不倫と浮気の違い5つ

不倫と浮気の違いはなんなのでしょうか。

近年不倫をテーマにしたドラマがブームになり「昼顔妻」と言う言葉まで生まれ、不倫と言うイメージが定着している中で、みなさんは今まで一度でも不倫や浮気をしたことはありますか。

または一度でもしてみたいと思ったことはありますか。

そもそも不倫と浮気はどんな意味の違いがあるのでしょうか。

同じ様で違う二つの言葉の意味の違いについて今回ご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


不倫と浮気の違い

  • 既婚者と独身の違い
  • 肉体関係があるかないか
  • 気持ちがあるかないか
  • 独占欲が強いかそうでないか
  • 浮気と不倫の違いは人それぞれという意見も多い

 

既婚者と独身の違い

不倫と浮気の違いはさほどないように見えますが、「浮気」は結婚していなくても、していても、一方が他の異性と関係を持った場合に使われますが、不倫に関しては浮気をしている一方が既婚者であることが前提に一般的に使われています。

出典 不倫と浮気の違いはあるのか

結婚している人と結婚していない人とで一般的に分けられています。

どちらも、複数の異性が絡み合い、傷つく人と傷つける人がいる事には変わりはありませんが、重みがあるのは不倫の方が法律を逸脱しているので重みがありリスクを伴います。

対して浮気は結婚していないので問題ないと思うかもしれませんが、付き合っている人がいて、他の人と交際することは、二人を裏切ることになり傷つけていることに浮気も不倫も違いは無いので、浮気癖と言う言葉があるくらい止められないのかもしれません。

しかし、理性を持った行動をして自分の事を好きでいてくれる本命の人を大切にする気持ちを忘れないでください。

スポンサーリンク


肉体関係があるかないか

浮気というのは人によって、境界線が全く異なりますので、範囲がものすごく広いということは明らかです。

となると浮気の中に不倫が含まれていると考えるのがいいでしょう。
まとめると不倫というのは、「結婚しているか否か」というのが前提で、どちらかが結婚をしている場合の浮気でなおかつ、肉体関係があるということが、条件となります。

その為妻や夫が他の異性と食事をしたり、キスをした程度では不倫には、ならず単なる浮気と判断してもいいでしょう。

出典 不倫と浮気の違いって?

民法上では妻帯者のある人が他の人と肉体関係を結ぶことを不倫と言います。

対して浮気とは異性交際に置いて、本命の人以外の人と交際をすることを浮気と言います。

一般的に肉体関係があるかないかで分けられます。

不倫は肉体関係がある禁断の関係で、浮気は肉体関係が無くても心が浮つき色々と違う人に気が向くことを浮気と言います。

漢字からも双方の意味が感じ取られます。

肉体関係を持つ回数でも一度だけの関係は不倫ではなく、浮気になるという考えもあります。

ドラマでも不倫はドロドロしたイメージがあり、浮気は不倫に比べるとドロドロ感はなく、ドキドキした爽やかなイメージがあります。

抜け出せなくなるのがドロドロした不倫で、異性関係の縺れでは双方共通していますが、イメージは真逆と言った感じで、出来ればその三角関係の中に入りたくありませんよね。

浮気性な彼にとって浮気は病気のようなものなので、なかなか止めることは出来ませんが、不倫は今まで真面目な人がどっぷりとはまると抜け出せないイメージなので、不倫をしない対策はした方が良さそうです。

もし旦那さんに不倫されたくない人は出来るだけ家では旦那さんの事を優しくして挙げて下さい。

家で寂しい思いをしている人ほど外で愛情を求めてしまう傾向があるからです。

スポンサーリンク


気持ちがあるかないか

 
気持ちが入っているものが不倫で気持ちが入っていないものが浮気と分けられます。

気持ちが入っている不倫は許されないが、気持ちの入っていない浮気は多めに許して欲しいと言うのが男の人の言い訳です。

男の人は心と体が別という様に、気持ちが無くても肉体関係を持つことが出来ますが、女の人は気持ちがないと肉体関係に躊躇する傾向があり男性の方が浮気をしやすいと思われがちです。

実は女性の方が頭の回転が早く、彼と上手くいかない時に優しくされたり、旦那さんに本音で話せなくて、何でも聞いてくれる旦那さん以外の親密な男の人がいたりと女性の方が器用に使い分けて上手く嘘を付けるのです。

女性はみんな女優なので、見抜くことは難しいだけなのです。

気にかけてくれなくなったと思った頃が黄色信号なので、怪しいと思ったら奥さんに優しくしてみてください。
 

独占欲が強いかそうでないか

 
独占欲が強くなるのが不倫で、お互い遊びの様な関係が浮気というように、歴然と違いがあります。

たまにお互い会いたいと思った時に連絡して会うことで、頻繁に連絡や会わなくても気にならない言い方を変えると都合が良いのが浮気です。

対して、不倫はお互いが求め合い、連絡したいと思ったり、不倫相手を自分の物にしたいと思ったり、結婚したいと思ったり、独占欲が強い物が不倫です。

不倫は結婚したくて相手に結婚を迫ると今は出来ないと言われ不倫相手を恐喝したり、ストーカーしたり、独占欲が強くなりすぎて事件へと発展することもあります。

浮気ばかりされる都合の良い人になっていませんか。

大切にされているように感じなくなったり、いつも、デートらしいことはしたことがなく、肉体関係のみでバイバイしている関係は完全に遊びとしての浮気相手で大切にされていない証拠です。

そのような人にならない為にも相手を見る目を養いましょう。

優しい言葉に惑わされずに、行動を見て誠実なのか不誠実なのか見抜いて自分は浮気相手にされない様に気を付けてください。

スポンサーリンク


浮気と不倫の違いは人それぞれという意見も多い

「浮気と不倫の違いは?」って「馬鹿と阿呆の違いは?」と同じくらい説明し難いです。
言葉の意味の違いを知りたいのなら辞書で調べれば解りますし、
定義は人それぞれじゃないでしょうか。

そんな堅苦しいことは言わずに、
「とにかく交際相手(大切な人)を傷付ける様なことはしないで!」
でいいのでは? これでは足りませんか?

出典 不倫と浮気の違いがわからない

不倫と浮気の違いのまとめ

○浮気は、単なる気の迷い。
◎不倫は、相手と対の関係に発展する可能性を秘めている。

○浮気は、いつかは元に戻る。
◎不倫は、家庭崩壊に至る可能性を秘めている。

○浮気は、一時的な楽しみで、心の置き所を分かっている。
◎不倫は、ズルズルと関係が発展し、何かが犠牲になる可能性が大である。

○浮気は、あまり第三者を巻き込むことはない。
◎不倫は、泥沼化する可能性がある。

○浮気は、比較的短期に終わる場合が多い。
◎不倫は、どこまでも相手を必要とし長続きする可能性がある。

○浮気は、配偶者を見限らない。
◎不倫は、配偶者を見限る可能性がある。

○浮気は、配偶者に謝れば家庭は元の状態に戻る。
◎不倫は、配偶者か愛人のどちらかの選択を迫られる。

出典 不倫と浮気の違い

いかがでしたでしょうか。

一見、同じような意味合いでも、それぞれ深い意味がありますが、裏切り行為であることは共通して言えます。

二分に一組が離婚する時代で、不倫が原因で離婚している人も多く家族がバラバラになりとても悲しい想いをするのはされた方です。

浮気ばかりされてもその人の事が好きで辛いけど我慢している人もいます。

そんな想いを考えたら出来ないはずです。

大切な人を傷つけない様に二つの意味について改めて考えてみて下さい。

そしてパートナーの浮気・不倫が気になるならプロである専門家に一度アドバイスをもらうために相談してみましょう。

すべてがスッキリ解決するはずです。

▼関連情報
旦那の浮気チェック8つの方法

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク