ユーモアのある人の6つの特徴とは?

ユーモアのある人とは、相手を傷つけることで笑いを生み出したり、場をなごませるというわけではなく、その正反対に上品なシャレで相手を楽しませたりするような人を表す言葉です。

まあ、一言で言ってしまえば「暴力的な面白さではなく、上品な言葉を使うことでの面白さ」といった感じでしょうか。

あなたはそんなユーモアな人でしょうか。

もしかしたら、憧れているのかもしれませんね。

そこで今回はユーモアのある人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


ユーモアのある人の特徴

 

語彙が豊富

 

なんてことのない出来事でも、ユーモアのある人が話をすれば笑えることがあります。

何故ならユーモアのある人は語彙が豊富で、言葉のチョイスが秀逸なのです。

つまらない話でも言い方を少し変えるだけで、与える印象が変わることを良く知っているのですね。

よってユーモアのある人は賢い人が多いのです。

本が好きでよく読んでいたり、人と話をするのが好きで沢山の人と人付き合いをする人はユーモアのある人になりやすいですね。

本を読んだり人と話をすることで自然と多くの言葉を学べるのです。

そうして学んだ言葉をここぞという時に使用して、人を笑顔にするのですね。

しかしながら彼等と同じように人を笑わせることができる者の中には、人を傷つける人もいます。

陰口や人を傷つけることを口にして笑いをとる人もいるのです。

語彙が豊富である点は同じなのですが、そのような人はユーモアがある人とは言えません。

ただ悪口が上手なだけであり、いつも誰かを傷つけていますし皆に好かれているわけではないでしょう。

ユーモアがある人は人を傷つけずに人を笑わせることができるので、人を悪く言うことはありません。

だからこそ慕われますし、皆に愛される存在なのです。

スポンサーリンク


発想力と想像力がある

 

ユーモアのある人は、人から聞いた話を理解するのが得意です。

想像力があるので、聞いた話をそのまま想像できてしまうのですね。

なので話している側に説明不足な点があっても話が通じやすく、頭のいい人だと思われやすいでしょう。

また、ユーモアのある人は発想力もあります。

独特な考え方を持っていたり、人とは違った視点で物事を見ているので斬新なアイデアを生み出すことができるのです。

解決できそうにない悩み事などを話してみると、考えたこともない答えが返ってくることでしょう。

ユーモアのある人はその想像力と発想力を活かして会話を盛り上げることができるのです。

人の話からその状況を想像して、斬新な発想を披露することで多くの人を笑わせるのです。

想像力はともかくとして、発想力はなかなか得られるものではありませんからユーモアのある人は貴重と言えるでしょう。

仕事でも困ったときなどにはいいアイデアがないかと頼りにされることもありますね。

このように、ユーモアのある人は多くの人に好かれて頼られますから人気者でもあります。

よって悩みが少なく、だからこそ人を笑わせるだけの余裕があるのです。

スポンサーリンク


他人の笑顔を見るのが好き

 

ユーモアのある人全てに共通する最大の特徴といえば、やはりそれは「他人の笑顔を見るのが好き」という部分ではないでしょうか。

もちろん他人の笑顔が嫌いだという人はあまりいないかもしれません。

しかし、ユーモアのある人ほど他人の笑顔を見ることが好きな人も、実はそれほど多くはないといえます。

たとえばユーモアのある人は、自分が面白いと感じて笑うことよりも、他人が自分の話を聞いて笑っているのを眺める方が好きです。

そしてそこから得られる喜びが、自身の行動の原動力ともなっています。

他人の笑顔を生み出すことで報酬を得ている芸人などは例外として、ユーモアのある人はいつも無償で周りの人たちに笑顔を与えてくれます。

ですからこのようなユーモアのある人の特徴は、実はかなり多くの人たちを知らず知らずのうちに幸せにしているものだといえるでしょう。

もしもあなたがユーモアのある人になりたいのであれば、まずは何よりも他人の笑顔が好きにならなければなりません。

常に自分の感情を最優先して過ごしていくのではなく、今よりももっと他人に対して興味を持ってみましょう。

 

相手がどう受け止めるのかを重視する

 

ユーモアのある人とそうでない人の話の内容には、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

たとえば普通の人は、自分が楽しいと感じた話題を口にすることが多いものですが、ユーモアのある人の場合は少し違います。

ユーモアのある人がいつも考えているのは、自分が楽しかったかどうかではなく、「今目の前にいる人がどれだけ楽しいのか」なのです。

つまりユーモアのある人には、「相手がどう受け止めるのかを重視する」という大きな特徴があるといえるでしょう。

ですから当然その場の空気を読む能力にも長けていますし、近くにいる人たち全員を幸せな気持ちにさせてくれます。

よく勢いに任せて喋ることが面白さには必要だと勘違いしている人がいますが、それは完全に間違いです。

ユーモアのある人だと周りから認められるためには、まずそういった認識を改めなければなりません。

自分がどうしたいのかではなく、相手がどう受け止めるのかを重視するという特徴を見習って、ユーモアのセンスを磨いていくしかないでしょう。

さらにこの特徴には人間関係を円滑に進められるというメリットもありますので、ユーモアのある人は常に良い人間関係の中にいられるのです。

スポンサーリンク


情報集めに余念がない

 

そもそも、誰かのことをユーモアのある人だと感じる瞬間とはどのようなときでしょうか?

それは、「ある事実について他人とは違った視点で見ている」と気づいた瞬間です。

もっと簡単に言えば、「少しひねった発言」をしたときに、多くの人がユーモアというものを感じているといえます。

しかし、これは「ある事実」を知っている前提の話です。

元々の事実を知らなければひねった発言などできるはずもありませんので、それは当然のことですよね。

つまりユーモアのある人は、そういった事実をたくさん知っておくための「情報集めに余念がない」という非常に大きな特徴を持っています。

そしてその事実について多くの人はこう考えるだろうから、あえて斜め上からの視点で見ていこうといった思考をしているわけです。

それなりの常識と知識がなければ、ユーモアは生まれてこないということをよく知っているからこその特徴だといえるでしょう。

あなたもユーモアのある人だと言われたいのであれば、すぐにでも情報集めを始めてみてください。

これまで知らなかった事実を知ることによって会話の幅も広がりますし、自身にとっての大きなメリットとなるはずです。

 

幸せを感じている

 

今の自分の生活に幸せを感じている人でないと、ユーモアのある人にはなれないでしょう。

自分の生活が不幸だと思っている人は、面白い話などできません。

自分のことすら笑顔にできないのですから、他人を笑顔にすることなんてできなくて当然です。

自分を不幸だと思っている間は面白いことでもつまらなく感じます。

他人の幸せを憎いと思ってしまうこともあるでしょう。

暗い気持ちで生きていたら、面白いことを見つけることも笑い話をすることもできないのです。

ゆえに、幸せを感じている人にしかユーモアのある人にはなれません。

そして、ユーモアのある人は他人と比べて幸せかどうかなどとネガティブに幸せを測ろうとはしません。

そのようなことをしていても落ち込んだり人を見下したりしてしまうだけなのです。

ユーモアのある人は自分の幸せを他の誰とも比べません。

自分が幸せだと思ったら幸せなのだと主張する、強気で意思の強い人が多いのです。

彼等はほんの少しラッキーなことがあっただけでも、自分の人生は最高だと思えるようなポジティブな人ばかりです。

ポジティブだからこそ幸せであり、ユーモアのある人になれるのでしょう。

 

ユーモアのなる人になりたいなら余裕を出そう

 

いかがでしょうか。

ユーモアのある人に共通するのはやはり「余裕」です。

余裕があるからこそ、無理やり笑いを作るといった焦ることがありませんし、相手との文脈をうまく利用して面白さを出します。

余裕を持つには心を安定させたりする必要がありますが、はっきりいってあなたが本当に余裕があるかどうかは相手にとって関係ありません。

単純にそう見せるだけでも、ユーモアのある人に近づきます。

無理やり自分を作って、相手に見せることで次第にあなた自身の中身も変わっていくことでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク