夫婦の危機とその乗り越え方7つ

 
夫婦の危機でお悩みの方いませんか?

夫婦の危機でよくある事象を夫婦の危機と乗り越え方としてまとめました。

これを読んで夫婦の危機を乗り切りましょう。

スポンサーリンク


夫婦の危機と乗り越え方

 

  • 夫婦の危機浮気が原因
  • 夫婦の危機セックスレスが原因
  • 子供の教育、育児方針が原因

夫婦の危機と乗り越え方見ていきましょう。

 

浮気が原因での夫婦の危機

 
どちらかが、浮気をしてバレた場合は夫婦の危機です。

浮気は相手を裏切る行為に当たります。許されるものではありません。

しかし、浮気が発覚したから直ぐに離婚!と決めてしまうのは少し待ちましょう。もしかしたら、やり直せる可能性がまだ、あるかもしれません。

まず、浮気をした側つまり加害者はやり直す意思があるのか、そして、浮気をされた被害者もやり直す意思があるのかを確認しましょう。

被害者側は裏切られ相手をもう一度信頼する事は難しいかも知れません。
浮気された事の感傷にある程度浸ったら気持ちを切り替えて、今後どうするかを、冷静に考えましょう。

感情に任せて、簡単に「離婚!」と今後を決めてはいけません。今後の生活やお子さんがいるのであればお子さんの事もあります。

一度勢いに任せて発した一言で取り返しのつかない事にもなりかねないので止めましょう。

加害者側は見つかってしまった事へのバツの悪さや被害者と浮気相手の事など、色々な事が頭を駆け巡り始めは冷静になれないかもしれません。

しかし、見つかってしまったものはしょうがないです。諦めましょう。浮気が見つかったら下手な言い訳はしない事です。言い訳、逆ギレで誤魔化すのは不可能です。

さらに、相手を逆なでするだけで良い事はありません。素直に認めましょう。

被害者からは様々な罵詈雑言を言われるでしょうが、自分で蒔いた種です。真摯に受け止めましょう。何度もいいますが、言い訳、逆ギレは絶対にしてはいけません。

自分にも言い分があれば、相手が落ち着いてからにしましょう。相手が興奮している時に自分の意見を言ってしまうと、まったく聞き入れてもらえません。まずは、相手の言い分を全て聞き入れましょう。

そして、質問には全て真実で答えましょう。ここで嘘をついてその嘘も見つかってしまうともう、どうしようもありません。

被害者にまずは、不貞の事実を認め、謝りましょう。次に、浮気相手にも浮気が見つかったことを報告してください。

そして、被害者側と同様に今後どうするのかを考えましょう。

浮気に関しては加害者が悪いのですが、浮気に走らせた原因が被害者にある場合もあるので、そこはお互いが話し合ってしっかりと原因を突き止め、再発防止案を2人で決めてください。

どちらか一方が一方的に決めてはダメです。2人が納得できる再発防止案でないと、どちらかに不満が残ってしまいます。

よくあるのが、「自分で考えて」「そんなの1人で考えな」など、初めから協力する姿勢を持たない人がいますが、これでは、意味がありません。

上記でも書きましたが、お互い感情的にならない事が一番大切です。浮気の事実をお互い受け止めて、冷静に話し合う事です。

スポンサーリンク


セックスレスが原因

 
夫婦で暮らすようになると、次第にセックスレスになり、セックスレスが原因で夫婦の危機を迎える事があります。

夫婦ともどもお互いに求め合わないのであれば、それは1つの夫婦の形として成り立つでしょう。

しかし、セックスレスはどちらかが求めているのにも関わらず、拒んでしまう事で相手への不満や不信感を生んでしまう可能性があるので注意しましょう。

セックスレスになってしまう原因として、夫が求めてこない場合、仕事やストレスの疲れが挙げられます。

この場合、健康に気を使った料理や精のつく物を食べ、食後のマッサージなどをするとリラックスできて解消に繋がります。

奥様はマッサージの本などでマッサージを習うとさらに疲労回復効果が見込めるので夫も喜びセックスレス解消になるのではないでしょうか。

【妻に魅力を感じない場合】

妻を女性として魅力を感じない、魅力を感じない女性とはセックスは出来ませんね。

しかし、妻に魅力が無いのは何故か考えたことはありますか?

夫も魅力が無くなったから妻も魅力を無くしてしまったのではないでしょうか。まずは自分磨きをして、奥様をもう一度惚れ直させてみてはどうでしょう。

すると、自然と奥様も綺麗になろうとして自分磨きをはじめ魅力が戻ってくるかもしれません。

【妻が求めてこない原因】

家事、育児疲れなどは夫の仕事と同じですね。

こちらの場合は、夫が率先して家事、育児を行う事とマッサージで解消できるでしょう。

【夫に魅力を感じなくなった】

こちらも先ほどの逆です。やはり自分が魅力的になる事で相手に興味を持ってもらいお互いに自分磨きをする事が大切です。

【夫を男性では無く家族として見るようになった】

1人の男性として見ることが出来ず長い付き合いで肉親になってしまって
セックス対象として見られなくなってしまった。

この場合、もう一度男性として見るには2人きりでデートをしましょう。

恋人時代を思い出してください。

お子さんがいるご家庭は難しいかもしれませんが、日帰り出来れば1泊で
2人だけで出かけると当時のドキドキが思い起こされるでしょう。

スポンサーリンク


子供の教育、育児方針が原因

 

子供の将来について意見の相違がみられた場合訪れる危機です。

特に初めてのお子さんを持つ場合に考えられます。

夫はこうしたい、妻はこうしたいと話は平行線で一向に答えが出ない。教育、育児に関して正解はありません。

これが、正しい!これが間違っている!こうやって決めつけずに色々な方法があり、2人だけの方針を決める事が大切です。

お互いがぶつかり合いどちらかが納得せず妥協した場合必ず後悔しますのでお互いが納得いくまで話し合う事をおすすめします。

 

嫌でも顔を合わせ、会話をすること

 

夫婦の危機が訪れているときというのは、顔を合わせるのも嫌という時期かもしれません。

しかし危機的状況であるからこそ、しなければならないことがあるのです。

それが夫婦の会話の時間を設けるということです。

直接会話をしなくても、メールやライン、電話でもいいのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかしながら直接話すということは、大きなメリットがあるのです。

例えば、顔を見て話すので、表情や声のトーンから、相手の考えていることが理解できることもあります。

また危機的状況が浮気なども場合は、嘘をついていないかということも見破れることがあるのです。

そのために顔を合わせて会話をすることはとても重要なのです。

その場合に大切なことは、あくまでも冷静に話し合いをすることです。

危機的状況になると、感情も高ぶりますが、相手を冷静に判断する場合には、興奮せずに落ち着いて話すことが大切です。

スポンサーリンク


お互いが独立してみること

 

夫婦のどちらかが相手に依存している、頼り過ぎているから、その期待が裏切られた時にショックを受け危機的状況になっていることもあります。

本来夫婦は、必要な時にお互いが助け合って生活をすることが大切です。

しかし夫婦のどちらかに頼りすぎなどの負担がかかると、バランスが崩れてしまうことがあるのです。

その場合には、まずお互いが独立をしてみることが重要です。

独立というのは、経済的なことではありません。

もちろん経済的にも独立できればいいのですが、女性にとって育児などのブランクがあれば、簡単なことではありません。

そのため、独立するという意味は、精神的にという意味なのです。

これまでは夫の意見を聞いてからと何でも決めていたという人も、まずは自分の意見をしっかり持ち、相手の意見に左右されないということも必要です。

独立した意見を持つことで、夫婦の危機を乗り越える話し合いが出来るようになるのです。

 

実家にすがることはしないこと

 

夫婦の危機的状況の時に、少し頭を冷やしたいと距離を置くために実家に帰る人がいます。

しかしこのような状況で実家に帰ると、残された方は、頭に血が上り逆上することもあります。

そして更に関係が悪くなることもあるのです。

それを回避するためには、実家に帰らない方がいいのです。

危機的状況だからこそ、相手の行動に注意し、相手の出方を待つことも大切です。

また夫婦二人の問題ではなく、子供達がいた場合はもっと複雑です。

生活の基盤があり、そこから学校なども通っているために、その状況を変えないように注意しなくてはいけません。

夫婦の危機的状況を子どもたちに影響することのないように過ごさなければいけないのです。

危機的状況で顔を合わせるのは嫌かもしれません。

しかし実家に帰るとより話し合いが出来るチャンスも減ってしまうので、帰らない選択をするべきなのです。

スポンサーリンク


子供を理由に使わないこと

 

夫婦の危機的状況の関係する要因として、育児の不参加、無関心という理由があるかもしれません。

しかしながら、それは夫婦で解決する問題であり、子供は関係ありませんね。

そのため子供を理由にする言い合いは避けなくてはいけません。

子供には気づかれていないと思っていても、実は自分たちのことで関係が悪化していることを気づいているかもしれません。

そうするとショックを受けることもあるのですね。

夫婦の危機的状況を乗り切るためには、冷静でいつも通りの生活を心掛け、相手のいうことも受け入れられるような話し合いをしなくてはいけません。

その時に子供が関係すると穏やかでいられないこともあるのですね。

また子供達が不安定になると、話し合いが満足にできないこともあるのです。

そのために子供を理由にしないことが大切です。

 

夫婦の危機を乗り越えるには協力が必要

 

夫婦の危機の乗り越え方いかがでしたか?

どちらの原因もあなた一人では絶対に解決する事の出来ない問題です。

ですから、危機が訪れたら、必ずどんなに辛くても2人で乗り越えるこれこそが、

危機を乗り越えるのに必要不可欠な要素です。

お互いがお互いを罵り、否定しあうのではなく、お互いが少し歩み寄り、

思いやりを持って接すれば、きっと問題解決に繋がります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク