彼氏が結婚を意識するきっかけ9つ

結婚に対する意識は女性と男性でかなりちがいます。

そのため、女性のほうは交際中の彼氏との結婚をかなりリアルに考えているにもかかわらず、彼氏のほうはまったく考えていないということが少なくありません。

では、交際している彼氏が「結婚」を意識するようになるのはどんな時か。

そのきっかけについてお話ししましょう。

スポンサーリンク


彼氏が結婚を意識するきっかけ

 

同世代以下の知人などが結婚したとき

 

これは男女を問いませんが、身近な人が結婚するとそれに刺激を受け、「自分も」という気になるケースがもっとも多いといっていいでしょう。

特に、同性の同世代以下の人がゴールインすると、人間どうしても一種の焦燥感を抱くもの。

そのとき、つきあっている女性がいる男性は、その彼女との結婚をリアルに意識するようになるのです。

冒頭でも触れましたが、男性は結婚に対して無頓着な人が多く、ふだんはあまり意識していません。

ようするに結婚に関してかなり鈍感なわけで、ですから、「身近な人から刺激されないと結婚を意識できないのが男性というもの」と言い換えることもできるでしょう。

 

結婚式に出席し、しあわせそうな二人の姿を見たとき

 

どんなに鈍感な男性でも強い刺激を受け、結婚を意識するようになるきっかけが、もう一つあります。

それは、結婚式や披露宴に出席したときです。

結婚式や披露宴に出席するというのは、新郎か新婦が兄弟や親類、あるいは親しい友人や同僚ということになるでしょう。

いずれにしても、もっとも身近な人なわけです。

そして、世代も近い人というケースが多いはず。

そうした人が結ばれて、晴れやかな人生のスタートを切る、その瞬間に立ち会うのですから、刺激を受けないはずがありません。

男性は女性より、そうしたシーンに臨むと、無条件で感激しやすいものです。

ですから、両親への花束贈呈や手紙朗読など涙のシーンも含めて、「なんてすばらしいんだろう」と無邪気に感動します。

そして、その感動が「自分も」という意識につながるのです。

こうした単純さも、男性の特性と言っていいでしょう。

スポンサーリンク


両親と会う

今までまったくそんなことはなかったのに、「今度、両親に会ってほしい」と言ってきたら、あなたのことを家族にも認めてほしいと思っているということです。
両親にあなたが気に入られれば、結婚の話もスムーズに進むと思うからです。

彼氏の両親に会うのは、緊張もするので、「えー嫌だ」と言ってしまう女性もいるかもしれませんが、そんなことは言わず、「いいよ、日程あとで決めよう」と言ってあげましょう。

両親と離れた場所に住んでいる場合などは、会いに行くのは容易ではないので、彼がどれだけ本気であなたを想っているか示していることにります。

出典 彼氏が結婚を意識している時に見せるサイン

 

大きなケンカをしたあとで仲直りしたとき

 

ここまでの2つは、ほかの人の結婚がきっかけになるケースでした。

ここからの3項目は、つきあっている2人の関係がきっかけになるケースです。

まず、大きなケンカをし、そのあとで仲直りしたとき。

平穏に交際しているとき、男性の多くは、「2人でいる幸せ」を認識しません。

つきあいたての頃はともかく、ある程度の長さの交際になると、それがあたりまえになってしまって、彼女の存在の大きさ、大切さを忘れてしまいがちになるのです。

それが、大きなケンカをして「別れの危機」を経験することによって、「彼女を失いたくない」という思いを強く持ちます。

そして、「彼女を失わないための社会的システム」として、結婚を意識するようになるのです。

スポンサーリンク


距離が空いているとき

男性はどんな女性を「手放したくない!」と思うのでしょうか?恋愛心理学的に言えば、それは「追われる女」です。男性には狩猟本能があり、自分が苦労して得たものほど価値があると感じます。多くの女性が男性側から告白されたい、プロポーズされたいと思うのも当然のことだと言えるでしょう。

よく「付き合う人がダメ男ばかり」と嘆いている女性がいますが、多くの場合、彼女が彼氏に尽くし過ぎてダメにしていると言われています。生涯のパートナーになるためにも、彼女が彼氏の母親代わりになってはいけないのです。

好きな人に愛されるため好意を示すことも大切なことですが、長い関係を築くためには、自ら距離を縮めすぎてはいけません。相手に好意を伝えながらも、ほどよい距離を保ち、男性の本能を満たすことで、結婚を意識させることができるはずです。

出典 彼氏と結婚したい!彼氏に結婚を意識させる方法15

 

お互い仕事が忙しく、なかなか思うように会えなくなったとき

 

社会人の場合、仕事の関係で、なかなか思うように会えなくなるというケースもあります。

この「会えない時間」が、彼氏の恋愛感情を刺激して、結婚の意識を生み出すことがめずらしくありません。

いつでも好きな時に会えると、相手に対する感情は高まりにくいもの。

逆に、会えないとなると「会いたい」という気持ちが強くなり、会えない時間が長くなればなるほど、「結婚すれば、こんなつらい思いをすないですむ」と考えるようになるのです。

スポンサーリンク


収入が増えたとき

収入が多くても
少なくても
自分の収入を打ち明け

彼女(あなた)の反応を探る傾向もあります。

結婚を意識し始めると男子は、
家計のことも考え始めます。

「俺の給料で食わせていけるか!?」

そんなこともぼんやり考えることもあります。

独身の時とは違い、

結婚すればライフスタイルが
変化し生活に掛かるお金も増えてきます。

・ お互いの生命保険
・ 子供が生まれれば教育費
・ マンションや一軒家を購入すれば住宅ローン
といろいろです。

年を重ねれば収入も増えるとは思いますが、
新婚の時からお金のことで
悩みたくは無いですよね。

また男性にとって収入が少ないから、
という理由で断られたら
プライドが傷ついてしまいます。

プライドを守る為の防御策として
男は確認しておくのでしょうね。

ただ、一点注意が必要です。

それは、収入が低いから結婚はむりだ。
ってアピールにもつながっているからです。

出典 彼氏が結婚を意識してる!?3つのチェックポイントはこれだ!

 

転勤などで遠距離恋愛になるとき

 

前項の、もっとも典型的なケースが、転勤やどちらかの留学などによる連距離恋愛です。

実際に、長くつきあってきたカップルが、どちらかの転勤をきっかけにしてゴールインするというケースが少なくありません。

もちろん、遠恋になるのをきっけに別れるカップルもいますが、結ばれるカップルもたくさんあるのです。

「会えなくなる状況」が目の前に現れることによって、彼氏が「結婚」を強く意識するようになるわけです。

スポンサーリンク


周りの結婚状況を伝えてくる

20代も中盤くらいになると結婚率は上がり後半になると更に増え、30代に入ったらどんどん残りも減っていきます。

周りの友人の話題をネタにし自分たちの関係を今度どうしていきたいのか話してみるのもよいきっかけになります。

結婚に関する話はデリケートなので自分からストレートには聞きにくいもの。

友人の結婚式に参加すること、子供が生まれた友人の話を出したり、新婚さんの家に遊びに行ったことなどの話題からなら前置きも十分で話も持っていきやすいでしょう。

彼が結婚式に参加する機会があれば思ったことや感想など聞いてうまく自分たちの話題に切り替え、自分たちにも結婚という未来があることを意識させましょう。

出典 彼氏に結婚を意識させる方法9つ

 

彼氏が結婚を意識するきっかけ9つ

 

・同世代以下の知人などが結婚したとき

・結婚式に出席し、しあわせそうな二人の姿を見たとき

・両親と会う

・大きなケンカをしたあとで仲直りしたとき

・距離が空いているとき

・お互い仕事が忙しく、なかなか思うように会えなくなったとき

・収入が増えたとき

・転勤などで遠距離恋愛になるとき

・周りの結婚状況を伝えてくる

交際中の彼氏が結婚を意識するようになるきっかけを、5種類紹介しました。

周囲の人や知人の結婚がきっかけになるケースが2例。

交際している二人の関係の変化がきっかけになるケースが3例。

もし、女性が彼氏に結婚を意識させたいと考えるなら、身近な人の結婚を話題にしたり、わざと会えない時間を増やしてみたりといった工夫も、時には有効でしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク