彼氏と結婚するには?彼氏と結婚するためにやるべきこと9つ

彼氏と結婚するにはどうすればいいのでしょうか。

そう考えてる女性は少なくありません。

しかし、結婚したい!と考えている女性ほど、具体的にどうすればいいのかよくわからない・・・なんて思っているものです。

そこで今回は彼氏と結婚するためにやるべきことについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


彼氏と結婚するには?彼氏と結婚するためにやるべきこと9つ

  • 居心地のよい女性になる
  • 堅実な金銭感覚をアピールする
  • 適度な距離感を保ち、たまに彼に危機感をもたせる
  • お互いの価値観を確認するべき
  • 周りに賛成される結婚を目指す
  • 同棲が必要かどうかを見極める
  • 決して焦らないようにしましょう
  • 自分を見直すよい機会であると考えてください
  • 一緒にいると幸せであるということを伝えましょう

 

居心地のよい女性になる

 
競争社会で働く男性は家の中に寛ぎと癒しを求めるものですが、一番大切なのは妻が居心地のよい存在である事です。

一緒にいて居心地のよい女性というのは、絶対に自分を肯定してくれたり、自分が価値のある人間だと思わせてくれたり、やりたい事を邪魔しない存在であったりします。

そのためには、彼にダメ出しをしない、彼の言動や価値観に共感する、彼を褒める、彼に感謝する、といった事を日々積み重ねていくのが大切です。

その中でも簡単なように思えて一番難しいのは、彼にダメ出しをしない事です。

男性はとってもプライドが高く、ちょっと指摘しただけでもすぐ傷ついてしまう生き物です。

女性は親切心からアドバイスをしたがるものですが、こんな事まで!?と思うような些細な事が、意外とダメ出しになってしまうのです。

例えば、ドライブ中に彼が道に迷い、助手席のあなたはアドバイスのつもりで「あそこのお店で道を聞いてみたら?」と言ったとします。

これもダメ出しになるのです。

彼からするとあなたの助言は「あなたは道もわからない使えない男なのね。もういいから、さっさと他の人に聞きなさいよ」と変換されて聞こえるのです。

こんな時は彼が解決するかアドバイスを求めてくるまで静かに見守ってあげてください。

さらに「少し遠回りしたけど、いつもとは違う道も面白かったね」等とさりげなくフォローまでできれば完璧です。

あなたの包容力と優しさに彼は内心感謝するでしょう。

「この女性と一緒にいると心地いいな」と彼が思うようになれば、自然と彼はあなたと結婚したくなるはずです。

スポンサーリンク


堅実な金銭感覚をアピールする

 
結婚という言葉で男性がイメージする中には、「自分の使えるお金が減る」や「妻や子供を養わなければいけない」というネガティブなものがあります。

彼女のお金の使い方が派手だと、自分の稼ぎを浪費されてしまうのではないかと不安になってしまいます。

このマイナスイメージをできるだけ払拭するようにしましょう。

あなたが日頃からブランド品を身に着けていたり、自分磨きと称してエステやワインスクール等の習い事に通ったりしていれば、彼はあなたの事をお金がかかりそうな女として警戒しているかもしれません。

もしその通りだとしても、彼の前ではその片鱗は極力見せないようにしてください。

ブランドバッグは彼の前では封印し、聞かれたら「最近はブランドよりも、実用的なバッグの方が好きになってきた」と言いましょう。

エステに通っている事など自ら言う必要はありませんが、「肩こりがひどいからマッサージに通っている」とでも言えばよいでしょう。

男性はブランドや美容というような効果がわかりにくいものに対しては理解を示しにくいですが、実用的な物にお金をかける事は納得してくれやすいものです。

また、貯金をしている事やお弁当を手作りして食費を節約しているなど、日頃の会話の中で堅実さをさりげなくアピールしましょう。

もちろん、実態を伴わないアピールでは結婚後に困ることになりますから、今から実際の生活を堅実に近付けていくことも大切です。

 

適度な距離感を保ち、たまに彼に危機感をもたせる

 
男性は付き合いが長くなると、いわゆる「釣った魚に餌をやらない」状態になりがちです。

いくら女性が頑張って居心地のよさを提供しても、それが当たり前だと思われてしまえば彼はその上に胡坐をかくようになるでしょう。

釣った魚がどんなに価値があっても絶対に逃げ出さないと確信すれば、その存在を忘れがちになります。

逆にいつ逃げ出すかもわからない場合、それに価値があるほど心配でいつも気にかけてしまいます。

彼に「釣った」と思わせない為にはミステリアスな部分を少し残しておきましょう。

例えば、いつも週末を彼と過ごしているなら、たまには断って友達と過ごしてみるのもひとつの手です。

その際は聞かれもしないのに「誰と・どこで・何をした」と事細かに報告してはいけません。

聞かれた時だけ「友達と遊びに行ったよ」等と簡潔に答え、さらに彼がつっこんできたら、聞かれた事にだけ簡潔に答えてください。

これは彼に想像の余地を残すためです。

また、たまにメイクや服装の雰囲気を変えてみるのもよいでしょう。

彼にとっても新たな貴方の魅力を見られるのは新鮮ですし、他の男性の影を心配してくれるかもしれません。

彼に「いつもと違うけどどうしたの」と理由をきかれても、「たまにはこういうのもいいかなと思って」等とさらっとかわします。

間違っても「今こういうメイクが流行っていて~」や「貴方に違う自分を見せたくて~」等と彼を安心させる言葉はNGです。

付き合いが長くなる程、少し不安にさせるくらいがちょうどよいのです。

彼にとって居心地のよい女性になり、「放っておくとどこかにいってしまうかもしれない」と彼に心配されるようになれば、結婚はタイミングの問題でしょう。

スポンサーリンク


お互いの価値観を確認するべき

 
結婚するために必要なこととして、離婚原因に繋がてしまうことの多い「価値観」を共有することが大切です。

彼氏と結婚するということは、その人と同じ生活を共にして、同じ家族を作り上げていくということ。

結婚をするだけであれば、誰でも簡単に出来るものですが、結婚生活を長く続けて、且ついつまでも幸せでいるためには、結婚前の確認が必要でしょう。

どういったことで喜びを感じるのか、どういった生活の違いがあるのかを、結婚する前の段階でお互いに理解しあった方が良いでしょう。

そこがクリアにならないと、その後大きな負担となってしまうことがあります。

最低限譲れない部分などを話し合っておくことで、相手のことを優先できる思いやりを持つことが出来ます。

まずは、価値観を共有し合うことが大切になるでしょう。
  

周りに賛成される結婚を目指す

 
結婚自体は二人の問題でしょう。

しかし、結婚後は必ず周りとの関係が増えます。

それが彼氏の両親や兄弟、また親戚や友人といった幅広い世界になるため、誰からも賛成される形での結婚が望ましい形であると言えるでしょう。

一番身近な存在である両親に反対されている場合に、強行突破で結婚を進めてしまうと、後に後悔が残ってしまうことがあります。

自分たちが幸せになれればよいという考えももちろんありますが、その先には必ず問題となって自分たちに返ってくることが想像できます。

その場しのぎの結婚を考えるのではなくて、どうやったら順調に彼氏との結婚を実現することが出来るかを、二人の間で初めに話し合いが必要になるでしょう。

また、こうした問題を乗り越えることが出来るようになると、より一層二人の関係に絆ができ、結婚後にも自分の糧となることでしょう。

スポンサーリンク


同棲が必要かどうかを見極める

 
やはり結婚となると一生の問題です。

今、その時点では良いと思っていたことが、後に許せない言動になる可能性も少なくありません。

結婚前に同棲してみることはメリットにもなりますが、デメリットにも繋がることがあります。

最近多くの人は、結婚前に事前チェックとして同棲をしているカップルが増えてきています。

またそれと同時に、同棲後に破局になってしまうというカップルが増えてきています。

そのことを踏まえると、果たして同棲生活を送ることが正しいのか、それとも逆に一気に結婚という形をとってから生活を共にするのか、どちらにもリスクが存在していることを自分の中で覚悟をしなくてはなりません。

一生のこととなるとやはり慎重になってしまうのは当然。

自分の人生の大きなステップになる結婚は、時に同棲を通して知る必要なこともあれば、突き進む勇気が大切な時もあるのです。
 

決して焦らないようにしましょう

 
自分の周りの人が次々と結婚していき、結婚適齢期になると彼氏との結婚を意識し出す時期が必ずきます。

そこで厳禁なのは、「焦る」ことです。

結婚が目的となってしまい、それにいたるまでの経緯を楽しむことができない原因は「焦り」にあります。

恋人である期間は長い目でみると、ほんのごくわずかの期間です。

その大切な期間に焦りを感じて、本来楽しめるはずの二人の時間を険悪にしないように、今を大切に過ごすことが結婚へと通じる道です。

スポンサーリンク


自分を見直すよい機会であると考えてください

 
結婚をしたくなると、相手に求める条件等が明確になってきます。

そんな時に起こりがちなのは、相手に求めてばかりいて自分は何もせず不満ばかり言ってしまうという現象です。

そんな貴方と誰が結婚したいと思うでしょうか?

まずは自分自身を見つめなおす良い機会であると考えてください。

家庭に入った場合には、料理が必要と思った方は料理教室に通うと彼氏も喜ぶでしょう。

結婚資金が必要と思った場合は、お仕事に少し力を入れてみるとよいかもしれません。

きっとそんな風に頑張っている貴方を見て、恋人も結婚を意識し出すはずです。
 

一緒にいると幸せであるということを伝えましょう

 
結婚をするということは、一生二人で支え合っていくということです。

二人の関係がスムーズであり、「この人となら一生一緒にいたい。」と思ってもらえないと、結婚からは遠のくばかりです。

日々の感謝の気持ちや、一緒にいて幸せであるということを是非恋人に伝えてください。

思っているだけで口には出さない方が多く居らっしゃいます。

それはほとんど伝わってないと考えてよいでしょう。

はっきりと口に出してあげることで、相手にも伝わり、とても喜んでもらうことができます。

些細な日常の時にほど、そう言ってもらえて嬉しいことはありません。

二人でご飯を食べている時、カフェでお茶をしている時などに、さらっと言ってみましょう。二人で幸せな気分になれます。
 

彼氏と結婚するには

 
彼氏と結婚するために目指すべき女性像があるのが事実です。

そんな存在になるのは難しいよ!という人も一定数いますが、一度彼氏にそういった印象を与えるだけで結婚への意識が大きく変わるのです。

あなたが今の彼氏と結婚したいと思うのであれば、努力してみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク