脈なしサインの女性を見極める3つの方法

 
多くの男性は脈なしサインの女性を見極めることが苦手です。

苦手というよりも、気づかない、わからないと言ったほうが正しいのかもしれません。

その理由としてよくあるのが、男性は自分の良いように解釈するというものがあります。

例えば話しかけても素っ気ないふりをされる、目をそらされるなどの好意は傍から見ればバリバリの脈なしサインであると気づくでしょう。

しかし当事者になると「あの子は照れている」「恥ずかしがっているんだな」と考えてしまいがちなのです。

「いやいやそれはちょっと行き過ぎじゃないの?」なんていう人もいますが、これだけ勘違いしやすいものなのです。

そこで今回は脈なしサインの女性の行動をご紹介しますので、しっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク


脈なしサインの女性

 

レスポンスが遅い

 
これはわかりやすい脈なしサインといえるのではないでしょうか。

例えばクエスチョンマークがついたメールやLINEを送っているにも関わらず連絡が返ってくるのが2、3日後・・・。

または、あなたが催促してからだったり、電話をかけるといつも留守電で、折り返しの電話が全くかかってこない場合、あなたに気がある可能性は低いといえるでしょう。

いくらどんなに忙しかったとしても、好きな人からのメールや電話には、できるだけ早めに応えようとするのは男女共通です。

メールを受信している事や、着信履歴が入っている事は気付いていたけど、返すのを忘れていたなんてことは、好きな人に対してあり得ませんよね。

むしろどう返そうかあれこれ考えたりするものです。

もちろん、インフルエンザにかかって寝込んでいる等、特別な理由があればそういったこともありえるでしょうが、元気なのにレスポンスがないということは、彼女にとってあなたはすぐに返事を返さなくてもいいくらいの存在だということを暗に示しているのです。
 

デートの日時が決まらない

 
「今度、ご飯に連れて行ってくださいよ」というセリフは、好き嫌い関係なく、女性は誰にでも言うことだと覚えておくべきでしょう。

いわゆる社交辞令で言っているだけの場合が多いのが現実です。

もし女性にこのようなセリフを言われ、「じゃあ、いつにする?」と言った時に、「いつでもいいですよ♪」や具体的な日が出てこない場合は注意が必要です。

もし女性が本当にあなたと食事に行きたいと思っているのであれば、彼女から日時の指定があったり、男性側に任せてくるのが通常の流れです。

「今週は忙しいから、来週以降で!」と言われ、その来週になっても音沙汰がない場合は、間違いなく彼女はあなたに気がありません。

つまり脈なしサインです。

もしそれに気付かずに、「そろそろいいかな?」なんて彼女に尋ね、「今週も忙しいんだよね・・来月かな」なんて言われた場合には、すぐに身を引く事をオススメします。

スポンサーリンク


正反対のタイプが好みだと告げられる

 

すぐに気づきそうでも、鈍感な男性は気づかないのがこの脈なしサインです。

あなたが明らかに細身なのに、「がっしりした体系の人がタイプ」と言われたり、海や山などでのアウトドアの話で盛り上がった後に、「でも彼氏にするならインドアなタイプの人がいいな」なんて言われたことはありませんか?

この発言は「あなたに興味はありませんよ」と言っているのと同じ事なのです。

もっと言ってしまうと、この場合は、彼女はあなたに気がないだけでなく、「好きになられても困りますから、お願いしますね」というメッセージさえもこめていることが大半です。

 

脈なしサインの女性を引きずらない

 

いかがでしょうか。

脈なしサインを出し続けている女性にいつまでも固執する人がいます。

それはすぐにやめるべきでしょう。

あなたの傷がただ深くなるだけですし、女性にも迷惑です。エスカレートすると恐怖すら与えることにもなりかねません。

それであればさっさと告白して、リセットするのがベストなやり方だと言えます。

脈なしサインの女性にこだわり続けるよりも、ふと周りを見渡してみると脈ありサインを出している女性に気づくこともありますので、そちらを優先するもいいのではないでしょうか。

ぜひ参考にしてみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク