彼氏と結婚したいと思う瞬間や彼氏と結婚したい人がやるべきこと

あなたは彼氏と結婚したいと思っていないでしょうか。

まだまだ結婚なんて先の話だと思う人もいれば、もう今すぐにでも結婚したい!と思う人もいることでしょう。

しかし、彼氏の気持ちを待っているだけでは、婚期が遅れ、もしかしたら生涯独身のままかもしれません。

やはり大好きな人と結婚はしないですよね、

そこで今回は彼氏と結婚したい人がやるべきことなどについてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

【目次】
彼氏と結婚したい!とおもう瞬間
彼氏と結婚したい人がやるべきこと
彼氏と結婚したい人が彼氏の気持ちを確かめる方法
彼氏と結婚したいけどお金がないときの解決策
遠距離恋愛中で彼氏と結婚したいときにやるべきこと
彼氏と結婚したいかわからない理由
彼氏と結婚したいかわからないときの対処法
彼氏と結婚したいときのおまじない

スポンサーリンク


彼氏と結婚したい!とおもう瞬間

 

大ゲンカからの破局の危機を乗り越えた瞬間

 

女性が交際している彼氏と結婚したいと感じるタイミングとして、まずあげられるのが、「破局の危機を乗り越えた瞬間」でしょう。

ある程度長い交際になっている彼氏と、何らかの理由で大ゲンカをしたとします。

いつになく、関係が悪化して、連絡もお互いにしなくなると、そのうち「もしかして、このまま破局してしまうのでは」と不安になります。

その不安に耐えられず、自分の方から連絡をして、仲直りできると、「もう、こんな辛い思いはしたくない。自分にはこの人しかいない」と感じ、結婚を決意するわけです。

また、破局の不安を感じ始めた時に彼氏から連絡があり、「ゴメン」の一言を聞いた瞬間も、女性が「この人と結婚したい」と思うタイミングと言っていいでしょう。

 

病気で寝込んでいる彼氏を看病している瞬間

 

ひとり暮らしの彼氏が、風邪などで寝込んだ場合、多くの女性は彼氏の部屋に行って、看病をしようとするでしょう。

食欲のない彼氏のために、消化の良い料理を作ってあげたり、着替えを手伝ったり、洗濯をしたりと、身の回りの世話を焼くわけです。

ふだん、彼氏の身の回りの世話をしている人でも、彼氏が病気で寝込んでいる状態だと、いつもとはちがう感覚を持つものです。

「この人の近くにいて、ずと世話を焼きたい。この人のサポートをずっとしていたい」という気持ちです。

それは、女性特有の強い母性にもとづく心理と考えていいでしょう。

「彼氏を守りたい。彼氏の役に立ちたい」という意識がいつもよりも強くなった瞬間、「結婚したい」と思うのです。

スポンサーリンク


ダブルデートで刺激を受けた瞬間

 

ダブルデートがきっかけで、女性が結婚を決意するケースも少なくありません。

友人カップルとダブルデートをすると、それだけで刺激を受けるものです。

人間には「ライバル心」がありますので、友人カップルが仲よさそうにしているのを見ると、「負けていられない」という気持ちになるわけです。

そういう心理は、男性よりも女性の方が強いと言っていいでしょう。

また、友人の彼氏と比べることで、自分の彼氏の魅力を再発見することもあるでしょう。

特に、いっしょにいることが当たり前になっているようなカップルでは、改めて彼氏の魅力を認識し、「この男性を選んでよかった」と感じるわけです。

そしてその瞬間、「やっぱり私にはこの人がベスト。結婚したい」と思うのです。

 

デートが終わって帰ることになった瞬間

 

好きな彼氏と一緒にいられるデートをしていると、時間が止まったかのような気持ちになったり、永遠とこの時間が過ごせればいいのにと願う女性も多いでしょう。

ただ、それぞれ仕事を持っていたり、その後予定が入っているとなれば、当然デートを終えて離れなければなりません。

離れることで寂しいと感じたり不安を感じるようになると、女性は四六時中一緒にいる気持ちになれる結婚という形が欲しくなります。

結婚すれば、例え一緒に過ごすことが出来ない時間があったとしても、帰る先は同じという安心があるからです。

デートが終わる、離れ離れにならなければならない瞬間に、結婚したい!という気持ちが高まるでしょう。

スポンサーリンク


友達や家族から彼氏を絶賛された瞬間

 

自分が「この人と結婚したい」と思うことも大事ですが、周りから認めてもらったり祝福してもらうことも重要です。

付き合っている彼氏を家族や友人に会わせてみたところ、「あんなに良い人他にいないよ」などと褒められると嬉しくなるもの。

それと同時に、「この人を逃すわけにはいかない」とか「私にはもったないくらいの人なんだ」と思うことで、結婚したいという気持ちが出てきます。

自分が「好き」と思っていること以上に、周りからの評判が良いと、貴重な存在に感じるもの。

絶賛されたり羨ましく思われることによって、自分の気持ちが膨らむということもあるのです。

 

友人の結婚式に参加した時

 

友人の結婚式に出て、幸せそうな友人を見ると、嬉しく感じると共に、自分のことに置き換えてみる人もいます。

結婚をより近くに感じる結婚式は、自分の結婚を想像する機会でもあります。

その時「彼とはこんな結婚式にしたいな」「彼と結婚したらどんな生活なのかな」ということを考えるようになり、結婚を強く意識するように。

また結婚式で皆が笑顔になっていることで、「結婚っていいな」と余計に思い、イメージが大きくなっていくことでしょう。

結婚というものを具体的に、近くに感じることで、結婚したいという気持ちを強く持つのです。

スポンサーリンク


彼氏と結婚したい人がやるべきこと

 

自分を支えてくれる相手だと思わせる

 

一緒にいて楽しいと思える人は、恋人としてなら十分素敵な相手です。

しかし結婚は交際とは違います。

一生を共にする相手となるのだから、ただ一緒にいて楽しいだけの相手とはなかなか結婚には踏み切れないでしょう。

肝心な時に自分を支えてくれる相手でなければ、男性だって不安になります。

彼氏が落ち込んでいる時や困った時に見て見ぬふりはしないで、しっかり支えてあげるようにしましょう。

結婚をすれば多かれ少なかれお互いピンチになるようなことはあるものです。

けれどそのような時がきてもこの人となら大丈夫とさえ思ってもらえれば、自然と結婚の話も出てくるようになるでしょう。

 

家事はなんでもできるようになっておく

 

現代は共働きの家庭が多く、男性も家事をするようになってきています。

なので必ずしも女性がすべての家事をするわけではないでしょう。

ですが家事ができない女性が好きだという男性はまずいません。

特に料理は重要です。

毎日働いて帰ってきておいしいご飯が食べられるというのはとても幸せなことです。

奥さんが料理上手というのは自慢にもなりますから、料理が得意な女性と結婚したがる男性は多くいます。

家事が元から得意なら問題ありませんが、苦手な方は少しでも上手にこなせるように努力しておくべきでしょう。

この人と結婚すればいつでも綺麗な家でおいしいご飯が食べられるのだと想像してもらえるようになれば、結婚はもうすぐです。

スポンサーリンク


両親と仲良くなっておく

 

嫁姑問題もあることですし、彼の両親と仲良くなるのはとても大変なことでしょう。

しかし味方についてもらえると非常に心強い存在になります。

彼氏と結婚したいと本気で思うのなら、彼の両親とは仲良くなれるように接点を多く持つべきです。

好かれるようにプレゼントを贈るのもいいでしょうね。

こんな子に嫁にきてもらえたらと思われたなら両親から結婚の話が出るようになるでしょう。

また、仲良くなっておけば結婚後も何かあるたびにサポートしてくれるので、できるだけ良好な関係を築いておくべきです。

自分の両親と仲が良い女性は男性にとって理想の女性なので、両親と仲良くしている姿を見て結婚を決める男性もいるでしょう。

 

彼氏と結婚したい人が彼氏の気持ちを確かめる方法

 

これからのこと、どう考えてるの?と直接聞いてみる。

 

彼氏との付き合いが長くなってくると、女性であれば将来のことを考えるようになるのは当然のことです。

しかし、彼氏の気持ちが分からずに、これからも彼氏と付き合い続けていてこのままでいいのかな?と不安になる女性もたくさんいます。

そこからすれ違いが生じないためにも、彼氏にその不安な気持ちを正直に打ち明けてみるのがいいでしょう。

もしもあなたとの将来をしっかりと考えているのであれば、親身になって話を聞き、将来のことを二人で話し合うことができるはずです。

そこで話を逸らしたりするようであれば、将来を考えていない可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク


友人の結婚や出産の話をする

 

「友達が結婚式を挙げた」

「友達が出産をした」

などと友達が新しいライフステージへ移っていくことを話題にしてさりげなく彼氏の気持ちを探るのもひとつの方法です。

特に20代後半の女性であれば周りの友人が結婚したり出産する人が増えてくるので、自然な流れで話を持ちかけることができるでしょう。

ここで「僕たちもそろそろ結婚したいね」「子供ができたらいいね」などと将来を想像させるようなことを話すのであれば、あなたとの交際を真剣に考えているでしょう。

「別にどうでもいい」「まだ早くないか?などというようであれば、彼氏に結婚する気はまだないでしょう。

 

ブライダルフェアなどに出かけてみる

 

実際に結婚をイメージできる場所に出かけてみるのもおすすめです。

土日であればブライダルフェアを行っているので、オープンな雰囲気で気軽に会場内を見て回り、結婚のイメージを2人で抱くことができるでしょう。

誘いづらいという人は、結婚を意識させずに「料理が食べられる」「特典がついてきて、プレゼントをもらえる」などと、ブライダルフェアに行くとお得なことがあるのを話して少し寄ってみるだけでもいいのです。

帰った後に2人で「良かったね」「結婚式あげたいね」などと明るく話が盛り上がるようであれば、彼氏は結婚を真剣に将来的に考えているでしょう。

スポンサーリンク


彼氏と結婚したいけどお金がないときの解決策

 

生活費を削減して貯金する

 

まとまった結婚資金を用意しなければならないのに、お金が無くて大好きな彼との結婚を躊躇しているならば、まずは生活費を削減しましょう。

通勤できる距離に実家があるのに一人暮らしをしている人は、まず実家に戻って生活費を大幅にカットしましょう。

ご家族の了解を得られれば、実家に戻ることで家賃や光熱費を減らすことが出来ます。

実家にお金を入れるとしても、一人暮らしをしているときほどの金額はかからないはずです。

その分のあまったお金を結婚資金として貯金をしていきましょう。

実家に戻れない場合は、生活費を見直して少しでも節約して浮いた分を貯金しましょう。

 

同棲して生活費を削減して貯金する

 

もし、お互いに一人暮らしをしているカップルである場合は、同棲をすることで大きく家賃が削減されます。

それだけでなく、別々にかかっていた光熱費も一つにまとめられますので、その部分のコストカットも可能となるのです。

そして、削減できた生活費をお互いに協力しあって貯金をするということで、結婚式を貯めながら絆も深まるというメリットもあるでしょう。

また、一緒に暮らすことでお互いの知らない一面を知ることになり、実際の結婚生活の予行演習という意味でも同棲は大きなメリットがあります。

目標金額が貯まったらダラダラと同棲生活を続けるのではなく、きちんと入籍するようにしましょう。

スポンサーリンク


両親に借りる、または援助してもらう

 

真剣に彼との結婚を考えているという熱意を伝えて、どれだけの金額が必要なのかをきちんと紙に書いて用意してからお願いしてみましょう。

結婚するには、彼と住む家や結婚式の費用など、まとまった金額が必要となります。

親であれば無利子で貸してくれるでしょうし、借金ではなく援助としてお金をもらえるかもしれません。

可愛い娘のために、両親が頑張ってくれる場合があります。

もし親に借金するのであれば、毎月の返済可能額をきちんと明示することが大切です。

親子関係とはいえ、金銭的なことはクリーンにしておかなければなりません。

 

遠距離恋愛中で彼氏と結婚したいときにやるべきこと

 

彼氏が住んでいる場所で働けそうな場所を考える

 

遠距離恋愛中で彼氏と結婚したいときにやるべきことのひとつに職探しがあります。

すでに今仕事をしている人も、遠距離中の彼氏と結婚するとなると職を変えなければいけないということがほとんどです。

特に彼氏が住んでいる場所に自分が移住するとなると、慣れない土地での職探しに迷ってしまうことも多いので、結婚前の遠距離恋愛中から職探しをしておくと良いでしょう。

通勤までの時間や距離、また住むところに多い銀行なども把握しておくと良いです。

銀行は住む地域によってメインとなっている銀行が違うので、遠距離恋愛中に便利な銀行を探しておきましょう。

スポンサーリンク


彼氏の住んでいるところの生活習慣などを調べる

 

結婚すると、結婚相手の家族だけでなく結婚相手が住んでいる街の風習や地域性、生活習慣なども意識しなくてはなりません。

イベントや行事や昔ながらの風習が強く残っているところであれば、他から嫁いできた人にはわからないことも多いものです。

遠距離恋愛中の彼氏と結婚する時は、結婚してからその土地の風習に困るようなことがないように、彼氏の住んでいる土地の風習や生活習慣も調べておくと良いでしょう。

親戚や知り合いがまったくいないような土地であれば誰も頼れる人もいないので、自分で調べておくということが必要になってくるでしょう。

 

彼氏の家族、自分の家族との仲を良くしておく

 

遠距離恋愛中の彼氏と結婚する時は、結婚準備も手間と時間がかかってしまうことがほとんどです。

特に結婚準備の場合は相手の親と自分の親の意見を聞いているうちに揉めてしまうことも多いです。

遠距離恋愛中でなかなか会えないことで話がこじれてしまう原因になるようなことも珍しくないので、彼氏の家族と自分の家族との仲を良く維持していくということが大事です。

遠距離恋愛中で自分たちの仲が悪くならなくても、両家の仲が悪くなることでギクシャクしてしまうことというのは少なくないものです。

ですから彼氏の家族と自分の家族の仲を良くしておくということは必要でしょう。

スポンサーリンク


彼氏と結婚したいかわからない理由

 

性格や価値観が本当に合うかわからない

 

毎日生活を共にする結婚生活においては、性格や価値観が合うかどうかが本当に大切です。

デートで半日遊ぶだけなら楽しいけれど、旅行に行ったときに長時間一緒に居るのはしんどかったなという記憶があると、本当に居心地がいい関係なのか自信が持てなくなってしまいます。

そのような小さな不安が積み重なると、今は楽しくても10年後、20年後も仲良く暮らせるだろうか、と心配になってしまうのです。

結婚は日常生活を共にするパートナーを決めることであり、相手と一緒にいるときに自分が自分らしく、疲れずに生活できるかどうかを見極める必要があります。

背伸びをして彼氏に合わせているようなところがあると、彼氏と結婚したいかわからない、という状態になってしまいます。

 

彼氏の収入面や金銭感覚が気になる

 

結婚するとなると、生活面で満足できるか、ということも気になってきます。

彼氏の収入や仕事は、自分の生活に直結してくるので、見逃せないポイントです。

彼氏と結婚したいかわからない人は、「彼氏のことは好きだけど、自分が金銭的に満足できる生活ができるか自信がない」という思いがあるのです。

例えたくさん稼ぐ彼氏でも、たくさん使ってしまう人では不安な思いは拭えません。

逆に、すごくケチで倹約家な彼氏でも、一緒に暮らしていると息が詰まりそうだ、と思います。

彼氏が、しっかり真面目に働いて、普段は倹約しつつも楽しむときは適切にお金を使える人であれば、結婚への不安はなくなるはずです。

スポンサーリンク


もっといい人がいるかもしれない!という気持ちがある

 

今の彼氏は好きだけど、もっとイケメンでお金持ちな人と今後出会うかもしれない、と思うとなかなか今の彼氏との結婚に踏み切れません。

結婚は一生のうちに何度もしたいものではないので、合わなかったら次に行こう、と恋愛のように軽くは考えられませんよね。

また、自分はどうしても東京で暮らしたいという人は、転勤を伴う仕事についている彼氏よりも、東京でずっと働いてくれる人を探すものです。

どこかは妥協しなければならないこともありますが、若いうちは「もっと、もっと…」と条件で人を見てしまいがちです。

高望みしている人ほど、なかなか今の彼氏との結婚を決断できないのです。

 

彼氏と結婚したいかわからないときの対処法

 

彼氏のことを冷静に分析してみる

 

彼氏と結婚したいかどうかわからないときは、今一度「彼氏のことを冷静に分析してみる」必要があります。

つまり、結婚したいほど彼氏のことが好きなのかどうかという自分の感情の部分ではなく、彼氏はいったいどんな人物なのかという点について深く考えてみるのです。

彼氏は優しいのかそうでないのか、頼りがいがあるのかそうでないのか。

そういったさまざまな部分について一つひとつ分析し、彼氏が結婚相手としてふさわしい人物であるのかどうかを、しっかりと見極めることが重要になります。

そのためには、まず一度深呼吸して、心を落ち着かせてから考えるのがベストでしょう。

スポンサーリンク


迷っている原因を明確にする

 

彼氏と本当に結婚したいのかわからなくなったときは、自分の心になぜそのような迷いが生じているのか、原因をハッキリさせなければなりません。

彼氏に何か不満があるから結婚したくないのか、結婚自体に不安があるからなのか、もしくはまだ結婚自体を望んでいないのか…

考えられる原因はたくさんあるからです。

原因を明確にしないまま悩み続けたとしても、自分で納得できる答えが得られる可能性は低いでしょう。

彼氏と結婚したいかわからなくなること自体は、決して悪いことではありません。

なぜなら、それだけあなたが結婚について真剣に考えているということだからです。

多少時間がかかっても構いませんので、原因を特定してから、もう一度彼氏と結婚したいのかどうかを考えてみましょう。

 

結婚についてもう一度深く考えてみる

 

彼氏と結婚したいかどうかわからなくなると、そんな自分を責めたり、罪悪感を抱いたりしてしまうものですよね。

しかし、結婚は人生の中でも非常に大きなウエイトを占めるものなのですから、そこで迷ってしまう自分を咎める必要はありません。

そんなときは、「結婚についてもう一度深く考えてみる」ようにしましょう。

もしかすると迷っている理由は、あなたが結婚以外にやりたいことがあるからかもしれません。

つまり、彼氏に対して何か思うところがあるわけではなく、結婚すること自体に二の足を踏んでいる可能性もあるということです。

結婚が自分に何をもたらしてくれるのか。

そこをもう一度深く考えてみることで、より良い結論が出せるようになるでしょう。

スポンサーリンク


彼氏と結婚したいときのおまじない

 

婚姻届を常に持ち歩く

 

彼氏と結婚したいなら、婚姻届を持ち歩くおまじないが効果的です。

簡単にできる割に彼氏から結婚を持ちかけられる確率が高い方法です。

ただ持ち歩くだけでなく彼氏とデートしている最中に、目に付くようにするとなお効果的です。

彼氏は彼女が結婚したいという意識を持っているということに婚姻届を見て気づくため、結婚に対して積極的に動いてくれるようになる可能性が高くなるのです。

ただし付き合って一ヶ月も経たないうちに婚姻届を見せてしまうと、重い女だと思われて引かれてしまう可能性もあるため、ある程度付き合いを経てからこのおまじないをやったほうが良いです。

 

待ち受けの画像をあるものに変える

 

彼氏からプロポーズされる確率が高まると言われている待ち受け画像があります。

それは四葉のクローバーです。

四葉のクローバーは幸福の証でもあるため、待ち受け画像にすると恋愛運や結婚運などが高まると言われています。

四葉のクローバーさえ写っていれば、どんな画像でも構いません。

また他にもウエディングドレス姿や結婚式の様子を写した画像などを待ち受けにするのも効果的です。

目指しているものを常に目が届くような環境に置くことによって、自分磨きに熱が入りやすくなるというメリットがあります。

視覚の効果というのは絶大ですから、待ち受け画像を使ったおまじないは理に適っていると言えます。

スポンサーリンク


結婚したい相手の名前を鏡に向かって呟く

 

誰々と結婚すると鏡に向かって呟くおまじないをすれば、結婚できる確率が高まります。

鏡に向かって呟くというのがポイントで、このおまじないは潜在意識や深層心理に語りかけるのです。

結婚したいという思いが刷り込まれることによって、内面から変化していきます。

一種の自己暗示のようなものであり、常に語りかけることによって結婚に対して前向きになり、失敗のビジョンが思い浮かばなくなってくるのです。

メンタルというものはあらゆることに影響を与えます。

このおまじないによりメンタルが強くなることで自信に繋がり、結果彼氏から魅力的な女性に映りプロポーズされやすくなるということなのです。

 

彼氏と結婚したいなら待っているだけではダメ

 

いかがでしょうか。

結婚というのは、お互いの気持ちが同じ方向へ向いていないといけません。

彼氏が結婚に対して全く何も考えていないのであれば、あなたがそれなりに努力して、結婚を意識させなければいけないでしょう。

いずれ結婚を考えてくれるだろう・・・なんてのんびり待っていたら、悲惨な目にあってしまいますよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク