彼女のLINE(ライン)がめんどくさいと感じる瞬間9つ

彼女とlineをしていてめんどくさいと感じたことはありませんか?

恋人同士で連絡を取り合う事は恋人とのコミュニケーションをする上で大切な事です。

毎日会える様な関係であれば、連絡の頻度よりも会っている時のコミュニケーションが大切ですが、中々会えない恋人ですと連絡は大切です。

連絡手段として今では、メールよりもlineがメインになっているカップルも多いでしょう。
そのlineが彼氏にめんどうだと思わせる彼女からのlineが続くと別れの原因になってしまうかもしれません。

彼女のlineがめんどくさいと感じる瞬間を読んでどんなラインがめんどくさいのか見てみましょう。

スポンサーリンク


彼女のlineがめんどくさいと感じる瞬間

 

常に長文の内容

 

彼女のlineが常に長文だとめんどくさいと感じます。

彼氏の事が好きで、その想いを文章にするとどうしても長文になってしまうでしょう。

しかし、常に長文では読む方は疲れてしまいます。

そして、返信するにしても長文で送ってきたら「ある程度の長文で返さないと」と彼氏にプレッシャーを与えてしまいます。

すると、初めの内は返信をしていてくれた彼氏がめんどくさくなり、ある日返信をして来なくなるなんて事にもなりかねません。

伝えたい事はなるべく短くまとめる事、長くなりそうなら分ける等にする事で彼氏にめんどくさいと思われるのを避けられるでしょう。

 

返信を催促する

 

返信を催促する彼女はめんどくさいと思われてしまいます。

lineは相手がメッセージを未読か既読を判別できますから、

既読になった後に返信が来ない事に対してしつこく返信を求める事は止めましょう。

「既読なのに何で返事くれないの?」「読んでるのに無視するの?」など送ってくると返信しようと思っててもめんどくさいと思われ返信してこなくなります。

既読になっていても、特に返信する内容では無い場合や見た時は忙しく既読だけして後で返信しようと彼氏にも都合がある事を知りましょう。

スポンサーリンク


スタンプばかり送ってくる

 
lineの特徴としてスタンプがありますが、スタンプばかりを散りばめたやり取りもめんどくさいと思われます。

特に話す事も無いけど、彼氏が気になってスタンプだけ送るなどは男性からあまり好まれません。

男性にとってメールやlineは連絡手段と考えるのに用も無いのにスタンプだけ送られてくる事に戸惑います。

何か連絡事項があってスタンプを送るのならいいのですが、ただスタンプだけをひたすら送られると彼氏はめんどくさいなと感じています。

 

外出先でしつこいline

 

彼氏が友達と遊んでいる時に彼女からしつこくlineが来るとめんどくさいと思われてしまいます。

彼氏が友達と遊んでいる時に彼女から「誰といるの?」「どこにいるの?」「何時に帰るの?」「女の子はいないの?」等しつこくlineが来るとめんどくさいと感じてしまいます。

彼氏も友達と話したり楽しみたいのに彼女からのlineがしつこいと楽しめず結局彼女に付きっきりになってしまいます。

最初は相手をしてくれるでしょうが、あまりにもしつこいと無視されるので彼氏が遊びに行く時はlineも程々にしましょう。

どうしても心配であれば、遊びに行く前日や友達に会う前に必要な事だけ聞きましょう。

そして、解散時間に合わせてlienする程度に抑えるのがいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


四六時中連絡が来る

 

四六時中連絡が来ると彼氏からめんどくさいと思われてしまいます。

彼女の都合で送りたい時にlineを送ると彼氏にはめんどくさいと思われます。

彼氏の都合も考えずに朝昼晩関係なくlineをしてしまうと、

彼女は満足かもしれませんが彼氏にとっては迷惑かもしれません。

彼氏の生活リズムも考慮してlineをする様にしましょう。

 

何度も同じことを聞いてくる時

 

離れていて一緒にいない間に、少しでも近い存在でいたいという思いからLINEをやりとりする人は多いでしょう。

確かにLINEをして繋がっていることで、寂しさを感じにくくなり、不安も抱きにくいため、一つの安心できるツールとして活用できるものです。

しかし、LINEをしていながらもちょっとの不安も解消したいと願う女性は、自分が納得いくまで何度も同じ質問をしてしまうことがあります。

例えば「浮気していない?」と聞いてきたために彼氏が「してないよ」と返しても、「本当に?」「絶対?」と同じことを繰り返し言わせて、それを自分の安心に変えようとしている彼女。

彼氏としては「していない」と言っているのにも関わらず、「信用されていない」「疑われている」と不快になることもあるでしょう。

このようなLINEが続いてしまうと、彼女とのLINEがめんどくさいと感じてしまいます。

彼女は、彼氏のことを信用したり、言われたことをそのまま受け止めるといった気持ちも大切になるでしょう。

スポンサーリンク


証拠の写メを催促するLINE

 

彼氏のことを信用していないのか、いつも「写メ送って」と言ってくる彼女にめんどくさいと思う男性は多いです。

彼氏が男友達と遊ぶと言っていることに対して彼女が勝手に不信に思い、「○○くんといるんでしょ?写メ送って」と催促してくるLINEがくると、大抵の男性はめんどくさいと思うもの。

それが毎回続いたり、場所を変えるだけで言われてしまうと、「安心させたい」以上に「めんどくさい」の気持ちの方が上回ってしまいます。

初めのうちは「そんなに俺の事好きなのか」と嬉しく感じていた彼氏であっても、毎回疑われてしまうのはショックでもあり、無駄に感じてしまうもの。

また写メをとるたびに友達に「写メとっていい?」「彼女から言われた」と説明することにもめんどくさいと感じてしまうでしょう。

証拠として写メを送ってもらうことは、本当に怪しいと思った時や、他の証拠がある場合のみにして、回数を減らす努力をしましょう。

 

自分のことで本当に忙しい時

 

仕事が忙しくてLINEをする時間がない、趣味が増えて没頭したいことができたなど、彼氏自身が忙しくなると、彼女とのLINEがめんどくさいと感じてしまうことがあります。

この場合、LINEの内容の重要性によっても変わってくるものの、他愛もない話や今やりとりをしなくても良い内容だと、めんどうくさいとしか思えなくなってしまうこともあるのです。

自分が忙しくしている時に「今日○○食べたよ」「今、○○ちゃんといるよ」といった、聞いてもいないことを報告してくるLINEに関しては、正直「見るのも面倒」となってしまうでしょう。

LINEのやりとりに内容がない場合は、「今は自分のことに集中したい」という気持ちが勝り、めんどくさくなってしまうのです。

彼女に悪気がある訳でもなく、自分の都合でもあるため、「今○○で忙しいから後でLINEするね」と一言伝えてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク


彼氏に依存&頼りっぱなしのLINE

 

彼氏に依存している女性や、友人があまりいない女性の場合、どうしても頼る相手は彼氏になってしまいます。

そのため、不安や不満、愚痴といったすべての矛先が彼氏になってしまい、彼氏の負担になってしまうこともあるでしょう。

そこで「自分で考えてみたら?」とか「友達に相談してみたら?」と言うと、「私のこと好きじゃないの?」「彼氏じゃないの?」と責めてケースもあるでしょう。

依存していたり、頼りにしっぱなしの状態が続くと、それが彼女にとって当たり前となり、例え真夜中であっても彼氏が忙しい時でもお構いなしにLINEしてくるように。

好きでいてくれているというよりも、依存先として頼られる存在だと思うようになると、彼氏であっても「めんどくさい」と思ってしまうのです。

自分のことは自分で解決することや、彼氏に自由な時間を少しでも与えるなどの配慮が必要だと言えるでしょう。

 

彼女のlineがめんどくさいと感じるのは自分勝手な彼女

 

いかがでしたか?

簡単にコミュニケーションが取れるlineですが、

簡単が故にマナーが疎かになりがちです。

彼女のlineがめんどくさいなと思われるのは自分勝手なメッセージだけ送っていると思われるのではないでしょうか。

彼氏の事も考えて送る内容や時間帯を考える事が彼氏を思いやる事なのです。

また、もしあなたが毛深いことで悩んでいたり、コンプレックスを抱いていたりする場合は「剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク