告白させる方法9つ

告白させる方法を知りたいと考えている人はたくさんいます。

好きな人がいて、その人と付き合いたい場合、どういうアプローチの仕方が良いのでしょうか。

もちろん自分から告白するのも良いですが、上手に相手に告白させる方法があったら、ぜひ告白してもらいたいと思いませんか?

そこで今回は告白させる方法をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


告白させる方法

 

メールやLINE(ライン)で、相手との関係を予め深めておく

 
当然のことながら、告白は、自分が好きでもない相手やよく知らない相手にはしません。

なので、好きな人から告白されたい場合は、予めその人と仲良くなっておき、更に、その人の中での「その他大勢の1人」から抜け出しておく必要があります。

メールやLINEなどの連絡ツールを有効活用し、色々な話を相手とシェアしてみてください。

しつこくない程度に、ですが、お互いに接して楽しむ頻度が高ければ高いほど、相手の「特別な存在」に一歩近づきます。

まずは、相手とたくさんの話題を共有して、より仲良くなりましょう。
 

タマには相手の心を揺さぶり、軽い刺激を与える

 
好きになった相手に告白させるには、自分を「気になる異性」として意識してもらうことが不可欠です。

そのため、ただ仲の良い友達関係から抜け出す必要があります。

もし相手といつも和気藹々で楽しく過ごしているとしたら、たまには素っ気なく接してみたり、冷たくしてみたりします。

いつもと違う様子に、相手はきっと「どうしたんだろう?」と疑問を抱くでしょう。それがきっかけで、「何だか気になって仕方がない存在」に昇格できれば、「気になる異性」として見てもらうことができます。

もちろん、逆の刺激も良いでしょう。いつも憎まれ口ばかり叩きあう仲であれば、とびっきり優しくしてみたり、というのも良いですね。

何はともあれ、いつもと違う刺激は、友達から異性への昇格には不可欠です。

スポンサーリンク


相手が告白しやすいシチュエーションを作ってあげる

 

告白という行為は、どんな人にとってもプレッシャーを強いられます。「告白ができない」という人は、そのプレッシャーを突破する自信がないので、ついつい先延ばしにしてしまうようです。

しかし、相手ばかりにプレッシャーを与えて、自分は告白してもらえるのを待つばかりでは、フェアではありません。

告白される側も、相手が告白しやすいシチュエーションを演出し、相手をリラックスさせてあげる気配りが大切です。

確信が持てなければ告白はしない、というのが人間の心理です。

なので、2人きりになった時、相手が安心して告白に踏み切れるような雰囲気を作ってあげましょう。

 

告白されやすい雰囲気を作る

 

好きな人から告白されたいと思ったら、相手が告白しやすい雰囲気を作るという事が大切です。

相手が告白したいなと思っても、そういう雰囲気やチャンスがなければ、なかなか言い出せないものです。

ふたりっきりになるのはもちろんのこと、あまり人に話を聞かれないようなシチュエーションを整えてあげましょう。

仕事帰りに静かなBARや夜景の見える公園など、リラックスもできてほかの人に話を聞かれないような場所を選ぶのです。

そうすれば、あなたの好きな相手は告白しやすくなるでしょう。

スポンサーリンク


相手に対して好意を感じさせる

 
相手があなたの事を好きでも、現状として特にライバルなどがいなければ慌てて告白してはこないでしょう。

傷つきたくないという人も増えているので、確実に自分の事が好きという事が分からないと、なかなか告白まではしてこないかもしれません。

そういう相手に対しては、自分もあなたの事が好きだという事を、態度や表情で示して安心させてあげましょう。

「一緒にいると楽しいな」といった、一般的な会話よりもう少し突っ込んで好意を伝えてあげるのも良いでしょう。

私もあなたの事が好き、という事をさりげなく態度で伝えて、相手が安心して告白できるような状況を作ってあげましょう。
 

さりげなくプレッシャーをかける

 
相手がのらりくらりしてなかなか告白してこない場合は、さりげなくプレッシャーを与えてもよいかもしれません。

今まで仲良くしていたのを、ちょっと冷たくしてみたり、さりげなく他の異性と会話を楽しんでいる様子を職場で見せたりして、相手を少し慌てさせてみるのもいでしょう。

しかし、プレッシャーが強すぎると相手は負担に感じてあなたとの恋愛を諦めてしまうかもしれません。

さりげなく、ほんの少しプレッシャーをかけて、様子を見ましょう。

プレッシャーによって相手は心理的に慌てて、あなたに告白してくるかもしれません。
 

あなただけなんだよねと言うことを強調する

 
相手に告白させる方法はあなただけなんだよねと言うことを強調することです。

人は特別扱いされると誰でも喜ぶものです。他の人に普通に話している会話でも、その会話の中に「○○さんにだけ話すんだけど」と言った感じで、あなただけということを強調して言うことで本人は自分のことが好きなのかなという心理になってきます。

しかも複数会繰り返すことで、よりその気持ちが高ぶってきてどんどん気になってきて、告白されたい相手が自分から気持ちを伝えなきゃと告白してくるようになってきます。

告白されたい相手との会話をちょっと意識して一言加えるだけで大きく結果が変わってきます。   

スポンサーリンク


まわりの他の人とも楽しそうな表情をして話すことを心がける

 
相手に告白させる方法はまわりの他の人とも楽しそうな表情をして話すことを心がけることです。

告白されたい相手が自分だけじゃなくて他の人とも仲良くしている姿を見ると、他の人に取られちゃうと焦ります。

取られないうちに気持ちを伝えなきゃという気持ちが強くなって告白されたい相手が自分から気持ちを伝えなきゃと告白してくるようになってきます。
 

間接的に好意がありそうな情報を流してもらう

 
相手に告白させる方法は間接的に好意がありそうな情報を流してもらうことです。

友人に協力してもらって「○○さんのことカッコイイって言ってたよ」とか「○○さんのこと結構タイプって言ってたよ」という感じで告白されたい人に言ってもらいます。

言われた相手はその場のリアクションとしては本気にしていない表情をすることが多いのですが、内心ではものすごく意識します。

そして意識してからあなたと接するようになると、あなたの見方がどんどん変化していってあなたのことがどんどん気になってきて、その結果告白されたい相手が自分から気持ちを伝えなきゃと告白してくるようになってきます。

間接的に好意があることや褒められたりすると、直接言うよりもよりうれしく感じる心理を使ったテクニックです。
 

告白させる方法は女性にも効果的

 
いかがでしょうか。

今回は、相手に告白させる方法についてお伝えしました。

しかし、相手に告白させるための大前提となるのは、相手の人があなたのことを好きだという事なのです。

相手の普段の様子をしっかりと見て、自分に好意を持っているかという事を確認する事が大切です。

その上で、相手に告白させる方法にトライしてみましょう。

この配慮は男性も女性も関係ありませんよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク