれ好みがありますので、どんなものをつけるにしても、けっしてつけすぎにならないように気をつけましょう。
 

第一印象が悪くならない

いかがでしたか?
冒頭にも書きましたが、第一印象が良ければその後の関係も良好に進むので、面倒だと思っても第一印象に全力を出してください。

その後、徐々に地を出していけばいいのです。
始めは猫かぶりがどれだけできるかが大切なのです。

また、もしあなたが毛深いことで悩んでいたり、コンプレックスを抱いていたりする場合は「剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク