モラハラ妻への対策6つ

あなたはモラハラ妻に悩まされていないでしょうか。

妻のモラハラがひどかったりすると、家に帰るのが億劫になったり、顔を合わすことすら嫌になってしまうものです。

そして、そんな家庭に嫌気がさして、精神的にも追い詰められていってしまいます。

これは大変危険な状態です。

多くの人はまだ我慢できるという段階かもしれませんが、いきなり状況がひどくなってしまうことだって考えられます。

なので、早めに対策を練ることが大切です。

そこで今回はモラハラ妻への対策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


モラハラ妻への対策

 

モラハラ妻を治したいなら友人の話として引き合いに出す

 
モラハラをする人は、自信のその行為が相手にどれだけの負担を掛けたり、周囲に迷惑がかかっているのかを認識できていないことが多いです。

ただ身内の人間には、直接的に注意や指摘はしにくいのは事実です。

なんとか自分の行為が迷惑行為だと気付かせ、改善されていくのが最も良い方法ではあります。

まずは事実でなくても良いので、「この前、知り合いが○○したって言ってたけど、けっこう無茶な話だよね」などと話してみましょう。

他人の振り見て我が振り直せということわざを応用して、遠回しな表現でジャブを繰り出してみます。

自身の行動を顧みて、正すようなるか試してみましょう。
 

自分の仕事と絡めて注意を促す

 
そもそも他人の迷惑や困りごとに鈍かったり、そのような思考を持ち合わせていない場合はどうすれば良いでしょうか。

今度は当事者として、モラハラ行動がどれほど迷惑なのか経験してもらうのがよいです。

しかし、そういった機会は探してあるようなものではありません。

そこで、自身の仕事や職場でモラハラを受けて、こんな苦労をしたんだよというような話をしてみましょう。

当事者ではなくとも、当事者側になって考えてもらうことによって、自信のモラハラについて考え直す機会になれば効果有りです。

「こういうことがあったんだけど、どう思う?」と、聞いてみるのも良い方法かもしれません。共感してもらえれば改善の余地はありそうです。

スポンサーリンク


モラハラ妻への対策として相手方の両親や子どもの力を借りる

 
遠回しにモラハラ経験を伝えても、共感が得られなかったり、改善がない場合はどうすべきでしょうか。

赤の他人なら割り切ってしまえばいいのですが、身内の人間だとそうはいきません。

出掛けた先や普段の日常生活の中でそのようなことがあれば、被害を被るのはこちらの方です。

そんな時の最終手段として、家族の力を借りることも考えてみましょう。家族に迷惑を掛けようとしているつもりはないはずです。

モラハラ行動によって生活に支障が出ていることや、外出等に気を使うあまり子どもにまで迷惑が及んでいるなど、両親の力を貸してもらえるかもしれません。

諦めずに、本人に気付いて改善してもらえるように、相談してみましょう。
 

ストレス発散方法を見つける

 
モラハラと一口に言っても様々ですが、共通していえることは、モラハラをしている側はあまり意識がないということです。

いじめと似ているかもしれません。

大方しているほうは思いやりが欠如した行動を取っていてもそれが当たり前と感じてしまっています。

自覚がないケースもあるでしょう。

そんなときは、もう真剣に相手にしないほうがいいのかもしれません。

まずは自分を守るために適度にストレス発散方法をみつけましょう。

あなたが働いている社会人であれば仕事帰りに社内の友人と少し遊びに出かけたりするなどです。

定期的にそのようにすると心もずっと落ち着くはずです。

スポンサーリンク


自分は自分だと言い聞かせる

 
妻といえども所詮は赤の他人です。

一緒に住んでいるからわかりあったという錯覚が起こってしまいがちですが、モラハラをされている以上、近くにいながら一番遠い赤の他人なんだと割り切ったほうが精神的にも平穏です。

そして、自分は自分だしこちらも好き勝手やってやるぞというくらいの強い気持ちでいたほうが精神衛生上いいかと思われます。

耐えるのではなく、時にはこちらも怒りながら、心の中では「まあ、結局赤の他人だし」と思うことであふれ出る怒りを落ち着かせるようにしてください。
 

モラハラ妻への対策としてひそかに貯金をして脱出を企てる

 
モラハラとは、いじめです。

例えば、会話などを録音してどうみてもひどい場合は離婚をする際の切り札となります。

ただ、それぞれ家庭の事情はあるかと思います。

そういった場合は漠然とでもいいので、いつか離婚して第二の人生を歩むんだという思いを持ったほうが気持ちのよりどころができて落ち着くかと思うのです。

リアリティを出すために毎月少しずつ貯金をしていくのもいいでしょう。

今は子供が小さくて仕方なしに暮らしている方でも、いずれ熟年離婚をするときがやってきます。

そんなときのために少しずつ貯めておくことは、必ずメリットが出てくるはずです。

離婚するにしてもやはり金銭的な問題が結構ありますので。
 

モラハラ妻に悩んだら離婚を考えよう

 
いかがでしょうか。

多くの男性は妻のモラハラに悩んでいるのが現状です。

必死にその対策を考えるものですが、劇的に改善することはほとんどありません。

それどころか妻のモラハラはますますエスカレートしていき、男性はますます疲弊してしまいます。

最も効果的なのは、モラハラ妻を治したいと考えて行動するよりも、離婚を視野に入れて行動するべきでしょう。

子供がいる家庭であれば親権の問題もありますし、すぐに離婚というわけにはいかないかもしれません。

しかし、妻のモラハラに耐えて一生を終えるか、解放されるかはあなたの行動次第だということをしっかりと覚えておきましょう。

そうするとおのずとあなたがやるべき答えが見つかるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

毛深い女性の原因と上手な処理方法や対処法

彼氏ができない女の特徴とすぐに彼氏がつくれる方法

彼女できない男が理想の恋人を手に入れる5つの方法



スポンサーリンク