着物美人の条件6つ

夏祭りや花火大会などで、浴衣を着る女性が大変増えています。

また、お正月に晴着を着るという人も少なくありません。

さらに言えば、かなり多くの女性が成人式に和装しますし、結婚式での和装も一般的と言っていいでしょう。

その他、お茶を習ったり、歌舞伎を見に行く際に和装するという機会もあり得ます。

日本人として和服を着る以上、できればじょうずに着こなしたいもの。

ここでは「着物美人」と言われるための条件をお話しします。

スポンサーリンク


着物美人の条件

 

黒髪

これは、ほぼ「絶対条件」と言っていいでしょう。

もともと着物は、髪の黒い日本人に合わせて作られたものですから、基本的にそれ以外の色の髪は似合いません。

とはいえ、現在は女性のカラーリングが当たりまえになっていますから、必ずしも「真っ黒」に限定する必要はないでしょう。

ただし、できるだけ黒に近い色にすべきです。

深い栗色ぐらいがおすすめで、それ以上明るいカラーになると、どんな上品な着物を着ても、おしとやかな印象にはなりません。

少しでも、ポップな印象、洋風な印象を与えてしまうと、着物美人とは言えないのです。

なで肩

髪の次が、体型に関する条件。

まず、「なで肩」という条件が挙げられますが、これも、前項同様、昔の日本人女性の多くが持っていた特徴です。

どんなに美人でプロポーションがよくても、いかり肩の女性に着物は似合いません。

着物はもともと女性的でたおやかなイメージのあるアイテムですから、「とがった体型」には向かないのです。

男性の場合はそうでもありませんが、いかり肩の女性は、ほかの条件を満たしていても、着物美人という印象を人に与えることはむずかしいでしょう。

この条件は生まれつきのものですから、自分の努力で改善できるものではありません。

けれど、ふだんから着物を着なれることによって、着物がだんだん身についてきて、いかり肩が目立たなくなるということはありえます。

着物が体になじんでいけば、本来の欠点が気にならなくなるのです。

スポンサーリンク


細く長い首

これも、持って生まれた体型に関する条件です。

着物をじょうずに着こなす女性の共通点は、すっきりした体型の持ち主ということ。

もちろん、ふっくら体型の人の中にも着物美人はいますが、きゃしゃな体型の人のほうが、より着物が似合うという傾向があります。

ポイントは「首」。

首が細くて長いほうが、着物の襟もとがすっきりするぶんだけ、美しい印章を与えやすいのです。

ですから、たとえふっくら体型の人でも、首元がすっきりしていることが、着物美人の条件ということになるでしょう。

理想はあくまでも細くて長い首ということになりますが、これも、着物を着なれることによって、ある程度改善できる要素と言っていいでしょう。

長すぎない脚

もう一つの体型に関する条件が、脚の長さ。

ふつう、スタイルの良い女性というと、「脚ができるだけ長いこと」が条件になるでしょう。

脚がすらりと長い女性がプロポーションの良い女性というのが常識です。

しかし、着物美人になると、この条件は当てはまりません。

脚が長すぎる女性は、むしろ着物が似合わないのです。

繰り返しになりますが、これも、昔の日本人の体型に合わせて着物が作られているからです。

着物に似合わない体型は「腰高」です。

帯をしめる腰の位置が高すぎると、見た目にしまりがなくなり、子どもっぽい印象になってしまいます。

外国人が着物を着ると、なんだか違和感があるものですが、その第一の原因がここにあります。

短足である必要はありません。

ただ、あまり脚が長すぎないほうが、着物美人になれやすいのです。

スポンサーリンク


女性的な歩き方

着物を着た場合、人にどういう印象を与えるかは、「歩き方」によってかなりちがってきます。

これまで紹介してきたすべての条件を完璧に備えていても、歩き方が悪いと着物美人にはなれません。

ありがちなのが、外またになること。

ふだん、靴を履いているときは、おそらく歩き方に気をつけていない人がほとんどでしょう。

そのため、自分で気づかないうちに外またになっているケースが少なくありません。

靴の時はそれほど目立たなくても、着物で草履や下駄をはいたときは、外またが致命的な欠点になってしまうのです。

女性的に見せる歩き方のコツは、内また気味に、歩幅を狭くして歩くということ。

自信のない人は、この2つのポイントを意識して練習し、人にチェックしてもらうといいでしょう。

上品なコーデセンス

最後の条件は「センス」です。

着物のコーデの基本は「上品」。

着物と帯、帯締め、草履のコーデが、中間色中心に、上品にまとまっていたほうが、着物美人の印象を与えやすくなります。

江戸時代には「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」という言葉がありました。

これは「48種類の茶色と、100種類の鼠色(グレー)」ということ。

つまりそれだけ微妙な色合いの茶色とグレーをじょうずに着こなすのが、江戸時代の人の「粋」だったわけです。

現代でも、そうしたセンスを持つことが、着物美人の条件と言っていいでしょう。

着物美人の条件6つ

以上、着物美人になるための条件を6つ、紹介しました。

最初の4つは体型や外見に関するもの、あとは歩き方とセンスに関する条件です。

生まれ持った体型は変えられませんが、着なれることで印象を変えることは可能です。

つまり、努力次第で誰でも着物美人に近づくことはできるということ。

「着なれること」が、プラスワンの条件です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク