彼氏が冷たいときの対処法3つ

「なんか彼氏が冷たいんだよね。」という悩みを抱いた事がある女性は多いのではないでしょうか。

お付き合いをし始めて、3ヶ月、半年と時間が経つに連れて””彼氏””の態度に変化を感じることがありますよね。

「冷たい」と感じると不安になると思います。

そんな時の対処法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク


彼氏が冷たいときの対処法

 

冷たいのは勘違い

 

えっ…勘違い?

という声が聞こえてきそうですが、女性の多くは勝手な勘違いをしていることが多いです。

冷たくなっていません。

「連絡が減った。」

「会いに来てくれない」

「愛情表現が少なくなった」

付き合い始めは、それはお互いに気持が盛り上がってますから、ラブラブですよね。

ですが、その盛り上がりは続きません。

というか、盛り上がりの時が””異常”なんです。

男性は、付き合うまで、付き合いだしてからの気持ちのモチベーションは一気に落ち着き始めます。

一方、女性はどんどん気持ちが上がっていくんですね。

その差によって、「彼が冷たい」と感じてしまう事が多いんです。

そんな時は、まず「会いに来てくれない」「連絡してくれない」などの「○○してくれない」と考えるのはストップしてみましょう。

彼が「してくれている」ことに焦点を当ててみてください。

ずーっと連絡が来ていないわけでもないし、ずーっと会っていない訳でもない人が多いのではないでしょうか?

少し自分勝手になっていませんか?

「○○して」と欲しがりになっていませんか?

変わったのは彼ではないかもしれませんよ。

一度、彼がしてくれている事を思い返してみてください。

スポンサーリンク


どうしても「冷たい」と彼に言いたい

 

冷たいのが気になって、「私への気持ちが覚めたのでは…?」と思って、彼に聞きたい時は聞き方にポイントがあります。

「なんで最近冷たいの!!(怒)」

「なんで最近連絡くれないの?冷たいの?(泣)」

などと彼に問い詰めるのは絶対にNGです。

これは彼を追い詰め、重たい女になってしまいます。

聞き方は、「最近、忙しい?2人の時間が減ったから寂しくなっちゃった(ニコッ)」と伝えること。

言い方は人それぞれなので、このセリフが良いわけではありませんが、ポイントは「自分の気持ちを彼にぶつけるのではなく、伝える」ということです。

ぶつけてしまっては、彼は気持ちにバリアを張ってしまうようなものです。

伝え方で彼の取り方も変わってきますからね。

 

自分の時間を楽しむ

 

彼が冷たいことばかりに意識がいってしまい、不安になりますよね。

そうすると彼との事ばかり考えていませんか?

彼のことばかり考えていて、ネガティブオーラを発していても自分のためになりません。

ちょっと放っておくのも良いですね。

駆け引きとは違いますが、自分の時間もしっかりと楽しんで充実した女性でいましょう。

キラキラしている彼女を見て、彼も「ん?俺のことは?」と逆に少し心配しちゃうかもしれません。

 

彼氏が冷たいときの対処法3つ

 

・冷たいのは勘違い

・どうしても「冷たい」と彼に言いたい

・自分の時間を楽しむ

お付き合いが長くなればなるほど、気持ちは落ち着き安心してしまいますよね。

慣れ過ぎてお互いの優しさに甘え、優しさや礼儀を忘れてしまっているものでもあります。

「嫌われたのかな?」「冷めたのかな?」と不安になる前に、落ち着いて彼への対処をしてみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク