男らしい人の特徴7つ

男らしい人の特徴

男らしさとは一体何なのでしょうか。

よく「男らしい人」と言われると、筋骨隆々で、豪快で、声が大きいなんてイメージをする人もいますが、今の時代にはあまりそぐわないでしょう。

むしろ今は外見うんぬんよりも、その人の行動や物事に対する姿勢、考え方などから男らしさが伝わってくることが多いものです。

そこで今回は男らしい人の特徴をご紹介しますので、あなたやあなたの周りの人に当てはまるポイントがあるかどうか確認しながら読んでみてください。

スポンサーリンク


相手の非をしつこく責めることをしない

 
男らしさの中には「淡白」という要素があります。

もちろん「粘り強さ」や「忍耐力」も男らしさの一つではありますが、少なくても人間関係において淡白なのが、男らしい人の特徴です。

特に相手の非によって自分が迷惑を受けたときの対応が挙げられます。

例えば付き合っている女性がデートに遅刻したとしましょう。

原因が女性の勝手な都合によるものだった場合、男性は当然、不快を感じるものです。

しかし、その時男らしい人でるなら、一時的に怒ったとしても、それが長く尾を引くということはありません。

いつまでもねちねちと女性を責め立てたり、時間が経ってから「あの時は・・・」というように話を蒸し返したりすることがないのが男らしい人の「淡白さ」です。

「次は気をつけろよ」とひと言伝えて、後はそれ以上言わないのがスマートであり、男らしいと感じるポイントです。
 

きれいに諦めることができる

 
先ほどの「しつこく責めない」に通じるところがありますが、物事に執着することがなく、状況に応じてきれいに諦めることができるのも、男らしい人の特徴です。

例え、欲しかったものが手に入らなかったときでも、それに異常に執着することはせず「しかたがない、諦めよう」と思うことができるのです。

恋愛に関しても同様であるケースがほとんどです。

つきあっていた彼女に振られてしまい、別れることになっても、短時間でその女性のことを諦められる。

また、後腐れなくキレイに別れることができて、次会う時は友人として割り切ることができる。

このように切り替えがスムーズにできたり、すっぱり諦めることができるのも男らしい人なのです。

スポンサーリンク


自己犠牲の精神を持っている

 
友人や恋人、家族のために、自分を犠牲にすることができるのも、男らしい人の特徴と言っていいでしょう。

自分がつらい思い、苦しい思いをしても、大切な人を守ろうとする。

あるいは、自分が我慢することによって、相手が満足できるのであれば、その選択肢を選びます。

仕事においても同様でしょう。

セクション内でミスやトラブルが生じたとき、自分が犠牲になってもそのトラブルに対処しようとしたり、時には自分がドロをかぶることさえあります。

ですから当然、同僚からの信頼が厚くなりますし、上司からの評価も高まり、出世へとつながるケースも少なくありません。

大抵の人はどうしても自分を優先してしまいがちです。

もちろんそれが悪いわけではないですし、そうしてきたからこそ上手くいった場合もあるでしょう。

しかし自分を犠牲にして守ったり、責任を取ったりする姿を目の前で見せられるとやはり魅力的に感じることでしょうし、男らしいと思うものです。
 

弱者にやさしい

 
弱いものに対してやさしいというのも特徴の1つではないでしょうか。

男らしい人は子どもや高齢者、妊娠中の女性に対しては、最大限のやさしを持っています。

町中で困っているお年寄りがいると、黙ってみてはいられない、何かしら手助けをしたくなる、というやさしさを持っているのが男らしさにつながります。

男らしい人の多くが動物をかわいがるのも、同様のやさしさからだと言えるでしょう。

しかしいくら男らしい人になりたいから、男らしい人だと思われたいからといって何でもかんでも首を突っ込んで手助けするのも考えものです。

ただのありがた迷惑になってしまうことにもなりますし、自分で自分の首をしめてしまうこともあるでしょう。

適度なバランスが大切です。

スポンサーリンク


同性の男性からも好かれている

 
男性から「こいつは男だ」と認められていなければ、また、信頼されていなければ男らしいとは言いがたいでしょう

つまり男らしい人の特徴としてあげられるのは、女性からモテる人というよりも、男性からモテる人のイメージが強いかもしれません。

特に、金銭の貸し借りにルーズでなく、些細な事でも、約束を守り、友人を大切に出来る人でないと、男性が男性に対して尊敬することはあまりありません。

女性だけの前でカッコつけるけれども、男性同士だとただのダメ男になるケースもよくあるからこそ、男性が男性を褒めるというのはそれなりの理由があるのです。

女性は見かけだけでの男らしさに惑わされないように気をつけましょう。
 

仕事ができる

 
仕事に一生懸命で責任感を持ちながら、そして目の前の仕事をおろそかにしない人というのは性格も男らしい人が多い傾向があります。

仕事というのは人の性格がよく現れるものです。

自分の能力を過信したり、与えられた仕事に対して努力をしないや、自分の思うような仕事ではないと愚痴ばかりの人。

さらには自分のミスを認める勇気の無い人から、上司にはよいしょがうまく、部下には見下した態度を取る事に何の違和感も持てない人もいます。

さらには他人からきかれもしないのに、自分の過去の自慢話をする人などなど。

あなたの周りにもこのような人は1人や2人ぐらいはいるでしょう。

そんな人達がいるなかで、前向きに仕事を取り組む、責任をとる姿勢をもって立ち向かう仕事のスタイルを貫く人は男らしいという他ありません。

自分の仕事が必ずしも、自分の思い通りの内容とは限らないのが社会の中では当然であり、どんな仕事でも、自分の知識の引き出しを増やす為の熱意を持ち、実行する人こそ男らしい人でしょう。

スポンサーリンク


男女無関係で、他人への気遣いが出来る人

 
勤務先等の仕事関係はもちろんですが、時、場所、年齢、性別などを一切気にせずに気遣いができる人は、言葉遣いも綺麗だと実感する場面に出逢うことが多くあります。

他人の為に、何か一つの動きを当然のように起こせる人は、何があっても、卑怯な動きもしなければ、自分の都合次第で、逃げる事も決してしません。

また、男らしいという表現からは、どうしても、20~40代の男性を頭に浮かべてしまいますが、幼児期をみていても、なんとなく将来の予想のつく男児もいます。

さらには高齢者でも、常に、自分の中のマナーを守り通し、心底優しく人に接する事が自然に出てくる男性もいます。

総じて気遣い、気配りが自然にできる勇気を持っている人たちは男らしいです。
 

男らしい人の恋愛

 

自然なレディーファーストが出来る

 
男らしい人は、特に女性に対して広い心をもって優しくコミュニケーションをとるという特徴があります。

そのため、恋愛においても彼女に対して誠意のあるレディーファーストを貫いてくれるのです。

とはいえ、女性ウケを狙ったような取って付けたような不自然なものではなく、スマートにレディーファーストが行えるので紳士的で男らしいのです。

例えば、ドライブデートの時には当然のことのように、車の開け閉めをしてくれるでしょう。

また、ショップやレストランのドアが自動で開かないのであれば、必ず先に開けて通してくれるということもします。

男らしいと強さだけを意味するものではなく、女性をやさしく扱うということも大きな要素と言えるのです。

基本的なレディーファーストを行う姿勢がさらに男らしく魅力的に映るでしょう。

スポンサーリンク


彼女を常に守ることに徹する

 
男らしい男性は、常に危険なものから彼女を守ることに徹するという特徴があります。

例えば、彼女とデートをしていて道路で並んで歩くときは、必ず自分が車道の外側を歩いて彼女の安全な状態にするように心がけるでしょう。

このような男らしい気配りが上手な人なのです。

大したことでないと思われるようなことでも、愛する彼女を危険から守るという優しさあふれる態度が魅力です。

また、混雑している電車やバスの中においても同様に彼女を守るのです。

なるべく周りの人と密着しないように自分の体で覆うようにガードしたりするなどして、彼女を守ってくれる優しさもあります。

他の男性に触れられたくないという気持ちもありますが、彼女が混雑している空間でなるべく不快な思いをさせたくないという優しい思いが生れるからです。
 

彼女を絶妙に引っ張っていく

 
男らしい人はグイグイ彼女を引っ張いく強さがあります。

しかしそれは、自己中心的なものではない強さなのです。

例えば、二人で旅行や遠出のデートがしたいという話になった場合に、男らしい人は自分から二人で行ったら楽しそうな場所を探して、積極的に計画を立ててくれるでしょう。

とはいえ、自分の意見ばかりを最優先にしてどんどん勝手に予定を決めていくのではありません。

彼女の意見を最優先に取り入れながら計画を立てるということがポイントです。

もし、彼女が旅行に不慣れであったり、遠距離のデートの計画を立てるのが苦手である場合はなおさらです。

彼女の希望を上手に取り入れながら、積極的に計画を立てるという男らしさがあるのです。

そうすることで、彼女はさらに彼氏を信頼しますし、尊敬の念も生まれるでしょう。

スポンサーリンク


彼女の自由な時間を奪わない

 
恋愛がスタートすると、どうしても燃え上がる恋愛感情の波にのまれてしまい、束縛したくなったり、もっと会いたいとデートの頻度をアップさせてしまいがちです。

しかし、男らしい人の恋愛はそうではありません。

彼女との楽しい時間をもっと過ごしたいし、もっと会いたいと思う気持もありますが、それを上手くコントロールできるのです。

そのため、彼女に寂しい思いをさせずに、また彼女の自由な時間を奪わずにお互い心地よい距離を保って恋愛をしていくことが出来るのです。

男らしい人は自分の感情を上手くコントロールすることが出来る強さがあるため、彼女との恋愛も上手く続けていくことが可能なのだと言えるでしょう。

男らしくない嫉妬心や強い束縛をするということはありませんので、彼女は安心して心地よくお付き合いができて、さらに愛が深まるのです。
 

男らしい人が好きな人は見た目に惑わされない

 
いかがでしょうか。

女性のなかには男らしい人が好き!なんて人も少なくありませんよね。

しかし多くの女性は見た目だけで判断してしまうこともあり、結果的にがっかりしてしまうケースもたくさんあります。

そういう女性こそ今回ご紹介したことを参考に、新たな目線で男性たちを見てみるようにしましょう。

きっと意外な男性に対して「男らしいかも・・・」なんて感じるはずですよ。

また、周りに男らしい人がいない場合は行動範囲を広げることでいくらでも出会うことが可能になります。

「女々しい男しかいない」なんて落ち込まずに、色々と探してみることもオススメですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク