彼女と長続きする秘訣6つ

 
女性と付き合っても長続きしない・・・、なんてあなたは悩んでいたりしないでしょうか。

自分が悪いのか相手が悪いのか理由がわからない。

そんな悩みを持ってる人とはあなただけでなく、実は意外と多いものなのです。

どうすれば、長続きするんだろう?そんな人に参考にして欲しいのが、今回ご紹介する彼女と長続きするコツです。

スポンサーリンク


彼女と長続きする方法

 

彼女と長続きするコツを6つの項目にわけて説明しています。

  • 好き嫌いを聞いておく
  • 手料理を作ってくれたら、感謝の気持ちを伝える
  • 待つことを覚える
  • コマめに連絡する
  • 気持ちを言葉にして表す
  • 記念日・イベントを忘れない

それでは細かくご紹介していきます。

 

好き嫌いを聞いておく

 

人の三大欲求でもある食欲。

これは彼女と長続きするための重要な要素となってきます。

食べ物の好き嫌いが全くない彼女だと安心ですが、世の中には好き嫌いの激し人も結構多いのです。

デートに行くと、ランチかディナーかどちらかは一緒に食べますよね。

彼女の好きなもの嫌いなものを把握しておく事が大切です。

食事のお店選びも付き合いがお付き合いが浅い内は自分1人で決めずに2人で一緒にお店選びをすれば、この様な失敗を回避することが出来ます。

どうしてもサプライズ演出したい場合は彼女の好きなジャンルの食べ物に絞ってお店選びをするといいです。

ついうっかり彼女が食べられるものが無いようなお店に連れて行った後では、彼女の印象も悪くなり取り返しがつきません。

スポンサーリンク


手料理を作ってくれたら、感謝の気持ちを伝える

 
人はほめられると嬉しいものです。

彼女が手料理などを作ってくれたときは、「ありがとう~。美味しいよ」と感謝の気持ちを最初に言いましょう。

本当に美味しい場合は、素直に感想を言っても喧嘩になることはありませんが、料理がさほどでもないときは、まずは感謝の気持ちを伝えることです。

その後、様子を見て「自分はもう少し甘口の方が好きかな」、「自分はもうちょっと濃い味付けの方が好きかも」など自分の好みを伝えましょう。

ポイントは、料理の感想ではなく自分の好みを伝える事です。

言ってはいけないのは、彼女の料理に対して「味が薄い(または濃い)」、「まずい」などと直接的な感想を言ってしまう事です。
 

待つことを覚える

 
女性はデート中トイレに行くと、用を足すだけではなく、身だしなみも整えてから出てきます。

彼女とデートに行って、トイレが長いと愚痴を言っては二人の関係は長続きしません。

あなたに可愛い、キレイな姿を見て欲しい為に、身だしなみを整えているのですから、そのくらいの時間待つくらいの余裕が必要です。

予め彼女が身だしなみに時間が掛ることが分かっているなら、時間が潰せる本などを持って空いた時間を有効活用出来るように、こちら側も工夫して、待たされているからイライラするのでは無く空いた時間で何をするか考えるのも大切です。
 

コマめに連絡する

 
女性は、彼が今どこで何をしているのか、誰と一緒にいるのか、少なからず気になっているものです。

連絡が途絶えると、もしかして違う女性と一緒にいるのでは?浮気しているのでは?

何か嫌われるようなこと言ったかな?そんな不安が頭をよぎることさえあります。

帰りが遅くなる時には、先輩と飲んで帰るよ、とメールを入れたり、今から大事な取引があるからしばらく連絡できない、などたった一言告げるだけで、彼女は安心することができるのです。

逆に彼女に対して、今なにしてる?などと質問すれば、自分のことを気にかけてくれているんだ、と嬉しくなる女性も多いはず。

ただ何事も度が過ぎてはいけません。あまりしつこくすると、束縛が強すぎて彼女にとって重荷になってしまい、逆効果です。

どれくらいの頻度でどのタイミングか解らない様であればお互いに連絡する時間を決めるのもいいかも知れません。

スポンサーリンク


気持ちを言葉にして表す

 
彼女に自分のありのままの気持ちを言葉にして表していますか?「ありがとう」「ごめん」「好きだよ」。

そういった言葉を口にするのが恥ずかしい、または言葉にしなくても伝わっている、という男性がたくさんいます。

もちろん態度や表情に示すことで伝わる気持ちもたくさんあります。

恥ずかしいと思いますが恥ずかしがらずに言葉に出して伝えてください。

きっと彼女も照れてしまうかもしれませんが、喜んでくれるでしょう。

女性はハッキリ言葉としてその気持ちを確認したいと思うものです。

毎日愛してると伝える必要はありません。

時々でいいのです。「いつも○○してくれてありがとう」「この間はごめん、俺が悪かったよ」それらの言葉は、イライラしたり落ち込んだりしているマイナスな気持ちをあっという間に吹き飛ばしてしまうくらいのパワーを持っているのです。
 

記念日・イベントを忘れない

 
二人が付き合い始めた記念日、クリスマス、ホワイトデー、彼女の誕生日等々、1年の間にも色々なイベントや記念日が存在します。

女性はそれらを恋人と一緒に過ごし、素敵な思い出を作りたいと思っています。

そんな日をもしも彼氏が忘れてしまっていたら、彼女はとてもガッカリし、さらには怒りまで湧いてくるかもしれません。

全ての記念日にプレゼントを用意する必要はありません。

ただ、しっかりとその日を覚えていて、「今日は○○の日だね、おいしいご飯でも食べに行こうか」その一言をもらえるだけで、彼女は「覚えていてくれたんだ」と暖かい気持ちになるものです。

どうしても、記念日を忘れてしまう人は、手の空いた時間に手帳や携帯電話のスケジュール機能を使ってその年1年分の記念日を全て書き込んでしまう事です。

そして、月に初めに必ず今月は記念日、イベントが無いか確認するだけでも、忘れることは少なくなります。

スポンサーリンク


彼女と長続きするコツや方法

 

会ってる時は楽しそうにする

 
普段彼女に会う時は楽しそうにしていますか?

男性は、基本的に仕事で忙しく、彼女とデートしている時も、疲れた表情をしている人が多いです。

もちろん、彼女も仕事が忙しいのは分かっていますが、毎回仕事で疲れている表情で会われていては、彼女も私といても楽しくないのかな?と思ってしまいます。

いくら疲れていても、彼女の前では明るくふるまうべきです。

そうしないと、彼女は毎回暗い表情のあなたにうんざりしてしまうのです。

もちろん、どうしても疲れていて元気がない時は、今日は疲れているからごめんね、と一言いえば、彼女も理解してくれます。

ただし、それが毎回にはならないように注意する事が必要です。

どんなに疲れていても、彼女といてとても楽しい!という事が伝わるように努力することが必要なのです。
 

大事な日にプレゼントをあげる

 
あなたは、彼女の誕生日やクリスマス、付き合った記念日にプレゼントを渡していますか?

女性の中には、記念日のプレゼントをとても大切にしている人がたくさんいます。

基本的に記念日は盛大に祝って欲しいと願っているのはもちろん、プレゼント交換は大事にしたいと考えています。

しかし、男性はどうも記念日をちゃんと覚えられず、彼女にあまりプレゼントをあげない人がいます。

誕生日を忘れられおめでとうすら言ってもらえない彼氏だと、本気で別れる事を考えてしまいます。

もし彼女と長続きしたいのであれば、彼女の誕生日を覚え、何かしらのプレゼントをあげる事は大切です。

また、例え覚えていても、おめでとうのメッセージだけでは満足しない人もいます。

できるだけ、誕生日やクリスマス、記念日などの大切な日はプレゼントをあげて下さい。

プレゼントをあげれば、彼女は大切にされていると感じます。

スポンサーリンク


メールやLINE(ライン)はスタンプを使う

 
男性は彼女にメールやラインをする時に、スタンプや絵文字を使わない人が多いです。

でもこういったスタンプや絵文字を使わないとすこしそっけないメッセージになりますし、場合によっては、怒ってるの?と思ってしまう事があります。

メールやラインはミスコミュニケーションが発生しやすいツールの一つです。

便利なツールとはいえ、相手の顔がみえない分、相手の気持ちがわかりにくいです。

そうした意味でも、相手がどんな気持ちでメッセージを打ったのかは、スタンプや絵文字があれば、思いが伝わりやすいです。

また、こういったものを使用すればラインやメールも盛り上がります。

会ってない時間が長いからこそ、メールやラインの使い方や、メッセージの送り方は相手に良い印象を与えるよう注意しなければいけないのです。
 

デートコースはちゃんと考える

 
あなたはいつも彼女とデートする時、ノープランで行き当たりばったりなデートをしていませんか?

たまにはそんなデートも良いですが、せっかくお互いの休日を使ってデートしているのに、毎回ノープランのデートでは、彼女もガッカリです。

彼女の事が大好きなのであれば彼女を喜ばせる事もしてあげないと、彼女はあなたとの付き合いに飽きてしまいます。

もちろん彼女はあなたに会えるだけで嬉しいはずです。

だからといってその気持ちを素直に受け止め、デートを充実させる努力をしないのはいけません。

彼女と長続きさせるためには、マンネリ化しないように楽しいデートを定期的にする事が大切なのです。

毎回ノープランでは、結局いつも通りのデートコースになり、新鮮さがなくなってしまいます。

たまには新鮮な事をして、いつまでも付き合いたての頃の気分でいる事が重要です。

スポンサーリンク


彼女と長続きするLINE(ライン)

 

日常的なことの報告をする

 
これは一般的なことですがとても必要なことです。

一緒に暮らしていないと尚更ですが、一緒に暮らしていても仕事での出来事や友人との話などまでは把握することは難しでしょう。

そんな日常的に自分の周りに起こったことを伝えることで会話はつきません。

もちろん電話で話をする方が早くて簡単ですが、LINEやメールは自分の手元に残るのがとても良い点です。

また、時間と場所、タイミングなどを選ばずに連絡することができます。

自分から「今日はこんなことがあって‥」と伝えるだけでも彼女は安心しますし、LINEの回数も重なっていくでしょう。

また、自分から話しかけることで彼女自身も今日の出来事について話してくれます。

そこではお互いの意見を言ったりすることで、相手の理解も深まっていくことでしょう。

これが長くLINEをするための秘訣と言えます。
 

おはようとおやすみを忘れない

 
おはようとおやすみを伝えることは、今日の始まりと終わりを相手に伝えることです。

この2つの文は相手に安心感を与えるとともに、身内であるかのような気持ちにさせてくれます。

もちろん付き合っているのであれば身内といっても過言ではありませんが、女性はこのような小さな挨拶をとても大切にしています。

好きな人と連絡をするのは内容などはなんでも良いと考えられますが、適当な内容であれば続きません。

しかしおはようとおやすみは、日中に連絡が取れなかったとしても必ず連絡が続いていきます。

彼女は連絡が長く続くことにとても安心感を覚えます。

もしもLINEする時の内容に迷ってしまった時には、これだけは毎日送るようにすると良いでしょう。

そこから今日は何がある、どこに行くなどの会話が続いたり、今日の日程を聞きやすい雰囲気を作ることができます。

スポンサーリンク


好きという気持ちをしっかりと伝える

 
思っていてもなかなか気持ちを言葉にするのは難しいことがあります。

特に男性は言葉として伝えなくても、自分の気持ちは女性にわかってもらえていると思い込んでいることが殆どです。

しかし女性は違います。

気持ちは言葉にして伝えなければわからないということを知っています。

またなかなかLINEが続かないのにも男性側に問題があることもあります。

女性はマメな方が多く連絡は頻繁にする方が多いのです。

しかし、彼の気持ちがわからずに身動きが取れないことからなかなかLINEが続かない可能性があります。

そこで自分の意見はしっかりと言い、好きであるという気持ちはLINEでも良いので伝えるようにしましょう。

そこからLINEが続いていけば不安が解消されたということになります。

現状が変わらなければ、話題を考える必要があります。
 

無駄な隠し事をしないこと

 
LINEが長続きするカップルの特徴として、「隠し事が少ない」ということが挙げられます。

世間では少しミステリアスの方がモテる、全てをいう必要はないと何かと隠し事をしているかのように振る舞う人もいます。

しかし本当に信頼し、なんでも話し合える関係であればそれは必要なく、LINEの内容もオープンなものが多いです。

そうすることによって話の内容はつきませんし、小さなことも話題の種とすることができます。

LINEが続かないカップルの場合サバサバしていて、連絡を頻繁に取ることに気が進まないという方もいます。

カップルでそれぞれ特徴はありますが、信頼しているかどうかでLINEの内容は変わってきます。

信頼していれば、どんなに長く付き合っていてもLINEの話題は尽きないはずです。

隠し事をするのではなくオープンな関係を築くこともLINEを続かせる一つの手です。

スポンサーリンク


彼女と長続きしない人の特徴

 

相手の事を減点方式で見る

 
彼女と長続きしない人の特徴の一つとしては、相手の事を減点方式で見ているというものがあります。

例えば最初は100点から始まって、箸の持ち方でマイナス5点、デートの服装でマイナス10点、なんていうように自分の中で減点をしていき、一定ラインを下回ったら別れるなんていう人は付き合いが続くわけがありません。

この減点方式をクリアできる女性は世の中にはほとんどいないでしょう。

しかしそれは男性に置き換えてみても同じ事が言えます。

全くの他人と付き合うのですから、互いに理解できないところやわかりあえないところは多かれ少なかれ普通は出てくるものです。

そこを理解したり、受け入れたり、時に一緒に楽しんだり、そうやって関係というのは深くなります。

片方の一方的な条件で点数をつけて切り捨てるなんていうやり方はそもそもが間違いだと言えるでしょう。

もしも相手の気に入らない部分があれば、率直に言って話し合いましょう。

そして妥協すべきポイントはこちらで妥協する、でも彼女にも少しは頑張ってもらう、同様に相手からの要求にも同じように応える、この繰り返しで付き合いは続いていくと覚えておきましょう。
 

絶対に自分が折れたくない

 
ちょっとした会話にしても話し合いや喧嘩にしても、絶対に自分が折れたくないという男性はまず彼女とは長続きしません。

付き合いには必ず妥協が必要であり、それはどちらか片方がするものではなく両者が色々なところでちょっとずつするものです。

いつも自分の意見だったり考え、好みばかりを押し通して相手にばかり妥協をさせていると、いつか相手の我慢が限界に達します。

しかしこういった人は、「不満があればその時に言えば良いのに」なんて言ったりします。

その時に言われても絶対に折れないのにいざ相手が怒るとこの対応では、その場で冷められてふられても不思議ではありません。

ここだけは譲れないというところで折れないのは悪い事ではありませんが、何かにつけてむきになり絶対に折れないような姿勢では彼女に我慢させるかぶつかるばかりで、うまくいきようがないのです。

たまには自分が折れるという事を覚えましょう。

スポンサーリンク


話し合いが全くできない

 
二人の付き合いの中で何か問題が生じた時には、多くのカップルは話し合いをしっかりと行います。

そしてその話し合いの中で問題の本質を明らかにして、その上でそれにどう対処するのかを決めて問題を乗り越えていきます。

そうする事で問題を根本的に解決する事ができ、絆はより強くなっていくのです。

しかし、話し合いをする事を嫌って逃げる男性というのは付き合いも長続きしません。

何か問題があっても表面だけ取り繕って話し合いによる根本的な解決をしないでいると、結局また同じような問題が形を変えて表れます。

それを繰り返していたら、関係にヒビが入るのも無理はありません。

些細な事でも面倒臭がったり怖がったりしないで、しっかりと二人で話し合いをしないと、他人とわかりあう事はできません。

二人の様々な擦り合わせをしていく事が付き合いを長く続ける事のコツなのです。
 

熱しやすく冷めやすい

 
熱しやすく冷めやすいというタイプは、言わずもがな付き合いが長続きしません。

特に男性の場合にはリードをする側という事もあり、熱している時にはかなり頑張って女性に尽くします。

しかしそれで晴れて付き合う事になると途端に冷めていくので、彼女の方も困惑しますし、そのギャップにショックを受けて別れたがる事は多いでしょう。

逆に彼女の方がどんどん熱をおびていくのに、肝心の自分は冷めていく一方というのは最悪のパターンです。

熱しやすく冷めやすい人はその女性の事が本当に好きなのではなく、例えば容姿だけに引かれていて、こんな女を自分のものにできたら自分は良い男である証明になる、なんていう不純な同期で熱をあげる事も少なくありません。

言い換えればただの自分勝手な男です。

そうではなく、じっくりと相手を見て相手の容姿やステイタス以外に心惹かれるものを感じる女性を見つけましょう。

それができれば、手に入れた途端に冷めてしまうなんていう事はなくなるはずです。
 

彼女と長続きするのコツは相手を思いやること

 
彼女と長続きさせるコツいかがでしたか?

自分が思い当たる節はありましたか?

好きな人と一緒にいる事は幸せですし安心できるでしょう。

しかし、付き合いが短い期間だとその幸福はとても不安定なものの上に成り立っていることを忘れてはいけません。

その、不安定な幸福を2人でしっかりとした盤石なものにして行く為に長い時間が必要です。

その為にはお互いがお互いを思いやる事が大切です。

人と人との付き合いなのでどうしても衝突してしまう事もあるでしょう。

衝突したときの立ち振る舞いで長続きできるかどうかが決め手になります。

一方的に相手を責めたり、逆に自分を責めるのではなく衝突の原因を突き止め解決策を2人で考える。

そうすれば、自然とお互いの信頼関係も深まり、長続きするのではないでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク