冗談が通じない人の特徴や心理と対処法とは?

あなたの周りに冗談が通じない人はいるでしょうか。

あなた自身は比較的寛大だとしても相手もそうであるとは限りません。

ある程度、冗談が通じない人の特徴や心理を理解しておいて今後のコミュニケーションの参考にしておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は冗談が通じない人の特徴や心理についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


冗談が通じない人の特徴や心理

 

警戒心が強く人との間に壁がある

 

冗談が通じる関係になるには、それなりに距離が近かったり深い仲であることが前提としてあります。

逆に言えば、冗談が通じないのは、人に対しての警戒心が強く、人との間に壁があるから。

「どういう意味で言ってるんだろう?」と一つ一つの言葉を探ってしまい、本意を確かめようとしてしまう為に、冗談を冗談として受け止めることができないのです。

こうした人の場合は、人を信用し深い関係になるまでには相当な時間を要します。

疑って相手のことを見ていることで、自分の気持ちに余裕がなくなり、冗談を受け止めるほどの理解力がないのです。

いつも「この人は冗談が通じないな」と思う人がいたら、それは相手があなたのことをまだ警戒しているからかもしれません。

自分のことをより深く話してみたり、たくさんの時間を共に共有するなどして、もっと関係を深めないと、その警戒心を解くことはできません。

今は冗談を言い合える関係までに達していないことを理解し、通じるような深さの関係になるまで根気強く接していく必要があるでしょう。

あなたの努力次第では、今通じないと思っている相手でも通じる時がくるかもしれません。

スポンサーリンク


共感する能力が足りていない

 

相手に共感する能力があれば、冗談にも共感ができるはずです。

しかし冗談が通じないということは、共感することができず、自分の中の考えだけで判断してしまっているということです。

つまり、「自分が絶対」と思っている人にこそ冗談は通じず、共感してもらえることができないのです。

例えば相手から冗談で「バカバカしくてやってらんないよね」と言われたとします。

その出来事に対して必死に取り組み、努力している最中で、成功や結果を求めている人にとっては「なんでそんなこと言うの?頑張ってるのに」となるでしょう。

冗談を言ってきた相手は、ただ必死になって疲れているあなたを癒そうと思って冗談を言ったかもしれません。

しかしあなたは今目の前のことに必死で、先を見越した努力をしている最中。

自分の頑張っていることが「バカバカしく」で片づけられたと思い込んでしまい、ムキになってしまうことがあるのです。

ここには、相手を思いやるという気持ち、共感する気持ちが欠けていることが分かります。

冗談を言ってきた人は、あなたのことを思いやり、また疲れたことを共感したいと思って発した冗談。

でもあなたは自分の立場で、尚且つ自分の思いでしか物事を見ていないので、冗談が通じず真に受けてしまうのです。

スポンサーリンク


プライドが高く根が真面目

 

冗談の中には、相手を馬鹿にした言い方になったり投げやりになる言い方もあります。

それを真に受けてしまうのは、真面目な性格であるからであり、またプライドが高いことで怒りすら覚えることもあるでしょう。

真面目な性格の人は、なんでも真正面からの意味で捉えます。

バカにされたような発言であれば冗談だと思わずに見下されたと思い込み、笑って受け流すことができません。

プライドが高いことによって、単なる冗談の言葉も攻撃的な言葉に受け取ってしまい、相手のことを嫌いになることもあるでしょう。

冗談をそのまま受け止めれば、時に傷つくこと、悲しいこともあります。

相手は「冗談だと分かってくれる」と思って言っている為、そこに深い意味や本心は込められていません。

ただプライドが高く真面目なタイプにこうした冗談を軽はずみに言ってしまうと、関係を悪くしてしまう可能性は高くなります。

「冗談で言ったんだよ」と言っても、「冗談であってもそれが本心でしょ」と自分も相手も追い込んでしまいます。

こうしたことが原因で、人間関係が上手く築けず、孤立してしまう人もいます。

コミュニケーションの一つとして、冗談というジャンルがあるのだという認識が足りていないのでしょう。

スポンサーリンク


打たれ弱い

 

冗談が通じない人というのは、他人に対して強い態度に出ることが多いものです。

そのため、周りにいる人たちからは気の強い人だと思われているケースが非常に多くなります。

しかし、実はそれが冗談が通じない人の本当の姿ではないことをご存知でしょうか?

なぜなら冗談が通じない人は、「打たれ弱い」という大きな特徴を持っているからです。

冗談が通じない人は、決して鋼を心を持っているわけではありません。

誰でも「痛いところを突かれる」のは嫌なものだと思いますが、冗談が通じない人というのは他の人たちと比べても、その痛いところが非常にたくさんあるわけです。

だからこそ自分を守ろうといった意識が強く働き、その結果として他人に対して強い態度に出ることが多くなります。

このように冗談が通じない人というのは、実は弱い心の持ち主であるケースがほとんどです。

ですから、関わるのが面倒だと感じることも多いと思いますが、もしもあなたが「この人は冗談が通じないな」と思う相手に出会ったときは、できるだけ突っ込んだ話はしすぎず、優しく接してあげるようにしましょう。

 

強いコンプレックスを抱えている

 

心に余裕がある人と、そうでない人。

冗談が通じないのは、果たしてどちらでしょうか?

おそらく多くの人が予想できたと思いますが、当然ながらそれは後者になります。

冗談が通じない人には「強いコンプレックスを抱えている」という大きな特徴があり、他人と接するときにも心の余裕が全く持てていません。

常に自分と他人を比べながら、自分にない良い部分を持っている他人のことをうらやんでいる傾向にあります。

ですから他人が普通に冗談だと感じることができるような言葉でも、つい真正面から真剣に受け止めてしまい、その結果として周りの人たちから「面倒なやつだ」と思われてしまうわけです。

注意してほしいのは、「本人には何も悪気がない」という点になります。

あくまで抱えているコンプレックスが大きすぎる部分から来ている特徴ですので、根からの悪人というわけではありません。

もしも冗談が通じない人と話をするときは、そういった点を踏まえつつ、あまり過度に刺激したりしないよう努めましょう。

それはその人の個性のひとつだととらえて、受け入れていくしかないのです。

スポンサーリンク


そもそも会話が苦手

 

冗談が通じない人には、「そもそも会話が苦手」だという最大の特徴があります。

そしてそもそも会話が苦手なのですから、そのスキルも上がりようがありません。

ですから、相手が気を利かせたつもりで口にした冗談であっても、それが冗談だとはわからずに腹を立てたり、真面目な顔で反論してきたりするわけです。

本人も会話が苦手だという自覚はなんとなくですが持っており、あまり積極的に他人と話したがりません。

必要に迫られて会話をするときでも、基本的には短時間で終わらせようとします。

そうすることによって、冗談が通じない人は自分が不快になる場面を回避しようとしているのです。

もしもあなたが冗談が通じない人と接するときは、そんな相手に合わせてあげるのが一番でしょう。

何も冗談が通じないとわかっていて、長々と話し込む必要はありません。

用件だけを短く伝え、お互いが嫌な思いをすることなく会話を終了させればよいだけです。

どれだけがんばって話しかけてみたところで、冗談が通じない人の会話のスキルが向上することはありませんので、そういった特徴については諦めるしかないでしょう。

 

冗談が通じない人との付き合い方

 

否定的な冗談は絶対にNG

 

職場やプライベートで集団行動をする時に場の空気を和ませるために冗談を言う人はすごく貴重な存在になります。

それで時には否定的な冗談を言ったりして盛り上げていきますが、冗談が通じない人に否定的な冗談を言ってしまうと逆効果になってしまいます。

普通は否定的な冗談を言われても真に受ける事なく冗談として受け止めますが、冗談が通じない人は真面目な部分もあるので間に受けてしまい自分が否定された気分になってしまいます。

それにより怒り出してしまう事もよくあるので急に場の空気が悪くなってしまいます。

冗談が通じない人に否定的な冗談を言うのは絶対にNGなので注意しましょう。

また冗談が通じない人が仕事でミスをした時に普通に指摘した時も否定された気分になるので怒りだしてしまう事もよくあります。

冗談が通じない人が仕事でミスをした時は普通に指摘するのは控えて質問形式で優しく指摘するなど工夫すると効果的です。

優しく指摘すると冗談が通じない人でもミスをした事を認めやすくなるので解決する事が出来ます。

冗談が通じない人と付き合う時は否定しないという事を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク


出来ない人を演じる

 

冗談が通じない人はプライドが高くて人を見下している傾向があります。

人を見下しているので冗談が通じない人は基本的に自分より弱い立場の人間と仲良くする傾向があります。

逆に自分より優秀な人が出てくると嫉妬してしまう事も多くコミニケーションを取ろうとしても会話が噛み合いません。

それにより上手くコミニケーションを取れなくなるので冗談が通じない人の前では出来ない人を演じるのも一つの方法です。

知識が豊富なのに分からないフリをして質問したりすると冗談が通じない人も見下しながら教えてくれたりするので意外と上手にコミニケーションを取れてしまうものです。

また見下す事も出来ているので機嫌も良くなり場の雰囲気を悪くしてしまう事もありません。

冗談が通じない人と付き合う時は分からないフリをして出来ない人を演じながらコミニケーションを取ってみるといいでしょう。

しかし出来ない人を演じ過ぎてしまうと冗談が通じない人が調子に乗ってしまう事もあるのでほどほどにしておく必要もあります。

自分を安売りし過ぎるのも良くないのでどこまで出来ない人を演じるかも事前に考えておきましょう。

 

過保護に気遣ってみる

 

冗談が通じない人は自己中心的な部分もあり小さい頃から過保護に育ってきた傾向があります。

過保護に育ってくるとすべてが自分の思い通りになっているので理不尽な事が起きたりした時にパニック状態になってしまう事もよくあります。

それによりコミニケーションを取っている時に急に怒り出してしまう事もあるので普通の人とコミニケーションを取る時とは違った方法を考える必要があります。

冗談が通じない人は小さい頃から過保護に育ってきたので付き合う時はそのまま過保護に気遣ってみるのも一つの方法です。

過保護に気遣ってあげると冗談が通じない人もコミニケーションを取りやすくなり心を開いてくれる可能性もあります。

冗談が通じない人と付き合う時は過保護に気遣ってみてどのような感じになるのか様子を見てみるといいでしょう。

しかし過保護に気遣ってみて調子に乗ってくるようでしたら対応を変えていく必要があります。

調子に乗ってくるという事は気を遣って過保護にしてあげているのが分かってない事になります。

それにより自己中心的になってさらに空気を読まなくなるので注意しましょう。

スポンサーリンク


スタンダードな会話をする

 

冗談が通じない人に冗談を言ってしまうと急に怒り出してしまい場の空気が悪くなってしまう事がよくあります。

特にネガティブな冗談を言ってしまうと喧嘩に発展してしまう事もあるので冗談が通じない人と話す時は基本的に冗談は言わないようにした方がいいです。

そこで冗談が通じない人とコミニケーションを取る時はどのような話をすればいいのか分からなくなる事もあるのでしょう。

冗談が通じない人とコミニケーションを取る時は基本的にスタンダードな会話から入っていくのが無難な方法です。

日常生活の事についてや軽い世間話など誰でも会話出来るような事を話していれば上手にコミニケーションを取る事が出来ます。

スタンダードな会話ばかりしてコミニケーションを取っていると時間が経過してくるとともに飽きてきてしまいますが、冗談が通じない人に冗談を言って喧嘩に発展するよりかはマシなのでとりあえずスタンダードな会話でコミニケーションを取っていきましょう。

そこでお互い慣れてきたらその場の空気を呼んで通じそうな冗談でしたら会話の中に混ぜてみて様子を見てみるといいでしょう。

 

持ち上げながら会話をする

 

冗談が通じない人に中に自己中心的な考え方をする人も多いです。

自己中心的な考え方をする人は自分が一番目立っている存在と思っているので他の人が冗談を言い合って盛り上がったりすると機嫌を損ねてしまい場の空気を悪くしてしまう事もよくあります。

このようなタイプはなるべく関わらないようにするのが一番良い方法なのですが、仕事の時などはそうもいかないでしょう。

自己中心的な考え方をしていて冗談が通じない人とコミニケーションを取る時はまず持ち上げて機嫌を良くさせてあげる事が大切になってきます。

自己中心的な考え方をしている人は持ち上げられるとすぐハイテンションになる単純な一面も持っているのでコミニケーションを取る時に持ち上げるとすごく効果的です。

しかし持ち上げ過ぎてしまうと調子に乗って自分の自慢話や武勇伝を永遠と語り続けるので少しだけ持ち上げる程度にしておきましょう。

また自己中心的で冗談が通じない人を持ち上げている時は心にもない事を言っているので自分自身もストレスが溜まってしまいます。

ストレスが溜まらないようにするには持ち上げながら心の中では見下しておくといいでしょう。

 

冗談が通じない人には気をつけよう

 

いかがでしょうか。

冗談が通じない人はたくさんいます。

危険なのは、日頃あなたが付き合っている人が冗談が通じる人で、あなたもそれに慣れてしまっているときです。

そんなときに冗談が通じない人とコミュニケーションをいつも通りにとってしまうと、大きな地雷を踏んでしまう可能性があります。

あなたの世界で人を判断するのではなく、こういう人もいるということを理解しているだけでも接し方は大きく変わることでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ記事

剛毛女子の悩みと剛毛女子のムダ毛処理方法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク