恋人の作り方がわからないときの対処法4つ

 
恋人の作り方がわからない・・・という悩みを抱えている人がたくさんいます。

異性がいない、どう話していいかわからない、告白のタイミングがわからない・・・。

このようなことを考えては、一人で悩み続けてしまうのは時間がとてももったいないと言わざるを得ません。

恋人の作り方を理解するためにはもっと重要視するべきことがあるのです。

そこで今回は恋人の作り方がわからない人が知っておくべきことをご消化しします。

スポンサーリンク


恋人の作り方がわからない

 

好きな人の存在と出会う

まず大好きと思える人と出会う必要があります。

これが恋人の作り方の第一歩となります。

「出会いがないなぁ」と嘆くのでなく、出会う機会を作り出します。

今の環境で周りに好きになる人がいないなら、婚活・出会いや街コンなどのパーティーに参加してもいいです。

出会う手段は何だってかまいません。

大切なのはどういう手段で知り合ったのかではなく、つき合って幸せになることですから。

出典 恋人の作り方がわからない?社会人 必見! 高校生もOK

 

恋とするのはするものではなく、落ちるものだとよく言われますが、これは恋愛の本質をついた言葉でしょう。

まったく好きでもない人を無理やり好きになるのはとても難しいですし、仮に好きになったとしてもすぐに飽きるものです。

なので、限られたコミュニティの中で無理して誰かを好きになるよりも、好きな人が自然とできるまで、たくさんの出会いを繰り返すほうがよっぽど理にかなっています。

恋人の作り方がわからない人は本当に好きな人とただ出会っていないだけです。

なのでまずは出会いの数を増やすためにできる限りの行動をしましょう。

それだけでも今見えている世界が変わります。

スポンサーリンク


理想の条件を可視化させる

ノートとペンを用意。「こうだったら良いな」「こうだったら嫌だな」という加点ポイント、減点ポイントを各20個以上、思いつく順で構わないので書き出していきます。他人に見せるものではないので、正直に書きましょう。

「優しい」というような漠然とした書き方よりも、「指定席じゃなくても高齢者や妊婦さんに席を譲る」「メールをすぐ返してくれる」のように、できるだけ細かく書くよう心掛けます。

出典 恋人ができやすくなる! 条件リストの作り方

 
恋人の作り方が下手な人は、自分の理想のタイプや条件を明確になっていないケースがほとんどです。

出会いの数が増えるだけで恋人が飛躍的にできやすくなりますが、よりあなたに合った恋人を作るには自分を理解することが大切です。

自分に正直になって書けるだけ書いてみましょう。書き続けていくと不思議なことになんとなくある共通点が見えてくるようになります。

それがあなたの条件です。

出会いが増え、条件がわかっていれば将来的に幸せが継続することにつながります。
 

恋人の作り方は行動あるのみ

条件リストを作ったものの、引きこもっていては効果がありません。お誘いや、新たな出会いが期待できる場には、積極的に顔を出すようにしましょう。

恥ずかしがらずに周りの人に「こういう人がいたら紹介して」とお願いすることも大切。絶対条件が明確に出ているので、それを基準に紹介してもらった人は、高確率で自分に合う人です。

出典 恋人ができやすくなる! 条件リストの作り方

 
先述にも触れましたが、大切なことです。とにかく出会いの数を自ら増やさなければ恋人を作ることができません。

恋人ができない人ほど「恋人が欲しい」と口だけになってしまっています。その一方で恋人が途切れない人やモテて人生を充実させている人は、自然と行動しています。

「異性がいない環境だから・・・」なんていう言い訳は通用しません。今はいくらでも異性と出会うチャンスやサービスがありますし、多くの人がそれで恋人を作っています。

その事実を認識しないといつまでも恋人の作り方がわからないまま、一生を過ごすことになるでしょう。

まずは何でも試してみてコツをつかむことです。

スポンサーリンク


告白はしない

恋人・彼女になって欲しい、という女性に対して、「告白」するのが当然だと思っている男性は、その認識を直ちに改めてください。

ある程度仲良くなった状態で、軽い感じで「好きだよ」などと曖昧な好意を示すのは効果的なのですが、重い好意を伝える「告白」は、よほどの事情が無い限りするべきではありません。

なぜなら、告白に対して返事をするというのは女性心理にとってかなりハードルが高いことだからです。

出典 恋人・彼女の作り方~身近なところで探す

 
恋人の作り方がわからない人ほど安易な告白をしてしまいがちになります。

もちろんときには告白も効果的なケースもあるでしょう。しかしベストは告白をせずに、「いつの間にか一緒にいた」という状態です。

告白は失敗する確率も高まりますし、ほぼ100%上手くいくという確信があれば告白する必要はないからです。

異性と出会ったあとはメールやLINE(ライン)で定期的にコミュニケーションをはかれば、ご飯でもいこうとなるでしょう。

それが2度、3度続けばほぼ脈ありです。脈なしであればさっさと次の異性にいきましょう。

これは出会いの数が多い人だからこそできることですし、気持ちの余裕があるからこそ可能なテクニックなのです。
 

恋人の作り方が分からない人は難しく考えない

 
いかがでしょうか。

恋愛経験があまりない、恋人の作り方がわからない人ほどあれこれ考えてしまいがちです。

しかし難しく考える必要はありません。まずは失敗の山を築くことです。そうすれば絶対に経験値はたまりますし、自然とレベルアップします。

誰もが失敗を恐れるなか、あなたがどんどん行動して失敗をしていけば、それだけ成功する確率が高まります。

決してムダにならないのでまずは行動あるのみ!ということを覚えておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク