彼氏と距離を置くための期間や注意点4つ

彼氏から距離を置こうと切り出された女性は決して少なくはないはずです。

突然の事にパニックになってしまったり、またはそろそろ言われると思っていたという人もいるかもしれません。

しかし、この彼氏と距離をおくというのはつらいかもしれませんが、メリットもあります。

別れそうだったカップルが距離を置いたことにより復縁したという例もあります。

この文章では彼氏と距離を置く期間が生んでくれるメリットと距離を置く期間の目安について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


彼氏と距離を置くための期間や注意点

 

彼氏と距離を置いた期間が生んでくれるメリット

人にはやたらにイライラする期間・時間のようなものがあるものですが、そういうことも時間が大体解決してくれるので、喧嘩が少なくなるというのは、距離を置くことの大きなメリットと言えるでしょう。
距離を置いて顔を合わせないようにして、心を落ち着かせると、今までどうしてそんなことでこんなにイライラしていたんだろうと、考えを改めることが出来るのです。さらに言えば、距離をおくことでしか、その結果にはたどりつけないのです。
どうしても一緒にいるとイライラしてしまい、頭ではわかっているのに、思ってもいないような言葉を相手に浴びせてしまったり、思いもよらない行動をしてしまったりするのが人間なのです。
それを避けて、余計な喧嘩を少なくするために距離を置くのです。この事を理解すると、距離を置くことは、すごくポジティブな意味のあることだとわかりますよね。

出典 もう言われても落ち込まない!彼氏と距離を置くメリットとは

彼氏と距離を置いたことが生んでくれるメリットは色々あります。

例えば、ストレスを発散できるというメリットが考えられます。

彼氏と距離を置くような状態になっている場合は、会えば会うほどストレスがたまるような状態だった可能性があります。

人はどんなに愛し合っている者同士でもずっと一緒にいるとストレスがたまるものです。そのため、この距離を置く期間にはずっと一緒にいた事でたまったストレスを発散できるメリットがあります。

しばらくしてストレスを発散した後に彼氏に会ってみると、何であんなにいらいらしていたのかと不思議になるほど穏やかに二人の時間を過ごせる可能性もあります。

ただ、距離を置いた期間に全くあなたも彼氏も変わっていないなら、また同じようにストレスが溜まってしまうでしょう。

ぜひ、距離を置いている期間中に自分自身を見つめなおしてみるよう心掛けて下さい。

また、距離を置くことでもう一度彼氏の事を好きになる事が出来るメリットもあります。普段は当たり前になっていた彼氏のやさしさやいつもしてもらっていた事に気づくかもしれません。

このような事は一緒に過ごしている間はなかなか気づかないものです。

人のいい部分は離れて過ごしている時間に気づくものです。

距離を置いている間に彼氏のいいところを再認識し、彼への愛を再び燃え上がらせることが出来るかもしれません。

スポンサーリンク


彼氏と距離を置くためにはルール作りが重要

とりあえず冷却期間を受け入れること。
そして可能であれば、距離を置くと決めた時点で、空白期間におけるルールを話し合います。
・次回会って話す日程(暫定で2ヵ月後、など)
・距離を置く期間の連絡可否(電話やメールをするかしないか、など)
……は決めておいたほうがいいでしょう。

ただし、感情的になっていて約束するのが難しそうなら、その場は諦めたほうが無難です。数日後、なるべく事務的に取り決めを行いましょう。

ルールを決めておくといいのは、言われた側(今回はあなた)の不安を増大させないためです。これまで毎日メールをしていた関係から、急にまったく連絡を取らなくなったら、本来距離を置くことになった原因とは別に無用な不安が生まれてしまいます。

出典 意味・期間?「距離を置く」と言われたらやるべき

 

彼氏と距離を置く期間の大体の目安

 

では、彼氏と距離を置く期間はどのくらいを目安にすればいいのでしょうか?

どのような状況かによっても違いますが、大体1週間、3か月を目安にすればいいのではないかと思います。

例えば、彼氏と些細な事で喧嘩をしてしまってどうもそれが引っかかって、イライラしてしまうので喧嘩を避けるために距離を置こうというケースがあるとします。

このような場合は1週間も冷却期間を置けば問題ないでしょう。

人は長い時間怒り続けるというのはなかなか出来ないものです。

1週間もすれば気持ちも晴れて、また彼氏と楽しい日々を過ごせることでしょう。

しかし、3か月の冷却期間を取るケースはもっと深刻なケースになります。

恋愛の状況に関して根本的な行き詰まりを感じている場合にはこのくらいの冷却期間を取った方がいいと思います。

3か月の冷却期間を置いても恋愛関係が好転しない場合にはもう別れた方がいいでしょう。

この3か月の間で恋愛関係を好転させるためには自分を磨くしかありません。

自分磨きを続けることで3か月後には彼氏に変わったと思ってもらえるくらいの自分になること、それが冷却期間を置いてもう一度恋愛を復活させるための唯一の方法になります。

彼氏と距離を置く期間は長くとも3か月までを目安にしましょう。

スポンサーリンク


愛があれば距離をおいても問題なし

私は約4ヶ月もの間、メールもお話しもしないでひたすら携帯返してもらうのを待ち続けました。

ついこの間いょいょ新しい携帯を買ったらしく久しぶりにメールがきました。私の中では、
『もぅ、私のことがすきじゃなぃのでは?』
という不安がすごく大きかったし、本当は彼の事が好きだけど、『別れて新しい人を探そうかな?』という気持ちも少しありました。

なので、思いきってメールの返信で、
『まだ、私のこと好き?』
と聞いてみたら、
『好きだよ』
と言ってくれました。

一途な彼だったからかもしれないけど、距離をおいても愛はあるんだな!!と感じました。
いまでは、とってもラブラブです。

出典 恋人と距離をおいた経験がある人にお尋ねします。

 

彼氏と距離を置くための期間や注意点4つ

 

・彼氏と距離を置いた期間が生んでくれるメリット

・彼氏と距離を置くためにはルール作りが重要

・彼氏と距離を置く期間の大体の目安

・愛があれば距離をおいても問題なし

彼氏との距離を置く期間は恋愛の終りにつながってしまう可能性があるのは否定できません。

しかし、この距離を置く期間を過ごした事でまた新しい気持ちで二人の恋をスタート出来る可能性もあります。

それは二人の変わろうとする努力にかかっていると言えます。

あなたはとりあえずあなたの出来る事をやってください。

自分磨きに精を出す事、それが彼氏との距離を置いている期間中にあなたが最優先にやるべき事です。

新しいあなたに生まれ変わって彼氏との恋を再スタートさせましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク